ピクシブ百科事典

Shadowverse

しゃどうばーす

Sharowverse(シャドウバース)とは、Cygamesが提供しているスマホ向けカードゲームである。
目次[非表示]

「災いの樹」
突如として現れた謎の物体を人々はそう呼んだ
それは、救いの象徴
それは、終焉を導く光
それは、新しい世界への扉
世界を覆う樹の陰が人の心に影を生む
世界が闇で満ちたとき
虚無への門が開かれる

概要

2016年6月17日にサービスを開始した「本格スマホカードバトル」ゲーム。
略称は「シャドバ」もしくは「シャドバス」。
神撃のバハムートの世界観を継承したダークファンタジー
ゲームモードはCPUと対戦する「ソロプレイ」とプレイヤーと戦う「バトル」が存在する。

結論から言うとハースストーンのデッドコピー。

1対1の対戦型カードゲームで基本プレイ無料のアイテム課金型。
いわゆる「体力」「スタミナ」のような時間単位のプレイ回数を制限する要素は存在せず、課金アイテムのクリスタルは基本的にカードパックの購入に使用する。ゲーム内通貨「ルピ」やチケットでもカードパックの購入に使用でき、どの方法で購入してもカードの提供率は同じ。
カードには、パックから稀に入手できるイラストにエフェクトがかかった「プレミアムカード」、ミッションやアチーブメントの報酬などでの入手やゲーム開始時から所有する「プライズカード」が存在する。

Shadowverseを競技タイトルとしたesports大会「RAGE」が定期的に開催されている他、毎週開催されるオンライン大会や全国各地で運営公認のオフライン大会が開かれるなど、esports競技としても運営されている。

2016年7月21日にはPC版をDMM.comでサービスする事を発表し、8月22日午後2時まで事前登録を行っていた。その後、午後3時頃にPC版をリリースした。また、2016年10月27日にはSteam版も配信された。
PC版はWindowsの場合Windows7以降、Macの場合Mac OS X 10.9以上のOSが必要となる為、スマホ版と連動させる場合には動作環境を忘れずチェックしておきたい。
なお、PC版とデータ連携が可能なゲームデータはプラットフォーム毎に1アカウントのみ、つまり同じPC内でDMM.com版とSteam版の共存は不可能であることに注意。

2017年9月4日、第6弾となる新カードパック「Starforged Legends / 星神の伝説」が発表された。
キャッチコピーは「その輝きは、銀河を翔ける

システム

ゲームプレイ

ソロプレイは各キャラクターの物語を追う「メインストーリー」、テストプレイをする「プラクティス」。
対戦相手と勝負をする「バトル」ではBP(バトルポイント)を貯める事で自身のランキングを上げる「ランクマッチ」の他、BPが変動せず不特定の相手と対戦する「フリーマッチ」、特定の相手と対戦する「ルームマッチ」。2枚1組のカードが2組ランダム選出されるため片方を選択し、それを繰り返して30枚の即席のデッキでバトルする「アリーナ(2Pick/2ピック)」が存在する。

いずれの場合でも、お互いのリーダーのライフを削りあい、先に0にしたほうが勝ちとなる。

レッドエーテル

カードは「分解」と「生成」が可能で、分解すると「レッドエーテル」を獲得する。これを消費することで好きなカードを生成することができる。分解で得られる入手量や、生成時の消費量はレアリティごとに変わる。また、前述したプレミアムカードを分解すると通常版のカードより多めのレッドエーテルを入手することができる。
現在実装されているカードは全て生成が可能で、手間さえかければ全てのカードを所有する事も可能。
ただし、プライズカードは分解も生成も不可能。
プレミアムカードに関しては、かつては生成は不可能だったが2017年6月以降は「プレミアムオーブ」という特殊なアイテムを用いることで生成することが可能になった。

カードパック

カードの入手手段の1つ。一般的なソーシャルゲームにおけるガチャに相当。入手方法は前述の通り、「チケット」、ゲーム内通貨「ルピ」、課金アイテム「クリスタル」のいずれかを用いて購入する。
チケットは1枚/パック、ルピは100ルピ/パック、クリスタルは100個/パックだが1日1回のみ半額の50クリスタルで購入可能。
ここからパックを購入しカードを手に入れ、不要なカードはレッドエーテルに分解し必要なカードを生成することで目的のカードを集めることがデッキ作成の基本的な流れである。
以下、現在実装されているカードパックの一覧表である。

弾数パック名(日本語)パック名(英語)略称キャッチコピー発売日
第1弾スタンダードカードパックStandardSTD-(リリース時から存在)
第2弾ダークネス・エボルヴDarkness EvolvedDRK新たな進化を手に、戦え2016/09/30
第3弾バハムート降臨Rise of BahamutROB全てを破壊し、勝利せよ2016/12/29
第4弾神々の騒嵐Tempest of the GodsTOG戦いは、神の次元へ2017/03/30
第5弾ワンダーランド・ドリームズWonderland DreamsWLDさぁ、物語の向こう側へ2017/06/29

また2016年12月29日のアップデートにて、カードパックとは別に、クリスタルを支払うことで購入できる「構築済みデッキ」が各クラスに登場した。そのクラスを使うなら持っておきたいカードがまんべんなく収録されてる上に、初回のみ500クリスタル、以降は750クリスタルで合計3回までは同種のデッキを購入することができるため、始めたばかりの初心者にはうってつけである。各デッキには既存のレジェンドカードのイラスト違いバージョンが1枚ずつ収録されてるというコレクション要素もあるため、上級者にも嬉しい仕様となってる。

カード

Shadowverseのカードには「フォロワー」「スペル」「アミュレット」の3種類が存在している。各カードの左上に示されてる数字(コスト)の分のPPを支払うことでプレイが可能。

フォロワー
所謂モンスターカード。バトルの主役であり、相手のリーダーや相手のフォロワーへの攻撃を主に行うカードである。全てのフォロワーにボイスが付いており、様々な人気声優を用いたセリフ付きのカードも多数存在してるため、賑やかで爽快なバトルが楽しめるようになっている。
スペル
所謂魔法カード。プレイすると書かれている能力が働き、すぐに墓場に置かれる使い捨てのカードである。同じコスト帯のフォロワーと比べると能力が強力である反面、あくまで使い捨てであるためタイミングが重要。
アミュレット
プレイするとそのまま場に留まりバトルを支援するカード。攻撃したり攻撃されることは無い。フォロワーではないためフォロワーのみを対象とした除去は効かず対処が難しい。そのため強力とされるデッキはアミュレットを軸にしたものも少なくない。

PP

カードをプレイするのに必要なポイント。毎ターン1ずつ増えていき、最大は10。そのため「土地事故」や「マナ事故」は存在しない。自分のターン開始時に全回復する。

進化

このゲーム最大の特徴とも言える要素
一定ターンを経過することで、自身がプレイしたフォロワーカードを「進化」させることが出来る。「進化」したカードはイラストが変化し、基本的にスペックが大きく向上する他、進化時に能力が発動するカードや、進化することで能力が変化する場合もある。
また進化したフォロワーはプレイした直後であっても行動できる(通常はプレイした直後のフォロワーは攻撃できない)ため、進化により奇襲を行うことが出来る。前述の進化時に発生する能力も相まって、カードによっては不利な状況を一気に覆すことも出来る。ただし、場に出たターンは進化しても相手のリーダーに攻撃できないことに注意。
1回のゲームで先行側は進化を最大2回、後攻側は進化を最大3回行うことができる。また、進化を行えるタイミングは先攻の場合5ターン、後攻の場合4ターン必要。つまり、後攻側のほうが早く進化できる。
この要素があるため、一般的には不利とされる後攻側でも、不利とは言えない場合がある

クラス

全てのカードには「クラス」が定められており、「エルフ」「ロイヤル」「ウィッチ」「ドラゴン」「ネクロマンサー」「ヴァンパイア」「ビショップ」そして「ニュートラル」の8つに分けられている。デッキを構築する際は「ニュートラル」以外のクラスに属するカードを混ぜて使用することは出来ず、クラスの特性がほぼそのままデッキの方向性に直結する。

エルフ

エルフ軍団


一般的なファンタジーに登場する有名な種族。エルフ以外にも妖精や獣、狩人や植物などがこのクラスに属する。
自身の手札の枚数や、ターン中にプレイしたカードの枚数によって効果が強化されるカードが多数ある。プレイすることでコスト1の「フェアリー」を手札に追加するカードが多いため、意識してデッキを組めば条件を満たしやすく、豊富な手札と強力なコンボによって相手を圧倒することができる。

ロイヤル

シャドバ


兵士や騎士、メイドや指揮官がこのクラスに属する。
固有のフォロワーが「兵士」と「指揮官」の2タイプに分けられているのが特徴。1枚で複数のカードを出したり、出したカードを強化する手段が豊富で、展開力が非常に高く、速攻を狙うことも出来る。

ウィッチ

Witchプレイマット


魔法使いや錬金術師、彼らの使役するゴーレム等の魔法生物が属するクラス。
全体的にスペルが強力で、さらにスペルを使えば使うほど、効果が強化されたりコストが下がったりするカードが存在する。そのためカードの使う順番や使いどころが重要で、テクニカルなクラスといえる。また、もう一つのテーマである「土の印」と呼ばれるアミュレットを駆使する「土の秘術」デッキも存在する。

ドラゴン

フォルテ


竜や竜騎士などが属するクラス。
自身のPPの上限を増加させるカードがあるため、相手よりも早く高コストのカードを展開することが出来る。また自身の最大PPが7を超えると「覚醒」状態となる。「覚醒」中は効果が強力になるカードが多数あるため、中盤から一気に強くなる。

ネクロマンサー

お前もルナのお友達にしてやろうかー!


死霊術師やゾンビ、骸骨、亡霊などが属するクラス。
カードを使ったり破壊されることで増加する自身の「墓地」を消費して発動できる「ネクロマンス」によって強力になるカードが多い。墓場を増やす効果を持つカードも多く存在しているほか、自身が破壊されることで効果を発揮するカードも多く存在するため、自分の墓地を効率的に肥やしていくことが重要なクラスである。

ヴァンパイア

ヴァンパイア


吸血鬼や夢魔、魔獣、それらの眷属などが属するクラス。
リーダーのライフが半分(10)以下になると「復讐」状態となり、この状態になると効果が強力になるカードが多数存在する。リーダーのライフを削ることで強力な効果を発揮したり、逆にリーダーのライフを回復させるカードも多く、自身のライフ管理が重要になるクラスである。

ビショップ

シャドウバース(ビショップ)


修道士や司祭、聖騎士や神獣が属するクラス。「異端審問」などの教会の暗部を示唆するカードもある。
プレイしたあとに数ターン経過することで効果が発揮されるカウントダウンアミュレットが多数含まれている。カードの耐久力が高く、またカードを回復させる手段が豊富に用意されているため、非常に耐久力に優れ、粘り強く戦うことが出来る。現在「特殊勝利」が可能な唯一のクラスである。

ニュートラル

「りんごんりんごん♪」「ルンルルン♪」


傭兵や天使、神などが属するクラス。
いわゆる無色のクラスで、どのクラスのデッキにも混ぜることが出来る。そのためコスト比で見ると各クラスのカードよりも劣っていることがあるが、このクラスでなければ存在しないユニークな効果のカードもあるため、意外と出張することは多い。また「バハムート降臨」以降はニュートラルを指定する効果を持つカードも増えてきており、デッキの大部分をニュートラルで固める構築も可能となった。

キャラクター

Shadowverseには様々なキャラクターが登場する。メインストーリーに登場するキャラクターはオリジナルで構成されているが、バトルにおけるカードのキャラクターは同じCygamesによるゲーム「神撃のバハムート」からの登場が多数を占めている。

メインキャラクター

Sharowverseの主人公である7人のリーダー。
メインストーリーモードは彼女らを中心とした物語である。

アリサ(クラス:エルフ)

アリサちゃん


「私だって戦えるんだから!」
CV:優木かな
森の守護者として一人前になるべく、日々修行を続けるエルフの少女。何者かによって連れ去られてしまった親友を救うため、森を旅立つ。
Sharowverseのアイコンは彼女のものであり、このゲームの看板でもある。ぺったんこ

エリカ(クラス:ロイヤル)

エリカ


「ここで死んでいただきます」
CV:石上静香
アレスター王国の姫に仕えるメイド。メイドとしてだけでなく、護衛としても優秀であり非常に高い戦闘力を有している。伝説のヴァンパイアが眠る「封印の古城」で起きた異変を調査すべく、王城を出発する。
フリルを多くあしらった騎士鎧を着ており、武器として太刀のような大剣を携える。胸元の防御力が少々心配。

イザベル(クラス:ウィッチ)

イザベル「よろしくね」


「あたしは諦めないわ!」
CV:佐倉薫
アレスター王国で魔法の研究を行っている、宮廷魔術師の女性。最愛の婚約者を喪った事故をきっかけにして、彼女は死者蘇生という禁忌へと足を踏み入れていく。
胸囲の戦闘力トップクラス。相手の攻撃を被弾したときのアニメーションは必見。

ローウェン(クラス:ドラゴン)

よろしくな


「お前らを倒し、家族を守る! 行くぞっ!!」
CV:杉田智和
アレスター王国軍の元騎士団長。巨竜を相手にしても一歩も引かない勇気と、常に仲間を慮る心優しさを持つ。突如現れた謎の怪物から、妻と娘を護るため、槍を執る。
その性格、セリフ、中の人の存在から何かとネタにされることが多い。「お前に負けるなら悔いはないさ…!」

ルナ(クラス:ネクロマンサー)

ルナ


「パパ、ママ、ルナを守ってね」
CV:小倉唯
薄暗闇に包まれた洋館で、ひっそりと暮らす少女。年相応の可憐な容姿の裏に、冷たく禍々しい陰を宿している。『パパ』と『ママ』とのお散歩をより楽しくするため、『お友達』を作る事にする。
可愛らしい見た目と言動から7人のリーダーの中でもキャラ的な人気が高い。しかしストーリーモードだと…。

ユリアス(クラス:ヴァンパイア)

楽しませてくれたまえ


「楽しませてくれたまえ」
CV:諏訪部順一
夜を総べし種族――ヴァンパイアの最後の一人。かつてのアレスター国王・バルタザールに敗北し、封じられていたところを、何者かによって解放された。永き眠りから目覚めた彼は、バルタザールとの再戦を果たすべく、闇の世界に舞い戻る。
通称「ユリおじ」。ストーリー内でもルナにオジサン呼ばわりされている。

イリス(クラス:ビショップ)

イリス


「私が貴方をお救いします」
CV:井上喜久子
街外れの大聖堂で、司祭を務めている女性。とある事情により、記憶の一部が欠落している。人々が救われるよう、日々祈り続ける彼女の前に、突然、『もう一人の彼女』が現れる。
物静かで信心深い性格だが、暗い所が苦手という可愛らしい一面も持つ。ストーリーモードの最重要人物。

リーダースキン

2016年8月15日の大型アップデートで実装された要素。入手するとリーダーを別のキャラクターに変更することができる。(見た目やセリフが変わるのみで性能の差は無い)多くの場合クリスタル(一部はルピも可)を使って購入することで入手が可能。
現在以下のキャラクターがリーダースキンとして実装されている。

神撃のバハムート

2016年8月15日実施のコラボにて実装。
後述するコラボの項目も参照。

セルウィン(クラス:エルフ) CV:中村悠一
「腕が鳴るな」

レイサム(クラス:ロイヤル) CV:小山剛志
「さあ!始めよう!」

エラスムス(クラス:ウィッチ) CV:樫井笙人
「やれやれ…こんな老いぼれを駆り出すとはのう…」

フォルテ(クラス:ドラゴン) CV:三澤紗千香
「この空は私のものだ!」

モルディカイ(クラス:ネクロマンサー) CV:保村真
「この剣に勝利を誓う…」

ヴァンピィ(クラス:ヴァンパイア) CV:釘宮理恵
「ヴァンピィちゃんの眷属ぅにしてあげようかぁ?」

ガルラ(クラス:ビショップ) CV:速水奨
「我は蒼天の守護者なり」

ストリートファイターV

2017年4月27日実施のコラボにて実装。
後述するコラボの項目も参照。

キャミィ(クラス:エルフ) CV:沢城みゆき 称号:バレットスパイク
「守るべき者のために、私は戦う!」

春麗(クラス:ロイヤル) CV:折笠富美子 称号:蒼い翡翠
「行くわよ!」

ジュリ(クラス:ウィッチ) CV:喜多村英梨 称号:欺く紫煙
「お楽しみの時間だ!」

リュウ(クラス:ドラゴン) CV:高橋広樹 称号:不抜の拳
「さあ、始めるぞ!」

ベガ(クラス:ネクロマンサー) CV:若本規夫 称号:最終最凶
「我がサイコパワーの餌食となれ!」

バルログ(クラス:ヴァンパイア) CV:諏訪部順一 称号:爪弾く闘争の輪舞曲
「優雅に参ろう!」

かりん(クラス:ビショップ) CV:遠藤綾 称号:ウルトラお嬢様
「格の違いをお見せしますわ!」

1st Anniversary 人気カード投票

2017年6月16日に実施されたShadowverse1周年記念イベント。
各クラスでピックアップされた10枚のカードで人気投票が行われ、1位に輝いたカードはリーダースキンとしての実装が予定されている。
以下は1位に選ばれたカードの名前であり、実際に実装される際は別の名義になっている可能性もある。

フェアリープリンセス(クラス:エルフ)

レヴィオンセイバー・アルベール(クラス:ロイヤル)

次元の魔女・ドロシー(クラス:ウィッチ)

インペリアルドラグーン(クラス:ドラゴン)

ケルベロス(クラス:ネクロマンサー)

ダークジェネラル(クラス:ヴァンパイア)

ムーンアルミラージ(クラス:ビショップ)

Fate/stay night[Heaven’s Feel]

2017年9月28日実施予定のコラボにて実装。
後述するコラボの項目も参照。

アーチャー(クラス:エルフ)

ランサー(クラス:ロイヤル)

(クラス:ウィッチ)

セイバー(クラス:ドラゴン)

セイバー(オルタ)(クラス:ネクロマンサー)

ライダー(クラス:ヴァンパイア)

イリヤ(クラス:ビショップ)

カードキャラクター

バトルの中心となるカードのキャラクター達。
「スタンダードカードパック」の頃はほぼ全てのカードが神撃のバハムートからの輸入だったが(一部に海外版であるRage of Bahamut限定カードからの輸入もある)、「ダークネス・エボルヴ」以降はオリジナルのイラストを用いたカードが増えてきている。
以下はピクシブ百科事典にページがあるカードの一覧表である。50音順。

エルフクリスタリア・エリン クリスタリア・リリィ 千年妖狐・ユエル ベビーフェルパー
ロイヤルキャプテン・リーシャ 蒼穹の提督・モニカ レヴィオンセイバー・アルベール
ウィッチウィッチクラフト・マギサ 次元の魔女・ドロシー プリンセスマナリア・アン
ドラゴンダークドラグーン・フォルテ マナリアドラコ・グレア
ネクロマンサーケルベロス ダークアリス デュエリスト・モルディカイ
ヴァンパイアアザゼル 吸血貴・ヴァイト 吸血姫・ヴァンピィ 毒牙の姫・メドゥーサ メドゥーサ
ビショップカグヤ ジャンヌダルク ダークジャンヌ ヘヴンリーイージス ムーンアルミラージ
ニュートラル癒しの奏者・アンリエット 風の軍神・グリームニル ゴブリンスレイヤー・ルシウス ゴブリンブレイカー・ティナ ダークエンジェル・オリヴィエ ダラダラ天使・エフェメラ バハムート 不思議の探求者・アリス フラム=グラス ベルエンジェル ミニゴブリンメイジ ルシフェル 歴戦の傭兵・フィーナ

その他キャラクター

ロザリア
アリサの親友であるエルフの女性。謎の影にアリサが襲われた時に庇った結果、影に連れ去られてしまう。
チュートリアルは彼女を操作して進める。

姫様
エリカの主人であるアレスター国の王女。ユリアスが封じられていた場所である「封印の古城」の調査をエリカに命じた。
エリカへの信頼は厚いようで、彼女に対して時々軽い冗談を言うといった仲睦まじい関係が垣間見える。
余談だが、ゲーム中では確認できないが彼女には「ウィザード姫」という名前が設定されている。(攻略本で確認可能)

カイル
イザベルの婚約者の男性。物語開始時点で既に故人。
カイルを生き返らせるためにイザベルは死者蘇生の実験を行っているが、実は彼の死には彼とイザベルが親しいとある人物が関わっている。
イザベル編及びローウェン編の9章~14章では、とある事情によって生前の彼が登場する。

レイチェル
ローウェンの妻。
娘のナタリー共々長らく名前のみの出演だったが、ローウェン編12章ではグラフィック付きで登場した。

ナタリー
ローウェンの娘。
レイチェルと同じくローウェン編12章ではグラフィック付きで登場。背伸びしたがる年頃の様子。

ルナの父と母
ルナが「パパ・ママ」と呼ぶ亡霊の両親。常にルナの側にいて時々彼女と会話をするものの、その声はルナ本人以外には聴こえない。
ルナ編9章~14章では生前の人間の姿でも登場する。

バルタザール
かつてのアレスター国の王。ユリアスを死闘の末に封印する。
二人の戦いはお互い満更でもなかったようだ。

もう一人のイリス
青い瞳を宿すイリスとそっくりの人物。各キャラクターの元に現れては災いの樹へと誘導している。
その目的と正体は…。

虚の影
各地で主要人物の前に現れる謎の影。災いの樹と同じ模様を持つ。
変身することができ、その際は変身した人物の暗部を反映した言動になる。
小型、大型、巨大の三種類の大きさがある。

ネクサス
メインストーリーの各8章で突如出現した怪物。外見はある人物に酷似している。
クラス制限を無視したデッキを所持しており、各クラスの小型フォロワーを展開して「骸の王」や「風神」などを使い攻め込む強敵。

コラボ

自社作品を中心に、いくつかのゲームなどとコラボも実施されている。
リーダースキンの詳しい内容に関しては、前述した項目を参照。

神撃のバハムート

2016年8月15日に実施。
新たな要素である「リーダースキン」が同コラボにて初登場した他、神撃のバハムートのロゴを用いたカードスリーブが、ゲーム内にて無料で発売された。
また同年10月31日に神撃のバハムート内のキャンペーンにて、アリサイザベルのカードが描き下ろしで登場した。される側としてのコラボはこれが初めてである。
後の2017年9月10日にはエリカの描き下ろしカードも登場した。

グランブルーファンタジー

2016年8月15日に実施。
前述の神撃のバハムートコラボと同時に、グランジータなどのイラストを用いたカードスリーブがゲーム内にて発売された。
その後、2017年2月23日に前述の内容とは別の同時相互コラボが実施された。(グラブル側は22日から実施)
グラブル側はコラボイベント「Shadowverse Duelist of Eternity」が開催。
アリサルナモルディカイイリス(ただしストーリー上の都合か「???」扱い)の4名がイベントに出張したり、限定報酬としてベルエンジェル召喚石を手に入ることができた他、Shadowverseの登場キャラクターに因んだWスターレジェンドガチャも登場した。
Shadowverse側は、グラブルにも登場するShadowverseのキャラクターが描かれたエンブレムやスリーブが獲得できる、期間限定のミッション及びログインボーナスが実施された。

スターライトステージ

2016年12月6日に相互コラボが実施。
Shadoverse側は島村卯月渋谷凛本田未央などのキャラクターが描かれたスリーブやエンブレムが配布され、デレステ側は限定のコラボルームアイテムがプレゼントされた。
また、同時の相互コラボはこのコラボが初である。

杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン

2017年3月30日に実施。
期間限定のミッションが開催され、それをクリアすることで「抜刀する執行者 タージ」と「ケイオスドラゴン アジルス」を、それぞれ「クイックブレーダー」と「騎竜兵」というカードの絵違いカードとして入手可能だった。

ストリートファイターV

2017年4月27日に実施。
ストリートファイターVに登場するキャラクターのリーダースキン、エンブレム、称号、スリーブのセットがクリスタル限定で販売された他、期間限定ログインボーナスも実施された。
他社作品のゲームとのコラボは今回が初となる。

ユヴェントスF.C.

2017年8月7日に実施。
CygamesがセリエAのチーム『ユヴェントスF.C.(Juventus Football Club S.p.A.)』とスポンサー契約を締結したことの記念としてキャンペーンが開催。
期間中のログインボーナスとしてユヴェントスF.C. とのコラボエンブレムとスリーブが入手可能。

Fate/stay night[Heaven’s Feel]

2017年9月28日に実施予定。
Fate/stay nightに登場するキャラクターのリーダースキン、エンブレム、称号、スリーブのセットが販売される他、間桐桜が描かれたエンブレムなどが貰える期間限定ログインボーナスも実施される予定。

余談

Cygamesのもう一つの主力タイトル「グランブルーファンタジー」でのトレーディングカードゲームバンダイから発売されている。こちらはオンラインではなく「紙製」だけとなっておりカニバリを避けている。なお、シャドバの人気が高すぎて販売が伸び悩んだため、1年3か月で打ち切りとなってしまった。

関連タグ

Cygames 神撃のバハムート
シャドウバース シャドバ
TCG

外部サイト

公式サイト
PC版ページ(DMM.com)
PC版ページ(Steam)
公式Twitterアカウント

pixivに投稿された作品 pixivで「Shadowverse」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8055014

コメント