ピクシブ百科事典

魔王ゼノン

まおうぜのん

魔王ゼノンとは魔界戦記ディスガイア2に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

魔界戦記ディスガイア2キャラクターであり、本編における全ての事件の元凶である。CV若本規夫

ゼノンと略すると別の作品のキャラクターも存在するため、検索する場合は魔王ゼノン、またはディスガイア2とゼノンのタグを併用することが望ましい。

魔王神と呼ばれる魔王であり主人公であるアデル達の住むヴェルダイムを魔界へと変え、住人を悪魔化させた張本人である。主人公のアデルは彼を倒すべくママ(本名)が彼を召喚しようとするがゼノンのであるロザリンドロザリー)を召喚してしまうところから物語は始まる。

娘であるロザリーのことを過剰に愛している描写がされているが、ヴェルダイムを魔界化した行動などについては謎が多い。

中盤でロザリーと再会した際も再会を喜ぶというよりは取り乱すなど不審な点も多く、更にはエトナに敗れたり、別魔界の魔王達に苦戦するなど魔王神と呼ぶにしては実力が低いところが目立つ。

一方、倒される度に何らかの方法で復活を繰り返している。

後に登場するデスコは彼の固有技の一つ「魔王の復讐」のパロディ技「ラスボスの復讐」を使ってくる。

以後ネタバレ






正体

その正体は魔王ゼノンではなく、その名を騙る偽物(正体については最後まで語られることはない)であり、人々の良心や記憶を奪って自らの力と変えることで何度でも復活する能力を持つ。

本物の魔王ゼノンは転生したロザリンドであり、偽物(以後偽ゼノンと呼ぶ)は転生直後のロザリンドの記憶と力を封じ自分の娘と思い込ませた。そして偽ゼノンの城に軟禁して飼い殺しにしようと考えた。ロザリンドが最初レベル1であり、戦闘経験がないのはそのためである。

最終的にはアデルたちに挑む偽ゼノンであるがアデルたちに敗北。ヴェルダイムの人々の良心と記憶を限界まで奪うことで回復し、アデルたちを抹殺しようと試みるが、そこでロザリンドが覚醒。標的をロザリンドに変えて大技を放つがまったく通用せず、逆にロザリンドによって一撃の下に倒される。先にヴェルダイムの良心と記憶を使い切ってしまったために復活もできなかった。

なお、この後バッドエンドの場合はロザリンドと対決する場合もある。転生前の魔王ゼノンの強さは不明であるが、覚醒したロザリンドの強さが魔王ラハールとの対決時に1400レベルあったことやバッドエンド(通称:食肉エンド)でのロザリンドの強さが2000レベルであることを考えると転生前はさらに強かったのではないかと思われる。

当初は転生直後のロザリンドを殺そうとしたらしいが、あまりに魔力が強大だったために断念。
そこで記憶と力を封じて、自らを父と慕わせることに昏い悦びを感じつつ飼い殺しにし、その間にヴェルダイムの人々の良心と記憶を奪うことで力をつけて、最後はロザリンドを抹殺することで復讐が完遂する予定だったようだ。

漫画版(作者:へかとん)

かつて魔王ゼノンを倒すため、各魔界から集まった千人の魔王が手を組んで、魔王ゼノンに挑んだ。
その結果、999の魔王は肉塊と化し、ただ一人のみが生き残った。
その生き残った「名もなき魔王」こそが偽ゼノンの正体である。

魔王ゼノンに自分を認めさせる、自分の姿をその瞳に焼きつけさせることを目的としており、それこそが復讐だと言い放つ。しかし、アデルにそれはロザリンドに惚れているだけだと指摘され、逆上。
自分はロザリンドを飼い殺しにすることで愉悦としていただけだと真っ向から否定し、本気を出してアデルを追い詰めるが、そこでロザリンドが覚醒。ロザリンドと偽ゼノンの一騎打ちになり、偽ゼノンは自分の命を代償にした最期の一撃を放つが覚醒したロザリンドにはそよ風の如しであった。

真実を知ってなお、自分を父と慕うロザリンドの姿を前にして、ロザリンドの喜ぶ顔が見たかったのだとようやく本心を告げ、辺り一面に白い薔薇の花を咲かせて消滅した。

なお、白い薔薇の花言葉は「わたしはあなたにふさわしい」というものだった。

本物の魔王ゼノン

ロザリンドの前世であるが、ゲーム版・漫画版ともに性別は不明。
魔王神という肩書きを持ち、当時は最強の魔王であったのだが、後にその座を捨てて転生。

ゲーム版では、家臣に裏切られ、魔王神の肩書きを目当てに別魔界の魔王に絶えず命を狙われ続けたこと、そのために孤独だったことなどが転生の理由として仄めかされている。

漫画版では、信じていたもの全てに裏切られて絶望し、誰かに愛されたかったために転生したということが覚醒したロザリンド自身によって語られている。

関連タグ

魔界戦記ディスガイア2 ロザリンド

pixivに投稿された作品 pixivで「魔王ゼノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 779

コメント