ピクシブ百科事典

ブラックゴースト

ぶらっくごーすと

ブラックゴーストとは漫画「サイボーグ009」に登場する組織である。主にコミックスでは「黒い幽霊(ブラックゴースト)団」と表記される。
目次[非表示]

概要

ゼロゼロナンバーサイボーグの生みの親にして最大の敵。

世界戦争を撒き散らし、利益を得る「死の商人」。兵器製造企業やそれらに投資する銀行家などの組織や団体が資金を出し合って設立した世界規模の軍産複合体である。軍需産業を営みながら、民族運動や反政府運動を影から操り世界情勢をも操作している。そのため、非合法組織だが冷戦下にある各国(の上層部)からはその存在を黙認されている。

その最終目的は、彼らの開発した商品により人類の滅亡(核戦争)を回避した形でアメリカソ連の全面戦争を引き起こし、東西の両大国が弱体化し国際的指導力を失った際に台頭、世界を支配することである。

その技術力は両大国を遙かに上回っている。その内情はまさに民間軍事会社であり、紛争中の国家とその反対勢力の双方に兵器や戦闘要員を投入し、利益を上げている。指揮系統は国家の有する軍部のそれとさほど変わらないと思われ、その内部には世界中からスカウトした科学者や技術者達からなる研究組織が存在しているが、組織内部の詳細については謎の点が多い。そもそもが軍事企業や暗黒組織の寄せ集めなので組織の実体がおぼろげであり、末端の組織を倒しても大本にたどり着けない、まさに幽霊のような団体である。

拠点は世界各地に存在し、組織全体の本拠地は地下帝国ヨミである。

彼らを倒しても別の者達が新たに争いを引き起こし、さらに再編成されてネオ・ブラックゴースト(新・黒い幽霊団)となる。ブラックゴーストの真の正体は、決して消えることのない人間の欲望と悪意そのものである。

そして映画「RE:CYBORG」の小説版やアニメ「CALL OF JUSTICE」で語られた所によると、冷戦の終結とその後の世界の対立構造の複雑化、そして対テロ戦争へと時代が移り変わっていく中で、冷戦の裏で暗躍するブラックゴーストの存在も霧散していったという。
人間の欲望と悪意により形作られた悪を滅ぼした物は、平和ではなく新たな欲望と悪意だったのである

構成人員

地下帝国ヨミにある魔人像を象った巨大ロボットで、3つの人間の脳髄がコントロールしている。

ブラックゴーストの最高幹部の1人で表向きの首領。黒い髑髏を模した姿のサイボーグ。来るべき次世代戦争のためにあらゆる環境下に対応出来るサイボーグ兵士の開発計画を提唱し、自らの身体もサイボーグ化している。

ブラックゴーストの最高幹部の1人で表の顔は日本企業・三友工学の社長。ブラックゴーストの本拠地である地下帝国ヨミを管理しており、原住民であるプア=ワーク人を支配している。

  • ブラックゴースト側のゼロゼロナンバー
暗殺者編』に登場する、ブラックゴースト側のゼロゼロナンバーサイボーグ。0010から0013までが登場した。個々の能力は試作品である009らを上回っていた。

  • サイボーグマン
ベトナム編』に登場した量産型サイボーグ兵士。全員が同じ黒い防護服ゴーグルで全身を覆っており、脱げないらしい。口元から背中までパイプで繋がっており、このパイプが切れると死んでしまう。
軽く1世紀ほど出る時代を間違えている陸空両用スーパータンクを使用し、南北両軍にあくどい商売を行っていた。

  • ミュートスサイボーグ
『ミュートス・サイボーグ編』に登場。ブラックゴーストのサイボーグ開発に携わっていたガイア博士とウラノス博士が作り上げたサイボーグ達。制作者の中前からわかる通り、主にギリシャ神話の神々を模している。エーゲ海にある火山島「マグマ」にてゼロゼロナンバーサイボーグ達と戦った。

『地下帝国ヨミ編』に登場するドラゴン地底人。本来はヨミを支配しプア=ワーク人を家畜にしていたのだが、ブラックゴーストにより一部が捕虜にされ、その邪眼を利用されていた。
後にレジスタンス陣営のザッタンと合流を果たしブラックゴーストに全軍で襲いかかるも、首領により皆殺しにされる。

『海の底編』に登場。
同志たちが海底人に攻撃されて行方不明になったため、その調査に訪れていた。恐らくサイボーグ。
海底人が奴隷(地上人)に作らせていた海底軍艦を奪取しようと目論む。

新ゼロ版アニメのネオ・ブラックゴーストの首領。三つ子の兄弟であり、3人とも001の父であるガモ・ウィスキー博士によって改造された。頭の一部が透けて脳髄や機械が剥き出しになっているのが特徴で、中央が剥き出しになっているのがブラフマー、左半分が露出しているのがヴィシュヌ、右半分が露出しているのがシヴァである。

  • ハイティーンナンバーサイボーグ
サイボーグ009VSデビルマン』に登場。
アダムス博士が作り上げた最新鋭のゼロゼロナンバー。

他作品への影響

仮面ライダーショッカー人造人間キカイダーダーク破壊部隊など、その後の石ノ森章太郎作品(ひいては東映特撮)における「悪の組織」の元祖とも言える存在だろう。

アニメ『スカルマン』では多国籍企業ブレイン・ギアを表向きの顔とし、「黒き幻影」と呼ばれる秘密結社が登場。その構成員としてブラックゴーストの幹部を思わせるような人物やゼロゼロナンバーサイボーグを思わせる能力を持つサイボーグ兵士(ただし容姿や性格は全く異なる)が描かれており、キャストもサイボーグ009の平成版アニメでそれらのキャラクターを演じた声優が演じている。

関連項目

財団X
黒い幽霊絶対可憐チルドレン):多分本組織が元ネタ。

関連記事

親記事

サイボーグ009 さいぼーぐぜろぜろないん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックゴースト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22101

コメント