ピクシブ百科事典

ライスシャワー(ウマ娘)

らいすしゃわー

『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人。 元となったのは1990年代前半に長距離レースで活躍した競走馬「ライスシャワー」。
目次[非表示]

「ライスといると、お兄さままで嫌われちゃうかも……」

概要

プロフィール

誕生日3月5日
身長145cm
体重増減なし
スリーサイズB75・W51・H76
CV石見舞菜香

素直で純粋な性格のウマ娘。自分がいると周りが不幸になってしまう…と思い込んでおり、他人を避けている。とても気弱で何かあるとすぐに泣いてしまうが、誰かのためなら一生懸命頑張る事ができる健気な少女である。公式ポータルサイトumamusume.jpより)

アニメ

アニメでは登場していない。なお、EXTRA R「響け、ファンファーレ!」の冒頭でメジロマックイーン(ウマ娘)が春の天皇賞を連覇したことが語られるが、3連覇を阻止したのはこのライスシャワーである(詳しくは競走馬の方の記事へ)。

競走馬ライスシャワーの概要

跳ね馬


※馬齢は旧表記

ライスシャワー(競走馬)は、1991年から95年にかけて活躍した競走馬である。
牡馬としては小柄な馬体であったが、3000m以上の(超)長距離レースで3度のG1を勝利した生粋のステイヤーだった。ちなみに、ステイヤーとは主に長距離のレースを得意とする馬のことを指す。

戦歴

4歳時にはミホノブルボンの無敗三冠を、5歳時にはメジロマックイーン天皇賞・春の三冠を阻んだことからヒールとしてのイメージがつき、「刺客」などのあだ名で呼ばれた。しかしマックイーンを制した天皇賞以降は、怪我などもあり成績が振るわなかった。
7歳の春、雌伏の時を経て出走した天皇賞・春ではゴールの瞬間まで他の馬と競り合ったもののハナ差で勝利。競馬ファンは2年ぶりのG1制覇を成し遂げたライスシャワーを暖かく迎えた。そしてこの年の春のグランプリ、宝塚記念はその年の阪神淡路大震災の影響から京都競馬場で行われた。このレースは出走馬がファンの投票で選ばれるが、ライスシャワーは見事1位を獲得。また、3つのG1勝利(菊花賞、天皇賞春2回)全てを上げた京都開催ということもあり陣営は出走を決定した。
ライスシャワーは天皇賞の疲労が抜けておらず、スタート直後に鞍上の的場均ジョッキーは異常に気づき慎重に走らせていたが、ライスシャワーは第3コーナーで左前脚を粉砕骨折し転倒。診療所に運ぶことすらできない重傷であり、予後不良としてコース上で安楽死の処置がなされた。

通算25戦6勝、主な勝ち鞍は菊花賞('92)、天皇賞・春('93、'95)。

「淀を愛した、孤高のステイヤー」

この見出しはJRAが毎年製作しているポスター「ヒーロー列伝」のライスシャワーのキャッチコピーからとっている(ポスター一覧、ライスはNo.39)。
「淀」とは京都競馬場の異名である。前述の通り、ライスシャワーは生涯3つのG1勝利を全て京都競馬場で上げており、そして最後は京都で散った。また、ライスシャワーは2度の三冠阻止などでヒールのイメージが強く、ようやくファンに愛されるようになった矢先での悲劇であった。ウマ娘となったライスシャワーの性格はこれに因るところが大きいと言えるだろう。
ウマ娘として生まれ変わった彼女に、多くの人々からの祝福がもたらされんことを切に願うばかりである。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー 競馬

同世代のウマ娘たち(1989年生)

クラシック二冠の名馬。菊花賞以降は故障に苦しみ、これが最後のレースとなった。

ライスとは真逆の超スプリンター馬で、日本最強短距離馬との呼び声も高い。
こちらは牝馬のスプリンター。桜花賞を勝ちながら4歳(現3歳)で最優秀スプリンターを獲得した。

関連するウマ娘

言わずと知れた最強のステイヤー。

母の父。ちなみに母のライラックポイントはわずか2走で引退しており、どちらも鞍上は的場均だった。
ライスシャワーと同じく的場との名コンビで知られた。

pixivに投稿された作品 pixivで「ライスシャワー(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8132

コメント