ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

川田将雅

かわだゆうが

平成時代から活動している日本中央競馬会(JRA)栗東トレーニングセンター所属の騎手。
目次 [非表示]

プロフィール

生年月日1985年10月15日
出身地佐賀県鳥栖市
所属栗東トレーニングセンター
厩舎安田隆行厩舎(デビュー~2006年)⇒フリー(2006年~現在)
マネジメント委託先ホリプロ2016年~)
血液型B型
身長159cm
体重51kg
家族構成おおつか麗衣(妻)、純煌(ぎんじ、長男)、長女
通算勝利数(2024年5月5日時点)2,039勝(JRA)、73勝(NAR)

経歴

曽祖父は佐賀競馬の騎手→調教師、祖父は佐賀競馬の調教師、父も佐賀競馬の騎手→調教師、伯父は大井競馬の騎手→調教師(宮浦正行、南関三冠馬ハツシバオーや大井時代のイナリワンの主戦騎手)という、競馬エリートの家の生まれ。自身も幼少期から佐賀競馬場で馬を見て育っており、競馬関係の職に就くのも当然といえる。


2004年安田隆行厩舎よりデビュー(同期は藤岡佑介吉田隼人津村明秀ら)するも、安田から他厩舎の馬にも積極的に騎乗することを勧められたことを受け、3年目の2006年に若くしてフリーランスに転向(フリー転向後も安田隆行調教師とは友好的な関係は続き、定年まで同厩舎の主戦騎手の一人として起用されていた)。フリー転向初年となる同年には初めて重賞を制覇し、5年目の2008年皐月賞キャプテントゥーレに騎乗し初GⅠ制覇。以降、2010年菊花賞ビッグウィーク)・2012年オークスジェンティルドンナ)・2014年桜花賞ハープスター)と三歳牡牝クラシック競走で勝利を重ね、2016年日本ダービーにてマカヒキで勝利。ダービージョッキーの称号を手にすると共に、30歳にして史上8人目となる中央クラシック完全制覇を達成した。


2021年にラヴズオンリーユーとアメリカのBCフィリー&メアターフを勝利。日本馬初のブリーダーズカップ制覇を成し遂げるとともに、自身も日本人騎手初のブリーダーズカップ優勝騎手という栄冠を手にする。

2022年には年間143勝を挙げて自身初となる全国リーディングジョッキーを獲得。加えて年間最高勝率騎手・最多獲得賞金騎手のタイトルも獲得し、岡部幸雄武豊クリストフ・ルメールに次ぐ史上4人目の騎手大賞受賞者となった。

2023年にはウシュバテソーロとUAEのドバイワールドカップを勝利。日本馬としては12年ぶりのドバイワールドカップ制覇を成し遂げるとともに、自身も日本人騎手初のドバイワールドカップ制覇という快挙を達成(2011年の優勝馬はヴィクトワールピサ、鞍上はミルコ・デムーロ)。

同年の秋華賞リバティアイランドで勝利し牝馬三冠を達成。牝馬三冠ジョッキーとなった。なお、秋華賞当日は自身の38歳の誕生日でもあった


騎乗スタイル

地方競馬を見て育った影響から、騎乗スタイルは一言で言えば「豪快」そのもので、派手なアクションで荒く追う(本人曰く「地方の騎手をずっと見ていたからか荒く馬を追うことに抵抗がなかった」)。良くも悪くも馬を自らの支配下に置く騎乗スタイルであり、彼のプレッシャーに当てられたのかよく騎乗馬が発汗している写真が多く残っている。このことからファンの間では時折、「川田の尻が熱いのでは」「川田はケツヒーター」などのジョークが飛び交う。

成績を見ると短距離・マイルレースでの活躍が目立つ反面、長距離は苦手としているようで、長距離の重賞レースで勝ったのは2010年菊花賞のみである(もっとも2着3着と惜しいところまで行っていたり、掲示板内だったレースもちらほらある)。また、使用冠名から「ダノン軍団」とも呼ばれる資産管理会社・ダノックスの所有馬(主な活躍馬はダノンプレミアムダノンスマッシュダノンザキッドなど)の主戦騎手を務めることが多い。


人物

写真などを見れば分かるが結構目つきがきつい強面で、凛々しいが悪人顔ともとれる人相の持ち主。親交が深い安田翔伍調教師(師匠である安田隆行調教師の次男)が競馬学校2年生だった川田と初めて会った際、「この世の中に不満しか持っていないんだろうなという顔つきの子」と感じたというエピソードがある。しかし同時に非常に落ち着いた風格があり、馬を降りた後のインタビューで騎乗した馬を「この子」と呼ぶといった優等生的受け答えを見せる(翔伍調教師も、初対面時に川田に「今の時代ではそういう丁寧な挨拶ができる人がいない」と思うほどの丁寧な挨拶をされたことで評価を改めている)。

その顔に加え、レースや記者会見でもほとんど感情を表に出さず(なのでよく「感情を無くした」「チベスナ顔とネタにされている)ことから無愛想で怖いというイメージが先行しがちだが、実際は真面目な性格で競馬に対して非常にストイックな姿勢で臨むタイプであり、レースから離れて各種イベントに出た際には柔らかい表情を見せることが多い。

一方で2023年秋華賞の際には牝馬三冠を賭けた一戦ということもあり、相当なプレッシャーを感じていたのか流石に顔色が悪かったらしい。そのレースを勝利した後のジョッキーカメラでは複数の騎手から祝福され、スタンド前に戻ってきた際には待っていた厩務員たちと共に感情を爆発させて涙声で勝利と偉業達成の感動を嚙み締める様子が収められている。


競馬学校在学中に講師として来校した的場均の教えに感銘を受け、彼をリスペクトして勝った際もできるだけガッツポーズをしないよう心掛けている。実際、1着でゴールした後もガッツポーズはほとんどしない。ただ全くやらないというわけではなく、2007年には安田隆行厩舎所属の白毛馬・ホワイトベッセルに騎乗して勝利し、白毛馬初のJRA勝利という偉業を成し遂げた際には、勝ったのが3歳未勝利戦だったにもかかわらず嬉しさの余りかガッツポーズをしている。GⅠ初制覇となった2008年皐月賞の際も、嬉しさが勝ったのかガッツポーズをしている(リバティアイランドでの牝馬三冠達成時も指を3本立てながら小さくガッツポーズしていた)。

その反動なのか、検量室まで戻り下馬した後には、鞍上での仕事人顔はどこへやらと言わんばかりのウキウキした姿を見せることもある。

先述の2021年のBCフィリー&メアターフ勝利時もよほど嬉しかったのか両腕を挙げて大喜びした上、更には記念撮影で矢作芳人調教師などの厩舎スタッフと共に手でハートマークを作る様子が見られた。また、2023年には後述の長男・純煌(ぎんじ)くんが東京競馬場で開かれたジョッキーベイビーズ決勝戦を制して見事優勝した際には大喜びし、同時に観戦していた観客からの祝福の声の中ガッツポーズをする姿が複数の人々に捉えられている。存外お茶目な人である。


一方、曲がった事が嫌いな九州男児らしく結構な激情家としても知られる(本人曰く「ガツンと言わないと、こっちがモヤモヤしちゃう」)。レース後に騎手控室で後輩を叱るのはもちろん、時には先輩に突っかかる事もしばしばで、同じく九州出身でダービー制覇後のインタビューで観客に一喝したことで知られる先輩の四位洋文(現調教師)にビビられた他、後輩の岩崎翼からは「恐怖のセンパイ」と恐れられている。

  • ちなみに川田は後に、その岩崎をターゲットとした逆ドッキリの仕掛人となった。
  • なお、先述の様に先輩にも動じない性格の川田だが、同じ栗東所属の和田竜二騎手については「栗東で一番怒らせてはいけないのは和田さん」と言うほどに恐れている。若手時代も「川田はなぜか和田には絶対逆らわない」と周囲が不思議がるほどだったそうな。(ただし、和田騎手が本気で怒ることはほとんどなく、同期の福永祐一でさえ怒った姿を見たことが無いという。)

そんな彼も、30歳になるまでは週1回は美容室に通うほどの「チャラ男」だった。20代の時にバラエティ番組に出演した際は「ボクがシュッとしている要因の7割は髪型」と言うほどだったが、さすがに30代になってからは落ち着こうとキャラチェンしている。


福永祐一との関係

2016年7月に先輩の福永祐一と共にホリプロとマネジメント契約を締結(藤田菜七子も先行して4月に契約締結)した為、メディアへの露出は多い。

なお福永とは公私ともに非常に仲が良いことで有名。その親交はエージェントが同じことをきっかけに始まっており、川田によると福永は「僕をこの世界に生き残らせてくれた人」と語るほどの恩人とのこと。

2018年の日本ダービーにおいてワグネリアンと共に挑んだ福永が初のダービー制覇を成し遂げた際には、ゴール後すぐ駆け寄って祝福した。もっとも、タイプはどちらかといえば「鬼」というべきで、「仏」な福永とは対照的な人物と言える(福永曰く「(自分が)先輩で本当に良かった」「(後輩を叱るのは)もう将雅に任せてるから」)。

一方、先輩にも動じず意見する川田のスタンスは福永が相手であっても変わらない様で、福永が2014年の凱旋門賞の枠順抽選会に遅刻した(しかも前日「自分が送る」と約束していた)上、7分丈のジーパンに半袖というラフな格好で現れた際には流石に説教している。

ちなみに福永は騎手としての川田も高く評価しており、騎手引退と調教師転身を公表した2022年12月に受けたインタビューでは、「(調教師として)タッグを組みたい騎手は?」と聞かれた際「やっぱりユウガ(川田将雅)ですよ。1番関係性が深いというのもありますけど、彼は日本競馬史上最高のジョッキーだと僕は思っている。彼があれだけの騎手になったというのも理由のひとつでもあるので、自分が次の道を進む事を決めた。一緒に仕事できて大きなタイトル獲れたら最高でしょう。」と述べている。

2023年に行われた騎手としての福永の引退式では川田は後輩騎手を代表して花束贈呈の任に当たったが、登壇時点から泣いており、涙をこらえながら挨拶と花束贈呈を行っている。降壇した後もほとんど泣き通しであり、それは式が終了するまで変わらなかった。


福永厩舎開業後は、厩舎初勝利こそ逃したものの開催競馬場に福永調教師は居らず、同日の阪神10Rでの勝利により福永氏に初の口取り式をプレゼントすることができた。


ジョッキーカメラの導入発起人

2023年春よりJRAは、GⅠや注目されるレースにおいて、事前に騎手・調教師などの了承を得た場合、騎乗する騎手にカメラを装着して撮影した映像を公開するジョッキーカメラの取り組みを開始した。元々ジョッキーカメラ自体は各国で行われていたものだが、JRAでは業務での利用(精々競馬学校での模擬レースでの映像が一般公開された程度)に留まっており、実際の本格運用開始は2023年を待たなければならなかった。

運用開始後は騎手目線でのレースの臨場感あふれる映像、レース中の駆け引きや風切り音、ゴール後の騎手たちのやり取りや馬をねぎらう様子を直に目にすることができ、競馬ファンからは好評の声をもって迎えられている。


実はこのジョッキーカメラ、川田がその導入を打診したもの2018年夏にイギリス遠征を行った際に着用してレースに乗ったことでその面白さを実感し、JRAに導入を打診したという。

その後ジョッキーカメラ計画は暫く保留されていたが、2022年日本ダービーを扱ったスポーツ誌の記事で、同レースに出走した横山典弘騎手(マテンロウオリオンで出走し結果は17着)が「俺のヘルメットにカメラをつけてもらっていたら、(勝ったドウデュースの)最高の映像が残っていた」と話したことから計画は再始動。競馬学校でのテストを重ね、2023年桜花賞より実際の運用が開始された。


ちなみに何の因果か、そのジョッキーカメラ第1号の映像は、リバティアイランドに騎乗して同レースを制した川田のカメラの映像だった。


長男・純煌くん

長男の純煌くんも、父の影響から乗馬に打ち込んでいる。

将来の夢に世界のトップジョッキーになることを挙げており、父である将雅も「僕は超えてもらわないと困る」「世間に出して恥ずかしくないようにに育ってくれれば」と期待をかけている様子。2023年10月には第13回ジョッキーベイビーズに東海地区代表として出場し見事優勝、夢に向けた一歩を踏み出した。

因みに取材を担当したビタミンSのお兄ちゃんや乗馬クラブの大谷コーチ曰く「追う姿が父親そっくり」とのこと。また、父親の縁からか大会ではダノックスの勝負服を着用しており、ネット上では「これがホントのダノンザキッドか」とネタにされることも。


相棒不在

2022年に騎手大賞を獲得したにもかかわらず「苦楽を共にして栄光を掴んだ運命の相方と言えるお手馬がいない」と評される事が非常に多かった。

何せダービー、オークス、BC、ドバイと制した世代トップや快挙となるレースを並べても、長くて当該レースの前走から、オークスとドバイに至っては当時の主戦が乗れなくなったから当該レースで乗り替わりと言った有様であり、

所謂武豊ディープインパクト(スーパークリーク等も相当する)、岡部幸雄シンボリルドルフ和田竜二テイエムオペラオー池添謙一オルフェーヴルに相当する運命の相棒がいないと言われるのも無理もない状況であった。

しかしその評は2023年にリバティアイランドで牝馬三冠を制した事により覆されている。


主な騎乗馬

※勝鞍は川田とコンビを組んだもののみ記載。★はJRA顕彰馬

※海外重賞(G1,G2,G3)は()に開催国を記載。

交流重賞は<>内で開催競馬場を記載。


GI級競走勝利馬


重賞勝利馬

川田とのコンビで、GIIまたはGIII、あるいはそれに準じるランクの交流重賞を制覇した馬たち。


その他の騎乗馬

※新馬戦や条件戦、国際戦など一度でも騎乗経験のある馬を五十音順で記載。



余談

2022年には平地GⅠを3勝しているが、それらのレースには「直前(前日か前週)のレースで落馬したり本番直前に新型コロナウイルスに感染したりしたなどの何かしらの不具合が生じた」という共通点があるためか、ファンの間では死の淵から生還するたびに強くなるサイヤ人のようだと言われている。これも、真面目でストイックな彼の性格の成せる業だろうか。

ちなみに、制したG1レースは桜花賞・NHKマイルC・阪神JFと、すべて1600mのマイル戦であった。


関連動画

JRA競馬学校騎手課程生徒募集CM 1期先輩の松岡正海と出演

2016年JRA「UMAJO」特別映像

キャンプ始めました


外部リンク

オフィシャルサイト


関連タグ

騎手 JRA

関連記事

親記事

騎手 きしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379659

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました