ピクシブ百科事典

ホープフルステークス

ほーぷふるすてーくす

ホープフルステークスは、JRAで行われるGⅠ競走。2017年以降は有馬記念に代わってその年最後の中央GⅠとなっている。
目次[非表示]

歴史

1984年に創設されたラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークスを前身としている。当時の格付けはGⅢで、距離とコースは桜花賞と同じく阪神競馬場1600mだった。
1991年よりラジオたんぱ杯3歳ステークスに名称を変更し、距離を2000mに延長。
2001年馬齢表記が変更されたことに伴い、ラジオたんぱ杯2歳ステークスに名称を変更。
2006年にスポンサーが愛称を変更したことに伴い、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスとなる。

2014年にそれまで中山競馬場で開催されていた朝日杯フューチュリティステークスが阪神競馬場開催になったことを受け、朝日杯と交換する形で中山競馬場に開催地を変更。これにより、皐月賞と同開催地・同距離となるとともに、名称が「ホープフルステークス」になり、GⅡに昇格した。
そして2017年にGⅠに昇格し、現在に至る。

当競走のGⅠ昇格に伴い、有馬記念に代わって1年で最後に開催されるGⅠ競走となった一方、有馬記念のブランドが落ちたとして日程の変更を望む声もある。
2020年は中山大障害と同日(土曜日)の開催となり、有馬記念が最後になった。

なお、朝日杯と共に武豊が勝利していないGⅠレースの一つであるが、前身のラジオたんぱ杯・ラジオNIKKEI杯時代に5回優勝している。

歴代優勝馬

GⅠ昇格後

2020年:ダノンザキッド
2019年:コントレイル
2018年:サートゥルナーリア
2017年:タイムフライヤー

GⅡ時代

2016年:レイデオロ
2015年:ハートレー
2014年:シャイニングレイ

関連タグ

JRA

朝日杯フューチュリティステークス阪神ジュベナイルフィリーズ:同じく2歳GⅠ

東京大賞典:毎年12月29日大井競馬場で開催されるGⅠ。

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ホープフルステークス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ホープフルステークス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5129

コメント