ピクシブ百科事典

メジロマックEーン

めじろまっくいーん

メジロマックEーンとは、みんなのトラウマである。
目次[非表示]

概要

メジロマックEーンとは、アプリ『ウマ娘プリティーダービー』においてメジロマックイーンの育成中に発生することのある現象。
表記揺れとして「メジロマックEン」メジロを省略して「マックEーン」「マックEン」等。

ウマ娘の育成モードでは、それぞれのウマ娘に育成目標が設定され、それをクリアしながら育成していく流れになっている。
マックイーンの育成目標の2番目に「ファン数3000人を達成する」という物があり、この制限時間は12月後半まで(=ジュニア級いっぱい)となっている。

ファン3000人は、レースに1~2回出走して勝てばまず間違いなく達成できる人数であり、期限となる12月後半には、マックイーンがジュニア級で唯一適正のあるGIレースの「ホープフルステークス」があり、難易度も低く、勝利すればボーナス込みで10000人ちょっとのファンが獲得でき、この1回で目標を達成することができる。

マックイーンは逃げ(デフォルト適正B)に設定しておけば先行や差し程事故りにくいのもあって、この1戦に賭けるトレーナーも非常に多い。

…しかし、レースに絶対はないという格言もある通り、必ず勝てるレースというのは存在しない。
序盤ということで出走する敵も弱いものが多いが、出遅れや、モブロックなど事故が起きると大敗北を喫することもままある。
他のウマ娘なら、序盤なのでここで負けても本来なら建て直しは効く(というかほとんどの場合1着必須ではないので負けても影響はあまりない)のだが、ホープフルSでファン数を一気に稼ごうとして他のレースに出走せずに進めていたなら、3000人未達でゲームオーバーへと直行してしまう(目標レースでは無いので、コンティニューアイテムの目覚まし時計も使えない)。また、ファン数ボーナスが少なければ、そもそもホープフルSに出られないことに気づかず、ゲームオーバーに直行してしまうこともある(目安としてファン数ボーナスが43%未満であれば、メイクデビュー1着だろうと、ホープフルステークスの出走条件である1000人に届かない)。
ここでゲームオーバーになったマックイーンのランクは大体E前後になること、そして語感の良さから「メジロマックEーン」と呼ばれている。

そしてホープフル事故を起こしまくったトレーナー達により本レースに「ホープレスステークス」という蔑称が与えられる事に…。

対策

とは言ったものの、対策は非常に簡単で「ホープフルステークス」以外のレースにも出走しておくことが望ましい。
特に、11月後半にある「京都ジュニアステークス」は、GIIIのレースであり、1着の獲得ファン数は約3300人、そして難易度もホープフルSよりも格段に低く、変な育成をしていない限りまず負けることはない。また、過去のレースで勝利してさえいれば、自然と出走条件を満たせる。
そして何より、万が一事故って負けてもホープフルステークスでリカバリーが効く。

と、簡単に対策出来るにも関わらず何故事故が後を断たないかと言えば、出ても旨味の少ないGIIIに出るのは、育成において損でしかないから、である。
単にURAファイナルズクリアを狙うだけなら取り返す猶予はいくらでもあるが、もっと強いウマ娘を育てたいのなら、可能な限りそうした損を切り詰め、上振れを狙って行く必要がある。

また彼女の場合、長距離レースの中でも難易度が高い天皇賞(春)での1着が目標となっているため、長距離を重視した育成が求められる。
その一方で、ゲームの仕様や目標レースの指定などもあり、漫然とプレイすると最後のURAファイナルズ(最も多くレースに出た距離で出走)が中距離となってしまいやすい。
長距離で出走するためには中距離レースの出走を減らし、長距離レースを増やす必要があるのだが、困った事に長距離レースはジュニア級には存在しない。つまり、保険のレース(=中距離)に出れば出るほど、URA長距離出走が遠ざかってしまうのである。

そもそもホープフルSは序盤なので、もし目標未達となってもすぐにやり直せば時間的なロスは非常に少ない(レンタルに使用したマニーは無駄になるが)。そのような状況で、わざわざ保険の京都ジュニアステークスに出て育成の効率を下げる理由はないのである。


そして今日もマックEーンが量産される。

類例

メジロマックEーンの類例として、オグリEキャップもある。
オグリも同様にファン数を一定数獲得する目標があり、同じく12月後半が期限に設定されている。
同じようにホープフルSで一気にファン数を稼ごうとして事故負けして未達という現象が発生する。
中長距離適性のマックイーンと違い、オグリはマイル適正も持っているため、上記の「京都ジュニアS」に加えて、12月前半のGIレースである「朝日杯フューチュリティステークス」または同じくGIの「阪神ジュベナイルフィリーズ」にも出走できる(阪神ジュベナイルフィリーズは現実の競馬では牝馬限定戦だが、同作では牡馬を元にしたウマ娘でも出走可能であり、獲得できるファン数ぐらいしか目立つ違いがない)ため、未達のリスクはマックイーンよりかは低い。
が、当然2連事故というのも往々にして起きるのでそれなりのリカバリー策は用意しておきたい。

こういった事故が頻繁に起こる事もあってか、2021年6月実装のセイウンスカイではマックイーンらと同じ3000人目標ながら期限が1ターン延長され1月前半までとなっている。
そのため、仮にホープフルで事故っても1月前半の京成杯で目標達成が可能となっている。
まあ、これでもレースすっぽかしや2連事故で「セイウンスカE」になってしまう事が稀にあるのだが。

メジロマックEーン杯

2021年6月21日のアップデートで、ルームマッチ機能が追加された。
この機能ではユーザーが様々なレギュレーションでの大会を開くことができ、中には特定のウマ娘限定の大会を開く者もいた。
この機能ではチャンピオンズミーティングのように出場可能なランクを絞ることも可能であり、この機能を利用したメジロマックEーン杯を開くユーザーが現れた。
ホープフルステークスを使用して開催する者もいれば、マックイーンの目標である天皇賞(春)で開催する者も現れた。
中には、12月後半まで何のレースにも出場させず、目標を未達にすることで意図的にマックEーンを生み出し、このマックEーン杯用に調整した脱法マックEーンや、ホープフルステークスには出走させて2戦1勝にはするものの脚質適正の低い差しや追い込みにしてわざと負ける養殖マックEーンという言葉まで生まれた。

なお、現状開催者が参加者を除外(キックアウト)する機能が無いため、ランクE+も参加可能にするためD以下を対象にするとマックDーンが参加して来たり、マックイーン以外のウマ娘が参加したりする事が多々あるため、純粋なマックEーン杯を行えない事も多い。

ゲーミングお嬢様

2021年5月18日のジャンプ+の更新の内容にて、ウマ娘をプレイするお嬢様もこれをやらかした事でTwitterトレンド入りを起こした。

関連タグ

メジロマックイーン(ウマ娘)

関連記事

親記事

メジロマックイーン(ウマ娘) うまむすめのめじろまっくいーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メジロマックEーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 266503

コメント