ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キンイロリョテイ

きんいろりょてい

アニメ版『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘。実在の競走馬の名前を持たないアニメオリジナルウマ娘の一人である。
目次 [非表示]

注意事項


概要

CV:なし


2018年春アニメとして放送された『ウマ娘プリティーダービー Season1』に登場するウマ娘。台詞の一つも無いモブキャラクターでありながら、作中のレースで何度も好走していたことから視聴者からの注目を集めた。


戦績

第6話冒頭の宝塚記念ではエアグルーヴに先着するもサイレンススズカを捕らえられず2着。

第8話の宝塚記念で馬名が判明。先行態勢でレースを進めるも、グラスワンダースペシャルウィークに大差をつけられ敗北。

第10話の天皇賞・秋では最後の直線で先頭に立ち、悲願のGⅠタイトル奪取まであと一歩もゴール寸前でスペシャルウィークに差されて2着。


話数レース場競走名距離枠番/馬番着順1着ウマ娘(2着ウマ娘)
6話阪神宝塚記念GⅠ芝2200m?2着サイレンススズカ
8話阪神宝塚記念GⅠ芝2200m??グラスワンダー(スペシャルウィーク)
10話東京天皇賞(秋)GⅠ芝2000m?2着スペシャルウィーク
12話東京ジャパンカップGⅠ芝2400m6/10?スペシャルウィーク

















モデル

モデルは恐らく、長らく重賞戦線で安定して掲示板入りしながらも勝ち切れないことから人気を博し、引退レースとなった香港ヴァーズで悲願のGⅠ制覇を成し遂げた競走馬・ステイゴールド号。

なお、ステイゴールドは1998年の天皇賞・秋にも出走しているが、そのレースを描いている第7話ではヒシアマゾンが代役を務めているため、キンイロリョテイは登場しない。


名前の由来

ステイゴールド号の香港語での表記「黄金旅程」に由来すると考えられている。


デザイン

ほぼ黒の勝負服に所々金縁で左右の靴が白くなっている。

ステイゴールドは左前肢が白斑であり、他のデザインに倣うなら左手が白いはずだが、他のウマ娘に比べると勝負服や星がデザインにあまり反映されていない。

また、元馬が約430kgと小柄だった体格も並程度になっている。


…というか、そもそもアニメ第1期のモブウマ娘基本的にいくつかのデザインを使い回している

公式設定資料集ではピンクの色違い勝負服を着たウマ娘が掲載されているが、これはボールドエンペラーが元ネタと思われるマッシヴコウテイである。そのほか、1期第13話のゴールドシップ宝塚記念連覇のシーンにいる白い勝負服の娘はカレンミロティック、2期第1話冒頭のシンボリルドルフ日本ダービーにいる青い勝負服の娘はハーバークラウン、2期第9話の安田記念のシーンでヤマニンゼファー(※)の後方にいる茶髪で緑色の勝負服の娘はキットウッドに相当すると考えられる。


(※)この当時、ヤマニンゼファーはウマ娘化発表前だったため、オリジナルウマ娘の容姿で登場していた。


アプリでの登場

アプリでは代役による出走など、ウマ娘としての出番はないが、その代わりと言わんばかりにステイゴールドの存在を示唆する描写が多く存在する。


ゴールドシップの育成の中では、夢の中で彼女を導く謎の存在が示唆されている。正体こそ明かされないものの、「黄金の旅路」というワードが出ている。


  • 2021年後期CM

2000年ジャパンカップを元にした第3・4弾と1999年有馬記念を元にした第5弾のCMにて、キンイロリョテイとはデザインが異なるもののステイゴールドと思わしきモブウマ娘が登場。それもゲーム内に登場するどのモブとも異なるカラーリングである上に背中のデザインやリボンのような装飾、どこか威圧感ある吊り目など明らかにただのモブとは思えない待遇がなされている。

キンイロリョテイ


  • メインストーリー5章

この章では1998年天皇賞(秋)を元にしたレースに真っ黒な影のウマ娘が登場するのだが、その中の10番・2番人気の「小柄なウマ娘」がステイゴールドを思わせる要素を持っている。ステイゴールドは実際のレースでも枠が10番、着順が2着であり、この「小柄なウマ娘」は彼の戦績を思わせる「くじけぬ精神」と、ナカヤマフェスタがサポカで持っている「決死の覚悟」のスキルを所持している。


また、宝塚記念のイラストでは、サイレンススズカエアグルーヴの間に緑の帽子にピンクと白の上着を着た黒髪のウマ娘が挟まっている。エアグルーヴの位置から考えるとイラストはゴール板前のものになり、実際のレース展開と合わせるとこの娘は2着に食い込んだステイゴールドになる。

ちなみに、当初は勝負服の色などから、ステイゴールド号ではなく第4コーナーでスズカの後ろに控えていたテイエムオオアラシをモデルにしたウマ娘ではないかと考える声もあった。


なんとキタサンブラックのシナリオでも登場。史実においては血縁や年代としてはほぼ関係はないものの、ヒーロー列伝ではどちらも「愛された」ことがフィーチャーされている。ウマ娘としてゲーム内で言及されるのはこれが初。話によると、長年レースで勝ちきれないながらも注目を集め、およそ5年を掛けて遂にG1を勝った時には大騒ぎになったという。その愛されっぷりは現実さながらに凄まじいものらしく、この場面ではゴールドシップとナカヤマフェスタが登場しているが、ゴールドシップに関しては感動でズビズビに泣いたという普段の彼女からは考えられない様子だったことが語られている。本人は、トゥインクル・シリーズのことを長い旅のようと後輩たちに話している。


  • メインストーリー最終章

天皇賞(秋)の一枚絵において、ゴール板前を駆け抜けるスペシャルウィークの後ろに、5章で登場した黒髪のウマ娘が、2着馬に相当する位置に描かれている。モデルとなった1999年の天皇賞(秋)にテイエムオオアラシが出走していないことから、このウマ娘がステイゴールドに相当するのではないかと考えられている。


自身の産駒の一頭であるナカヤマフェスタの育成においても彼女の存在は示唆されている。登場するのは「船と見る黄金」という隠しイベントで、クラシック、春古馬、秋古馬の3つの三冠を取ると見れるというなかなか高難易度のイベント。「あと一歩が届かずにいる銀メダルの女王様」が香港のG1に挑むのを、ゴルシとともにラーメン屋で見届けるという内容で、どうみても上記のキタサンブラックのイベントの前日譚である。


競走馬『ステイゴールド


2022年お誕生日おめでとうステイ!そしてリョテイ!


愛さずにいられない。


時代に新たな最強馬が生まれるたび、いつも果敢に挑んでいくあなたの姿がある。

黒鹿毛に輝く小さな身体を力いっぱい弾ませて、最後の直線にすべての勝負を懸けて、

先頭でゴールを駆け抜ける一頭がどの馬だったとしても、

あなたのその姿にたくさんの声援が送られるだろう。

ステイゴールド、もう誰もがあなたのことを、愛さずにいられない。


元ネタとされるステイゴールドは、「ステゴ」の愛称で知られる1994年生まれの黒鹿毛牡馬97世代)。


サンデーサイレンス、母ゴールデンサッシュ、母父ディクタスという血統の持ち主。

父は日本競馬の歴史を文字通り塗り替えた説明不要の大種牡馬。母は上述の通りサッカーボーイの全妹にあたり、母母父には社台最大の功労種牡馬ノーザンテーストと、当時の社台グループの総決算ともいえる超良血馬。なのだが、兄サッカーボーイ、父ディクタスともども気性の荒さにも定評があった。そして、彼女も御多分に漏れず繁殖牝馬になった後も種牡馬に噛み付いたりと、かなり凶暴だった。

そこにこれまた気性難に定評のあるサンデーサイレンスの血が入ったわけで……その結果本馬の気性はまあその…。もともとは大人しかったが馴致を始めたら途端に暴れ始めてしまい、その気性の悪さたるや陣営から、「肉を与えたら食べるんじゃないか?」池江泰寿調教師、当時父の池江泰郎厩舎の調教助手としてステイゴールドを担当)、「とにかく『自分が一番偉い』ということをいつもいつも主張している」「自分のペース、自分のやり方に徹底してこだわり、やりたくないことは頑としてやらない」(いずれも山元重治担当厩務員)などと言われるほどであった。

レース中にも、1998年のジャパンカップスペシャルウィークに噛み付いたことがある。


センシティブな作品レース中にステキンイロリョテイさんに噛みつかれるスペちゃん


もちろんというべきか、その小柄な体格に反しボス馬で、牧場に鹿が侵入すると他の馬が逃げ惑う中ステイゴールドだけは逆に追い回していたという。


デビュー戦から善戦の日々

1996年12月の新馬戦でデビューするがなかなか勝てず、初勝利は翌年5月の未勝利戦。

その後は500万下のすいれん賞、900万下の阿寒湖特別と順調に勝ち鞍を上げ、10月のGⅡ京都新聞杯で重賞に初挑戦するが、結果はマチカネフクキタルの4着。

それからというものの、長らく重賞・GⅠ戦線で善戦するも勝つことは出来ずにまさかの28連敗と、「主な勝ち鞍:阿寒湖特別(900万下)」の日々が続いた。この事からネット上ではステイゴールドを指して「アカン子」と引っ掛けて阿寒湖と呼ばれることもしばしばである。


チーム阿寒湖特別


とはいえ、コンスタントに出走しては掲示板入りしてその分の賞金を得ていたため、勝ちに恵まれない日々を送りながら約5億5500万円を稼いでいる。

そうしたシルバー&ブロンズコレクターともいうべき戦績だったので、あるときから「誰が勝とうと2着、3着はステイゴールド」と誰もが口ずさむようになってしまった。当たり馬券を狙う競馬ファンからは人気が出るものの、ステイゴールドを勝たせようと燃えていた当時の厩舎は苦い思いをしたのだとか…。


たどり着いた勝利

そして、遂に2000年5月のGⅡ目黒記念にて重賞初勝利。以降はGⅠ勝利を目指すが、運の悪いことにこの年は世紀末覇王ことテイエムオペラオーの無双状態。GⅠの勝ち鞍を席巻され、ステイゴールドも鞍上が目まぐるしく変わった影響もあってか、勝つことが出来なかったばかりか目黒記念以降馬券にも絡めなかった

ちなみにジャパンカップでは後述するようにドバイで対決するファンタスティックライトが参戦していたが、このレースでは逃げを打って超スローペースのレース展開を作り上げており、デットーリ騎手のコメントから推察するに間接的にオペドトウのワンツーフィニッシュに貢献したらしい。


世界のステイゴールド

そして2001年、馬齢の表記が変わったことで2年目の7歳シーズンを迎えたステイゴールド。同世代はおろか98世代の面々も軒並み引退した中、衰えを全く感じさせない彼は新年早々日経新春杯で勝利を収め、陣営は勢いに乗って当時国際GⅡ競争であったドバイシーマクラシック(現GⅠ)への挑戦を発表。

もっともその実情はドバイワールドカップに挑むトゥザヴィクトリーの付き添いポジで、「ついで」「おまけ」といった感じだった。なおこれによりステイゴールドの戦歴が海外の競馬関係者にも知られたのだが、そのときの反応は「ステゴは置いといて、テイエムオペラオーって馬は一体何なんだよ」というものだった。まあともかく、GⅡとは思えない錚々たる面々が揃う魔窟に身を投じることになる。

本番では輸送による疲弊により、元々小さな体がさらにガリガリに痩せて400kgあるかないかという誰が見ても絶不調の状態で参戦することになり、勝利や善戦はおろか、最後まで走りきれるかどうかの心配をされる程だった。

しかし、そのレースでは世界王者ファンタスティックライトを驚異の末脚で差し切り1着

奇しくもこの日はステイゴールドの誕生日であり、海外重賞勝利は自身への最高の誕生日プレゼントとなった。

  • なお、ドバイワールドカップに出走したトゥザヴィクトリーは、世界の強豪相手に奮闘し優勝こそできなかったものの粘り込んで2着。2022年現在も牝馬の最高着順記録となっている。

帰国後は休養を挟み、宝塚記念に挑戦するがメイショウドトウの悲願の勝利の前に阻まれる。続く天皇賞(秋)ではアグネスデジタルの7着、ジャパンカップではジャングルポケットの4着とGⅠの勝ち鞍を取ることは出来ずにいた。

このままステイゴールドはGⅠを勝てずに終わるのか?誰も彼もが思っていた。


黄金の旅路の終わりに

そして迎えた12月、ステイゴールドは有馬記念には出走せず、香港沙田競馬場で行われる国際GⅠ競走・香港ヴァーズへと参戦。陣営はそれと同時にこのレースを持ってステイゴールドの競走馬引退を表明。泣いても笑ってもこれが最後のGⅠ挑戦となった。

そして本番、現地にて付けられた現地表記の馬名は黄金旅程。まるで長い旅の結末を予感させる馬名に、人々は心を躍らせた。

1番人気に推されたステイゴールドは中段に付けてレースを進める。だが先頭集団はエクラールが逃げを打ち、ハイペースかつ正確無比のラップで惑わしレースを進めてゆく。

終盤で2番手集団に上がってきたステイゴールド。しかし、先を行くエクラールは既にセーフティーリードの距離を確保しており更に突き放していく。ついでにステイゴールドは今までの左へヨレる悪癖を徹底的に矯正していたのだが、今度は右にヨレてしまった。

勝てないのか…?やはり勝てないのか…?誰もがそう思った。しかし…


ウマ娘if〈キンイロリョテイ〉 最終話


残り300m、大きく離された2番手集団を抜け出し、ステイゴールドは前に駆け出す。蹄鉄が落ちたのにも構わず、驚異の末脚でエクラールとの差を縮め、ゴール寸前で並ぶと、アタマ差でエクラールをかわしきった。ステイゴールドと3着インディジェナスとは6と3/4馬身にも及ぶ開きがあった(ここでの着差は全て1位との差)。鞍上の武豊は後年、ディープインパクトは飛んでいると例えたが、ステイゴールドは背中に羽が生えたようだったと例えている。


ステイゴールドは最後の最後でGⅠの勝ち鞍を、そして日本馬としても初の国際GⅠ競走の勝ち鞍を激戦の末に取り、黄金の旅路は大団円で幕を下ろした。帰国後はそのまま種牡馬入りする予定だったが、JRAからの要請もあり急遽京都競馬場で引退式が行われることとなった。当日は香港ヴァーズで着用したゼッケンを付けて登場し、馬名の元となったスティーヴィー・ワンダーの「ステイ・ゴールド」が流れる中、詰めかけた大観衆に別れを告げた。

中央50戦、GⅠ20戦、重賞36戦、そして2度の遠征をこなし、中でも天皇賞・2大グランプリ・ジャパンカップという当時の古馬王道路線に3年間欠かさず出走するという異常なまでに頑健で息の長い競走馬生活であった。海外遠征の関係で天皇賞(春)や有馬記念は出走しなかった2001年にも、宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンカップには出走していた。


次世代へ続く黄金の系譜

その後は予定通り、ブリーダーズ・スタリオン・ステーションにて種牡馬入り。当初は期待されていなかった種牡馬としての価値も、香港ヴァーズでの勝利で上昇。海外遠征も含めて50戦を戦い抜いたタフネスに加え、廉価な種付け料のサンデーサイレンス系種牡馬ということで一躍人気種牡馬に。

2年目産駒で登場したドリームジャーニーを皮切りに、メジロマックイーン産駒の牝馬と掛け合わせた所謂ステマ配合の産駒が活躍し、注目を集めた。…性格面ではどいつもこいつもステゴに似たクセ馬揃いになってしまったが。

主な産駒はウマ娘となっているゴールドシップナカヤマフェスタのほか、ドリームジャーニーの全弟で「黄金の暴君」こと三冠馬オルフェーヴル、ゴールドシップの同期で天皇賞(春)を二連覇したフェノーメノ、障害GⅠ9勝を挙げた「障害競走の絶対王者」ことオジュウチョウサンなど数多くの名馬を輩出。産駒の合計勝利数は1000以上、重賞勝利も100を超え、収得賞金総額は2020年時点で200億円以上という大金字塔を打ち立てた。

特筆すべきは、先述したように種牡馬として期待されていなかったため、有力な関係者による懸命なバックアップがほとんど期待できなかったこと。それでも自らの力でここまでの成績を叩き出し、その評価を一変させたことについて、吉田照哉氏(社台ファーム代表)からは「奇跡に近い」と評されている。


子供たちが輝かしい成績を残すなか、ステイゴールドは2015年2月5日に種付けを終えた後に容態が急変。一度落ち着き馬房へ戻るものの、再び苦しみ始めてそのまま倒れ、永遠の眠りについた。21歳没。死因は大動脈破裂だった。早世することが多いサンデー産駒としては長めとはいえ競走馬の平均寿命よりやや早く、今後も種牡馬としての活躍が期待される中での突然の死であった。


現在は産駒も繁殖に入っているものが多いが、2022年現在も現役を続ける馬が少数ながら見られ、同年にはアフリカンゴールド京都記念勝利で父と並ぶ17年連続産駒重賞勝利を成し遂げている。


引き継がれた黄金の宿命

時は流れ2021年。オルフェーヴル産駒であるマルシュロレーヌ他の馬の付き添いで海外遠征し、オマケ扱いでレースに出たと思いきや大金星を上げる」という祖父のドバイ遠征そっくりなことをやり話題になった。その舞台はアメリカの最強牝馬決定戦ブリーダーズカップ・ディスタフ日本調教馬による海外ダートGI初制覇というとんでもない偉業である。レース後のドヤ顔(のように見える表情)に、ステイゴールドの面影を見る競馬ファンもいた。

そして2022年。事実上のラストクロップにあたる世代の1頭ステイフーリッシュが突如として覚醒。世界の名だたるトップステイヤーたちが集まったサウジカップレッドシーターフハンデキャップで後続を突き放す圧勝劇を決め、更にステイゴールドも勝利したドバイの地で開かれたドバイゴールドカップでゴドルフィンが有し、5戦無敗を誇る新進気鋭のステイヤーであるマノーボを撃破し海外重賞2連勝を飾る。

社台レースホースの勝負服を背に乗せたステイゴールドの息子が、ゴドルフィンの勝負服を背負った馬を差す姿は、まさに在りし日の父の姿を彷彿とさせるものだった。


果たしてステイゴールドが切り拓いた旅路はどこまで続いて行くのだろうか……?

これからも子孫たちの活躍にますます目が離せない。


余談

走る気がなかった?

シルバー&ブロンズコレクター組で「GIRLS' LEGEND U

競走馬生活ワーストの体調で世界最高レベルのライバル達相手に勝ったドバイシーマクラシック、引退レースでようやく見せた末脚(とその後騎手を背に5分以上暴れられる余力)、そして産駒の大活躍っぷりから、競馬ファンからは「現役時代はサボってばっかで真面目にレース走ってなかったんじゃね?」「手を抜いていたから長く走れたのでは?」と言われてしまうこともあった。これを受けて、二次創作でもやる気のない姿で描かれることがしばしばある。


ただ、これについては第1期第10話やアプリ版メインストーリー最終章前編で描写された1999年天皇賞(秋)でステイゴールドのタイムもレコードを上回っていることなどから(スペシャルウィークとの差は0.1秒)、単に勝負根性が不足していたのではなく、むしろ勝ちきれなかった原因はレース中に併せた他馬を威嚇するなど競馬に集中できないほどの激烈な気性致命的なヨレ癖、あるいは距離適性などの複合的な要因によるものであると考えられる。

いずれにせよ、管理していた池江泰郎調教師やそのスタッフ、主戦騎手を務めた熊沢重文騎手や武豊騎手、馬主の社台レースホースをはじめとする陣営がステイゴールド号とともに栄光を掴もうと努力していたことは、紛れもない事実である。


ウマ娘ファンの期待

ウマ娘ファンの間では、既に登場しているウマ娘が多く活躍した1990年代後半から2001年までの多くのGⅠレースで上位に食い込んでいること、そして何より実馬のステイゴールド号のまるでアニメか漫画のような活躍から、(おそらくは大人の事情で)実在馬名を持つキャラクターとして登場できないことが惜しまれている。

ただ、そもそもの問題としてアプリでのプレイアブルとしての実装は、ステイゴールド号の活躍した期間が長いうえに出走レースも多く、また香港など海外競馬場が実装されていない以上、現状では非常に難しいと考えられている。

とはいえ、キンイロリョテイの存在そのものも含めたその存在への示唆の多さに、公式の「ステイゴールドを何とか登場させたい」という意欲を読み取り、その登場を待ち続けるウマ娘ファンは少なくない。


そして二周年の節目にネオユニヴァースが登場したことで、遂に社台レースホースがウマ娘に参戦したことが公になり、同クラブの所有馬の参戦の可能性が遂に現実のものとなった。中でもステイゴールドの登場を望む声は多く、Twitterではトレンドにまでなった。ここまでくれば、あとは実際に彼女が登場するのを心待ちにするのみである。


二次創作では

金色ステイゴールド血統に念を送るキンイロリョテイたち

このことを受けてか、本タグをつけて投稿されている作品のほとんどは、アニメに登場する一介のモブに人気競走馬・ステイゴールドのイメージを重ね合わせたものである。

二次創作においては特にステイゴールド号の気性難の部分が多く拾われ、「実力はあるがマイペースの気分屋」「傲岸不遜にして唯我独尊な俺様気質」「すぐに手や足(+噛み付き)が出る暴れん坊」「モチベーションがレースや勝利・ライブに向かっていないサボり魔」「(ドバイで飼い葉を寝藁に隠してまで人間に食欲が落ちているという弱みを見せようとしなかったエピソードから)周囲はおろか、ある意味身内である自分のトレーナー相手でも決して弱みを見せようとせず強がる極端な意地っ張り」といった問題児である一方で、モデルの種牡馬実績を踏まえて「トレーニングやレースについてはトレーナー顔負けレベルの知識・見識を持ち、意外と面倒見も良い」、あるいは実馬におけるナカヤマフェスタとのエピソードから「猫好き」といったキャラで描かれることが多い。

また、ゴールドシップやナカヤマフェスタをはじめ、彼の産駒を模したオリジナルのウマ娘たちと共にキンイロリョテイが一緒に描かれているイラストも少なくない。ゴールドシップにとっては史実での血縁関係や「これでも仔の中では気性がマシな方」という声から、数少ない「全く頭の上がらない(怖くて下手にイジれない)相手」という力関係で描かれることが多い。


ステマ会合ステマ配合

また、史実では義理の父親(?)にあたるウマ娘との掛け合いを描いた作品もある。


pixivタグとして

現在、pixivにあげられている本キャラクターを題材とした作品について本タグよりも「キンイロリョテイ(ウマ娘)」の方が圧倒的に多くなっている。

まぁ、今のところ現実に「キンイロリョテイ」という名前の競走馬はいないものの、今後出てきた場合に「(ウマ娘)」という注釈付けといた方が無難なのかもしれないが。


関連タグ

ウマ娘 ステイゴールド アニメオリジナルウマ娘


リョテイさん:キンイロリョテイを主人公にした二次創作漫画。


元ネタの馬の血縁者及び血縁者がモデルと思われるウマ娘たち


元ネタの馬と対戦経験のあるウマ娘たち

キンイロリョテイ 旅路の果てに

現役期間の長さゆえ、対戦した馬も非常に多い。

  • マチカネフクキタル(ウマ娘)…同い年で菊花賞馬。クラシック戦線で最初に立ちはだかったライバル。
  • サイレンススズカ(ウマ娘)…同い年で同じサンデーサイレンス産駒。アニメでも史実と同様一着争いを行った。また、意図的なのか偶然なのか目の色が同じ緑系である。エルコンドルパサーをして「影を踏むことすら出来なかった」とまで言われた本格化以降に0.1秒の勝負にまで迫ったこと、『沈黙の日曜日』において2着に入っていることから、特に因縁の深い相手とされることが多い。
  • メジロブライト(ウマ娘)…同い年。ブライトが優勝した1998年の天皇賞(春)で2着に入着した。その後も1998-99年の古馬王道路線で何度も顔を合わせた戦友。
  • スペシャルウィーク(ウマ娘)98世代。後少しのところで抜かされたり、レース中に噛み付いたりなど、実はレースにおいてはスズカより因縁がある。また、戦った回数も7回と多い。同じサンデーサイレンス産駒でもある。
  • ナリタトップロード(ウマ娘)99世代2001年京都大賞典において、オペラオーとの叩き合いの最中に外側に大きくヨレたことでトップロードの鞍上であった渡辺薫彦騎手を落馬させたことから、二次創作でも相性が悪い相手とされることがある。ちなみに史実ではサッカーボーイ産駒であり、血縁関係的には従兄弟同士になる。

その他、対戦経験のあるウマ娘たち


96世代


97世代


98世代


99世代


00世代


01世代


元ネタの馬の子孫に関係するウマ娘たち

祝!オルフェ(きょかありのすがた)実装

  • ゴールドシップ(ウマ娘)ナカヤマフェスタ(ウマ娘)オルフェーヴル(ウマ娘)…元ネタ同士の血縁上では息子らに当たる存在。ちなみに種牡馬時代、ステイゴールド号はナカヤマフェスタ号と馬房が隣だった時があったほか、生前に使っていた馬房は現在、ゴールドシップ号に与えられている。
    • なお、ウマ娘のオルフェーヴルは実装時期の遅さから、初期PVにのみ登場していた本馬と推測されていた没ウマ娘がリョテイと共演しているイラストが多い。
  • メジロマックイーン(ウマ娘)…ステマ配合の相方。関係としては姑になるためか、産駒たち(をモチーフにしたウマ娘)の破天荒な行動や育成方針に対するツッコミ役になることが多い。また、時期は異なるが池江泰郎厩舎の先輩にあたる。

負けても愛された関係のウマ娘

  • ハルウララ(ウマ娘)…モデルとされた競走馬が全然勝てないにもかかわらず人気を博した繋がり。地方競馬から出なかったため対戦などの経験はないが、鞍上に武豊を迎えたことがあるという繋がりもを一説によると、幻となったハルウララ繁殖計画においてリョテイの元ネタと推定されるステイゴールド号を種付けさせる計画もあったとも言われている。

関連記事

親記事

アニメオリジナルウマ娘 あにめおりじなるうまむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2870077

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました