ピクシブ百科事典

ミュートスサイボーグ

みゅーとすさいぼーぐ

『サイボーグ009』に登場するブラックゴースト(黒い幽霊団)のサイボーグのこと。
目次[非表示]

概要

サイボーグ009 ミュートス・サイボーグ編』に登場する黒い幽霊団サイボーグ部隊。
黒人のウラノス博士(アニメ版では未登場)と白人のガイア博士が作り出したサイボーグで、製作者の名前通り、ギリシャ神話ローマ神話に出てくる英雄がモチーフになっている。中にはモチーフが迷走したと思しき奴らもいるが…。

ゼロゼロナンバーサイボーグと戦ったが、雑誌連載打ち切りのため島が沈没し、全滅したか否かも不明のまま幕が下りている。
アニメでは旧ゼロ新ゼロでも一部キャラが設定を変更した別キャラクターとして登場しているが、ミュートス・サイボーグ編がきちんと描かれたのは平ゼロのみである。
その平ゼロにおいてもアルテミスの存在など、一部設定が変わっている。
また「サイボーグ009VSデビルマン」冒頭ではその最終決戦が描かれている。

メンバー

アポロン

機械仕掛けの神様


CV:石田彰(アニメ、サイボーグ009VSデビルマン)、弘中雅史(MD)
ミュートスのリーダー格の少年型サイボーグ。モデルとなったのは太陽神アポロン。
全身から3000℃の高熱を放ち、凝縮することでからは6000℃の熱波、指先からは9000℃の赤外線レーザーを放つ。
詳細は該当項目参照。

ヘレナ

ヘレナ


CV:市原悦子(怪獣戦争)、本名陽子(VSデビルマン)
モデルとなったのはトロイア戦争の火種にもなったギリシャ神話史上最高の美女・ヘレネ。
生前はアポロンの実の姉。どこをどう改造されたのかは不明。
劇場版『怪獣戦争』ではサイボーグ0010という設定で登場した。

アルテミス

アルテミス


CV:高山みなみ
新ゼロ版オリジナルキャラで、原作ヘレナに当たるキャラ。モデルとなったのはアポロンの双子の妹である月の女神アルテミス。
役回りはほぼヘレナと同一だが、地下帝国ヨミ編で外見がそっくりな上に名前もヘレンというキャラクターが登場するため、視聴者の混乱を避けるべくデザインされた。
このデザインは新ゼロでのボツ案が元になっている。
主な武器は破砕弓。

ヘラ

CV:杉本ゆう
モデルとなったのは主神ゼウスの妻ヘラ。
001に匹敵する念力の持ち主。
新ゼロでは「スクナー」という名前の双子サイボーグとして登場した。

ポセイドン

CV:梁田清之
モデルとなったのは海神ポセイドン。
下半身が魚になっていて、を自由に操る。

ミノタウロス

CV:河相智哉
モデルとなったのは牛人ミノタウロス。名前通りの姿。
好戦的な性格で、からはを放つ。

アキレス

CV:家中宏
モデルとなったのはトロイア戦争においてギリシャ連合最強と謡われた半神英雄アキレス。
頭部が黒豹型で、太陽光線を反射し強力なレーザーとすると、切っ先からビームを撃つ剣を持つ。厳格にして質実剛健。加速装置を有するがよりにもよって位置は踵

アトラス

CV:梁田清之
モデルとなったのは天空を支えし巨神アトラス。
脳以外すべてが機械であり、巨大ロボットの頭部に脳が埋め込まれている。首以外は全て強力な爆弾。…だったら「タロス」という名前の方がいいのでは…?
『怪獣大戦争』ではこちらがアキレスという名前で登場。

パン

CV:杉本ゆう
モデルとなったのは牧羊神パーン山羊座のモデル)。
子供のような姿をしており知能も戦闘力も低いが索敵能力に長ける。

ケンタウロス

モデルとなったのは人馬ケンタウロス族。
神話同様複数個体が出現している。浮遊することもできる。

ネレウス

CV:河相智矢
モデルとなったのは海の老神ネーレウス。
どう見てもカバ鼻から放つミサイルと強化ゴムの軟質皮膚が武器だが外見通りマヌケ。

余談

同じ石ノ森章太郎原作の『仮面ライダーX』に登場するGOD神話怪人にも同じモチーフのサイボーグが多く登場している。

関連項目

サイボーグ009 改造人間

関連記事

親記事

ブラックゴースト ぶらっくごーすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミュートスサイボーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 263

コメント