ピクシブ百科事典

キングヘイロー(ウマ娘)

きんぐへいろー

ウマ娘 プリティーダービーに登場するウマ娘の一人。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日4月28日
身長159cm
体重完璧
スリーサイズB85・W60・H85
CV:佐伯伊織

2000年 高松宮記念
そのウマ娘は、10度の敗北を超えて、血統を証明した。
敗れても、敗れても、敗れても、絶対に首を下げなかった。
緑のメンコ。不屈の塊。そのウマ娘の名は…
―2012年JRA高松宮記念CMより

とにかく負けず嫌いなお嬢様ウマ娘。嫉妬深くプライドも高い。勝つためならば何でもするという策略家でもある。
そのため周囲を力でねじ伏せることも…?
そんな彼女の本心を知るものは数少ない。
公式ポータルサイトumamusume.jpより

アニメ

スペシャルウィークのドラマを描くにはキングヘイローは欠かせない」という東宝いとうPの采配でアニメに登場。
スペシャルウィーク(ウマ娘)セイウンスカイ(ウマ娘)エルコンドルパサー(ウマ娘)グラスワンダー(ウマ娘)と同じC組で第1話から登場。

キングヘイローさんがいた!!



競走成績

以下ネタバレ注意













弥生賞では直線で2番手と絶好の位置ながら粘るセイウンスカイを交わしきれず逆に3番手のスペシャルウィークに差され3着。皐月賞では弥生賞と同じく直線2番手とだったもののセイウンスカイを捕らえきれず2着。
日本ダービーでは史実と同じく暴走気味に逃げてしまい直線まで持たず失速...菊花賞、宝塚記念、天皇賞(秋)では連対なしの厳しい戦いが続いている。

それでも天皇賞(秋)では凛とした表情でこう言い切った。
「ライバルが強いほど、わたくしも強くなりますわ。」

話数競馬場競走名距離枠番/馬番着順1着ウマ娘(2着ウマ娘)
3話中山弥生賞GII芝2000m3/33着スペシャルウィーク(セイウンスカイ)
3話中山皐月賞GI芝2000m6/122着セイウンスカイ
5話東京東京優駿GI芝2400m1/214着エルコンドルパサー/スペシャルウィーク
6話京都菊花賞GI芝3000m?5着セイウンスカイ(スペシャルウィーク)
8話阪神宝塚記念GI芝2200m7/98着グラスワンダー(スペシャルウィーク)
10話東京天皇賞(秋)GI芝2000m8/167着スペシャルウィーク(キンイロリョテイ)
通算:6戦0勝(2着①3着①着外④)

※10話時点で5戦以上したウマ娘(スペシャルウィーク・サイレンススズカ・セイウンスカイ・エルコンドルパサー・キングヘイロー)で唯一勝ちがない。

競走馬キングヘイロー

1995年生まれ。父ダンシングブレーヴ 母グッバイヘイローという世界基準の超良血馬。
1997年にデビュー。3連勝で東京スポーツ杯3歳ステークスを制し、翌年のクラシック戦線の主役と目される。
しかし、弥生賞3着、皐月賞2着、日本ダービーではセイウンスカイから先頭を奪いハイペースでレースを引っ張るが失速し14着。このあたりから気性の悪さが目立つようになる。
中・長距離レースのペースでは折り合いを欠くため、短距離に活路を求め、2000年の高松宮記念で初のG1タイトルを手にする。
2000年の有馬記念を最後に引退、種牡馬となる。
GⅠには15回挑戦して、勝てたのは結局高松宮記念だけであった。
産駒ではローレルゲレイロカワカミプリンセスがG1を制している。

東京優駿


時は流れ、アニメ・ウマ娘にキングヘイローが抜擢され、第65回日本ダービーが取り上げられた2018年、当時ダービー初騎乗だったキングヘイローの主戦騎手・福永祐一が、5月27日に開催された第85回日本ダービーでワグネリアンに騎乗して優勝、19回目の挑戦にして悲願のダービー初制覇(福永家にとっても、父・福永洋一から続く悲願達成である)。
福永祐一騎手を祝福する声とともに、あの日のレースが再び話題となり、キングヘイローの名がSNSのトレンドに一躍上がることになった。当然、ニコニコ動画で配信されたアニメ・ウマ娘第5話(本編及び関連動画)のコメントにも同様のコメントが流れるようになる。

また同年9月8日にデビューした産駒ムニアインは、母父スペシャルウィーク、母母父エルコンドルパサーという、98年最強世代の血統を3つも受け継いだ事で話題となる。騎乗したクリストフ・ルメール騎手は、中距離戦線向けである事を示唆しており、この路線で活躍する可能性を秘めている。

関連タグ

カワカミプリンセス(ウマ娘)
マヤノトップガン(ウマ娘) 坂口正大厩舎つながり

pixivに投稿された作品 pixivで「キングヘイロー(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216414

コメント