ピクシブ百科事典

サイレンススズカ(ウマ娘)

さいれんすすずか

ウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘の一人。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日5月1日
身長161cm
体重増減なし
スリーサイズB70・W58・H79
CV高野麻里佳

無口で物静か。不思議な透明感と、どこか影のある憂いを秘めたクールな美少女。
走る以外の興味関心が薄く、ひたすらストイックにトレーニングに打ち込む姿は、まるで悲劇のヒロインを思わせる。
公式ポータルサイトumamusume.jpより

元ネタはやんちゃ坊主な所も有った逃げ馬だが、走りは逃げでも性格は物事からも逃げず真面目な求道者、儚げな雰囲気を纏ったヒロイン格。
流星は横になってヘアバンドに、やはりと言うかイメージカラーは緑。

アニメ

アニメでは第1話から登場。圧倒的な走りを見せ、スペシャルウィークの憧れの存在になる。
チームステラ移籍後はスペシャルウィークを見守りながらもアドバイスや特訓に付き合い良好な関係を築いている。第4話にて宝塚記念、毎日王冠、天皇賞、7話ではジャパンカップへの出走とその後の海外遠征が決定する。

競走成績

以下ネタバレ注意























第1話ではトレーナーの指示を無視し1000m57秒8という超ハイペースの大逃げを打ちそのまま最終コーナーを抜ける。後続が追い込みをかけるがすかさずラストスパートを掛けて逃げ切り圧勝。レース後チームスピカへの移籍が決定する。

宝塚記念を制したスズカは6話で毎日王冠に挑む。
序盤から端を切って逃げ3コーナーあたりからグラスワンダーが叩き合いに持ち込むとその後位のナイスネイチャが捲りをかけエイシンフラッシュとエルコンドルパサーもそれぞれ仕掛る。4コーナーを出て先頭は変わらずスズカ、その後位をグラスワンダーが追走し外側にエルコンドルパサー、先にグラスワンダーがハイペースの先行馬の後位であったことと調整不足も相まって一杯となりズルズル後退。エルコンドルパサーが外側から追い込みをかけるがスズカがこれも千切って圧勝。4連勝で運命の天皇賞へ臨む。

物語内の11月1日に迎えた天皇賞、スズカは1枠1番で1番人気の“1並び”で出走。
レースはスズカがいつも通りの大逃げで端を切りエルコンドルパサーが追走を試みるがあまりの速さについていけず、7~8馬身ほど離され逆に単独の2番手で逃げる態勢となる。
3コーナーの手前、1000mの標識を57秒台の超ハイペースで通過しなおも加速し続けるスズカ、彼女に競りかける者は1人もおらず勝利は確実かと思われたが、突如彼女の左足首が悲鳴を上げる...

レースはエルコンドルパサーが勝利、競走中止したスズカは病院で骨折の診断を受け、復帰への道をチームスピカやライバルたちに支えられながら歩むことになる。
史実通りの苦い結末とはなったが「安楽死」という最悪の結果こそ避けられ、危惧されていた「沈黙の日曜日の再来」とまではいかなかった。
なお、史実ではエルコンドルパサーは出走しておらず(98年当時外国産馬には出走権がなかった)、史実における勝ち馬はオフサイドトラップである。

話数競馬場競走名距離枠番/馬番着順
5話東京東京優駿GI芝2400m?9着
7話東京天皇賞(秋)GI芝2000m?6着
1話東京???8/121着
3話中京????1着
6話阪神宝塚記念GI芝2200m?1着
6話東京毎日王冠GII芝1800m2/21着
7話東京天皇賞(秋)GI芝2000m1/1競走中止
※第1話と第3話のレースは明言されていないが史実を踏まえると、第1話は東京レース場であることと1000mのラップタイムからバレンタインステークス(オープン特別)、第3話は左回りの馬場であることと2着に11馬身の大差をつけて勝利したことから金鯱賞(GII)の可能性が高い、東京優駿の9着は5話で、天皇賞(秋)の6着は7話ではトレーナーが明言。

余談

6話で部屋の中を左回りにグルグル回っているが元ネタの競走馬のサイレンススズカも「旋回癖」と呼ばれる馬房で長時間左回りにクルクル回り続ける癖があった。旋回をやめさせたところ、膨大なストレスを溜め込んでその後のレースに大きな影響を与えてしまった。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー
サイレンススズカ

pixivに投稿された作品 pixivで「サイレンススズカ(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 408475

コメント