ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

天竜ライト

てんりゅうらいと

天竜ライトとは、TVアニメ「シャドウバースF」に登場するキャラクター。
目次 [非表示]

CV:上村祐翔


人物

本作の主人公。ある日、謎の男ウルフラム・ゼルガの計らいにより、シャドバプレイヤー養成所「シャドバカレッジ」へと転入した中学2年生。シャドバは初心者で電子機器も苦手。


性格は前作の主人公、竜ヶ崎ヒイロとは対照的に冷静でクールだが非常に天然、そして根は正直で義理堅い。

ただ朝食を食べ損ねたことを理由に堂々と告知した上で授業を抜けてその後に自ら補修授業を申し出る等、少々変わっている

常識にとらわれない性格をしているがゆえに他の部から部員を勧誘する案を出したり唐突に勧誘したりする。

シャドバは運命という行動理論で相手とぶつかりわかろうとしている。勝つよりも分かり合うことを重視したシャドバをする。対戦相手もその熱に焚きつけられ、結果的に本気と本音を出してライトとぶつかり合い、激しいバトルを繰り広げる。

そんなライトの真っ直ぐで型破りな行動が周囲の心を突き動かし、やがてシャドバカレッジを大きく揺るがしていく。


使用デッキ

ドラゴンクラスのデッキであり、『ドラゴウェポン』などでフォロワーを武装フォロワーに強化し、フォロワーを攻撃しつつリーダーも攻める。

武装フォロワーの中には攻撃時効果でリーダーにダメージを与えるものもあり、相手が生半可な守護を並べても気にせず攻め込める。

真っ向勝負をするライトに相応しいデッキだが、少々決め手に欠けている。


切り札は攻撃時にPPを回復しつつ、場にドラゴウェポンが無ければ生成する突進持ちフォロワー『レーヴァテインドラゴン』

デジフレの『ナックルドラゴン・ドラグニル』もフォロワーとしてデッキにはいっている。

シャドバ部対抗戦からは、切札のレーヴァテインドラゴンの真の力であるタイプチェンジを使うようになっていく。

相手のフォロワーを一掃しつつ自身の陣営を強化するアタックモード

守りを固めながら体制を整えるディフェンスモード

今まで破壊された武装フォロワーの数に応じて盤面を詰めていくブラストモード

状況に応じてこれらのモードを使いこなしている。

ワールドグランプリ編からは、レーヴァテインの更なる可能性を引きたすカードデュアルレイジを採用している。


活躍

これが俺の名案だ

ライトの初戦にしてはじめてのシャドウバース。

彼の名案(?)でシックスマジックの美鬼シノブをセブンスフレイムの部員にしようと考えていた。

ライトが勝てばシノブはその約束を受け入れる。

しかし、はじめてのライトには苦戦を強いられるバトルであり、あえなく敗北。

だが、彼女は謎のデジタルアバター「ジェントルマン」のアドバイスを受けており、シノブを部員にすることは出来なかったが、次にジェントルマンに勝負を申し込む。


レディー&ジェントルマン!

シノブに敗北してからすぐに2戦目のシャドバ。

裏の部長であるジェントルマンとバトルする。

シノブの敗北の理由を思い出し、手札にあった「竜の闘気」の効果に懸けた。

ドローした大嵐のドラゴンを武装し見事勝利。

ジェントルマンの心を溶かし彼をセブンスフレイムの部員に引き入れる。


アンタに理解されたくない…

セブンスフレイムの最後のメンバーを懸けた小鳥遊ツバサとの戦い。

イラつかせていたツバサだがそれでもライトは分かり合いたいと思い続けた。

ツバサの猛攻と防御に圧倒されるがライトはめげずに立ち向かい

ツバサの暗い感情ごとライフを削りきる。

輝きを取りもしたツバサをセブンスフレイムに迎える。


シャドバ部対抗戦決勝戦

シャドバ部対抗戦の決勝…相手はかつて敗北したハルマ。

そして、彼の想いを知ったことで新たなる力を覚醒。そして見事勝利を掴む。また、展開もかつてハルマに負けた時とは、逆のシチュエーションであり、以前ハルマに負けた時はライトの手札がゼロだったのに対し、今回はハルマの手札が0になっている。

以降は彼に対して少々仲間意識を寄せており、優勝賞品である日帰りリゾートに誘ってる。(ただし、断られた)

開幕ワールドグランプリ

かつてのハルマのように白銀ミカドに何度も挑んだが、徹底的に倒され連戦に次ぐ連戦の影響で倒れてしまった。それから数日後始まったワールドグランプリにセブンスフレイムの仲間たちと共に挑んでいく中で新たな切札『デュアルレイジ』を手に入れ再びミカドにリベンジをするが、またしても負けてしまった。そして最終日仲間達もラストチャンスを掴むため上位勢と戦っていく中、ライトはミカドと決着をつけるために予選出場をかけたラストチャンスとして、ミカドに挑む。ミカドも本気で潰すために、その勝負に応じ互いの信念と、セブン・シャドウズへの挑戦権をかけた最後の戦いが始まった。

あと一歩まで追い詰めるが、本性をむき出しにしたミカドは、焦ってレーヴァテインドラゴンモードαのラストワードの発動を許してしまい敗北回避でミカドの切札カオティック・エンジェルの猛攻を凌いだ後返しのターンにレーヴァテインドラゴンでトドメをさしてリベンジを果たすことに成功。

グランブルーファンタジー

後述の関連タグにもあるとおり、グラブルのエイプリルフールイベントで唐突な登場を果たした。


そこでは、とあるデジフレに案内されてたどり着いたのがグラブルの世界だったというらしいが…。


何としても偉い人に対して、ケジメを付けさせるためというのもあってかオイラから情報を求められるものの義理堅い性格ゆえに情報提供を拒否、まさかのシャドバでバトルという展開になった。


その後、アニメよりも先に行われたバトルでは劣勢になっていたものの、ローウェンの登場でバトルは中断される方向となる。


最終的には3人(?)と共に旅に同行し、彼をこの世界へ連れてきたデジフレらしき存在との激闘の末、無事に元の世界へ戻る事が出来た。


本家シャドバ

2022年4月30日からシャドウバースFのパズルキャンペーンが実施され、全パズルクリアでライトのリーダースキンを入手できるようになる。


関連タグ

シャドウバースF 初心者


エイプリルフールイベント(グラブル):まさかのシャドバ枠で客演することに。完全に番宣枠ともいえるかもしれないが…。4月2日午前0時の更新だったこともあり、衝撃を受けた騎空士はいた模様。


ローウェン(シャドウバース):ドラゴンフォロワー使い。上述のグラブルのイベントで邂逅を果たしている。


ペコリーヌ:上述のグラブルのイベントで邂逅したが、元の登場作品は違う。一応、シャドバにおいても(リーダースキンなどで)登場はしている。


蔵部照人:中の人が同じカードゲームアニメの主人公。


ユウディアス・ベルギャー同期スタートの初心者つながり。こちらはデジタルカードではないリアルカードのデュエルになるが、パック未開封でデュエルを行おうとする描写があり、カードゲームの知識量という意味では近似値かもしれない。





























シャドウバースFの最新話ネタバレに注意。


セブンシャドウズとの戦いは4勝4敗で最後のバトルを迎えることになった。

そして竜ヶ崎ヒイロとの最後のバトルに挑む。双剣の竜人で世界に一枚しかないデュアルレイジを複製してみせた。

関連記事

親記事

セブンスフレイム せぶんすふれいむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232787

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました