ピクシブ百科事典

ライスシャワー(ウマ娘)

らいすしゃわー

『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人。 元となったのは1990年代前半に長距離レースで活躍した競走馬「ライスシャワー」。
目次[非表示]

「ライスといると、お兄さままで嫌われちゃうかも……」

概要

プロフィール

誕生日3月5日
身長145cm
体重増減なし
スリーサイズB75・W51・H76
CV石見舞菜香

素直で純粋な性格のウマ娘。自分がいると周りが不幸になってしまう…と思い込んでおり、他人を避けている。とても気弱で何かあるとすぐに泣いてしまうが、誰かのためなら一生懸命頑張る事ができる健気な少女である。
公式ポータルサイトumamusume.jpより

アニメ

アニメ本編では登場していない。

OVA「BNWの誓い」

BNWの誓い」では菊花賞馬からなるチームBの一員として登場。駅伝では第一走者としてチームNの'92年皐月賞馬・ミホノブルボン(ウマ娘)、チームWの'90年ダービー馬・アイネスフウジン(ウマ娘)としのぎを削る。劇中、解説のグラスワンダー(ウマ娘)から「黒い刺客」と評されるが、なぜ「刺客」なのかは下記の概要を参照のこと。

マンガ

サイコミ「うまよん」

(作品TOPはこちら

  • 第22話で初登場。マチカネフクキタル(ウマ娘)に「自分の不幸体質からよくないことが起こりやすいので占ってほしい」と持ちかける。
  • 第44話で再登場。ハルウララ(ウマ娘)から「今度長距離のレースに出るので練習を手伝ってほしい」と頼まれるが、ライスは「よくないことが起きて負けるかも」と渋る。ちなみに現実のハルウララの競走生活で最も長い距離のレースは1400mである(キャリア113戦中8戦、最高4着)。
  • 第57話で3回目の登場。ヒーローごっこで悪役になりきれないスーパークリーク(ウマ娘)と役を代わろうとしたり(これはビコーペガサス(ウマ娘)が止めた)、役作りのアドバイスをしている。
  • 第62話で4回目の登場(1コマだけ)。マルゼンスキー(ウマ娘)が「現役バリバリヤング」であるかについて審議を行っている。なお、話相手のスペシャルウィーク(ウマ娘)とライスはどちらもマルゼンスキーを母の父に持っている。

競走馬ライスシャワーの概要


'93年 天皇賞(春)
極限まで削ぎ落した体に、鬼が宿る。
王者・メジロマックイーンの三連覇を阻んだ、漆黒のステイヤー。
ヒールか、ヒーローか。悪夢か、奇跡か。
その馬の名は……

―2012年 JRA 天皇賞(春) CMより

跳ね馬


ライスシャワー(競走馬)は、1991年から95年にかけて活躍した競走馬である。
牡馬としては小柄な馬体であったが、3000m以上の(超)長距離レースで3度のG1を勝利した生粋のステイヤーだった。ちなみにステイヤーとは主に長距離のレースを得意とする馬のことを指す。
※以下、馬齢は旧表記

戦歴

4歳時にはミホノブルボンの無敗三冠を、5歳時にはメジロマックイーン天皇賞(春)の三連覇を阻んだことからヒールとしてのイメージがつき、「刺客」などのあだ名で呼ばれた。しかしマックイーンを破った天皇賞以降は怪我などもあり成績が振るわなかった。
7歳の春、雌伏の時を経て出走した天皇賞(春)ではゴールの瞬間まで他の馬と競り合ったもののハナ差で勝利。競馬ファンは2年ぶりの勝利をG1で成し遂げたライスシャワーを暖かく迎えた。そしてこの年の春のグランプリ・宝塚記念阪神淡路大震災の影響で阪神競馬場が閉鎖されたため、京都競馬場で代替開催されることとなった。このレースは出走馬がファンの投票で選ばれるが、ライスシャワーは見事1位を獲得。また陣営は、

  • 3つのG1勝利の全てを京都で上げている
  • それまでのレースに比べ斤量が軽い(前3走は60kg→59kg→58kgだったが今回は56kg)
  • 2200mという距離のレースに勝つことで「3000m以上しか走らない」という評判を覆すことができ、引退後の種牡馬生活に有利に働く
などの理由から、出走を決意した。

ライスシャワーは天皇賞の疲労が抜けないまま、レース当日を迎える。鞍上の的場均騎手はいつもと様子が違うライスシャワーに違和感を覚え、スタート後も慎重に走らせていたが、第3コーナーでライスシャワーは左前脚を粉砕骨折し転倒、競走を中止した。診療所に運ぶことすらできない重傷であり、予後不良としてコース上で安楽死の処置がなされた。

通算25戦6勝、主な勝ち鞍は'92菊花賞、'93・'95天皇賞(春)。

「淀を愛した、孤高のステイヤー」

この見出しはJRAが毎年製作しているポスター「ヒーロー列伝」のライスシャワーのキャッチコピーからとっている(ポスター一覧、ライスはNo.39)。
「淀」とは京都競馬場の異名である。前述の通り、ライスシャワーは生涯3つのG1勝利を全て京都競馬場で上げており、そして最後は京都で散った。京都競馬場の片隅(馬頭観音のそば)にあるライスシャワーの碑には、今なお花などが途切れることなく供えられている。また、ライスシャワーは三冠・三連覇阻止でヒールのイメージが強く、2年ぶりの勝利でようやくファンに広く愛されるようになった矢先での悲劇であった。ウマ娘となったライスシャワーの性格はこれに因るところが大きいと言えるだろう。
ウマ娘として生まれ変わった彼女に、多くの人々からの祝福がもたらされんことを切に願うばかりである。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー 競馬

同世代のウマ娘たち(1989年生まれ)

クラシック二冠の名馬。菊花賞後は相次ぐ故障により出走できず、そのまま引退となった。

ライスとは真逆のスプリンターで、日本競馬史上最強の短距離馬との呼び声も高い。

'92年のスプリングステークスでは上記の2頭とライスが揃って出走した。結果はブルボン1着、ライス4着、バクシンオー12着。この後ブルボンとライスはクラシック路線へ、バクシンオーはマイル・短距離路線へ進んだため3頭再戦の機会はなかった。

こちらは牝馬のスプリンター。牝馬かつ4歳(現3歳)ながら'92年の最優秀スプリンターを獲得した韋駄天娘。ライスとは対戦していない。

史実でライスシャワーと戦ったライバルたち

血統の盛衰激しい競走馬の世界で、親子3代天皇賞制覇という大偉業を成し遂げた超一流の名ステイヤー。ライスに敗れたことで史上初の天皇賞(春)三連覇の夢は潰えたが(2019年現在でも達成されていない)、次走の宝塚記念は1番人気に応え見事勝利。夏の休養を挟んで出走した京都大賞典でも勝利したものの、直後に故障を発生し引退した。

その他対戦経験のあるウマ娘


関連するウマ娘

誕生日が同じ3月5日、かつG1を3勝している('01菊花賞、'01有馬記念、'02天皇賞(春))。ライスと同じく「BNWの誓い」でアニメに初登場し、同じチームBの一員として駅伝に参加した。

母の父。ちなみにライスシャワーの全妹エバースマイルを母の母に持つ、ゴールドスーツという競走馬が浦和で走っている。人間で言えば、ゴールドスーツから見てライスは大叔父(祖母の兄)にあたる。
ライスシャワーと同じく的場騎手との名コンビ(お手馬)で知られた。徹底したマークで主人公格を打ち破った、という点でも共通である。「相手はこれと決めた時の的場均は怖いぞ!」


センシティブな作品


―疾走の馬 青嶺の魂となり―

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー うまむすめぷりてぃーだーびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライスシャワー(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57548

コメント