ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日3月13日
身長156cm
体重常に完璧(自称)
スリーサイズB76・W55・H80
CV:徳井青空

2000年 有馬記念
勝ち続けると、すべてのウマ娘が敵になる。
そのウマ娘は、完全に包囲された。
道は消えたはずだった。
テイエムオペラオー
お前はなぜ走れたのか。
『年間全勝のレジェンド』 その戦いに、人は夢を見る。
さぁ、夢を見よう。
2013年JRA有馬記念CMより

自称「世界最強・最速にして、最高の美貌を持つ天才ウマ娘」。
超ナルシストなボクっ娘で、常に自分を主役に置きたがる。
そのナルシストっぷりは、他のウマ娘からは呆れられつつも優しい目で見られている。
公式ポータルサイトumamusume.jpより

アニメ

初登場は第1話で、チームリギルの一員として登場。

第6話ではシンボリルドルフエアグルーヴフジキセキと共に執事となった。
第7話ではトレーニングのシーンでトレーナーの東条ハナに「腕の振りが遅い!」と注意されていた。
第10話で京都大賞典に出走。スペシャルウィーク(7着)をマークして3着。

競走馬テイエムオペラオー

1996年生まれ。北海道浦河町出身。あまり期待されていなかったためクラシックレース特別登録は途中でキャンセルされている。
1999年、毎日杯を制しクラシック追加登録料を払って皐月賞に出走し優勝する(これが当時21歳だった和田竜二騎手のデビュー3年目にして初のG1制覇となり、クラシック最年少優勝記録を樹立)。
日本ダービー3着、京都大賞典3着、菊花賞2着、ステイヤーズステークス2着。
有馬記念ではゴール前で抜け出すもグラスワンダースペシャルウィークに交わされ3着。
2000年京都記念阪神大賞典天皇賞(春)、宝塚記念、京都大賞典、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念と8戦8勝。JRA賞年度代表馬受賞。
2001年、天皇賞(春)を制しGⅠ7勝、シンボリルドルフに並ぶ。
宝塚記念はメイショウドトウの2着、京都大賞典は2位入線から繰り上がり1着(ステイゴールドナリタトップロードの進路を妨害し失格)。天皇賞(秋)はアグネスデジタルの2着、ジャパンカップはジャングルポケットの2着。
有馬記念はマンハッタンカフェの5着。総獲得賞金18億3518万9000円は当時の世界記録で、2017年末まで約16年間首位を保った。このレースをもって引退し、翌2002年シーズンから種牡馬となった。引退まで一貫して手綱を握っていた和田騎手は、引退式で「オペラオーからはたくさんのものをもらったが、何も返せていない」と、更なる精進を誓い、オペラオーに認めて貰う事を願った。
2004年顕彰馬に選定される。
2018年5月17日、心臓麻痺で22歳で亡くなった。 徳井青空のツイート
なお、アニメ放送中にモデルとなった馬が死んだのは、スペシャルウィークに続いて2頭目となった。

2273 宝塚記念 ~ゴール直後の男泣き~


その後、和田竜二騎手は、テイエムオペラオーの死後に開催された6月24日・第59回宝塚記念でミッキーロケットに騎乗し優勝。2001年天皇賞(春)以来、実に17年ぶりの中央競馬G1勝利を、天国のオペラオーにプレゼントした。8月にはオペラオーの墓前に勝利報告している。和田竜二騎手、勝利報告の様子(Twitter)

関連タグ

1996年生まれ
メイショウドトウ(ウマ娘) アドマイヤベガ(ウマ娘) ハルウララ(ウマ娘)

スペシャルウィーク(ウマ娘) グラスワンダー(ウマ娘) セイウンスカイ(ウマ娘) キングヘイロー(ウマ娘)
アグネスデジタル(ウマ娘) エアシャカール(ウマ娘) マンハッタンカフェ(ウマ娘)

和田竜二 - オペラオーの唯一無二のパートナー

pixivに投稿された作品 pixivで「テイエムオペラオー(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104117

コメント