2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

メジロマックEーンとは、アプリ『ウマ娘プリティーダービー』においてメジロマックイーンの育成中に発生することのある現象。
表記揺れとして「メジロマックEン」メジロを省略して「マックEーン」「マックEン」等。

ウマ娘の育成モードでは、それぞれのウマ娘に育成目標が設定され、それをクリアしながら育成していく流れになっている。
マックイーンの育成目標の2番目に「ファン数3000人を達成する」という物があり、この制限時間は12月後半まで(=ジュニア級いっぱい)となっている。

ファン3000人は、レースに1~2回出走して勝てばまず間違いなく達成できる人数であり、期限となる12月後半には、マックイーンがジュニア級で唯一適性のあるGIレースのホープフルステークス(中山芝2000m)があり、難易度も低く、勝利すればボーナス込みで10000人ちょっとのファンが獲得でき、この1回で目標を達成することができる。

マックイーンは逃げ(デフォルト適性B)に設定しておけば先行や差し程事故りにくいのもあって、この1戦に賭けるトレーナーも非常に多い。

…しかし、レースに絶対はないという格言もある通り、必ず勝てるレースというのは存在しない。
序盤ということで出走する敵も弱いものが多いが、出遅れや、モブロックなど事故が起きると大敗北を喫することもままある。
他のウマ娘なら、序盤なのでここで負けても本来なら建て直しは効く(というかほとんどの場合1着必須ではないので負けても影響はあまりない)のだが、ホープフルSでファン数を一気に稼ごうとして他のレースに出走せずに進めていたなら、3000人未達でゲームオーバーへと直行してしまう(目標レースでは無いので、コンティニューアイテムの目覚まし時計も使えない)。
また、ファン数ボーナスが少なければ、そもそもホープフルSに出られないことに気づかず、ゲームオーバーに直行してしまうこともある(目安としてファン数ボーナスが43%未満であれば、メイクデビュー1着だろうと、ホープフルステークスの出走条件である1000人に届かない)。
ここでゲームオーバーになったマックイーンのランクは大体EかE+になること、そして語感の良さから「メジロマックEーン」と呼ばれている。

そしてホープフル事故を起こしまくったトレーナー達により本レースに「ホープレスステークス」という蔑称が与えられる事に…。
史実では一応無敗の三冠馬を輩出しているレースなのだが…

ちなみに「ホープフル(Hopeful)」とは英語で「希望に満ちた」などの意、こちらはレスなので「夢も希望もない」転じて「絶望」と言う意味となる(単語としての絶望は「ディスペア(despair)」)

育成ストーリー「アオハル杯 ~輝け、チームの絆~」では、目標以外のレースに出走しにくい事情が重なり、うっかり出走し忘れてファン数を達成できないということがたまにおこる。
なお、アオハル杯の仕様上ランクE以上で終わる場合も考えられるが、広義にはD以上、もしくはF以下で終わった場合もマックEーンと呼ばれる。

対策

とは言ったものの、対策自体は非常に簡単で「ホープフルステークス」以外のレースにも出走しておくだけ。
特に、11月後半にある京都ジュニアステークス(京都芝2000m、実際のレース名は京都2歳ステークス)は、GⅢのレースであり、1着の獲得ファン数は約3300人、そして難易度もホープフルSよりも格段に低く、基本のきの字もわからないような変な育成をしていない限りまず負けることはない。また、過去のレースで勝利してさえいれば、自然と出走条件を満たせる。
マイル適性があり、ある程度自信があるのならホープフルの1ターン前に「阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)」や「朝日杯フューチュリティステークス(朝日FS)」というレースがある。そのどちらかとホープフルの二連戦を組めば容易に三千人程度は達成出来る。
そして何より、万が一事故って負けてもホープフルステークスでリカバリーが効く。

