2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

GⅠ

じーわん

この記事では、主に日本競馬のGⅠレースについて記述する。また、ダートグレード競走(JpnⅠ)についても併せて記述する。
目次[非表示]

概要

1984年JRAは欧米に倣って競走の格付けを行ったが、これは国際的な承認の得られていないJRA独自のものであった(1992年にジャパンカップが国際GⅠに認定されるなど、一部のレースは国際的にも承認されていたが、表記上の区別はなかった)。2007年に日本の競馬が国際セリ名簿基準委員会により最上級のパート1に格付けられたため、これ以降にGⅠを含めたグレード(G)がつく重賞競走は国際的にも通用するレースの格付けとなる。

なお主に欧州ではGはグループの略だが、グループとグレードに関しては厳密な使い分けはなくまとめてGⅠ○勝と表現される。

一方、地方競馬場で実施されるダードグレード競走など、日本が独自の格付けを行っているレースもかつては「統一G」表記がされていたが、2007年以降は「Jpn」表記が用いられている(2007年から2009年までのJRA開催の一部重賞にも「Jpn」となっているレースがある)。また地方競馬では競馬場ごとにこれ以外の独自の格付けも実施されている。なお、地方競馬のJpn格付けは2028年から段階的に廃止、該当競走は国際グレードを取得する予定が組まれている。

格付けに使う数字の表記については、ローマ数字(Ⅰ~Ⅲ)とアラビア数字(1~3等)が混在することもある。

1984年にグレード制が導入された際にGⅠに格付けされたレースは15競走。1999年には障害競走もグレード制が導入され、2022年1月現在のJRAのGⅠレースは平地(GⅠ)24+障害(J・GⅠ)2の合計26。地方競馬である大井競馬場で開催される東京大賞典を加えて日本全体では27となる。

GⅠ競走一覧

昇格順(昇格が同年の場合は設立順)

※☆は旧八大競走
※【木】は、木曜日に枠順が発表される競走。(通常は金曜日)

競走名  競馬場距離 設立年月日   昇格年 前身・旧競走名
東京優駿(日本ダービー)【木】東京芝24001932年4月24日1984年東京優駿大競走→東京優駿競走→優駿競走→東京優駿競走
天皇賞(秋)【木】東京芝20001937年12月3日1984年帝室御賞典
天皇賞(春)【木】京都芝32001938年5月15日1984年帝室御賞典→平和賞
優駿牝馬(オークス)【木】東京芝24001938年11月23日1984年阪神優駿牝馬
菊花賞【木】京都芝30001938年12月11日1984年京都農林省賞典四歳呼馬→京都農商省賞典四歳呼馬→農林省賞典四歳馬
桜花賞【木】阪神芝16001939年4月9日1984年中山四歳牝馬特別→櫻花賞
皐月賞【木】中山芝20001939年4月29日1984年横浜農林省賞典四歳呼馬→農商省賞典四歳→農林省賞典
朝日杯フューチュリティステークス阪神芝16001949年12月3日1984年朝日盃3歳ステークス→朝日杯3歳ステークス
阪神ジュベナイルフィリーズ阪神芝16001949年12月18日1984年阪神3歳ステークス阪神3歳牝馬ステークス
安田記念東京芝16001951年4月29日1984年安田賞
有馬記念【木】中山芝25001956年12月23日1984年中山グランプリ
宝塚記念【木】阪神芝22001960年6月26日1984年第1回から変更なし
エリザベス女王杯京都芝22001976年4月29日1984年ビクトリアカップ
ジャパンカップ【木】東京芝24001981年4月29日1984年第1回から変更なし
マイルチャンピオンシップ京都芝16001984年11月18日1984年第1回から変更なし
スプリンターズステークス中山芝12001967年7月9日1990年スプリンターズステークス→英国フェア開催記念→読売杯スプリンターズステークス→読売スプリンターズステークス
高松宮記念中京芝12001971年6月27日1996年中京大賞典→高松宮杯
NHKマイルカップ東京芝16001996年5月12日1996年NHK盃→NHK杯
秋華賞京都芝20001996年10月20日1996年第1回から変更なし
フェブラリーステークス東京ダート16001984年2月18日1997年フェブラリーハンデキャップ
中山大障害中山障害41001934年12月5日1999年大障碍特別競走→中山大障碍特別→農林省賞典障碍→中山農林省賞典障碍→農林省賞典障碍→中山大障碍
中山グランドジャンプ中山障害42501999年4月1日1999年大障碍特別競走→中山大障碍特別→農林省賞典障碍→中山農林省賞典障碍→農林省賞典障碍→中山大障碍→中山大障害(春)
チャンピオンズカップ【木】中京ダート18002000年11月25日2000年ジャパンカップダート
ヴィクトリアマイル東京芝16002006年5月14日2006年第1回から変更なし
東京大賞典大井ダート20001955年10月16日2011年秋の鞍
大阪杯阪神芝20001957年3月17日2017年大阪盃競走→サンケイ大阪盃→サンケイ大阪杯→産経大阪杯
ホープフルステークス中山芝20001984年12月9日2017年ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス→ラジオたんぱ杯3歳ステークス→ラジオたんぱ杯2歳ステークス→ラジオNIKKEI杯2歳ステークス


※東京大賞典は国際格付けGⅠ競走で唯一、地方競馬(大井競馬場)で実施される競走である。

開催順

※2022年時点

2月
フェブラリーステークス

3月
高松宮記念→大阪杯

4月
桜花賞→中山グランドジャンプ→皐月賞→天皇賞(春)

5月
NHKマイルカップ→ヴィクトリアマイル→優駿牝馬(オークス)→東京優駿(日本ダービー)

6月
安田記念→宝塚記念

9月
スプリンターズステークス

10月
秋華賞→菊花賞→天皇賞(秋)

11月
エリザベス女王杯→マイルチャンピオンシップ→ジャパンカップ

12月
チャンピオンズカップ→阪神ジュベナイルフィリーズ→朝日杯フューチュリティステークス→
中山大障害→有馬記念→ホープフルステークス→東京大賞典

国際GⅠ指定年

国際セリ名簿基準委員会(ICSC)により国際GⅠに指定された年。国内の格付けの変更ではないが、日本では国内の格付けと食い違う国際グレード(国内ではGⅠ級競走だが国際レーティングではGⅡ相当である等)を取得しない傾向にある。

  • 1992年
ジャパンカップ
  • 2001年
宝塚記念
  • 2004年
安田記念、マイルチャンピオンシップ
  • 2005年
スプリンターズステークス
  • 2007年
フェブラリーステークス、高松宮記念、天皇賞(春)、天皇賞(秋)、エリザベス女王杯、ジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ)、有馬記念
  • 2009年
NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、秋華賞
  • 2010年
桜花賞、皐月賞、優駿牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞、阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日杯フューチュリティステークス
  • 2011年
東京大賞典
  • 2017年
大阪杯、ホープフルステークス

JpnⅠ競走

1995年にJRAとNAR(地方競馬全国協会)の交流が始まった。

創設順

競走名設立年月日昇格年前身・旧競走名施行競馬場・距離
全日本2歳優駿1950年8月13日2002年全日本三才優駿→全日本3歳優駿川崎 ダート1600
川崎記念1951年1月21日1998年開設記念川崎 ダート2100
帝王賞1978年4月27日1997年第1回から変更なし大井 ダート2000
マイルチャンピオンシップ南部杯1988年10月9日1997年北日本マイルチャンピオンシップ南部杯盛岡 ダート1600
かしわ記念1989年5月17日2005年第1回から変更なし船橋 ダート1600
ジャパンダートクラシック1999年7月8日1999年スーパーダートダービー→ジャパンダートダービー大井 ダート2000
JBCクラシック2001年10月31日2001年第1回から変更なし変動(持ち回り) ダート2000※
JBCスプリント2001年10月31日2001年第1回から変更なし変動(持ち回り) ダート1200※
JBCレディスクラシック2011年11月3日2011年第1回から変更なし変動(持ち回り) ダート1800※
東京ダービー1955年5月15日2024年予定春の鞍→東京都ダービー大井 ダート2000
羽田盃1956年4月18日2024年予定大井盃大井 ダート1800
さきたま杯1997年9月15日2024年予定第1回から変更なし浦和 ダート1400

JBC3競走は開催地によって距離が若干変動する。


また、2011年のマイルチャンピオンシップ南部杯は東日本大震災の影響で盛岡競馬場が使用不能となってしまったため、姉妹提携を結んでいるJRAの東京競馬場にてJRA主催の競走として実施された。この場合でも京都競馬場で行われたJBC同様、格付けはGⅠではなくJpnⅠとなっていた。

開催順

※2023年時点

1月
川崎記念

5月
かしわ記念

6月
帝王賞

7月
ジャパンダートダービー

11月
JBC3競走、マイルチャンピオンシップ南部杯

12月
全日本2歳優駿

かつて存在したGⅠ競走

ダートグレード競走

競走名設立年月日昇格年降格年前身・旧競走名施行競馬場・距離
ダービーグランプリ1986年12月7日1997年2007年第1回から変更なし盛岡 ダート2000

2007年にダートグレードを返上、2008年から休止。2010年に地方全国交流競走として復活。

その他の公営競技におけるGⅠ

競馬以外の公営競技では、GⅠは最高グレードの競走とはなっていない。

競艇

上から、SG(スペシャルグレード)→PG1(プレミアムG1)→G1→G2→G3→一般戦 となっている。この内SGとPG1は毎年開催場は代わる(持ち回り)。また各競艇場では毎年最低1回はG1が行われる形になっている。

競輪

上から、GP→G1→G2→G3→F1→F2 となっている。F1とF2が一般戦にあたる。

オートレース

上から、SG→特別G1→G2→普通開催 となっている。かつてはG3もあったが廃止されている。

関連タグ

競馬 JRA

関連記事

親記事

重賞 じゅうしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1511

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました