ピクシブ百科事典

セイウンスカイ(ウマ娘)

せいうんすかい

ウマ娘 プリティーダービーに登場するウマ娘の一人。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日4月26日
身長155cm
体重申告漏れ
スリーサイズB77・W55・H80
CV:鬼頭明里

気の向くままに毎日を過ごしている、マイペースなウマ娘。
気まぐれで練習をさぼることも多いが、いざレースになると、驚異的な逃げ足を発揮してペースを支配することが多い。
じつはとんでもない策士なのでは、といううわさも……?
公式ポータルサイトumamusume.jpより

アニメ

しっぽの向くまま、気の向くままに毎日を過ごす芦毛のマイペースウマ娘。
クラスはジュニアクラス最年長・三冠レース出走権のあるC組。スペシャルウィークエルコンドルパサーグラスワンダーらとはクラスメイト。
青空に浮かぶ雲のように自由な性格で、練習もサボりがちだが、いざやる気になると驚異的な実力を発揮する。
レースにおいても、派手な逃げでみんなを翻弄してペースを支配する根っからのトリックスター。実はとんでもない策士という噂も。
しかし一方、ゲートは大嫌いで時折他のウマ娘やトゥインクルシリーズの主催を困らせている。
アニメ公式サイトanime-umamusume.jpより

競走馬セイウンスカイ

1995年生まれでスペシャルウィークエルコンドルパサーグラスワンダーキングヘイローと同じ世代。

父のシェリフズスターは種牡馬としてそれまで目立った産駒を残せず、西山牧場の規模縮小の方針から廃用される憂き目に遭った。そして残った産駒も売却される予定であったが、セイウンスカイは売却されることはなかった。

1998年のクラシックレース戦線ではスペシャルウィーク、キングヘイローと3強を形成。横山典弘とのコンビ(弥生賞までの3レースは徳吉孝士が騎乗)で皐月賞菊花賞の二冠を制したが、有馬記念ではグラスワンダーに敗れている。更にJRA賞の記者投票ではエルコンドルパサーに敗れ最優秀4歳牡馬のタイトルを奪われた。

1999年は初戦の日経賞を5馬身差で圧勝するが(このレースの2着馬は同じく西山牧場の生まれで父もシェリフズスターだったセイウンエリアである)天皇賞(春)はスペシャルウィークの3着。札幌記念で逃げから差しに転換しファレノプシス等を抑えて1着。 天皇賞(秋)は1番人気に推され、中団からレースを進めるが5着に終わる。

ウンスは狭いところが嫌い

ゲート入りを嫌がるセイウンスカイ。第120回天皇賞(1999年秋)にて、目隠しをして係員に促されてゲート入りするまで、およそ7分かかっている。

このレースの後、屈腱炎を発症し、長期の療養に入る。
レースに復帰したのは2001年。既に同期のライバルであったスペシャルウィークもキングヘイローも引退していた中、天皇賞(春)で復帰する。往年のような逃げを打ったものの、早くも失速し、勝ったテイエムオペラオーから大きく離されての最下位に終わった。
このレースを最後に引退、種牡馬入りした。
だが引退時期を誤ったことや、地味な血統故に繫殖牝馬が集まらず、同期のライバルがGⅠ馬を次々輩出した一方で大苦戦し、重賞勝ち馬は出せずに終わった。

2011年、死亡。

関連タグ

キングヘイロー(ウマ娘) 同世代
ニシノフラワー(ウマ娘) 西山牧場つながり

pixivに投稿された作品 pixivで「セイウンスカイ(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349725

コメント