ピクシブ百科事典

GⅠ

じーわん

この記事では、競馬のGⅠレースについて記述する。
目次[非表示]

概要

1984年に、JRAは欧米に倣って競走の格付けを行った。現在は国際セリ名簿基準委員会により日本の競馬は最上級のパート1に格付けられているため、G1を含めたグレードがつく重賞競走は国際的にも通用するレースの格付けとなる。
なお、日本が独自の格付けを行っているときは、「Jpn」表記が用いられている。

アラビア数字とローマ数字が混在することもある。

1984年にグレード制が導入された際にGⅠに格付けされたのは15の競走で、2019年現在は24+2(障害GⅠ)となっている。

障害競走は1999年にグレード制を導入した。

GⅠ競走一覧

昇格順(昇格が同年の場合は設立順)

※☆は旧八大競走

競走名設立年月日昇格年旧競走名施行競馬場・距離
東京優駿(日本ダービー)1932年4月24日1984年東京優駿大競走東京 芝2400
天皇賞(秋)1937年12月3日1984年帝室御賞典東京 芝2000
☆天皇賞(春)1938年5月15日1984年帝室御賞典京都 芝3200
優駿牝馬(オークス)1938年11月23日1984年阪神優駿牝馬東京 芝2400
菊花賞1938年12月11日1984年京都農林省賞典四歳呼馬京都 芝3000
桜花賞1939年4月9日1984年中山四歳牝馬特別阪神 芝1600
皐月賞1939年4月29日1984年横浜農林省賞典四歳呼馬中山 芝2000
朝日杯フューチュリティステークス1949年12月3日1984年朝日盃3歳ステークス→朝日杯3歳ステークス阪神 芝1600
阪神ジュベナイルフィリーズ1949年12月18日1984年阪神3歳ステークス阪神牝馬3歳ステークス阪神 芝1600
安田記念1951年4月29日1984年安田賞東京 芝1600
有馬記念1956年12月23日1984年中山グランプリ中山 芝2500
宝塚記念1960年6月26日1984年第1回から変更なし阪神 芝2200
エリザベス女王杯1976年4月29日1984年ビクトリアカップ京都 芝2200
ジャパンカップ1981年4月29日1984年第1回から変更なし東京 芝2400
マイルチャンピオンシップ1984年11月18日1984年第1回から変更なし京都 芝1600
スプリンターズステークス1967年7月9日1990年読売杯スプリンターズステークス中山 芝1200
高松宮記念1971年6月27日1996年高松宮杯中京 芝1200
NHKマイルカップ1996年5月12日1996年NHK杯東京 芝1600
秋華賞1996年10月20日1996年第1回から変更なし京都 芝2000
フェブラリーステークス1984年2月18日1997年フェブラリーハンデキャップ東京 ダート1600
中山大障害1934年12月5日1999年大障害特別中山 障害4100
中山グランドジャンプ1999年4月1日1999年第1回から変更なし中山 障害4250
チャンピオンズカップ2000年11月25日2000年ジャパンカップダート中京 ダート1800
ヴィクトリアマイル2006年5月14日2006年第1回から変更なし東京 芝1600
東京大賞典1955年10月16日2011年秋の鞍大井 ダート2000
大阪杯1957年3月17日2017年産経大阪杯阪神 芝2000
ホープフルステークス1984年12月9日2017年ラジオたんぱ杯2歳ステークスラジオNIKKEI杯2歳ステークス中山 芝2000


東京大賞典は国際格付けG1競走で唯一、地方競馬で実施(大井競馬場)される競走である。

開催順

※2019年時点

2月
フェブラリーステークス

3月
高松宮記念→大阪杯

4月
桜花賞→中山グランドジャンプ→皐月賞→天皇賞(春)

5月
NHKマイルカップ→ヴィクトリアマイル→優駿牝馬(オークス)→東京優駿(日本ダービー)

6月
安田記念→宝塚記念

9月
スプリンターズステークス

10月
秋華賞→菊花賞→天皇賞(秋)

11月
エリザベス女王杯→マイルチャンピオンシップ→ジャパンカップ

12月
チャンピオンズカップ→阪神ジュベナイルフィリーズ→朝日杯フューチュリティステークス→
中山大障害→有馬記念→ホープフルステークス→東京大賞典

関連タグ

競馬 JRA

関連記事

親記事

JRA じぇいあーるえー

子記事

兄弟記事

コメント