ピクシブ百科事典

アキレス腱

あきれすけん

「アキレス腱」とは、切断するとスポーツの選手生命に関わる箇所である。
目次[非表示]

概要

アキレス腱」とは、人の身体のふくらはぎにある、腓腹筋ヒラメ筋を、かかとの骨に付着させるである。

人の身体の腱の中で、最も大きく最も強い腱である。
歩く走る駆ける飛ぶ跳ぶ、など、脚が絡む、あらゆる運動に欠かせない腱となっている。

創作作品では、登場人物であるスポーツ選手がよくこのアキレス腱を切断し、選手生命が問われる事態となる。
現実では損傷するだけで選手生命に差し支えが出るのだが、創作作品によっては、登場人物の「驚異的な回復力」により、この「壁」を乗り越えるストーリー展開になることもある。

名前の由来

ギリシャ神話英雄アキレス」に由来する。
彼の母親テティスは息子を不死身にしようと冥府の川・ステュクスにアキレスを浸した。しかしその際にテティスはアキレスのかかとを掴んでいた為、かかとだけはステュクスの水の恩恵を受けられなかった。
その後、アキレスはトロイア戦争に参戦し、不死身の肉体で活躍するも、かかとにを受けたことが原因で死んでしまった。

転用

上記の神話になぞらえ、何か(あるいは誰か)の致命的な弱点のことを「アキレス腱」と呼ぶこともある。

pixivに投稿された作品 pixivで「アキレス腱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1146

コメント