ピクシブ百科事典

ヒシアケボノ(ウマ娘)

ひしあけぼの

ヒシアケボノは、『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日2月27日
身長178cm
体重超大幅増
スリーサイズB94/W64/H88

CV:松嵜麗
大きいことはいいことだよね?。大きな愛で包み込んじゃうよー☆」

心も体もビッグサイズなウマ娘。
いつもニコニコ明るく温厚な性格。
食べるの大好き、食べさせるのも大好き!
気が付いたらトレーナー自身の体重も……?
規格外の体格を活かした走りは、まさに圧巻の一言。
(公式ホームページより)

アニメ

BNWの誓い」でビコーペガサスと共に初登場。

競走馬ヒシアケボノ

1992年アメリカで生まれた外国産馬。父はウッドマン
ヒシアマゾンヒシミラクルとは馬主が同じ阿部雅一郎である。
半弟に海外G1を2勝したアグネスワールドがいる。

体重が500kgを優に超える超大型馬として有名で、馬名の由来は当時現役だった第64代横綱曙太郎からである。

1994年の11月に田中勝春を背にデビュー。
しかし、年が明けても勝てず武豊を背に挑んだ5戦目の未勝利戦も5着。武が乗ったのはこの1戦だけだった。
河内洋を迎えた未勝利戦で、6戦目にして初勝利し次の500万下条件戦も連勝。
騎手が角田晃一に代わっても連勝を4に伸ばす。
この後の2戦は河内が騎乗するも、再び角田に戻ったスワンステークス(GⅡ)で重賞初勝利し以後、角田が主戦騎手となる。
マイルチャンピオンシップトロットサンダーに敗れて3着になるも、続くスプリンターズステークスビコーペガサスの追撃を振り切りGⅠ勝利を飾る。
この時の馬体重560kgは2019年現在も同レース優勝馬の歴代最重量記録として残っている。

しかし、翌1996年以降はまったく勝利できず、1997年末のスプリンターズステークスで9着になったのを最後に引退。(この時の騎手は、ヒシアマゾンの主戦だった中舘英二。)
引退後は種牡馬になるも、目立った成績は残せなかった。
2008年に16歳で死去した。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

同世代のウマ娘
フジキセキ(ウマ娘)マヤノトップガン(ウマ娘)マーベラスサンデー(ウマ娘)
※いずれも一度も対戦していない。

ビコーペガサス(ウマ娘):実馬はヒシアケボノより1歳年上。
ヒシアマゾン(ウマ娘):馬主と生まれた国が同じ。
ハルウララ(ウマ娘):誕生日が同じ。(どちらも夏季オリンピックの年に生まれた。)

諸星きらり中の人繋がりかつ体格繋がり。さらに相方は小柄。→あんきら

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー うまむすめぷりてぃーだーびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒシアケボノ(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 654

コメント