ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

魔界戦記ディスガイア2

まかいせんきでぃすがいあつー

魔界戦記ディスガイア2とは日本一ソフトウェアから発売されたゲームである。
目次 [非表示]

概要

2006年2月23日に日本一ソフトウェアより発売された、『魔界戦記ディスガイアシリーズ』の第2作。

原田たけひと氏の画風が現在のスタイルになったのも、この作品から。


前作を超える4000万までのパラメータなど、やり込み要素は健在。

本作から敵のステータスが大幅に強化される「修羅の国」、初見殺しや難解なパズルが満載の「裏面」が実装され、より遊び応えが増した。


(一部除き)キャラクターグラフィックは一から描き直され、背景も全体的に色鮮やかに、さらに冒頭でオープニングアニメが流れるなど、前作と比較してより豪華な印象も強い。

汎用キャラのデザインが現在の形になったのも『2』からである(例:「ぽこん!」の魔法使い女、猫耳の盗賊など)。


壮大なスケールのハチャメチャ劇が描かれた前作から打って変わって、本作のシナリオはデビルバスターの青年が仲間達と共に魔王を倒す冒険をする、という王道モノ。しかし良くも悪くも脇役サイドの方が濃く、主役サイドがおいしいところを持っていかれがち、話のスケールが小さいなどの理由で、前作ファンからの評価はいまひとつ。

また新たな収集要素「前科」も前作のイノセントに比べて集めるのに時間がかかるため、あまり受けなかった。

とは言え、本作固有の素朴かつ純愛な作風を好いているファンも多く、上述したように進化した部分もあるため、決して駄作ではない。


後に『2 PORTABLE』が発売。『3』から魔チェンジ、演出カット、移動速度高速化などの要素が逆輸入されており、大変遊びやすくなっている。さらにアクターレが主役のアクターレ編が実装された。


ストーリー

ヴェルダイム。そこは人間が食物連鎖の頂点に立つ世界だった。

しかし突如訪れた「魔王ゼノン」の呪いにより、ヴェルダイムは魔界へと変貌させられ、人間から悪魔に変えられた住人達も、時と共に人の記憶や心を失っていった。


それから15年後、比較的のどかな平和を保つホルルト村では、唯一人間のままであった青年アデルと悪魔になったその家族が、魔王ゼノンを召喚する儀式を試み、今の有様を元に戻させようと考えていた。


だが、いざ召喚されたのはゼノン本人ではなく、その一人娘を名乗る悪魔の少女ロザリー

アデルは倒すべきゼノンの居場所を突き止める事にも繋がると、父の元に帰りたいと言うロザリーの願いを仕方なく叶えてやる事にし、人間と悪魔の不思議な冒険が幕を開けた。


登場人物

アデル

ロザリーロザリンド

アクターレ

ティンク

ハナコ

タロー

雪丸

エトナ

フロン

ラハール

カーチス

魔王ゼノン

ママ

パパ

覚醒ロザリー

エレノア

???


関連タグ

魔界戦記ディスガイアシリーズ

関連記事

親記事

魔界戦記ディスガイアシリーズ まかいせんきでぃすがいあしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 396479

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました