ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
地方競馬重賞
0

地方競馬重賞

0

ちほうけいばじゅうしょう

各地方競馬におけるダートグレード競走以外の重賞。また、それらをまとめた一覧。

概要

地方競馬におけるダートグレード競走以外の地方重賞


ばんえい競馬(ばんえい十勝)の重賞一覧

重賞の格付けは、「BG1BG2BG3」。(BGはばんえいグレードの略)すべて帯広競馬場で施行される。


馬齢\格付けBG1BG2BG3
2歳【3歳】イレネー記念ヤングチャンピオンシップ(産駒特別選抜)、【翔雲賞】(牡馬限定、2020年度新設)、【黒ユリ賞】(牝馬限定)ナナカマド賞
3歳【4歳】ばんえいダービーばんえいオークス(牝馬限定)ばんえい菊花賞ばんえい大賞典はまなす賞、【ポプラ賞
4歳【5歳】天馬賞銀河賞柏林賞クインカップ(牝馬限定) 、はまなす賞、【ポプラ賞】
3歳【4歳】以上帯広記念】、【ヒロインズカップ】(牝馬限定)、【ばんえい記念 旭川記念 ばんえいグランプリ(ファン投票選出馬など)、岩見沢記念北見記念、【 チャンピオンカップ カーネーションカップ(牝馬限定)、北斗賞
4歳以上ばんえい十勝オッズパーク杯ドリームエイジカップ(馬齢選抜)

平地地方重賞一覧

ホッカイドウ競馬

格付けは、「H1H2H3」。すべて門別競馬場で開催

H1

2歳:ネクストスター門別サンライズカップ

3歳:北海優駿(ホッカイドウ三冠)

古馬:道営記念道営スプリント

H2

2歳:ブリーダーズジュニアゴールドカップ栄冠賞ブロッサムカップ

3歳:王冠賞(ホッカイドウ三冠)

古馬:ウポポイオータムスプリント瑞穂賞ノースクイーンカップコスモバルク記念グランシャリオ門別スプリント

H3

2歳:サッポロクラシックカップフルールカップフローラルカップリリーカップイノセントカップ

3歳:ネクストスター北日本(※2024年新設重賞)(門別・水沢の持ち回り)、北斗盃(ホッカイドウ三冠)、フロイラインスプリント(※2024年新設重賞)、フロイラインカップ星雲賞

古馬:エトワール賞旭岳賞赤レンガ記念ヒダカソウカップポラリスサマースプリント(※2024年新設重賞)、グランシャリオクイーンズ(※2024年新設重賞)


岩手競馬

格付けは、「M1M2M3」。盛岡競馬場の芝・ダートコース及び水沢競馬場で開催


芝重賞

以外、盛岡芝コースで施行される芝重賞。

M1

ジュニアグランプリ(2歳)、岩手県知事杯OROカップ

M2

オパールカップ(3歳)、せきれい賞(古馬)、OROターフスプリント(古馬)、

M3

若鮎賞(2歳)、サファイア賞(3歳)、いしがきマイラーズ(古馬)

ダート重賞

以外、盛岡ダートコース・水沢で施行されるダート重賞。

M1

ネクストスター盛岡(2歳・盛岡)、南部駒賞(2歳・水沢)、プリンセスカップ(2歳・盛岡)、ダイヤモンドカップ(岩手三冠・盛岡)、留守杯日高賞(岩手牝馬三冠・水沢)、東北優駿(岩手三冠・水沢)、ひまわり賞(岩手牝馬三冠・盛岡)、オータムティアラ(岩手牝馬三冠・水沢)、シアンモア記念(古馬・盛岡)、一條記念みちのく大賞典(古馬・水沢)、ビューチフルドリーマーカップ(古馬・盛岡)、桐花賞(古馬・水沢)(ファン投票選出馬など)

M2

若駒賞(2歳・盛岡)、金杯(2歳・水沢)、ハヤテスプリント(3歳・盛岡)、スプリングカップ(3歳・水沢)、あやめ賞(3歳・水沢)、やまびこ賞(3歳・盛岡)、金杯(3歳・水沢)、早池峰スーパースプリント(古馬・水沢)、岩鷲賞(古馬・盛岡)、青藍賞(古馬・水沢)、絆カップ(古馬・盛岡)、北上川大賞典(古馬・水)、トウケイニセイ記念(古馬・水沢)、白嶺賞(古馬・水沢)

M3

寒菊賞(2歳・水沢)、ビギナーズカップ(2歳・水沢)、イーハトーブマイル(3歳・盛岡)、ウイナーカップ(3歳・水沢)、赤松杯(古馬・水沢)、栗駒賞(古馬・水沢)、あすなろ賞(古馬・盛岡)、ヴィーナススプリント(古馬・水沢)、すずらん賞(古馬・盛岡)


南関東公営競馬(TCK競馬、浦和競馬、船橋競馬、川崎競馬)

格付けは、「SⅠ」・「SⅡ」・「SⅢ」(Sは「South(南関東)・Superの意味」) 大井競馬場浦和競馬場船橋競馬場川崎競馬場での開催。


SⅠ

ハイセイコー記念(2歳・大井)、東京2歳優駿牝馬(2歳・大井)、浦和桜花賞(3歳・浦和)、東京プリンセス賞(3歳・大井)、戸塚記念(3歳・川崎)、ロジータ記念(3歳・川崎)、大井記念(古馬・大井)、ゴールドカップ(古馬・浦和)

SⅡ

鎌倉記念(2歳・川崎)、ローレル賞(2歳・川崎)、平和賞(2歳・船橋)、ユングフラウ賞(3歳・浦和)、東京湾カップ(3歳・船橋)、優駿スプリント(3歳・大井)、マイルグランプリ(古馬・大井)勝島王冠(古馬・大井)、習志野きらっとスプリント(古馬・船橋)、東京記念(古馬・大井)、金盃(古馬・大井)、スパーキングサマーカップ(古馬・川崎)、京成盃グランドマイラーズ(古馬・船橋)

SⅢ

ルーキーズサマーカップ(※2023年新設重賞)(2歳・浦和)、若武者賞(※2023年新設重賞)(2歳・川崎)、ゴールドジュニア(2歳・大井)、ジェムストーン賞(※2024年新設重賞)(2歳・大井)、黒潮盃(3歳・大井)、ニューイヤーカップ(3歳・浦和)、若潮スプリント(3歳・船橋)、クラウンカップ(3歳・浦和)、ネクストスター東日本(※2024年新設重賞)(3歳・浦和・船橋・川崎の持ち回り)、しらさぎ賞(古馬・浦和)、東京シンデレラマイル(古馬・大井)、ブリリアントカップ(古馬・大井)、川崎スパーキングスプリント(古馬・川崎)、プラチナカップ(古馬・浦和)、フリオーソレジェンドカップ(※2023年新設重賞)(古馬・船橋)、埼玉新聞栄冠賞(古馬・浦和)、サンタアニタトロフィー(古馬・大井)、アフター5スター賞(古馬・大井)、船橋記念(古馬・船橋)、川崎マイラーズ(古馬・川崎)、報知グランプリカップ(古馬・船橋)、フジノウェーブ記念(古馬・大井)、報知オールスターカップ(古馬・川崎)


金沢競馬

格付けは、「重賞」のみ。グレード制は未導入。すべて金沢競馬場施行。

2歳

石川テレビ杯ネクストスター金沢金沢シンデレラカップ金沢ヤングチャンピオン

3歳

ノトキリシマ賞北日本新聞杯(金沢四冠)、石川優駿(金沢四冠)、加賀友禅賞兼六園スプリント(※2024年新設重賞)、サラブレッド大賞典(金沢四冠)、MRO金賞(金沢四冠)

古馬

中日杯百万石賞北國王冠イヌワシ賞金沢スプリントカップ日本海スプリント徽軫賞読売レディス杯金沢スプリングカップ利家盃お松の方賞金沢ファンセレクトカップ


東海地区競馬(名古屋競馬、笠松競馬)

格付けは、「Super Prestige(スーパー・プレステージ)」を略した「SP」を冠する「SPⅠ」、「SPⅡ」、「SPⅢ」である。

※(準重賞にはSを抜いた「P」だけの格付けが付され、「プレステージ」と呼ばれる)名古屋競馬場笠松競馬場で施行される。


SPⅠ

ラブミーチャン記念(2歳・笠松)、ゴールドウィング賞(2歳・名古屋)、ライデンリーダー記念(2歳・笠松)、新春ペガサスカップ(3歳・名古屋)、ぎふ清流カップ(3歳・笠松)、東海クイーンカップ(3歳・名古屋)、若草賞土古記念(3歳・名古屋)駿蹄賞(東海三冠・名古屋)、岐阜金賞(東海三冠・笠松)、東海優駿(東海三冠)、秋の鞍(3歳・名古屋)、スプリングカップ(3歳・名古屋)、東海桜花賞(古馬・名古屋)、秋桜賞(古馬・名古屋)、東海菊花賞(古馬・名古屋)、くろゆり賞(古馬・笠松)、東海ゴールドカップ(古馬・笠松)、ゴールド争覇(古馬・名古屋)、梅見月杯(古馬・名古屋)、オグリキャップ記念(古馬・笠松)、名古屋記念(古馬・名古屋)、笠松グランプリ(古馬・笠松)、ブルーリボンマイル(※2024年新設重賞)(古馬・笠松)


SPⅡ

ゴールドジュニア(3歳・笠松)、サマーカップ(古馬・笠松)、オータムカップ(古馬・笠松)、ベイスプリント(古馬・名古屋)、トリトン争覇(古馬・名古屋)、名港盃(古馬・名古屋)、マーチカップ(古馬・笠松)、白銀争覇(古馬・笠松)、飛山濃水杯(古馬・笠松)



SPⅢ

新緑賞(3歳・笠松)、クイーンカップ(3歳・笠松)、ジュニアグローリー(※2024年新設重賞)(3歳・笠松)、撫子争覇(※2023年新設重賞)(古馬・笠松)、ウインター争覇(古馬・笠松)


P

中京ぺガスターカップ(3歳・名古屋)、湾岸スターカップ(古馬・名古屋)など


重賞級競走

ネクストスター中日本(※2024年新設重賞)(3歳・名古屋・笠松・金沢の持ち回り)、ネクストスター笠松(2歳・笠松)、ネクストスター名古屋(2歳・名古屋)


兵庫県競馬

格付けは、「重賞Ⅰ」及び「重賞Ⅱ」。園田競馬場姫路競馬場で施行されている。


重賞Ⅰ

兵庫若駒賞(2歳・園田)、ネクストスター園田(2歳・園田)、園田ジュニアカップ(2歳・園田)、楠賞(3歳・園田)、菊水賞(兵庫三冠・園田)、のじぎく賞(3歳・園田) 、西日本クラシック(※2024年新設重賞)(3歳・園田)、兵庫優駿(兵庫三冠・園田)、園田オータムトロフィー(3歳・園田)、白鷺賞(古馬・姫路)、新春賞(古馬・園田)、園田金盃(古馬・園田)、兵庫大賞典(古馬・園田)、六甲盃(古馬・園田)、兵庫ウインターカップ(古馬・姫路)、兵庫サマークイーン賞(古馬・園田)、摂津盃(古馬・園田)、姫山菊花賞(古馬・園田)、コウノトリ賞(園田・古馬)、西日本3歳優駿(2016年新設。園田が中心。園田・佐賀・金沢・高知・笠松・名古屋の順での持ち回り開催)


重賞Ⅱ

園田プリンセスカップ(2歳・園田)、兵庫ジュベナイルカップ(2歳・園田)、ネクストスター西日本(※2024年新設重賞)(3歳・園田・高知・佐賀の持ち回り)、兵庫ユースカップ(3歳・園田)、兵庫クイーンセレクション(3歳・姫路)、園田FCスプリント(古馬・園田)、園田チャレンジカップ(古馬・園田)、兵庫ゴールドカップ(古馬・園田)、兵庫クイーンカップ(古馬・園田)


高知競馬

格付けは、「重賞」のみ。すべて高知競馬場のみで施行。


2歳

ネクストスター高知金の鞍賞

3歳

土佐春花賞黒潮皐月賞(高知3歳三冠)、高知優駿 (高知3歳三冠)、黒潮菊花賞 (高知3歳三冠) 、土佐秋月賞

古馬

レジーナディンヴェルノ賞(※2024年新設重賞)、二十四万石賞福永洋一記念トレノ賞建依別賞黒潮マイルチャンピオンシップ黒潮スプリンターズカップ大高坂賞だるま夕日賞御厨人窟賞珊瑚冠賞高知県知事賞

佐賀競馬

格付けは、「重賞」のみ。すべて佐賀競馬場のみで施行。2013年1月より「S1(えすいち)」と「S2(えすに)」の格付けを設定していたものも、2018年度からは重賞と特別の間に準重賞を設定して重賞格付けを解消。「S1」重賞の全てと「S2」重賞の一部が格付けのない「重賞」に移行。


2歳

九州ジュニアチャンピオンネクストスター佐賀カペラ賞フォーマルハウト賞

3歳

佐賀若駒賞(※2024年重賞昇格)、花吹雪賞飛燕賞ル・プランタン賞佐賀皐月賞(九州三冠)、栄城賞(九州三冠)、佐賀ユースカッブロータスクラウン賞(九州三冠)、たんぽぽ賞

古馬

佐賀スプリングカップ佐賀ヴィーナスカップ佐賀がばいスプリント佐賀王冠賞吉野ヶ里記念九州チャンピオンシップ霧島賞鳥栖大賞佐賀オータムスプリント九州大賞典九州産グランプリ(※2024年新設重賞)、中島記念(ファン選抜)、ゴールドスプリントウインターチャンピオン九州クラウンはがくれ大賞典



ネクストスター競走

2024年より新設される予定の重賞級認定競走。

頂点として位置付けられる兵庫チャンピオンシップに向けた、各主催者・各ブロックにおける短距離競走の体系整備の観点から、2歳秋および3歳春において高額賞金の重賞級認定競走(ネクストスター)を新設。なお、同競走については、ダート適性馬の地方競馬への早期入厩を促進する観点から、地方デビュー馬のみ出走可能とする。

また、3歳春の重賞級認定4競走(ネクストスター)の優勝馬には兵庫チャンピオンシップへの優先出走権を付与する。


2歳

ネクストスター門別(H1)(門別)ダート1,200m

ネクストスター盛岡(M1)(盛岡)ダート1,400m

ネクストスター金沢(金沢)ダート1,400m

ネクストスター笠松(笠松)ダート1,400m

ネクストスター名古屋(名古屋)ダート1,500m

ネクストスター園田(重賞Ⅰ)(園田)ダート1,400m

ネクストスター高知(高知)ダート1,400m

ネクストスター佐賀(佐賀)ダート1,400m



競走条件等

各地元所属馬限定の2歳馬、負担重量は定量。1着賞金1,000万円。


3歳

ネクストスター北日本(門別) ダート1200m

ネクストスター東日本(川崎) ダート1400m

ネクストスター中日本(名古屋)ダート1500m

ネクストスター西日本(園田) ダート1400m


注記:実施場は令和6年度のもので以降持ち回り


競走条件等

北日本、中日本、西日本はブロック限定所属の3歳馬、東日本は、全国交流の為、地方競馬所属の3歳馬となる。負担重量は定量。1着賞金は、東日本は1,500万円、北日本、中日本、西日本は1,200万円。

優先出走権。

ネクストスター各競走優勝馬に兵庫チャンピオンシップへの優先出走権を付与する。


オッズパークグランプリ

オッズパーク株式会社の特別協賛による競走。

第1回を除いて重賞競走として施行されたが、ダートグレード競走としての格付けはなかった。

2007年の第1回から地方競馬の持ち回り競走として行われ2014年まで開催されたが、2014年以降の開催は行われておらず、今後再開催される見通しも全く立っていない。

1着賞金は1000万円と、当時としてはかなりの高額賞金レースだった。


関連タグ

地方競馬 NAR JRA

概要

地方競馬におけるダートグレード競走以外の地方重賞


ばんえい競馬(ばんえい十勝)の重賞一覧

重賞の格付けは、「BG1BG2BG3」。(BGはばんえいグレードの略)すべて帯広競馬場で施行される。


馬齢\格付けBG1BG2BG3
2歳【3歳】イレネー記念ヤングチャンピオンシップ(産駒特別選抜)、【翔雲賞】(牡馬限定、2020年度新設)、【黒ユリ賞】(牝馬限定)ナナカマド賞
3歳【4歳】ばんえいダービーばんえいオークス(牝馬限定)ばんえい菊花賞ばんえい大賞典はまなす賞、【ポプラ賞
4歳【5歳】天馬賞銀河賞柏林賞クインカップ(牝馬限定) 、はまなす賞、【ポプラ賞】
3歳【4歳】以上帯広記念】、【ヒロインズカップ】(牝馬限定)、【ばんえい記念 旭川記念 ばんえいグランプリ(ファン投票選出馬など)、岩見沢記念北見記念、【 チャンピオンカップ カーネーションカップ(牝馬限定)、北斗賞
4歳以上ばんえい十勝オッズパーク杯ドリームエイジカップ(馬齢選抜)

平地地方重賞一覧

ホッカイドウ競馬

格付けは、「H1H2H3」。すべて門別競馬場で開催

岩手競馬

格付けは、「M1M2M3」。盛岡競馬場の芝・ダートコース及び水沢競馬場で開催


芝重賞

以外、盛岡芝コースで施行される芝重賞。

M3

若鮎賞(2歳)、サファイア賞(3歳)、いしがきマイラーズ(古馬)

ダート重賞

以外、盛岡ダートコース・水沢で施行されるダート重賞。

M1

ネクストスター盛岡(2歳・盛岡)、南部駒賞(2歳・水沢)、プリンセスカップ(2歳・盛岡)、ダイヤモンドカップ(岩手三冠・盛岡)、留守杯日高賞(岩手牝馬三冠・水沢)、東北優駿(岩手三冠・水沢)、ひまわり賞(岩手牝馬三冠・盛岡)、オータムティアラ(岩手牝馬三冠・水沢)、シアンモア記念(古馬・盛岡)、一條記念みちのく大賞典(古馬・水沢)、ビューチフルドリーマーカップ(古馬・盛岡)、桐花賞(古馬・水沢)(ファン投票選出馬など)

M2

若駒賞(2歳・盛岡)、金杯(2歳・水沢)、ハヤテスプリント(3歳・盛岡)、スプリングカップ(3歳・水沢)、あやめ賞(3歳・水沢)、やまびこ賞(3歳・盛岡)、金杯(3歳・水沢)、早池峰スーパースプリント(古馬・水沢)、岩鷲賞(古馬・盛岡)、青藍賞(古馬・水沢)、絆カップ(古馬・盛岡)、北上川大賞典(古馬・水)、トウケイニセイ記念(古馬・水沢)、白嶺賞(古馬・水沢)

M3

寒菊賞(2歳・水沢)、ビギナーズカップ(2歳・水沢)、イーハトーブマイル(3歳・盛岡)、ウイナーカップ(3歳・水沢)、赤松杯(古馬・水沢)、栗駒賞(古馬・水沢)、あすなろ賞(古馬・盛岡)、ヴィーナススプリント(古馬・水沢)、すずらん賞(古馬・盛岡)


南関東公営競馬(TCK競馬、浦和競馬、船橋競馬、川崎競馬)

格付けは、「SⅠ」・「SⅡ」・「SⅢ」(Sは「South(南関東)・Superの意味」) 大井競馬場浦和競馬場船橋競馬場川崎競馬場での開催。


SⅠ

ハイセイコー記念(2歳・大井)、東京2歳優駿牝馬(2歳・大井)、浦和桜花賞(3歳・浦和)、東京プリンセス賞(3歳・大井)、戸塚記念(3歳・川崎)、ロジータ記念(3歳・川崎)、大井記念(古馬・大井)、ゴールドカップ(古馬・浦和)

SⅡ

鎌倉記念(2歳・川崎)、ローレル賞(2歳・川崎)、平和賞(2歳・船橋)、ユングフラウ賞(3歳・浦和)、東京湾カップ(3歳・船橋)、優駿スプリント(3歳・大井)、マイルグランプリ(古馬・大井)勝島王冠(古馬・大井)、習志野きらっとスプリント(古馬・船橋)、東京記念(古馬・大井)、金盃(古馬・大井)、スパーキングサマーカップ(古馬・川崎)、京成盃グランドマイラーズ(古馬・船橋)

SⅢ

ルーキーズサマーカップ(※2023年新設重賞)(2歳・浦和)、若武者賞(※2023年新設重賞)(2歳・川崎)、ゴールドジュニア(2歳・大井)、ジェムストーン賞(※2024年新設重賞)(2歳・大井)、黒潮盃(3歳・大井)、ニューイヤーカップ(3歳・浦和)、若潮スプリント(3歳・船橋)、クラウンカップ(3歳・浦和)、ネクストスター東日本(※2024年新設重賞)(3歳・浦和・船橋・川崎の持ち回り)、しらさぎ賞(古馬・浦和)、東京シンデレラマイル(古馬・大井)、ブリリアントカップ(古馬・大井)、川崎スパーキングスプリント(古馬・川崎)、プラチナカップ(古馬・浦和)、フリオーソレジェンドカップ(※2023年新設重賞)(古馬・船橋)、埼玉新聞栄冠賞(古馬・浦和)、サンタアニタトロフィー(古馬・大井)、アフター5スター賞(古馬・大井)、船橋記念(古馬・船橋)、川崎マイラーズ(古馬・川崎)、報知グランプリカップ(古馬・船橋)、フジノウェーブ記念(古馬・大井)、報知オールスターカップ(古馬・川崎)


東海地区競馬(名古屋競馬、笠松競馬)

格付けは、「Super Prestige(スーパー・プレステージ)」を略した「SP」を冠する「SPⅠ」、「SPⅡ」、「SPⅢ」である。

※(準重賞にはSを抜いた「P」だけの格付けが付され、「プレステージ」と呼ばれる)名古屋競馬場笠松競馬場で施行される。


SPⅠ

ラブミーチャン記念(2歳・笠松)、ゴールドウィング賞(2歳・名古屋)、ライデンリーダー記念(2歳・笠松)、新春ペガサスカップ(3歳・名古屋)、ぎふ清流カップ(3歳・笠松)、東海クイーンカップ(3歳・名古屋)、若草賞土古記念(3歳・名古屋)駿蹄賞(東海三冠・名古屋)、岐阜金賞(東海三冠・笠松)、東海優駿(東海三冠)、秋の鞍(3歳・名古屋)、スプリングカップ(3歳・名古屋)、東海桜花賞(古馬・名古屋)、秋桜賞(古馬・名古屋)、東海菊花賞(古馬・名古屋)、くろゆり賞(古馬・笠松)、東海ゴールドカップ(古馬・笠松)、ゴールド争覇(古馬・名古屋)、梅見月杯(古馬・名古屋)、オグリキャップ記念(古馬・笠松)、名古屋記念(古馬・名古屋)、笠松グランプリ(古馬・笠松)、ブルーリボンマイル(※2024年新設重賞)(古馬・笠松)


SPⅡ

ゴールドジュニア(3歳・笠松)、サマーカップ(古馬・笠松)、オータムカップ(古馬・笠松)、ベイスプリント(古馬・名古屋)、トリトン争覇(古馬・名古屋)、名港盃(古馬・名古屋)、マーチカップ(古馬・笠松)、白銀争覇(古馬・笠松)、飛山濃水杯(古馬・笠松)



SPⅢ

新緑賞(3歳・笠松)、クイーンカップ(3歳・笠松)、ジュニアグローリー(※2024年新設重賞)(3歳・笠松)、撫子争覇(※2023年新設重賞)(古馬・笠松)、ウインター争覇(古馬・笠松)


P

中京ぺガスターカップ(3歳・名古屋)、湾岸スターカップ(古馬・名古屋)など


重賞級競走

ネクストスター中日本(※2024年新設重賞)(3歳・名古屋・笠松・金沢の持ち回り)、ネクストスター笠松(2歳・笠松)、ネクストスター名古屋(2歳・名古屋)


兵庫県競馬

格付けは、「重賞Ⅰ」及び「重賞Ⅱ」。園田競馬場姫路競馬場で施行されている。


重賞Ⅰ

兵庫若駒賞(2歳・園田)、ネクストスター園田(2歳・園田)、園田ジュニアカップ(2歳・園田)、楠賞(3歳・園田)、菊水賞(兵庫三冠・園田)、のじぎく賞(3歳・園田) 、西日本クラシック(※2024年新設重賞)(3歳・園田)、兵庫優駿(兵庫三冠・園田)、園田オータムトロフィー(3歳・園田)、白鷺賞(古馬・姫路)、新春賞(古馬・園田)、園田金盃(古馬・園田)、兵庫大賞典(古馬・園田)、六甲盃(古馬・園田)、兵庫ウインターカップ(古馬・姫路)、兵庫サマークイーン賞(古馬・園田)、摂津盃(古馬・園田)、姫山菊花賞(古馬・園田)、コウノトリ賞(園田・古馬)、西日本3歳優駿(2016年新設。園田が中心。園田・佐賀・金沢・高知・笠松・名古屋の順での持ち回り開催)


重賞Ⅱ

園田プリンセスカップ(2歳・園田)、兵庫ジュベナイルカップ(2歳・園田)、ネクストスター西日本(※2024年新設重賞)(3歳・園田・高知・佐賀の持ち回り)、兵庫ユースカップ(3歳・園田)、兵庫クイーンセレクション(3歳・姫路)、園田FCスプリント(古馬・園田)、園田チャレンジカップ(古馬・園田)、兵庫ゴールドカップ(古馬・園田)、兵庫クイーンカップ(古馬・園田)


佐賀競馬

格付けは、「重賞」のみ。すべて佐賀競馬場のみで施行。2013年1月より「S1(えすいち)」と「S2(えすに)」の格付けを設定していたものも、2018年度からは重賞と特別の間に準重賞を設定して重賞格付けを解消。「S1」重賞の全てと「S2」重賞の一部が格付けのない「重賞」に移行。


ネクストスター競走

2024年より新設される予定の重賞級認定競走。

頂点として位置付けられる兵庫チャンピオンシップに向けた、各主催者・各ブロックにおける短距離競走の体系整備の観点から、2歳秋および3歳春において高額賞金の重賞級認定競走(ネクストスター)を新設。なお、同競走については、ダート適性馬の地方競馬への早期入厩を促進する観点から、地方デビュー馬のみ出走可能とする。

また、3歳春の重賞級認定4競走(ネクストスター)の優勝馬には兵庫チャンピオンシップへの優先出走権を付与する。


2歳

ネクストスター門別(H1)(門別)ダート1,200m

ネクストスター盛岡(M1)(盛岡)ダート1,400m

ネクストスター金沢(金沢)ダート1,400m

ネクストスター笠松(笠松)ダート1,400m

ネクストスター名古屋(名古屋)ダート1,500m

ネクストスター園田(重賞Ⅰ)(園田)ダート1,400m

ネクストスター高知(高知)ダート1,400m

ネクストスター佐賀(佐賀)ダート1,400m



競走条件等

各地元所属馬限定の2歳馬、負担重量は定量。1着賞金1,000万円。


3歳

ネクストスター北日本(門別) ダート1200m

ネクストスター東日本(川崎) ダート1400m

ネクストスター中日本(名古屋)ダート1500m

ネクストスター西日本(園田) ダート1400m


注記:実施場は令和6年度のもので以降持ち回り


競走条件等

北日本、中日本、西日本はブロック限定所属の3歳馬、東日本は、全国交流の為、地方競馬所属の3歳馬となる。負担重量は定量。1着賞金は、東日本は1,500万円、北日本、中日本、西日本は1,200万円。

優先出走権。

ネクストスター各競走優勝馬に兵庫チャンピオンシップへの優先出走権を付与する。


オッズパークグランプリ

オッズパーク株式会社の特別協賛による競走。

第1回を除いて重賞競走として施行されたが、ダートグレード競走としての格付けはなかった。

2007年の第1回から地方競馬の持ち回り競走として行われ2014年まで開催されたが、2014年以降の開催は行われておらず、今後再開催される見通しも全く立っていない。

1着賞金は1000万円と、当時としてはかなりの高額賞金レースだった。


関連タグ

地方競馬 NAR JRA

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む

pixivision

カテゴリー