と、簡単に対策出来るにも関わらず何故事故が後を断たないかと言えば、出ても旨味の少ないレースに出るのは、育成において損でしかないからである。
単にURAファイナルズクリアを狙うだけなら取り返す猶予はいくらでもあるが、もっと強いウマ娘を育てたいのなら、可能な限りそうした損を切り詰め、上振れを狙って行く必要がある。
不必要なレースに出る暇があったらトレーニングに出た方が良いし、ましてや、GⅡ以下のレースなど出るだけ損なのだ(もちろん、イベント上必須だったりボーナスがある場合は除く)。

また彼女の場合、長距離レースの中でも難易度が高い天皇賞(春)での1着が目標となっているため、長距離を重視した育成が求められる。
その一方で、ゲームの仕様や目標レースの指定などもあり、漫然とプレイすると最後のURAファイナルズ(最も多くレースに出た距離で出走)がマイル・中距離となってしまいやすい。
長距離で出走するためにはマイル・中距離レースの出走を減らし、長距離レースを増やす必要があるのだが、困った事に長距離レースはジュニア級には存在しない。つまり、保険のレース(=中距離)に出れば出るほど、URA長距離出走が遠ざかってしまうのである。

そもそもホープフルSは序盤なので、もし目標未達となってもすぐにやり直せば時間的なロスは非常に少ない(レンタルに使用したマニー、及び日に5回までの上限は無駄になるが)。そのような状況で、わざわざ保険の京都ジュニアステークスに出て育成の効率を下げる理由はないのである。


そして今日もマックEーンが量産される。

類例

目標に「ジュニア級12月前後にファン規定数以上獲得」が設定されており、ジュニア級GIで一発勝負を狙えるウマ娘を挙げる。

オグリEキャップ(オグrEキャップ/オグEキャップ)ファEンモーションEナリワン

オグリも同じく12月後半の期限までのファン獲得が設定されており、
同じようにホープフルSで一気にファン数を稼ごうとして事故負けして未達という現象が発生する。
中長距離適性のマックイーンと違い、オグリはマイル適性も持っているため、上記の「京都ジュニアS」に加えて、12月前半のGIレースである朝日杯フューチュリティステークスまたは同じくGIの阪神ジュベナイルフィリーズ(共に阪神芝1600m)にも出走できる。従って未達のリスクはマックイーンよりかは低い。が、当然2連事故や友情トレーニングに目がくらむというのも往々にして起きるのでそれなりのリカバリー策は用意しておきたい。
また、2021年12月に実装されたファインモーションや2022年6月実装のイナリワン(マイル適性はB)も12月後半の期限までのファン獲得目標があるが、オグリ同様マイル適性を持っているので同じような方法で対策することが出来る。
が、裏を返せば同じ原因で失敗することでもあるので注意。

セイウンスカE/セEウンスカイ

こういった事故が頻繁に起こる事もあってか、2021年6月実装のセイウンスカイはマックイーンらと同じ3000人目標ながら期限が1ターン延長されクラシック級1月前半までとなっている(史実1着のジュニアカップ(当時中山2000m)を考慮した可能性もある)。
そのため、仮にホープフルで事故っても1月前半のGⅢ京成杯(中山芝2000m)で目標達成が可能となっている。セイウンスカイライナーとか言わない。
さらにマイル適性がCのため、B以上に上げれば朝日杯FSまたは阪神JFも狙える。
まあ、これでもレースすっぽかしや2連事故で「セイウンスカE」になってしまう事が稀にあるのだが。

カレEンチャン(カrEンチャン)

カレンチャンは「ジュニア級12月前半までにファン3000人獲得」が設定されているが、短距離適性のみAで、マイルの初期適性がDであるため、「最終ターンの阪神JFか朝日杯FSで一発勝負」というリスキーな選択肢は選ばれにくい(11月前半のGⅡ京王杯ジュニアステークスかその他GⅢで1着でクリア)が、「継承でマイル適性を上げた上で玉砕しカワEカレEンチャン誕生」の報告はSNSで見られる。

ヒシEアケボノ(ヒsEアケボノ)/Eシアケボノ

ヒシアケボノもカレンチャン同様「ジュニア級12月前半までにファン3000人獲得」の目標があるが、カレンチャンと違い「マイルの初期適性がB」「目標レースのうち4つがマイル戦」という事情もあり、マイル適性を上げて、あるいは上げずとも「最終ターンの阪神JFか朝日杯FSで一発勝負」というのは十分可能であるし、効率重視のプレイならば必然の流れでもある。そんなわけで、そこで事故った結果「ヒシEアケボノ」──あるいは命名元負けっぷりから「ヒシマケボノ」──爆誕の報告が、育成実装以来後を絶たない。

番外1・Eワハヤヒデ/ビEワハヤヒデ(bEワハヤヒデ)

こちらは「ジュニア級12月前後にファン規定数以上獲得」が目標となっていないが、マイル適性がCでありながら「『朝日杯フューチュリティステークス』で5着以上」という目標が設定されているため、適性を無礼ると比較的事故りやすい。
一応史実では「朝日杯3歳S」時代に出走しハナ差の2着だったのだが…。

番外2・マチカネタンホEザ

目標は「ジュニア級12月後半までにGIで1回5着以内」であるが、タンホイザのマイルの初期適性はDであり、継承で適性を上げておかなければ実質ホープフルステークス1発勝負である(適性を上げても2連事故でアウト)。しかも、他のウマ娘のようにGⅡ以下のレースでファンを稼いでクリアもできないので、その点ではマックイーンよりもきつい条件が課せられていることになる。史実ではミホノブルボンの4着なんだから適性Cでも良かったのでは…?

番外3・Make a new track!! ~クライマックス開幕~

2022年2月24日、1stアニバーサリーを記念するこの日に追加された新たな育成シナリオでは、全ウマ娘が個々の育成目標ではなく一定の期間で規定の成績ptを獲得するという共通した目標をもって3年間を過ごす事となる。このシナリオでジュニア級の目標を達成する際に、期間ギリギリに開催されるレースでの一発勝負を仕掛けた挙句に勝ちを逃すと、もれなくどのウマ娘でもマックEーン化する。なおジュニア級における規定ptはGⅢ(ダート適性のウマ娘はPre-OP)1勝分で確保でき、このシナリオはグレードを問わずなるべく多くのレースに出る事が良策とされるので、一発勝負の博打を打つメリットは薄い。
というか全レースで目覚まし時計が使えるので目覚まし時計に飢えない限り再戦は容易。

番外4・スマートフEルコン/スマートファルコンE

こちらはやや変則的なパターン。目標は「PreOP以上のレースで2勝」というもので、忠実に基づく(そのうち1勝は芝)ものだが、ファン数を確保するため芝因子を上げてGⅠ2連勝を狙うプレイヤーが後を絶たない。逃げなので事故率は低めなのは救いだが……。特に4/1~4/4までのイベント「みんなでトップウマドルプロジェクト」でスマートファルコンの育成に取り組んだプレイヤーを悩ませた。(対象がファン数なので、プレイ時間が長くなりがちなMantシナリオではなく、URAシナリオの方が効率が良かったという事情もある)
ちなみにスカイ同様、ジュニアカップの勝ち馬ということでどちらか負けてしまっても1ターンだけ猶予があり忠実通りに追い込むプレイヤーもいる。(3連闘になる点に注意が必要)

ちなみにこのレースの2着馬も後にダートGⅠを勝利している。芝のオープン特別とは……。

余談:朝日杯FSと阪神JF

元々は朝日杯が「朝日杯3歳ステークス」という名の関東の、阪神が「阪神3歳ステークス」という名の関西の2歳馬(元々は日本では競走馬の年齢は数え年表記だったためここでの「3歳」は現在の2歳を意味する。なおウマ娘と関連のある「阪神3歳ステークス」の勝ち馬としてはゴールドシチーが挙げられる。ゴールドシチーはモチーフが牡馬なのに目標レースやレジェンドレースで阪神ジュベナイルフィリーズが設定されているのはこのため)のためのGIレースだった。ただ時代の変遷と共に1991年に朝日杯が「牡馬・セン馬限定」、阪神が「阪神3歳牝馬ステークス」と改称の上「牝馬限定」になった、という経緯がある(この変更後最初に阪神3歳牝馬ステークスに優勝したのがニシノフラワー、朝日杯3歳ステークスに優勝したのがミホノブルボン)。

その後競走馬の年齢が満年齢表記に改められたことから2001年に現在のレース名に改称され、更に朝日杯が2004年に出場規定が「牡馬・牝馬」に改定される。レース場も2013年までは朝日杯は中山で行われていたが、2014年から両方とも阪神で行われるようになった。なお、ウマ娘の育成シナリオでは史実に合わせて開催されるレース場が変更される(ライスシャワー宝塚記念など)場合があるが、朝日杯が中山レース場開催に変更される事例はない。

ただウマ娘では関東・関西の違いも牡馬・牝馬も存在しないため、「同じ阪神で行われる似たようなGIレースが2つ並立する」という妙なことになってしまっている(牡馬・牝馬の差がないためレースの条件がほぼ同じになったGIレースの例は他にオークス日本ダービー、開催ターンが違うがヴィクトリアマイル安田記念が挙げられる)。

メジロマックEーン杯

2021年6月21日のアップデートで、ルームマッチ機能が追加された。
この機能ではユーザーが様々なレギュレーションでの大会を開くことができ、中には特定のウマ娘限定の大会を開く者もいた。
この機能ではチャンピオンズミーティングのように出場可能なランクを絞ることも可能であり、この機能を利用したメジロマックEーン杯を開くユーザーが現れた。
ホープフルステークスを使用して開催する者もいれば、マックイーンの目標である天皇賞(春)で開催する者も現れた。
中には、12月後半まで何のレースにも出場させず、目標を未達にすることで意図的にマックEーンを生み出し、このマックEーン杯用に調整した脱法マックEーンや、ホープフルステークスには出走させて2戦1勝にはするものの脚質適性の低い差しや追い込みにしてわざと負ける養殖マックEーンという言葉まで生まれた。

なお、現状開催者が参加者を除外(キックアウト)する機能が無いため、ランクE+も参加可能にするためD以下を対象にするとマックDーンが参加して来たり、マックイーン以外のウマ娘が参加したり(後のアップデートにて参加ウマ娘の指定が可能になったのでこの問題は改善された)する事が多々あるため、純粋なマックEーン杯を行えない事も多い。

特別移籍

特別移籍とは、NPCのトレーナーに殿堂入りウマ娘を移籍することで、サポートPtやマニー、ウマ娘のピースが貰えるイベントで、毎月中旬頃に定期的に開催されている。
初登場時は直近でウマネストのイベントがあり、限定ミッションのため滑り込みでマックE-ンを育成するプレイヤーが多く見受けられた。
そんな多数のマックEーンがこの特別移籍とたまたま嚙み合った結果、金策のためにマックEーンが出荷されていく光景が随所で見受けられた。

特別移籍されるマックEーン



また、上述のウマネストのイベント以外にも「育成○○回完了」が限定ミッションクリアの条件になっていることは多く、日がな育成する熱心なトレーナーであれば三日で完了するミッションをズルズルと引き伸ばしたものぐさトレーナーがイベント終了ギリギリになって短時間で育成を完了するために敢えてマックEーンやその近似種を育成するケースもある。

ゲーミングお嬢様

2021年5月18日のジャンプ+の更新の内容にて、ウマ娘をプレイするお嬢様もこれをやらかした事でTwitterトレンド入りを起こした。

関連タグ

メジロマックイーン(ウマ娘)

関連記事

親記事

メジロマックイーン(ウマ娘) うまむすめのめじろまっくいーん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メジロマックEーン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メジロマックEーン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1332530

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました