ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

データ

生年月日2019年1月27日
欧字表記Killer Ability
性別
毛色青鹿毛
ディープインパクト
キラーグレイシス
母の父Congaree
生産ノーザンファーム(北海道安平町
主戦騎手菅原明良
管理・調教斉藤崇史厩舎 (栗東)
馬主キャロットクラブ

戦績

デビュー前

2019年1月27日、北海道安平町のノーザンファームにて生を受けた。

父のディープインパクトは言わずもがなの無敗三冠馬。

母キラーグレイシスは米国生産調教馬でハリウッドスターレットSを勝っているG1馬で、繁殖入りにあたり輸入された。ディープインパクト産駒の本馬は5番仔となる。

母父のコンガリーは、名前から珍名馬扱いされることもあるが、アメリカGⅠ5勝のれっきとした名馬である。


その後はリスグラシューエフフォーリアも所有する一口馬主クラブ「キャロットファーム」の所有場となり、JRA栗東トレーニングセンターの斉藤崇史厩舎に入る。


2歳

2021年6月27日にデビュー。ここでは5着に敗れるが、続く未勝利戦を7馬身差で圧勝。秋はリステッド競走の萩Sで2着に入った後、12月28日に行われたホープフルステークスを2番人気で迎える。

ホープフルステークス

レース本番では好位を追走し、直線で抜け出してG1初勝利。タイムはホープフルSのレースレコードであり、鞍上の横山武史に2021年のG15勝目をもたらす結果となった。


3歳

春はステップレースなどを挟まずクラシック1冠目の皐月賞へ直行。しかしここではゲート内で落ち着かず出遅れ。中団まで押し上げたが最後は伸びきれず13着と惨敗してしまった。

続いては3歳馬の大目標である日本ダービー。ゲート自体は上手く出て、これまでとは異なり後方に構え、直線勝負に賭けた。しかしドウデュースイクイノックスに瞬発力の差を見せつけられ、距離も長かったのか6着と敗れた。

秋は初の古馬との対戦としてアルゼンチン共和国杯からスタート。短期免許で来日したクリスチャン・デムーロ騎手に乗り替わって2番人気に支持されるが前有利の展開となり、後方待機からでは追いつけず最後は8着。

続いて年内最後のレースとして中日新聞杯を選択。ここ3戦の内容があまり良くなかったためか、メンバー中唯一のG1馬ながら5番人気と低迷。鞍上は斉藤厩舎所属の団野大成騎手になった。

レースでは内枠の1枠1番からスタートするが、案の定出遅れ気味になり後方に位置取った。しかしインコースで足を溜め、直線では先に抜け出した先行馬をクビ差捉えて1着。1年ぶりに復活の重賞2勝目を飾った。

団野騎手にとっては師匠である斉藤調教師との嬉しいコンビ制覇となった。


4歳

古馬となった初戦はG2京都記念。短期免許で来日中のドイツリーディングジョッキー、ムルザバエフ騎手を鞍上に迎え、同期のダービー馬ドウデュース、前々年の年度代表馬エフフォーリアに次ぐ3番人気に支持された。レースは比較的前目につけて進んだが、最後の直線で思うように伸びずに5着。圧勝したドウデュースの影を踏むこともできなかった。





関連記事

競走馬

22世代

関連記事

親記事

22世代 にじゅうにせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44324

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました