ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オプーナ

おぷーな

オプーナとは、2007年11月1日にコーエー(現:コーエーテクモゲームス)から発売されたTVゲームの名称、または劇中の主人公の名前。プラットフォームはWii。
目次 [非表示]

オプーナとは2007年11月1日に、Wii向けにコーエーから発売されたライフスタイルRPGである。


移植版ドラゴンクエストなどの開発に携わったアルテピアッツァ製作のオリジナルRPGであるが、ネット上では様々な事情が絡み、クソゲー扱いされてしまった悲劇の1作……。(詳しくは後述)


内容に関してはよく「古き良きRPG」「隠れた良作」と表現される。

温かみのあるRPGをコンセプトにしており、RPGとして突出した良点はないが目立ったバグもなく、全体的な作りが丁寧であるため、プレイヤーからの評価は高い。


事情によりワゴン常連というのは仕方がないが、クソゲーという評価はもはやネタとして扱われるぐらいである。むしろ、「多くの風評被害を受けてしまったゲーム」とも言える。

三兄弟らくがき


内容

「ライフスタイルRPG」というジャンルであり、一般的なRPGがストーリーや戦闘、レベルアップ出の育成がメインなのに対し、こちらはそれら以外の生活部分、本筋以外の寄り道、サブイベントの質に力を入れている。

オプーナを操作して、イベントなどをクリアすることでに、出来ることや、行ける場所が増えていく。キャラクターを育てながら、世界が広がる様子を楽しめるゲームである。


(1章)本当にクソゲーなのか?

オプーナ自体は決してクソゲーではない。

ネット上での扱いに反し、既プレイ者、購入者の評価は総じて高い

ザッとシナリオを説明すると「旅行に向かった主人公一家はとある惑星に不時着したが、その惑星は"いくつかの居住区に分けられある程度の貢献によってライセンスを得て別のよりよい居住区に移動できる"という奇妙な制度を敷かれた星であった」というもので、仕事をしてライセンスを獲得して別の居住区に訪れ逸れた家族を探すゲームである。

この世界観の作り込みも凝っており、"「仕事」は各個人に設定された一生もので、そのノルマさえ達成すれば残りの一生は遊んで暮らせるし、好きなら仕事を続けてもいい"という独特な価値観や"「大人」になるのに一定の実績が必要であるがその実績だけがどうしてもこなせないためお爺さんになってもまだ「子供」のまま"という闇の深い話があったりと非常に奥深い内容となっている。

これを面白いと感じるか、面白くないと感じるかはプレイヤー次第であるが、作りは非常に丁寧であり、やりごたえがあり、満足度の高い作品であると言われている。


オプーナがクソゲーと呼ばれてしまう原因はいくつかあるが、デフォルメしすぎて素朴になった2頭身のキャラクターデザインが一般受けしなかったと言われている。

また、ライフスタイルRPGという、町の探索や住人との会話など、地味な作業や寄り道を繰り返して楽しむというゲームスタイルが話題にしにくく、「かっこいいキャラが登場する」「派手なアクションがある」「爽快感がある」「シナリオが良い」「シリーズの新作」など、他のRPGのような分かりやすい売り文句が無かったのも流行らない理由であった。

また、宣伝面でもコーエーの社員が、発売前に各メディアで「最高のゲームができた」「100万本は売れる」と宣言するなど、いたずらにハードルを上げる様子がネットで悪い意味で話題となった。

ゲーム業界には発売前に大口を叩いてコケたという前例がいくつもあるため、もしかしたら爆死するんじゃないのかという憶測や、営業が必死に盛り上げるだけで完成度は低いんじゃないかという疑惑が起こる。こういった酷評から購入を敬遠する人が現れ始め、中古が出るまで買わないという流れができてしまった。


ここまでは、"面白くても売れない"のよくあるパターンである。

内容が良いと分かれば、クチコミやじわ売れで汚名返上も期待できるはずだった。


しかし、ここで決定的な事件が起こる。後に"神ゲー"と呼ばれる作品、任天堂のスーパーマリオギャラクシーと発売日が重なってしまったのだ(※)。対抗馬がWiiで最初に発売されるマリオ作品というのはさすがに相手が悪かった、発売当日にふらっと店に来た客に加え、元々オプーナを買いに店に来た客まで、(品質的にハズレが無いと言われる任天堂の看板シリーズである)マリオの方を買ってしまい、結果的にオプーナは忘れられたかのようにほとんど売れなくなってしまった。

その結果、ゲーム販売店は発売から1月立たずに大量にオプーナの在庫を抱えたままとなり、在庫を減らすために値引きを余儀なくされ、それでも売れなかったため、ドえらい数の在庫オプーナを処分するために、まとめてワゴンセール台に並べるという前代未聞の暴挙を行った。


(※)名誉のために記すが、そもそも2007年夏に出る予定が「諸事情により11月1日に延期になったこと」を公表したのも当初の発売予定近くの時期だった。決して自ら「スーパーマリオギャラクシー」の発売日にぶつけたわけではないことは言及しておきたい。ちなみに任天堂が「スーパーマリオギャラクシー」の発売日(11月1日)を公式に報じたのは2007年9月14日なのでオプーナよりも後であることは明白。


内容は良くても、売れなかったから仕方がないのである。


(2章)ワゴンの王と呼ばれる理由

ワゴンとは、安売りのゲームをまとめて置く場所である。

安売り(投げ売り)セールのコーナーであり、ここに並べられるゲームは、基本的にクソゲーであったり、発売から年月が経ちすぎて話題にも上らなくなったゲーム、中古ゲーム置き場にすら置いてもらえない凡ゲー以下のゲームが大半である。

しかし、オプーナは「在庫があまりにも多すぎる(需要に対する供給過多)」という理由でワゴンセール台に山のように積まれた。(全体の一部だけ置いていた店もある)。


これが非常にマズかった。クソゲーではないのにクソゲーと同じ場所に並べられることによって、クソゲーに見えてしまうのである。

ワゴンに積まれた姿を見た人は、「ワゴン=売れない=クソゲーに違いない」という先入観により、オプーナを誤解したままクソゲーレビューを書くなど、風評被害が後を絶たなかった。明らかに未プレイ者の誤解が一人歩きした事によって、クソゲーではないのにクソゲーとして扱われたのである。

そして、ワゴンを圧迫するほど大量に並べられたそのゲームは、クソゲーの王と呼ばれた。


一方で、オプーナの良さを知る人から見れば、ワゴン(クソゲー置き場)に発売して間もなく、ゲームの質としても十分なオプーナが置かれていることはとても衝撃的なことであり、ゾンビの群れの中に王様が混じっているような感覚であった。

クソゲーではないのにワゴンに並べられ、まだ値崩れもしていないリッチな様を、こちらはワゴンの王と呼んだ。


この惨劇は2chゲハ板では過剰なまでにネタ扱いされ、その度にゲームの内容が面白いのか面白くないのかの論争が繰り返され、その勢いはネット外にまで流れ出し、愉快犯の便乗や、アンチによる荒らし行為によって、すっかりオプーナに悪いイメージが定着してしまった。


その後も、やる夫と合わせられた「やるオプーナ」がKOTY(クソゲーオブザイヤー)のマスコットに採用されたり、クソゲーの代表みたいな認識が定着してしまったりと。散々な目に合っている。

作品の名誉のために2度言うが、オプーナ自体はクソゲーではない


(3章)オプーナ購入権利書とは

そんなものは存在しない。

「オプーナを買うには購入権利書が必要である」という

初週販売数の少なさから、結果として売上が伸びていないという中傷を含んだネタである。


しかし、オプーナの購入が困難になった時代はあった。


あまりの悪評(風評被害)により、販売初期からほとんど売れない状態が続いたため、日本中のゲーム屋が在庫を抱えたまま減らすことができないという事態に陥った。

こうなると、ゲーム屋は値引きセールで無理してでも客に売るか、販売元であるコーエーに返品するかの2択となり、結果的にかなりの数が返品された。

その結果、販売会社の倉庫には大量の未開封のオプーナが蓄えられてしまう。

註文があっても倉庫にある在庫の方から順に売っていくことになるため、倉庫のオプーナが減るまでは余分な生産が行われなくなる。つまり、この時点で生産が中止されてしまうのである。

生産が中止されたゲームでも、少しづつは売れるため市場には出回るのだが、オプーナで一度痛い目を見たゲーム屋はオプーナを再入荷しようとはしないため、最終的に本社に在庫はあるのに、どのゲーム屋にも売っていないという状況になる。

それから時が経ち、ニコニコ動画などのゲーム実況によりオプーナの評価が見直され、買いに走る者も多くいたが、この頃はどのゲーム屋に行っても店頭に置いていないので「オプーナを買うには特別な権利書が必要だ」という冗談が再燃する。

また別の解釈から「買うのに特別な権利書が必要なくらい面白いゲームだよ」という冗談が生まれ、皮肉なことに、オプーナは生産が中断されてから、良ゲーとして有名になっていった。


それでもなお、未だにオプーナをクソゲーだと思い込んでいる人は多く、知る人からも、知らない人からも「クソゲーという名の神ゲー」「悲劇の名作」「クソゲー界のオアシス」などとネタにされ続けている。


現在はネット通販が各家庭に普及しており、ヤフオクやアマゾンなどで探せば手に入る。


やるオプーナ

やるオプーナはAAの一種。2chのゲームハード・業界板(ゲハ)で確立された。

やる夫と上記で紹介したゲームの主人公を合わせたAAで、よくオプーナを買う権利を与えようとしている。生息地は主にワゴン(安売りのゲームが山積みにされている場所)。


ゲームのデザインが非常に独特であったこと、コーエーからのミリオン発言、それに反して売上が振るわなかったことなど話題に事欠かなかったことから、ネタキャラとしてゲーム関連の話題に出没することが多い。Pixivでも同様に、本家のオプーナよりもこちらのキャラがネタとして描かれる場合が多いようだ。


ちなみに、本家オプーナ自体のAAも存在する。



AA例:


     |┃三        / ̄\

     |┃         |     |

     |┃          \_/

 ガラッ. |┃            |

     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \       ちょっと隙間が開いてるが

     |┃三    /  ::\:::/:::: \     私はオプーナだ

     |┃     /  <●>::::::<●>  \   よってオプーナを買う権利を与えよう

     |┃     |    (__人__)     |

     |┃三   \    ` ⌒´    /

     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \






それから7年後…

プーナ(ネプテューヌ)

超女神信仰ノワール激神ブラックハートで、オプーナをモデルにしたプーナというキャラクターが登場した。エナジーボンボン(オプーナの頭の上にあるボール)はほぼそのままに、どこかほのぼのとした雰囲気を残しつつ可愛くデフォルメされている。


まさかの無双参戦

※イメージ

CV:小林裕介


2017年3月2日に発売予定のコラボタイトル『無双☆スターズ』において、プレイアブルキャラクターの一人としてまさかの参戦。本作のティザーPVの最後に、オプーナらしき(と言うかそのまんま)のシルエットが映っているのが確認され、以後の続報にて正式に参戦が発表された。


彼の参戦は早くも一部で話題となり、デフォルメ調の愛らしい外見のオプーナが、趙雲真田幸村リュウ・ハヤブサといった写実寄りな外見のキャラクターたちとどのように交流するのか期待する声が上がった。


専用武器は当然エナジーボンボン。専用のキャラ紹介PVでは、原作以上にアクティブなモーションで立ち回り、エナジーボンボンを縦横無尽に振るって無数の敵兵を一網打尽にしている。


なお、同作の初回特典DLCとして、「オプーナを最初から使用できる権利」が配布された。元ネタは言わずもがな前述の権利書ネタであり、以前にもコラボネタの際に似たフレーズでネタにしていたとはいえ、本元の企業がネットでの派生ネタを敢えて組み込むという姿勢は一部で話題になった(流石に高圧的な口調は抑えられ「権利をあげよう」とやや変更が加えられてはいる)。


一方で、彼の衣装が無双シリーズに出演した縁からある美少女の手元にも行き渡る事となる。


関連イラスト

科学少女ハイテクちゃんムッとしてオプーナ


オプーナたん片手ヌンチャク【たぶん完全版】


関連タグ

コーエー ゲーム

やる夫やるオプーナ) ミリオン

関連記事

親記事

コーエー こーえー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1958766

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました