ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

現実世界のの要素を持つ獣人異種族ウマ娘」が存在する作中において、その花形レースリーグである「トゥインクル・シリーズ」に参加する、中高生に相当する競走ウマ娘たちを指導する専門職である。地方の学園における「ローカル・シリーズ」でも同様の位置付けだが、中央機構所属となるとより高い能力を要求される。
トレーナーバッジを身に着けており、特にゲームアプリ版ではバッジに言及される場面も多い。

『ウマ娘』の世界ではヒト族とウマ娘の間に生まれる絆が不思議な力を持つと信じられており、トレーナーはヒト族が務める場合が多い様子。ゲーム版でも、プレーヤーはこの職業に就いて彼女達と接する事になる。

なお、現実の競馬で「トレーナー」といえば調教師の事を指す。
『ウマ娘』でも最初期には「調教師」などの設定が存在していた。

必要な資格

中央機構における資格の取得には、トゥインクル・シリーズやウイニングライブを主催し、専門教育機関トレセン学園も運営する「URA」が実施する試験の合格が必須となる。受験には性別も種族も不問だが、専門的な知識を要するため作中でも狭き門として認識されている。
作風がシリアス寄りの『シンデレラグレイ』では「T大受験と比較される難度」「合格者が出ない年もある」などと言及され、その道の険しさが示唆されている。

具体的な仕事

具体的な業務としては、トレセン学園の体育教職員としてウマ娘のトレーニングやリハビリの指導、出走するレースの選定と手続きに従事する。ウマ娘たちがウイニングライブで披露するダンスの練習についても管理する。
あくまで、座学授業のない放課後や休日にウマ娘たちを管理・世話をする、いわば「部活動の顧問」に近いからか、彼女たちが授業を抜け出して自分のところに来ようものなら注意・指導することもある。

また、後述のアニメ、アプリ版やコミカライズに登場するモブトレーナーの中には、身体的には成長途上のウマ娘に無茶なトレーニングを課す自分の名声のために担当に志願するといった者から、本人の意思を無視したトレーニング計画を立てたり、本人のコンプレックスを刺激して激怒させた挙げ句に「気性難」のレッテルを貼る指導方針に従わないという理由で契約を打ち切る者も描写されており、こういったトレーナーと反りの合わなかったウマ娘が主人公(あるいは他のトレーナー)と出会い再出発するシナリオも散見される。

一方では、適性外の走りで再起不能になることを危惧して敢えてウマ娘側の意向を突っぱねる例もある。中には推しのために芝・ダートの両方で頂点を目指す前代未聞の難題を課されるトレーナーも出てくる。

アプリ版のウマ娘とトレーナーの関係はあくまで契約の元に成り立っているため、トレーナーの態度や対応次第ではウマ娘側から契約解除を告げられる可能性もあり、逆もまた然り
自身の体調を理由に担当を退いたり担当ウマ娘の意向を叶えるべく、トレーナー変更やチーム移籍を前向きに受け入れる寛大な者もいるなど、人柄も十人十色である。

ゲームアプリがリリースされて以降は、ウマ娘一人を育て上げるのにも苦戦するトレーナー(プレーヤー)たちの試行錯誤や情報共有が繰り返される中で、「他の媒体に登場するトレーナーたちは超が付くほど有能だったのでは」と再認識する声も聞かれるようになった。

生活 / 給与

トレセン学園内のトレーナー寮で生活している。トレーナーが立入禁止とされるウマ娘の寮と違い、ウマ娘側の出入りに関しては特に制限はない模様。中には訪問という名の破壊をはたらくメチャクチャなウマ娘も。

収入は給料制で、地方トレーナーは安月給で苦労しているとの事(『シンデレラグレイ』より)。
ボーナスがあるのかは不明だが、OVAではスピカメンバーに対し「レースで1着を獲ればスイーツ食べ放題」の約束をするなど、担当ウマ娘の成績に応じて何かしらの褒賞が与えられる可能性はある。

ちなみに、競馬では獲得賞金のうち80%は馬主のものとなり、調教師に10%騎手に5%厩務員に5%が進上金として入る。

シリーズ各作品のトレーナー

ゲームアプリ版

ゲーム版の主人公は言わばプレイヤーの分身である為、性別が随時選択可能になっている。どちらを選んでもストーリーの大筋自体は変わらないが、トレーナーの性別に応じてコミュニケーション時の口調は変わる。
また、一部のウマ娘からの呼ばれ方変わったり態度が真逆になる子も居たりするので、性別を切り替えて比較してみるのも面白いかもしれない。

なお、性別を自由に変更できるという謎特性にツッコんでくるウマ娘は今のところおらず、最初からその性別だった体で接してくれるのでご安心を。

ウマ娘まとめ



  • トレーナー(メインストーリー)
スーパースター・オグリキャップを輩出したチームシリウスの「サブトレーナー」。チームの創設者兼指導者であるチーフトレーナーに2年ほど師事していた見習いだが、奇跡のラストランを見せたオグリと共に第一線を退くことを選んだ師の期待を背負い、シリウスの顧問職を引き継いで正トレーナーとなる。

しかしメジロマックイーン以外のメンバーが揃って脱退してしまい、いきなりチーム解散の危機を迎える。にんじん売りに身をやつしながらチームの再建を目指すマックイーンとの目標は、天皇賞・春の3200m――。

2022年現在、ライスやスズカのような悲しい史実を抱えているウマ娘2人を同時に在籍させておきながら、大きな故障もなく学園生活・アスリート人生を歩ませる驚異的豪運とマネージメントスキルを誇る。

  • トレーナー(ウマ娘ストーリー / 育成モード)
トレセン学園に赴任してきた新人トレーナー。デビュー前のウマ娘の専任指導者となり、彼女たちの夢を叶えるべく共に3年間を過ごす。担当するウマ娘によっては想像を絶する過酷な体験をすることも……。中にはウマ娘のために自分から状況に飛び込んでいくパターンも多々見られる他、メインストーリー同様、サブトレーナーとして出発する者もいる。

自ら新薬の実験台に志願するハジケリストのノリについて行くオーバーワークを止めるために自らウマ娘の前に出る(走るウマ娘の前に飛び出すのは車道に飛び出す事と同じ)、場合によっては自身担当しているウマ娘がどんな非難や侮蔑を受けようとも一心に信じ抜き、一歩間違えれば砕けちるガラスの脚を決して砕けぬ水晶に磨き上げる等、その夢を叶えるために奔走する情熱と献身を示す。ウマ娘の指導のためなら文字通り命を懸ける事も厭わないため、基本的にウマ娘からは厚い信頼を寄せられている。

一方で適性が合わないレースを希望するウマ娘を言葉巧みに誘導するなど、完全にウマ娘の希望を最優先にするわけでもない(「いつか非適性距離も走れるようになる」と信じながらも「それは今じゃない」と考えているだけである)。

マヤノトップガン
ウマ娘4コマ漫画「レッツハロウィンデート」


担当ウマ娘のみならず、様々な人物との交流や経験からトレーニングに活かせるアイディアを思いつき、担当ウマ娘のステータスを上げるという謎の特技も持つ(この“特技”についてはとあるウマ娘がツッコミを入れている)。ウマ娘の中にも他のウマ娘の絡みから謎の着想を得て自らのやる気&ステータスUPに昇華する子がいることから、天真爛漫で柔軟な思考の賜物――なのかもしれない。

また、他のウマ娘のシナリオでは故障により出走が見送られる宿命を負ったウマ娘を、本人の育成では脚のマッサージによって克服し、三冠へと導く者も存在する(人呼んで「ウマ娘界のブラックジャック」)。

体育教師として人間離れした身体能力を見せることもあり、ウマ娘の身体能力から繰り出される過激なスキンシップを受けてもほぼ無傷で済むなど、ギャグ漫画のようなフィジカルを誇る(走って車に追いつく、走って逃げるウマ娘がバテるまで追いかけ回す等)。
メンタル面において異様な強靭さを発揮するトレーナーも存在し、育成可能なウマ娘が増えるごとにトレーナーたちの新たな魅力(もしくは異常性)も発掘されていくことだろう。
なお、正規のトレーナーではなくとも同等の耐久力を誇る超人が少なくとも公式で1人いる
この辺りは二次創作ネタ“勝ち馬が乗る”の該当項目も参照されたい。

事例


キャラクターとしては個性の弱いプレイヤーキャラであるにもかかわらず、「登場人物の中で一番の異常者」疑惑が浮上する事も多々ある。あまりの人外ぶりでトレーナーの人物像も統一のされようが無く、二次創作では外見も能力も作者によって千差万別。
普通に人間だったり、アイマスのPにちなんで「T」や「ト」だったりアンパンマンみたいに頭が食用だったり、蹄鉄ヘッドだったり、マキバオー世代ならつの丸作品のモブ同様のマッパだったり…。

ひっつきテイオー
特定世代トレーナー


時には元ネタの主戦騎手だったりする(今のところ、武豊池添謙一和田竜二が多い)。

とあるチームの日常風景
无题


こんなんで普通にトレーナーとして従事出来る辺り、トレセン学園の感覚はマヒってるのかも…。

桐生院葵


育成シナリオ「新設!URAファイナルズ」より登場。
トレーナーの名門・桐生院家の一人娘で、学園の新人トレーナー。育成モードにおけるプレイヤーの同期。一族の教えが詰まった「トレーナー白書」を教本に、初めての担当ウマ娘・ハッピーミークの勝利を目指して日々努力を重ねている。
知識・技術と熱意は共に本物なのだが、新人ゆえに経験不足からハッピーミークとの意思疎通ですれ違ってしまう事もあり、育成モードのトレーナーはそんな彼女達の試行錯誤を見守ったりサポートする事も。
育成モードのトレーナーにとってはともに研鑽を重ねる良きライバルであり、同じ舞台を支える大切な仲間といった役どころである。

理事長代理


育成シナリオ「アオハル杯〜輝け、チームの絆〜」にて登場。
長期出張のために学園を離れる秋川理事長の代理として着任することになる人物。
トレーナーとしての手腕は申し分ないのだが、過去の経験から「ウマ娘の育成には徹底した管理体制が必要」との持論を掲げ、学園全体に新体制を導入しようとして反発を招くことに。自らチームを率いてアオハル杯に参加し、徹底管理主義の正当性を示すためにプレイヤーのチームと激突する。

厳格ながらもウマ娘やトレーナーに対しては真摯で、助言も的確。プレイヤーを悩ませるバッドステータス知らずの育成ぶりが容易に想像できるため、ネタ混じりに彼女の理念を評価する声もある。なお、運動は壊滅的に苦手らしい

アニメ版

トレーナー落描き


アニメ版の主人公たちが所属するチームスピカを率いる男性トレーナー。本名が明かされていないので一部のファンからは担当声優の名を借りて沖野Tと呼ばれる。身体能力は公式に登場するトレーナーとしてはおそらく史上最強。
詳細は該当項目を参照。

厳しいけど



チーム「カノープス」



合いの手は任せろ



1期5Rの記者会見のシーンに登場。長髪の長身女性。

2期7話の記者会見の新聞記事のシーンに登場。長髪の長身女性。
詳細は不明であるが、劇中のライスの精神状態から「ちゃんとメンタルケアをしていたのか?」と指摘されていたりもする(と言ってもメインストーリーなどでも彼女が追い込まれる場面自体はあるのだが)。

コミカライズ『シンデレラグレイ

キタハラジョーンズ


岐阜県のカサマツトレセン学園に所属する、中年に差し掛かった長身の男性トレーナー。愛称は「ジョー」。
閑古鳥気味である地方を沸かす原石になるようなウマ娘もおらず、職場であるカサマツの競走ウマ娘たちも大体が熱意に欠けていたため、抱える育成ウマ娘もゼロのまま惰性で仕事をする日々を送っていた。
ゲート試験などで数度に渡りオグリキャップを目撃し、一緒に東海ダービーを目指せる逸材と見込んでスカウト、彼女の育成に情熱を燃やす。

オグリが地方公式戦で頭角を現し始めたことで、シンボリルドルフから「中央トレセン学園へスカウトしたい」という申し出を受け、葛藤の末に「時代を作れ」との願いを託し、中央のトレーナーである叔父・六平にオグリと、そのサポート役として同行を決めたベルノライトを預けた。
その後は中央機構のトレーナーを目指すことを決意し、T大合格よりも狭き門と呼ばれるトレーナー試験に向けて猛勉強中。

カサマツトレセン学園所属の、北原の後輩の男性トレーナー。
勤務態度は(物語開始当初の、現状に倦んでいた)北原よりも真面目ではあるものの、地方の活気のなさを嘆く北原に「仕方ないですよ」と返していたこともあり、現状を割り切った中で頑張るタイプ。
特待生として人気の高かったフジマサマーチをチームに獲得し育成している。

マーチの育成については、彼女の上昇志向とプライド、オグリに対するライバル意識の高さからぞんざいに扱われることもあったが、その対抗意識を肯定してやる気を向上させたり、オグリのカサマツ最後のレース・ゴールドジュニアでオグリに敗れたあと、陰で泣きながら悔しさと自身の弱さを吐露するマーチを支え励ましたりと、なんだかんだで信頼関係は築けている。
なお、彼も密かに、中央のライセンス取得を目指している。

川村日和


カサマツトレセン学園所属の、北原の後輩の女性トレーナー。元ヤンで柴崎とは幼馴染。
自身のチームではノルンエースミニーザレディルディレモーノの悪ガキ3人娘を育てている。特待生のマーチを柴崎に獲られたことを悔しがっていた。

素行が悪く不真面目な3人娘には手を焼いているが、彼女も彼女で「そんなんだから揃いも揃ってオグリに負けんのよ!!」と煽り、カチンときた3人に「文句あるなら練習しなさい3バカ!!」と練習へのモチベーションに繋げたり、オグリの中央移籍後は一緒に食事しながら、オグリに会いに行きたいと駄々をこねるノルン絡みで彼女らとバカ話もしたりと、北原や柴崎とは違う形で信頼関係はできている様子。

カサマツトレセン学園所属の、北原の後輩の男性トレーナー。
角刈り・髭面・筋骨隆々な190cmの豪放磊落な巨漢で、担当ウマ娘と一緒にトレーニングするタイプ。
自身の育てている、逃げを得意としているが出たレースで大概オグリやマーチにちぎられるサウスヒロインが負けてジャージを引っ張りながら泣いているのをよく穏やかに慰めている。

ろっぺいさん


中央トレセンに移籍してきたオグリとベルノの育成を引き受けた、北原の叔父に当たる辣腕トレーナー。ヒゲ面の中老男性で、白髪につばの短い中折れ麦わら帽子とサングラスがトレードマーク。若い頃は北原に似た容姿をしていた。苗字の読みは「ムサカ」だが、北原からは「ろっぺいさん」と呼ばれており、オグリもそれを真似ている。
甥の北原が失職したことで自堕落に暮らしていたのを見かねて中京レース場へと連れ出し、東海ダービーの熱気を受けた彼がトレーナーの道を歩むことになった恩人でもある。

オグリの監督・指導はもちろん、トレーニングの補佐を志すベルノの育成やメンタルケアも抜かりなくこなす大ベテラン。
大物トレーナーとして名を馳せている奈瀬の父とは、若い頃から因縁の間柄(「ライバル」と表現すると六平は強く否定する)であり、互角に渡り合う名伯楽としての手腕から「フェアリーゴッドファーザー」などと呼ばれている模様(文乃談)。
長年の実績もあってかチーム外のウマ娘たちからも敬意を払われており、大抵はフランクな態度のゴールドシチーも、六平相手にはナチュラルに敬語で接している。なお彼の率いるチームの名前は現状では作中に出てきていない。

笠松


カサマツ出身の優等生。北原のチームでオグリと共に競走ウマ娘を目指していたが、オグリの移籍に伴い、スタッフ研修生として同行するため中央の編入試験に一発合格した。中央ではサポート科の生徒として、六平のチームでサポートウマ娘として活動している。
アスリートとしての才能は持ち合わせておらず、レースの世界に入ることは叶わなかったが、ウマ娘であることを生かして走法の研究に勤しんだり、学識を活かしてレース前の情報収集を行う。実家がスポーツ用品店で、シューズや蹄鉄を選ぶ際には金額に糸目をつけない。
六平からはトレーナーとしての素質があると指摘され、本人もサブトレーナーとしての自分に満更でもない模様。

コミちゃん


中央の活発な女性トレーナー。タマモクロス担当。
普段は腕まくりしたワイシャツに腰上までを脱いだ作業用ツナギという出で立ちで、背中まで伸びた緑髪の前髪を上げてデコ出しにしており、両耳につけた4対のピアスがトレードマーク。作画担当・久住太陽氏の設定画では175cmの長身で、「ガテン系ビジョ?」とメモが添えられている。
タマモクロスとは本格化前からの付き合いらしく、「タマちゃん」「コミちゃん」と呼びあう仲。タマモクロスが大好きで、可愛さ余って園児服を着せるいたずらに及んだ事もある。食が細いタマモクロスのために高栄養の食事を手ずから用意するなど、トレーナーとしての優秀さ以上に“担当ウマ娘の理解者”として、彼女を日本最強の一角に押し上げた。二人三脚で勝ち取った大きな功績にも驕らず、温良恭倹。
大先輩である六平とは懇意にしているようで、自称「六平さんの一番弟子」。いつも背後から声をかけられて驚かされている模様。
タマモクロスの主戦騎手の南井克巳、そして調教師の小原伊佐美がモデルだと思われる。

スーパークリーク シンデレラグレイ 菊花賞制覇記念


怜悧な女性トレーナー。スーパークリーク担当。その中性的なルックスからファンが一定数ついており、「魔術師」と呼ばれたトレーナーの2世として周囲からの期待も高く、メディア慣れもしている様子。クリークが振るう母性の猛威に独特の反応を示している。
「なせ」をた行にずらすと「たけ」になり、「豊」という漢字には「ぶんの」という読みがある(ぶんの→文乃→ふみの)ほか、天才トレーナーの父親を持つ2世、一人称が「僕」、本格化前のスーパークリークの素質を見抜いて指名するなど、武豊が強く意識されたキャラクター。

陰気な男性トレーナー。ディクタストライカ担当。20代の若手で、猫背ながらも2mの長身は存在感抜群。担当ウマ娘との関係は良好で「お人好し」「ツンデレなどと評している」。見た目とは裏腹に数字に細かい几帳面な一面も。普段はトレーナー室にこもっているらしく、あまり学園内で目撃されない(同僚のはずである小宮山も彼の事は知らなかった)。
ディクタストライカのモデル(と思われる)サッカーボーイ号の後半の主戦騎手・河内洋、前半の主戦騎手・内山正博、調教師の小野幸司、厩務員の内田忠の4人がモデルだと思われる。

和装の女性トレーナー。大井でのイナリワン担当。
気の強そうな性格で極道の妻を思わせる雰囲気のある壮年女性で、イナリからも「姉(あね)さん」と呼ばれている。

スーツを着た男性トレーナー。中央でのイナリワン担当。
龍子の息子で渡米経験がありその為か英単語を交えた喋り方が特徴。イナリからは「坊(ぼん)」と呼ばれている。

ヤエノムテキのトレーナーなど、その他の名称不明のトレーナーに関しては『ウマ娘シンデレラグレイ』の記事を参照。

外部リンク


関連項目

ウマ娘プリティーダービー トレセン学園
教職員 アニメオリジナルキャラ
チームスピカ チームリギル チームカノープス チームシリウス

呼称のバリエーション
モルモット… 『ウマ娘』においてはアグネスタキオンの被検体と助手を兼ねた狂人を指す。「タキモル」も参照されたい。
お兄さま / お姉さまライスシャワーが愛読する絵本になぞらえてこのように呼びかける。
お兄ちゃん / お姉ちゃんカレンチャンからの呼びかけ。

トレーナー関連
女トレーナー(ウマ娘)…女性の創作トレーナーを見たい人用のタグ。
ポケモントレーナー…別世界の育成ゲームにおけるトレーナー。アニメ版だと、本作のトレーナーと遜色ない耐久力と身体能力を披露する者もいたりする。
WiiFitトレーナー…育成ゲームものではないが同じく有名なトレーナー。

プレイヤーのアバター(明確なデフォルトネームのないもの)
夢主プロデューサー(アイドルマスター)提督(艦隊これくしょん)審神者(刀剣乱舞)監督生(ツイステ)むらびとどうぶつの森)、あなたちゃんスクフェスALL_STARS)、ハンター(モンスターハンター)、勇者(ドラゴンクエスト

藤丸立香(FGO):プレイヤーの裁量で自由に性別を変えられる主人公つながり。ただし、こちらは性別変更により周囲の反応が変わる演出はほんの僅かであり、またデフォルトネームも存在する。 


驚くほどの身体能力の持ち主繋がり 
スーパーマサラ人:ウマどころか、インド象を除くすべての生態が別の生き物に置き換わっている世界の住人。「トラックに走って追いつく」「スキンシップとして技をかけられても場面転換の間に回復する」など、その伝説は数え切れないほど。ただし一方で、野生のポケモンによるダイレクトアタックや崖から落ちただけで死ぬといった脆い人種もいる。
両津勘吉:言わずと知れたおウマちゃん大好き警察官。漫画版だと引退馬で一儲けを企んだために馬達と大原部長の怒りを買い、お仕置きとして引退馬を担いでG1レースに出走させられそうになったこともある。コラボ二次創作ではウマ娘のトレーナーになっている例もあるが、多分ろくな結果にはならないだろう。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トレーナー(ウマ娘プリティーダービー)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トレーナー(ウマ娘プリティーダービー)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96563073

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました