ピクシブ百科事典

キングヘイロー(ウマ娘)

うまむすめのきんぐへいろー

メディアミックスプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクター「ウマ娘」の一人。モチーフは1990年代後半から2000年代前半に活躍したいわゆる「黄金世代」と称される1998年クラシック世代の一頭で、良血ながら勝ちに恵まれず、それでも幾多もの敗北を乗り越えて栄光を掴み取ったことで知られる競走馬『キングヘイロー』号。
目次[非表示]

「いつか必ず認めさせるわ! 私こそ『一流』だと!」

プロフィール


キャッチコピー高飛車お嬢様。そのプライドは空より高く!
誕生日4月28日
身長159cm
体重完璧
スリーサイズB85・W60・H85
靴のサイズ左右ともに23.0cm
学年中等部
所属寮栗東寮
得意なことデザインやファッション関係
苦手なこと人ごみや暑さ等キングに相応しくないこと
耳のこと一流にふさわしい話題以外耳に入れたくない
尻尾のこと尻尾の振り方も常に一流を意識している
家族のこと母は家事が壊滅的にできず、使用人がいる
ヒミツ①当たるまでくじを引き続け、お財布を空っぽにしたことがある / ②ドラマを見る時はつい独り言でツッコミを入れてしまう
自己紹介おーっほっほ!私の名前はキングヘイロー。一流のウマ娘として最高の結果を残すわ!…この私の才能を世界中に示すためにもね!
CV佐伯伊織

『一流』であると万人に認められることを目指す、プライドの高いお嬢様。ウマ娘として、またデサイナーとして一流の母を持ち、いつか見返したいという愛憎混じりの反発心を抱いている。いつも取り巻きのウマ娘たちに囲まれ、キングコールを一身に浴びている。
公式ポータルサイトより)

(リニューアル前)
とにかく負けず嫌いなお嬢様ウマ娘。嫉妬深くプライドも高い。勝つためならば何でもするという策略家でもある。
そのため周囲を力でねじ伏せることも…?
そんな彼女の本心を知るものは数少ない。

概要

アニメ版(第1期)で初登場した後、公式ポータルサイトのキャラクター紹介に追加されるという特殊な経緯を辿った60人目のウマ娘。アニメでスペシャルウィークをメインに据えるに当たり、「史実をモチーフとするならキングヘイローが不可欠」という東宝(当時)いとうPの采配によるものだった。
アプリ版では初期実装組の一人としてトレーナーを引っ張っていく。

「黄金世代」の一人に数えられながら、自分こそが主役と信じて譲らない不屈の権化。トレーナーをして「傍若無人」と言わしめ、自分のために尽くす権利を他者にあげるのが大好き。学園では取り巻きの後輩(ネコ目&ボブヘア)を引き連れているが、押しが強くも面倒見のよい彼女の人徳によるところが大きい。
一流を目指してトレーニングではどこまでも自分を追い込み、座学でも文句なしの優等生。ご機嫌だと高笑いを響き渡らせるなどコミカルな印象を受けるが、社交界の事情にも通じているらしく、名実ともにハイクラス育ちのお嬢様である。
とある所の調査によると、負けず嫌いが災いして、クジで当選するまで引き続けた結果、財布をすっからかんにしたことがあるらしい。何事も程々に。

元・競走ウマ娘としても現役デザイナーとしても、その名を知らぬ者はいない母からの束縛にも近い過干渉に苛立ちを露わにしており、母の功績を前提として「ご令嬢」と呼ばれることに強い反骨心を見せる。
自分なりの戦略を持ってトゥインクル・シリーズに臨んでおり、「キングヘイロー」の才能と走りを示さんがため、育成ではデビュー以降あらゆる距離のGⅠを目標レースとする茨の道を突き進むことになる。

なおダイワスカーレットとは頂点の獲得に腐心する性格がよく似ているが、以下のような違いもある。

  • 「1番」という順位にこだわるダイワスカーレットに対し、キングヘイローは「一流」を志向する描写がとても多い。レース結果における1着の「一流なら当然」、2着の「一流はこの順位では満足しない」といった発言にもあるように、彼女にとってレースの順位は直接的な目標ではなく、一流を維持するための手段として考えているようだ。
  • ダイワスカーレットは自身の目標のためなら傍若無人な行動も厭わない描写が見られる(特にアニメ)が、キングヘイローは基本的にそういったことはなく、お嬢様らしい振る舞いを見せる。
  • ダイワスカーレットは自身のトレーナーを大いに信頼し頼ってくる一方、キングヘイローは自身が上位の立場である姿勢を崩さず、トレーナーにも「一流」としての振る舞いを求める。

ちなみに買い物は通販を使わないとの事、自分の目で一流を見極めるとの事。
(チャンピオンズミーティングのインタビューより)

アニメ版

Season1

スペシャルウィーク、セイウンスカイエルコンドルパサーグラスワンダーと同じC組で第1話から登場。

弥生賞では直線で2番手と絶好の位置ながら粘るセイウンスカイを交わしきれず逆に3番手のスペシャルウィークに差され3着。皐月賞では弥生賞と同じく直線2番手とだったもののセイウンスカイを捕らえきれず2着。
日本ダービーでは史実と同じく暴走気味に逃げてしまい直線まで持たず失速……菊花賞、宝塚記念、天皇賞(秋)では連対なしの厳しい戦いが続いている。

それでも天皇賞(秋)では凛とした表情でこう言い切った。
「 ライバルが強いほど、わたくしも強くなりますわ 」

キングヘイロー
キングヘイロー



  • 成績一覧
    話数競馬場競走名距離枠番/馬番着順1着ウマ娘(2着ウマ娘)
    3話中山弥生賞GII芝2000m3/33着スペシャルウィーク(セイウンスカイ)
    3話中山皐月賞GI芝2000m6/122着セイウンスカイ
    5話東京東京優駿GI芝2400m1/214着エルコンドルパサー/スペシャルウィーク
    6話京都菊花賞GI芝3000m?5着セイウンスカイ(スペシャルウィーク)
    8話阪神宝塚記念GI芝2200m7/98着グラスワンダー(スペシャルウィーク)
    10話東京天皇賞(秋)GI芝2000m8/167着スペシャルウィーク(キンイロリョテイ)
通算:6戦0勝(2着①3着①着外④)
※10話時点で5戦以上したウマ娘(スペシャルウィーク・サイレンススズカ・セイウンスカイ・エルコンドルパサー・キングヘイロー)で唯一勝ちがない。
とはいえ、他のモブウマ娘のように追い抜かれた時に「無理ー」と言わない(特訓のトライアスロン中ではあるが、スペシャルウィークも言っていた)など、不屈の闘志を持っていることは窺える。

ゲーム版

「諦めないわ……絶対に!」
超良家の令嬢として育ったキングヘイローは、偉大な母親(名前は登場していないが、恐らくグッバイヘイロー)に認められるべく勝手にトレセン学園へと飛び込む。母親や周囲に認められるためではなく、自分だけの道を見つけていくストーリーが描かれる。

とにかく「一流であることにこだわる」生き様を貫くためか、様々なトレーナーから「井の中の蛙」「じゃじゃウマ」と烙印を押されてしまい、苦難を強いられてしまう。そんな彼女をとあるトレーナーが見出すことからストーリーは始まる。
果たして彼女は、「一流」に成り上がれるのだろうか?そして、彼女が内に秘めた「覚悟」とは……?

キングヘイロー
泥中の王冠



生粋のエリートとして鳴り物入りでデビューしながら、頭角を現していく同世代のライバル達に次々に先を越され、何度も何度も辛酸を舐めさせられ続けてなお、決して諦めることなく必死に泥の中から這い上がって栄冠を目指すシナリオから、史実を知らなかったトレーナー(プレイヤー)達からは「育成前後でイメージが変わったウマ娘」筆頭に挙げられることも多い。

自身に何人か取り巻きのウマ娘を付けているものの、彼女達自身キングに絶大な信頼を寄せており(なんらかのおこぼれに預ろうとしているタイプではなく単純にキングヘイローが好きで集まっているので、ノリがいい)、キングも勉学の面で心配な後輩たちをこっそり覗き見していたり、相部屋であるウララの寝坊癖に呆れつつも起こしてあげたりと面倒見のよさが垣間見える場面も多い。

同室
センシティブな作品



自身に尊敬の念を抱いているカワカミプリンセスには「私はあなたの憧れかもしれないけど、あなたは私の背を追う必要はないのよ」と言及しつつも「その諦めない姿勢は嫌いじゃない」と時に叱咤激励しながら彼女を支えている(奇しくも、"必ずしも自身と同じことをしなくてもよい"という指摘をストーリーにおいてキングの母が娘に伝えていたりする)。

たとえ結果を得られなくても
キングとプリンセス



良くも悪くも自身の実力との差からかスペやセイウンスカイには強いコンプレックスを抱いている節もあるが、日常生活では基本的に良好な間柄であり、総合的な友人関係自体はむしろゲーム中でもかなり手広い部類に当たる。
アグネスデジタルの育成ストーリーにおいても、ジャパンDD後すっかり熱が冷めて日和り気味だったデジタルに対して最初こそ冴えない反応を示すも、トレーニングやレースを経て一流としての矜持を示し「ウマ娘として走るとはどういうことなのか」を気づかせ、デジタルが一介のオタクから真の勇者に覚醒するきっかけをもたらしている。

雨とキングヘイロー
ライバル



また、まるで史実でのキングヘイロー陣営の苦悩と苦労と迷走を追体験させられるかのような育成難度の高さもあり、数あるウマ娘シナリオの中でも一際歯応えのあるゲームプレイとなるだろう。
また、ただでさえ難易度が高いのにさらに高難度の挑戦要素も用意されており、熟練プレイヤーのやりこみにも答えてくれるウマ娘である。誰が言ったか、最も泥だらけが似合うウマ娘。

敗れても、敗れても、敗れても、
「諦めない」



後述するように若干発動しにくいとはいえ華やかな演出が多いウマ娘の固有スキルの中でも一線を画す泥臭さのある『pride of king』の演出は多くのプレイヤーに少なくないインパクトを残した(というか同世代の固有演出が釣りとか薙刀とかプロレスとかプリキュアの変身シーンなのでキングだけ真面目な演出になってるのは気にしてはいけない)。

適性の広さや自分を貫く姿勢などからかなりのウマ娘の育成ストーリーに登場しており、その全てで株を上げる為、「スタッフにキングヘイロー推しがいる」とまことしやかに囁かれている。

育成ウマ娘

  • ☆1[キング・オブ・エメラルド]キングヘイロー
    スピードスタミナパワー根性賢さ
    8760937387
    0%0%20%10%0%
    ダート
    バ場AG
    短距離マイル中距離長距離
    距離ABBC
    逃げ先行差し追込
    脚質GBAD


固有スキル

  • Call me KING(☆1~☆2)
レースを冷静に運ぶことができると残り200mで実力発揮、速度が上がる
  • Pride of KING(☆3~)
レースを冷静に運ぶことができると残り200mで実力発揮、速度がすごく上がる

  • システム上での条件としては『200mまで1度も掛からず、順位が4位以下かつ上位70%のときに発動』。
  • アップデートによる条件緩和込みでも、ある程度育成で賢さを確保しつつ残り200mまで一定範囲の順位をキープし続けないといけないというかなり厳しい条件(レースの距離や出場ウマ娘の人数によってさらに難易度が変動)だが、その分発動時の速度上昇はシンボリルドルフと並ぶ程高いため、できるだけ発動できるようにしたい。

初期設定は「芝、短距離、差しがA」。パワー+20%・根性+10%。レア度は☆1。
固有スキルは「掛かりを起こさず残り200mまで到達」した時に、「上位5位以下かつ全体6割以上」(18人出走なら5~10番手以内)で速度が大幅に上昇するというもの。出遅れても良いとはいえ発動条件は厳しめだが、上述のように発動できれば強力なスキルであるため、賢さを上げてバッドステータスの発生確率を減らしたい。

本人は短距離向きでありながら、目標設定のせいで短距離型として特化させるのが難しいのが難点。クリアには最低限、中距離適性を上げておくことが必須だろう。
全勝クリアを決めるには、適性が低く目標傾向ともかけ離れた長距離レースの菊花賞が鬼門(ハルウララで有馬記念に勝つという無謀に比べればいくらか希望はあるが)。

育成シナリオでは一流であることにこだわる彼女らしく目標レースは全てGI。
ホープフルステークスを走った後、史実同様クラシック三冠戦線に挑むことになる。適性のない長距離レースである菊花賞は「出走すること」が目標という「事実上の負けイベント」。それ以外は中距離のレースを走るのだが、ここから短距離G1で二冠のスプリント女王になる中距離の天皇賞・秋を制するというタフな育成を求められる。

また、目標達成後のURAファイナルズで「育成中に出走した回数が最も多い距離のレース」を走ることを鑑みるなら、キングヘイローの本領である短距離レースで戦うためには、「育成目標以外で短距離レースに3回出走しておく必要がある」ということも押さえておく必要がある。3回の出走自体は難しいことではない。ただしクラシック戦線、特に日本ダービーが非常にシビアなため、育成にばかりかまけていると(目標で短距離とマイルが2回に対し、中距離は4回も走らされる)、いつの間にやらファイナルズでは中距離を走らされることになっていたりする。とはいえ中距離適性もBなので、因子継承でAに上げておけばファイナルズ中距離走でも問題ないのだが。

得意の短距離路線も、逃げ切り勝ちをしてしまう方が楽な仕様の中で差しの脚質は不利になりやすく、前へ出ようにも周囲をモブにブロックされ沈むという事故が発生しやすい。
一流への道は険しいが、慣れてくるとむしろ差しの本領発揮となる中~長距離の方が勝ちやすいという、正にトレーナーの腕が試されるキャラクターとなっている。

目標を達成するなら、菊花賞以外のレースが根幹距離(400の倍数で割れる距離)であることから、「根幹距離」のスキルがあると有利だろう。

さらに、最終目標達成後の有馬記念に出走すると黄金世代揃い踏みでの最強決定戦が発生する。長距離適性がCのキングヘイローで、通常よりも強化された黄金世代たちを打ち破るには、因子継承・サポート強化・本人のレベル・ランクの強化、運など様々なものが必要になる。

勝敗に関わらずトレーナー間で「真のエンディング」と評されるほど、ストーリーとしての評価も高いので、ただの一流では満足せず、超一流のキングを目指すなら是非ともこれに勝利したい。

上述の理由から、短距離ウマ娘としての育成難度は☆1で入手できるとは思えないほどに高い(☆3の短距離型であるカレンチャンタイキシャトルよりも難しいとされるほど)。
一方で固有スキルの性能は「速度が上がる」であり、☆1や☆2の固有スキルのほとんどが「わずかに」「少し」と付記される中では破格の性能と評していいだろう。

ストーリーイベント「轟け、エール!トレセン学園応援団」の開催と同時に実装された☆3育成ウマ娘。
詳しくは該当記事を参照。

固有二つ名

世代のキング
継承元2人のGⅠ勝利数が合計11勝以上でウマ娘から想いを継承し、スペシャルウィークセイウンスカイグラスワンダーエルコンドルパサーにそれぞれ3回以上勝利する。

対戦機会の多いスペやグラスはともかく、史実ではシニア期以降不調から育成目標レースへの出走自体が稀になってしまうスカイ、海外挑戦で旅立ってしまったエルを(史実の出走レースから推測で)探し出して対戦するのが大変という中々難儀な称号。
もしくは、本来の負けイベントレースでまとめて撫で切るか、である。まさしく世代のキング。

一応、育成終了後のURAファイナルの3戦で対戦した際でも勝利数がカウントされるので、最後まで諦めない気持ちを大事にしよう。

特殊実況


「 キングヘイローがまとめて撫で切った!
    恐ろしい末脚! ついにGⅠに手が届きました!」
発生条件:GⅠ未勝利のまま、高松宮記念で1着になる。
元ネタ:2000年開催の第30回高松宮記念。実況は植木圭一。

サポートカード

  • SR[一流プランニング]キングヘイロー
ウマッチョ娘への道


リリース初期からサポートカードガチャにて入手可能なSRサポート。タイプはスピード。
育成ウマ娘の癖の強さに反して、SRの中では習得できるスキルやスピード系の練習効果が非常に優秀で使いやすく、サポートカードの揃わない無課金~微課金プレイヤーにはありがたい性能。
イベント「付き合う権利をあげる!」でキングコールの練習に付き合うと伸び悩みやすい根性を底上げできるが、育成ウマ娘のやる気がダウンしてしまうのでタイミングに注意したい。

  • SSR[今宵、円舞曲にのせて]キングヘイロー

サポカ衣装のキング


2021年6月29日にストーリーイベント「幻想世界ウマネスト」の開催と同時に追加されたSSRサポートカード。タイプはパワー。
短距離ウマ娘向きのスキルを多く持っており、短距離にパワーを補強したいときに使用するのがいいだろう。レアスキルは育成のキングヘイローと同様に「電撃の煌めき」だが、短距離ウマ娘だとなかなか相性がいいウマ娘がいないことが難点。

競走馬「キングヘイロー


2000年高松宮記念
その馬は、10度の敗北を超えて血統を証明した。
敗れても、敗れても、敗れても、絶対に首を下げなかった。
緑のメンコ(系譜)、不屈の塊。その馬の名は・・・
2012年 JRA 高松宮記念 CMより

不屈の緑キングヘイロー
ありがとうキングヘイロー



1995年生まれの牡馬98世代)。父は凱旋門賞レコードホルダー(当時)にして80年代の欧州最強馬ダンシングブレーヴ、母は米G1七勝の名牝グッバイヘイローという世界的良血馬で、同一世代による平地GⅠ完全制覇を達成した98世代の一頭である。
特にダンシングブレーヴはシャーラスタニ、トリプティク、ベーリング、アカテナンゴ、マリアフマタ、ダララ……といった、往年のファンなら眩暈がしそうな超豪華メンバーの揃った第65回凱旋門賞(1986年)を最終直線で大外12番手から全員ブチ抜いてレコード勝ちというちょっと何言ってるか理解んない超絶パフォーマンスを魅せ、今なお欧州競馬ファンの間で末脚の代名詞的な存在として語り継がれるレジェンドオブレジェンド。
(実はこのレース、日本ダービー馬シリウスシンボリも走っている。結果は14着)
この結果を受けてインターナショナル・クラシフィケーションのレーティングにおいて史上初の141を獲得(2013年に138に訂正)。
これがどういう数字かと言うと、欧州競馬史上レーティング140を叩き出したのは14戦14勝・平均着差5馬身超えの21世紀の怪物フランケル、エプソムダービーを10馬身ちぎって勝利したシャーガー、凱旋門賞連覇を含む10戦9勝2着1回のアレッジド、そしてダンシングブレーヴのただ四頭のみ。(後にシャーガーは136、アレッジドは134に訂正)
そもそも彼の141という数字が例外事項だったそうで、フランケルの評価に困った関係者によってレーティングのありかたが見直されたというのが正確なようである。それでも相当な論争が起こったという。
ちなみに日本競走馬の史上最高値はエルコンドルパサーの134、次点でジャスタウェイの130。
凱旋門賞で敗れたベーリングとシャーラスタニが134、トリプティクとアカテナンゴが130(いずれも当時)。
2013年のレーティング見直し以降、世界トップ競走馬のレーティングが130を超えたのは2015年のアメリカンファラオ、2016年・2017年のアロゲートのみ(いずれも134)。
ウマ娘ストーリー上におけるキングヘイローの母からの評価がやたら厳しいのは、この辺を踏まえてのことと思われる。

当時デビュー2年目の若手で、天才騎手・福永洋一の息子として期待された福永祐一を鞍上に迎えて1997年10月に華々しくデビューし、無敗のまま東京スポーツ杯3歳ステークス(現東京スポーツ杯2歳ステークス)を制し、鞍上の福永騎手に初の重賞勝利をプレゼントする。その翌月に行われたラジオたんぱ杯3歳ステークス(現ホープフルステークス)では2着に終わったものの、意気揚々とクラシック戦線に乗り込んだ。
しかし、気性の悪さも災いしてかクラシック戦線では皐月賞ではセイウンスカイを捉えきれずに2着、日本ダービーではハイペースで逃げを打つも直線で失速してスペシャルウィークの14着、菊花賞では折り合いを欠いてセイウンスカイの5着と無冠に終わり、若い騎手には荷が重いとして福永騎手も鞍上から下ろされてしまう。

代わってベテランの柴田善臣騎手に乗り替わった後、実にG1十一度目の挑戦となる5歳時の高松宮記念でついにGⅠ初勝利を達成。かつてエリートとして期待された馬は「度重なる敗北を乗り越えた不屈の馬」として記憶されることとなった。その陰には、僅差の2着馬ディヴァインライトの鞍上にかつての相棒・福永祐一がいたという苦いドラマもあった。
より詳しい戦績は当該記事を参照。

ちなみに関係者の話によると、暑い夏が嫌い雨や砂埃が嫌い馬群が嫌い嫌なことがあるとすぐに勝負を投げてしまう等々、あまりよろしくない意味でボンボン気質の困ったちゃんだったそうである。1998年の神戸新聞杯の際に騎乗した岡部幸雄騎手には「調教済みとは思えないほど気性が幼い」と酷評されてしまった。
JRAのカッコいいCMから「下を向かない=決して諦めない」と思われる首を下げない走り方も、実は走りとしてはあんまりよろしくない。なお母のグッバイヘイローもこのフォームで走っており、遺伝によるものと思われる。

引退後は種牡馬入り。GI1勝ということもあって種付料は同期達と比べると遥かに安い100万円程度で募集される事となるものの、金額の割に良血統ということもあって意外な人気を集め、GI馬も複数輩出するなど一応の成功を収めた。
代表産駒としては、2006年の牝馬二冠(優駿牝馬オークス)と秋華賞)を無敗で制したカワカミプリンセスや、2009年の高松宮記念を制したローレルゲレイロなどがいる。産駒の傾向としては冬に強く夏に弱い他、走る際の首が高いフォームも受け継いでいた。

かつての相棒、19回目の悲願

東京優駿


ワグネリアン!福永祐一ゴールイン!!
遂にダービー制覇です!!
(ラジオNIKKEI 中野雷太アナウンサーの実況より)

時は流れ、アニメ『ウマ娘』第1期でキングヘイローが抜擢され、第65回日本ダービーが取り上げられた2018年、5月27日に開催された第85回日本ダービーで福永騎手がワグネリアンに騎乗して優勝。デビューから23年、初騎乗だったキングヘイローとのダービーから19回目の挑戦にして悲願のダービージョッキーの称号を手にした。

福永騎手を祝福する声とともに、あの日のレースが再び話題となり、キングヘイローの名がSNSのトレンドに一躍上がることになった。当然、ニコニコ動画で配信されたアニメ・ウマ娘第5話(本編及び関連動画)のコメントにも同様のコメントが流れるようになり、ダービー当日に放送された第10話は祝勝会場と化した。

訃報

ありがとう。
キングヘイロー昇天


そんな中、キングヘイローは2019年3月19日、老衰のため死去した。24歳没。
ウマ娘でキングヘイローを担当する佐伯伊織もツイートで哀悼の意を表している。
奇しくも自身唯一のGⅠ勝利レースである高松宮記念を5日後に控えての死であり、当日公開されたウマ娘公式GⅠイラストでもキングヘイローが登場している。

そして、その高松宮記念では、産駒であるダイメイプリンセス(ミルコ・デムーロ騎乗)も出走した中、福永祐一が騎乗するミスターメロディが優勝した。福永騎手はレース後にキングヘイローの事が頭をよぎった模様で、勝利騎手インタビューでも「キングヘイローが後押ししてくれた。」と語った。

王者の血統、世に憚る

先述の通り、引退後も種牡馬として一定の成功を収めていたのだが、キングヘイローの没後2年が経過した2021年、アプリ『ウマ娘』が大ブレイクする中、母父キングヘイロー産駒がここに来て重賞戦線で大爆発。
中でも父系の曽祖父グラスワンダー、母系にサクラバクシンオーを含むというウマ娘に触れた人間からすれば歓喜の血統であるピクシーナイトがGIスプリンターズステークスを鞍上福永祐一にして制する等、母父キングヘイロー産駒が重賞の勝鞍を多数上げ、ウマ娘から競馬の世界に触れた層を中心に大きな話題となった。
数値の上でも、重賞戦線における勝率はあのディープインパクトキングカメハメハといった大種牡馬をも凌ぐ結果を叩き出しており、不屈のメンコはここにきて血統を証明する形となった。
一説では父父ディープインパクト(と全兄弟のブラックタイド等)×母父キングヘイローという組み合わせが適度なインブリードを多数含むことがこの大躍進に繋がったといわれており、他にも父モーリス×母父キングヘイロー(先述のピクシーナイトがこのパターン)のように同様のインブリードを持つ組み合わせと共に新たなニックスとして認知されつつある。

余談

キャラクターのモチーフ

ウマ娘のキングヘイローは、モチーフ馬、初期の騎手の福永祐一、調教師の坂口正大のエピソードを混合したキャラクターとなっている。有名で実績のある母親を持ち(馬)、わがままな性格だが(馬)、母親からレースの道に進むことを猛反対され(騎手)、一流になり切れないと評されるものの(馬&騎手)、諦めの悪さでGⅠ勝利を目指し続け達成する(調教師&騎手)等、ほぼモチーフとなった馬と人のエピソードの通りで、それが一つのキャラクターにまとめられた格好となっている。

悪役令嬢?

如何にもお嬢様な口調や高笑い、取り巻きを引き連れている、そしてリニューアル前の説明文等から、所謂悪役令嬢をコンセプトに作られていたと思われる。現在では性格面の悪役令嬢感は薄れたが、イベント『幻想世界ウマネスト』では実際に悪役令嬢役として登場しエルから「放っておいても勝手に破滅しそう」と言われてしまっている。

キングの取り巻き達

キングの取り巻きの外見はゲーム中では「ボブヘアのウマ娘」「ネコ目のウマ娘」と文章で書かれるだけで、ビジュアルとしては存在していない。
しかしSSRサポート[今宵、円舞曲にのせて]の一枚絵でキングの左右に浮かぶ使い魔の髪型がアニメ1期でキングと話していた2人のモブウマ娘と一致しており、彼女たちこそがキングの取り巻きであると思われる。

名前ネタ

語感がキングゲイナーに似ているせいか、二次創作ではパロディでゲイナーダンスをさせられたり、キングゲイナーの格好をさせられたりしている。

【愛と勇気は言葉】キングヘイロー
Overウマ娘 キングヘイロー



キング繋がりかキングの称号にこだわる元キングと関連するようなネタも。

ライディングデュエル!ウマセラレーション!!
ウマ娘まとめ



台詞ネタ

「〇〇する権利をあげるわ」とよく言うので、これを真っ先に思いついたトレーナーは多数だろう

キングヘイロプーナ



同室の彼女との継承相性

ハルウララとはアプリゲーム版において寮のルームメイトとなっているため、キングヘイローが親側になってハルウララに因子継承を行う際に相性補正が入る。キングヘイロー側はともかく、史実とゲームの都合上血統面での補正対象の実装がほぼ絶望的なハルウララにとっては極めて希少な有効相性持ちとなっている。

このため、有馬記念優勝などハルウララのやり込み育成に挑む際にはまず大前提として、育成方針に見合った優秀な因子を有したキングヘイローを厳選することがほぼ必須となり、上記の通り素の攻略難度が非常に高いこともあってハルウララトレーナーにとっての最初の壁として立ちはだかる存在となっている(もっとも、こんな所で躓くようならハルウララでの有馬記念優勝など夢のまた夢であるが…)。

もちろん過剰な高難度やり込みを抜きにしても、単純に層の薄いダートレース担当として強いハルウララを育成することは多くのトレーナーに共通した課題でもあるため、ハルウララ育成用の優秀因子を持ったキングヘイローはゲーム攻略の上でも重要な存在である。逆にキングヘイローがウララから継承する場合には特に補正は入らない模様。

ただし、☆3バージョンのハルウララであれば固有スキルが差しを得意とするキングヘイローと相性が良く、適性の上方修正によってマイル因子も盛りやすくなったため補強役としては大分使いやすくなったと言える。

口調のイメージ

いかにもお嬢様言葉を使いそうなキャラではあるが、実の所あまりお嬢様言葉を使用することはない。
ではどんな言葉遣いが正しいのかと言われると「女性語」をイメージすると非常にキングヘイローの口調に近しくなるという嬉しくない事実が明らかになっている。

オロチマル(父:キングヘイロー)
音隠れの里長・キングヘイロー


また、より精度の高い口調再現をしたいのなら大蛇丸をイメージするとよいという更に嫌な事実も…(どちらかというとこっちだが)

この手のネタ持ちにはよくあることだが、どちらの台詞かクイズも既に存在している

なお、更に余談であるが何の偶然か キングヘイローの産駒としてオロチマルという競走馬が実際に存在はしている

関連イラスト

不屈の塊
キングヘイローさん
キングはひとり!この私よ!
ヘイローちゃん


Pride of KING
『高松宮記念の後に・才能の証明』
キングヘイロー


キング はここで終わらない。
*.゜。:
「さっすが、キングよね!」
キングヘイロー生誕祭2021


キングヘイロー
in the 本屋さん
晩秋
キングヘイロー


ウマ娘まとめ
キングヘイロー
studying
世代の”KING”



関連タグ

ハルウララ… 寮で同室の手のかかる友人。
カワカミプリンセス… 少々特殊な理由でキングヘイローに憧れている。モデルとなったカワカミプリンセス号はキングヘイロー号の娘にあたる。
アグネスデジタル…デジタルがアスリートとして目覚める為の直接的な要因になった。史実では2000年のマイルCSで対戦しており、ゲームでも対決する。
エアグルーヴ… 母の名を背負う境遇の近しい者として、時に性急なキングヘイローを諫める怜悧な先輩。
マヤノトップガン… 坂口正大厩舎。1997年秋に引退。デビュー直前のキングヘイローと接点があったかもしれない。
福永祐一…モチーフ馬の主戦騎手。先述通り3歳シーズン以降は主戦を外されるが、その後も99年のマイルCSスプリンターズS、2000年の安田記念で鞍上を経験している。

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キングヘイロー(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キングヘイロー(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74640260

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました