ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:梶原岳人

概要

天青学園に通う中学2年生の少年。
シャドバが大好きで、どんなピンチでも諦めない、強い心が武器。ドラゴンクラスの使い手。

祖父・竜ヶ崎シゲフミからスマホを買う事を反対されていたために当初はスマホを持っていなかったが、家の蔵の中でスマホを見つけたことから念願のシャドバを始める。

シゲフミはそのスマホについて何か知っている様子だが取り上げることはせず、ヒイロに持たせ続けている。

家族構成

現在は祖父であるシゲフミと2人暮らし。両親である竜ヶ崎エイジ竜ヶ崎アサギはヒイロが幼い頃に亡くなったとシゲフミから聞かされたもののある場所で生存していることを後に知る。

全国大会編

初シャドバで牙倉タクマに勝利し、直後の夜那月ルシアにも勝利するもルシアが勝ちを譲ってくれたことを知り、今度は自分の力だけで勝利することを誓う。

全国大会に出場すべく、ランク上げに勤しみ、レオン・オーランシュに勝利したことで全国大会に進出を果たす。

決勝戦でルシアと対戦し、今度こそ、本当の勝利を得る。

シャドウグランプリ編

順調に勝ち進んでいき、シャドウナイツのアインとのバトルでゴールドランクに昇格。

最後の試練においてはレオンと対決。バトルの最中、両親の秘密を明かされ、両親のためにも世界を救う決意を固めた。

グランブルーファンタジー

アニメ版シャドウバースがまさかのグランブルーファンタジーコラボをすることになった

生放送スペシャル内では既にヒイロの参戦が確定。9月1日の「これからのグランブルーファンタジー」ではSSレアキャラクターとして登場することが発表された。

第1話エピソード2のクリアで加入。イグニスドラゴンも火属性SSレア召喚獣として収録されるのが確定しているため、火属性で加入することが予想されていたが見事に火属性で参戦となった。

なお、イベント初日には入れ替わりで最終日のゼノ・サジタリウス撃滅戦がある為、こちらも忘れずにこなしておきたいところ。

火属性SSRキャラ

奥義アビリティサポートアビリティ
吼えろ!イグニスドラゴン!竜の託宣/サラマンダーブレス/ドラゴニックチャージドラゴンクラス/シャドバは最後までわかんねぇ!

LBも奥義ダメージアップがある為、『奥義の一撃に全てを賭ける!』という運用がメインになるだろう。それ以外でも竜の託宣でPPを加速させ、覚醒状態に持っていけば奥義ダメージが50%上昇するのが大きい。更に言えば、瀕死状態になると一度だけ自分の全アビリティが即時使用可能+奥義バーストで逆転の一手も存在する。ある意味でも最後までバトルは分からないというべきか。

イベント後半が解禁となる9月18日には後半クリアで第3アビリティが追加、攻撃力と防御力を累積アップ(永続・消去不可)とターン消費なしの通常攻撃(イングヴェイ等のアビリティと類似)が可能となる。

覚醒状態に持っていけば、上述で言及した奥義の火力で力押しもできなくないが、そこへ持っていくのに時間がかかるので短期決戦やワンパン系レイド(古戦場の肉集めなど)には不向き。中~長期戦になるであろうレイドであればドラゴニックチャージで溜めきったパワーをぶつけることもできそうだが……。

ヒューマンというバハムートウェポンに有利な種族、大火力が出せるようなユニットが多い火属性という事もあるので、編成次第では活躍できる場面はあるかもしれないだろう。

そんな彼が、唐突に注目を浴びることになるのが2021年10月開催の「ブレイブグラウンド」である。ブレイブグラウンドでは特定のデバフを与えた敵に対して味方パーティーの与ダメージがアップする仕様が存在するのだが、この時のピックアップされたデバフは「攻防ダウン(累積)/属性防御ダウン(累積)」。この状態になった敵に対して20%の与ダメージが上昇する。

ヒイロは2アビでPP6以上限定にはなるが、属性防御ダウンを相手に与えることができるため、思わぬところで彼がピックアップされることになった。実際、自動編成にするとヒイロがパーティーにいる場合は編成される。
(同じ属性防御ダウンを持つのは火属性版ジークフリートのみということからか、ヒイロを編成することも場合によっては視野に入るのだろう)

関連タグ

シャドウバース
アスタ30分後に放送される同局のアニメの主人公で中の人が同じ。
劉備ユニコーンガンダム:こちらも中の人が同じ熱血系キャラつながり。

ビィ(グラブル):グラブル内の人物にもトカゲ扱いされているのだが、コラボシナリオでのヒイロは、ビィにとっても数少ない理解者というか……。

ローウェン(シャドウバース):原作ゲームにおける同クラス使い。そして、後期オープニングにも姿を見せていたのだが、アニメ版では一番最初に登場することに。

銀氷のドラゴニュート・フィルレイン:元のカードゲーム版に登場するドラゴンクラス。ヒイロとは別タイミングでグラブルに実装され、思わぬ邂逅をすることになった。

天竜ライト続編の主人公で、グラブルへの客演、ドラゴンクラス使いという共通点も持つ。

明日平和別社カードゲーム作品アニメ版の登場人物。彼女もヒイロ同様に「諦めなければ限界はない」という事で、類似ケースと思われる。

関連記事

親記事

シャドウバース(アニメ) しゃどうばーす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「竜ヶ崎ヒイロ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「竜ヶ崎ヒイロ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349766

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました