2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

コース東京競馬場・ダート1400m
条件4歳以上
負担重量別定
備考1着馬にフェブラリーSの優先出走権付与


概要

1987年に創設されたJRAGⅢ重賞レース。
東京競馬場ダート1,400mコースで開催される。

現在の神奈川県横浜市中区の根岸台にあった旧横浜競馬場を記念して名付けられており、1984年から1986年までは同名・同距離・同競馬場開催のオープン特別競争もあった。

現在の本レースは東京競馬場のダート重賞競走では3番目に古い。
創設からしばらくはオープン特別と同じく11月初旬に行われ、1996年には地方競馬とのダート交流競走に指定されて統一GⅢに再設定されている。
距離では1990年よりダート1200mに変更され2001年に再びダート1400mに戻された。

1994年から2000年までは東京中日スポーツから優勝杯が提供されていた(現在は武蔵野ステークスに提供杯を変更)。
また2001年よりフェブラリーステークスの前哨戦(ステップレース)として1月末前後での開催に変更。
2014年より1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権が付与されている。
なお東京競馬場の改修工事中であった2003年度は、中山競馬場ダート1,200mで代替開催された。

このレースを勝利してのちにフェブラリーステークスなどダートGⅠを勝利した馬としては、
ノボトゥルー
メイショウボーラー
モーニン
ノンコノユメ
モズアスコット
フェブラリーステークスを、
サウスヴィグラス
レッドルゼル
JBCスプリントで優勝している。

またダートGⅠ馬ではないが、2000年の同レース優勝のブロードアピールは、最後の直線からの追い込みによる豪脚を炸裂させて全馬をかわしてゴールインしており、JRA追い込み馬のベストレースのひとつに挙げられている。

関連記事

JRA GⅢ 競馬 重賞
東京競馬場 ダート交流競走

関連記事

親記事

GⅢ じーすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました