ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「家族を守るために!」
「竜さえ屠る、俺の一撃…受けてみろ!」
クラス:ドラゴン
CV:杉田智和

概要

王国軍の騎士団長として、人々を守るために戦う勇敢な戦士。
現在は竜狩り部隊の隊長として、竜の撃退を主な任務としている。
とある任務の最中に起こった事故が、彼の運命を大きく変えていくこととなる。
―――公式サイトより

Shadowverseに登場する八人の主人公の一人。
フルネームはローウェン・ドラグスピア。王国軍の騎士団長の戦士。

クラス:ドラゴン

ローウェンが使用する「ドラゴン」クラスは、その名の通りのドラゴニュートなどの竜人、竜騎士などのほかに、バジリスクなどの爬虫類モンスター、グリフォン不死鳥などの(神・悪魔と関係が薄い)幻獣、または海の生き物モチーフのカードが多い。

対戦上の特徴としては、高コストの強力なカードの多さや、最大PPが7以上になることで発動できる「覚醒」という固有能力を持つため、中盤以降の爆発力が大きい。それをサポートする「PP最大値を+1」(通称ランプもしくはPPブースト)できるカードが多く存在する事も特徴の一つ。それによって相手よりも高コストのカードを先に使用できるため、ダイナミックな戦術を得意とするデッキが多い。
またカードプールによっては、PPブーストからの大型フォロワーというイメージを覆す、小~中型フォロワーによる前のめりな展開が得意なデッキが登場する事もある。

人物

作中に登場する王国軍の元騎士団長である男性。ある事情により、自ら軍を退き人里離れた山奥に隠遁していた。

公式サイトの紹介文にもある通り勇敢で心優しい性格の持ち主。だが、その優しさ故に彼は過去に起きたある出来事を払拭することができず、苛まれ続けている。
本来は心身共に強い人物ではあるが、第一部に相当する「災いの樹編」における彼のストーリーは、過去におきたトラウマが根底にあるため、本編では立場に対して気弱な面が目立ってしまっている。
後のストーリーではそんなトラウマをある程度克服し、仲間と共に強大な敵へ立ち向かう姿も見せるようになった。詳細は後述。

カード

誓いの一撃

第6弾カードパック「星神の伝説」において、リーダーキャラであるローウェンがイラストに描かれたカードとして誓いの一撃が他リーダーに先駆けて登場した。
今でこそこういった類のカードは多数登場しているが、当時としては非常に珍しいメインストーリーに関連するカードであった。

カード名誓いの一撃
種類スペル
クラスドラゴン
レアリティゴールド
コスト3
能力相手のフォロワー1体に「自分の他の手札のドラゴン・カードの枚数」と同じダメージ。
エンハンス 7;カードを2枚引く。「自分の他の手札のドラゴン・カードの枚数」と同じダメージではなく、その2倍のダメージを与える。
CV杉田智和
収録セット星神の伝説
※エンハンス…本来のコストの代わりに、記載の数値分のPPを支払うことで発動する能力。

手札の枚数に応じた除去効果を発揮できるスペル。エンハンスを使えばカードをドローすることもできる。
また、当時開催されていたFate/HFコラボカードとして、ローウェンではなくセイバー描かれたバージョンも登場している。ボイスももちろんセイバーのものである。

ローウェンの咆哮

第16弾カードパック「ナテラ崩壊」では、ドラゴニックレイジというカードにローウェンが描かれている他、当カードのトークンとしてローウェンの咆哮が登場している。

竜槍の戦士・ローウェン

第21弾カードパック「リナセント・クロニクル」のアディショナルカードでは、Shadowverseのデフォルトリーダー8人が遂にカードとして登場した。

カード名竜槍の戦士・ローウェン
種類フォロワー
クラスドラゴン
レアリティレジェンド
コスト3
進化前攻撃力:3 体力:2
能力突進
(変更前)ファンファーレ 自分の手札に黒龍の呪いがないなら、1枚を手札に加える。
(変更後)ファンファーレ 黒龍の呪い1枚を手札に加える。
エンハンス 5; 竜殺しの槍1つを出す。
進化後攻撃力:5 体力:4
能力進化前と同じ能力。(ファンファーレ 能力を除く)
CV杉田智和
収録セットリナセント・クロニクル
※突進…場に出たターンでもフォロワーを攻撃できる能力。
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。
※エンハンス…本来のコストの代わりに、記載の数値分のPPを支払うことで発動する能力。

ドラゴンクラスの特色の一つである「覚醒」に視野を当てたフォロワー。
本体は3コスト3/2の標準的な突進フォロワーだが、ファンファーレで黒龍の呪いという専用のトークンスペルを手札に加える。

黒龍の呪いは覚醒状態でない場合自分のリーダーに1ダメージを与えるデメリットを持っているが、覚醒状態なら逆に相手リーダーか相手フォロワー(ランダム)に2ダメージを与える事ができる。
エンハンス5で出せる竜殺しの槍は与えるダメージを+1する能力を持っているため、黒龍の呪いと組み合わせ、相手フォロワーを常に全処理し続ける事で毎ターン相手のリーダーにダメージを蓄積させる事が可能である。

なお、当初黒龍の呪いは1枚しか手札に加える事ができず、黒龍の呪いの相手へのダメージ能力も「自分のPP最大値が10」と現在よりも厳しい条件だった。そのため2021年10月28日に行われたメンテナンスにて、現在の能力へ上方修正されたという経緯を持つ。
また、突進能力を持っているためか、今回実装されたデフォルトリーダーのカードの中でローウェンは唯一進化時能力を持っていない。

ストーリー外だと

そんなローウェンだが、メインストーリー以外では一転してネタキャラとしての扱いを受けることがほとんど。

担当声優が杉田智和である部分が大きく、特に初期の頃はローウェンのことをドラゴン杉田と呼ぶユーザーが多数だった。現在は省略して単に杉田と呼ばれることも多い。
バトル中で発するセリフにも人気のあるものが多く、エモート機能のセリフ「助かる」「なんだって!?」、リタイアを選んだ際の「お前に負けるなら悔いはないさ…!」LINEの公式スタンプ(ボイス付き)にも使用された。

どすこーい!


また、ベルエンジェルと共にTVCMにも出演。
…したものの役割は、ローウェン側が圧倒的に優位な盤面にも関わらず相手の進化したベルエンジェルによって2点ダメージを食らい敗北、上記の「お前に負けるなら悔いはないさ…!」のセリフと共に爆発四散するという散々な扱いである。公式側も少なからず彼のことをネタキャラとして認識していると思われる。
CMの内容に関しては下記関連動画も参照。


2020年12月より開催された4大100万円キャンペーンにもイメージキャラとして起用された。
CM(下記動画参照)内では「なんだって!?」、称賛エモートの「なかなかやるな」、「助かる」のボイスに続き、ゲーム内では発しない「めっちゃ助かるぅ~!」というセリフがオチとして登場した。ここまで来るとまんま杉田な声である。

さらにShadowverseの5周年イベント「5th Anniversary」における100万円キャンペーン(特設サイト)でもローウェンがピックアップされ、キャンペーンの内容に涙を流しながら喜ぶローウェンの姿が描かれている。

2021年12月27日から開催された今年は1000万円キャンペーンでは、公式番組「マヂカルシャドウバース」にマヂカルラブリーの二人が出演している関係で、ローウェンに扮した野田クリスタルがイメージキャラクターとして起用された。

2022年3月にはウマ娘プリティーダービーコラボのコラボCMで配信部屋(?)で配信していたところにゴールドシップが乱入、まさかの展開となるだけではなく、4月2日には過去にシャドバのコラボイベントを実施したグランブルーファンタジーエイプリルフールイベントにもシャドバ枠として呼ばれた。
(エイプリルフールイベントでシャドバ枠から呼ばれたのはもう一人いる)

上述のグラブルのエイプリルフールイベントでは最後に登場。ここで、予想外にも天竜ライトとも邂逅を果たす。そして、彼らは無敵の要塞へと向かう。

Follow Your Fantasy

2021年12月17日に公開されたコーポレートアニメーションムービー『Follow Your Fantasy』では、Shadowverse枠でローウェンが出演した。TVアニメ版シャドウバースで共演(後述)した同じドラゴンクラス使いの竜ヶ崎ヒイロとも再び共演している。

関連動画

シャドウバース CM ベルエンジェル編


4大100万円キャンペーンCM


5周年記念CM① ローウェンTV実況篇


CM 「今年は1000万だ」篇


関連イラスト

黒龍化
ローウェンおにいさん



関連タグ

Cygames ShadowverseShadowverseの登場人物一覧
ドラゴン ドラゴンスレイヤー

坂田銀時:中の人つながりなのだが、銀魂グラブルコラボ参戦する事になった際、さりげなくグラブルの事をカードゲームと思っているような発言が次回予告であった。明らかにShadowverseの事である。なお、グラブルは過去にTCG化した事があった。

メインストーリーでの活躍

以下、メインストーリーのネタバレ注意








































災いの樹編
トラウマとなっているのは、討伐した邪龍の呪いの為にローウェンの仲間である「カイル」を自ら殺めてしまったこと、また彼がローウェンの旧知の仲であるイザベルの婚約者であったこと。
誰かを守ろうとすることを引き金に邪龍の力に飲み込まれ、周囲を暴れるがまま殺戮してしまうという非常に悪辣な呪いを受けており、隠遁生活を送ったのも家族を含む他者をこれ以上殺さないためであった。

婚約者を手に掛けてしまったことを隠していたが、ストーリーが進むうちにそれをイザベルへ告白する。死での償いも覚悟し、イザベルもそれを求めかけるが、二人は生きて償う道を選んだ。


ギルド騒乱編
「管理者ネクサス」を追うために、別世界「イズニア国」へと降り立ったローウェン。
新たな世界でもローウェンは呪いの力に対し迷いの気持ちがあったが、イズニアで出会ったニコラ・アデルや、ユリアス・フォルモンドとの再会の折に貰った助言を元に呪いの力を操る術を身につけはじめ、過酷な運命から逃げずに戦う気構えを取り戻していくようになった。

そして紆余曲折を経てイズニア国の戦争の原因であったメイシアを仲間達と協力して打ち倒すと、異世界からテトラを名乗る女性が現れ、出身地である「アイアロン」を助けてほしいとお願いされる。一行は彼女の頼みを引き受け、アイアロンへと世界移動をしたものの…。


機械反乱編
この章では「管理者ネルヴァ」の妨害によりナテラに飛ばされているため、ローウェンは登場しない。


自然鎮魂編
本来であれば「アイアロン」という世界へと移動するはずが、ネルヴァの妨害によって「ナテラ」という別の世界へと送られてしまう。
森の国ナテラでは「穏健派《スコル》」と「過激派《マーナガルム》」という二勢力による争いが起きていた。その地へ降り立ったローウェンは、過激派《マーナガルム》の長ヴァイディや教官役の女性ジーナと出会い、ヴァイディが持つ呪いの力やジーナが妹を喪ったという過去の話を聞き、ローウェンも自身が持つ贖罪や呪いとの向き合い方を深めていく。

「最終章」では「穏健派《スコル》」と「過激派《マーナガルム》」の二勢力による抗争が本格化し、その戦争へ巻き込まれる事になる。やがてその争いの原因である「母なる君」は望んで世界を穢してるわけではない事を、ナテラの記録を辿る事で得たイリスの口から知った一行は、母なる君を止める事を決断する。
そしてアリサエリカらの活躍によって母なる君の浄化に成功、争いは終わったかのように思えたが…。


天地侵略編
はぐれた仲間を探すために再び次元を越えようとした所で、アイアロンの首魁であるベルフォメットが突如としてナテラへ出現。ナテラの世界の侵略を始めた。
ベルフォメットが操る触手や機械歩兵に苦戦するも退けた一行だが、そこへベルフォメットがアイアロンから女神《エリネイス》と呼ばれる三つの強大を機械を呼び寄せる。女神《エリネイス》の一つ憤怒のメガイラと交戦するローヴァンとヴァイディだったが、ローウェンは呪いの力を超え全てを守る決意を示し、自ら体を黒龍へと変化させメガイラに立ち向かった。この時、立ち絵も新しい物へと変わっている。

その後も母なる君を喰らったベルフォメットの強大な力には苦戦したが、アイアロンから他の仲間達が次元を越えて合流を果たし、最終的には勝利を収めることに成功した。
そしてナテラでの戦いが終わると、ネルヴァを追う為に今度こそ新たな次元へと旅立った、ものの…。


以降の章
以降のストーリーである「運命相克編」からは新リーダーが主軸となるストーリーであり、その世界の舞台である「レヴィール」にはアリサのみが降り立っているため、アリサ以外の7人は現状ここで出番が止まっている。
「時空流転編」のアリサのセリフによると、次元を越える内に段々と仲間達とはぐれてしまったようだが…。


アニメ版「シャドウバース」では

以下、メディアミックス版のネタバレを含みます
















とある場所へたどり着いた竜ヶ崎ヒイロ、その彼に語り掛ける謎の声…。それこそ、実はローウェンだったのである。最終的に彼はヒイロにある力を託すことに…。
アニメ版後半クールではオープニングのラストシーンで原作版のメインメンバーが姿を見せているため、何らかの形で出ることは示唆されていたのだが…。

ちなみに、初登場時の段階のエンディングでは配役不明(杉田智和のクレジットがあるのみ)だったが、実は思わぬ場所でネタバレされたという。
その翌週には、ようやく登場人物を含めてネタバレは解禁された。

現実世界での出番はここまでなのだが……。



ヒイロが夢の世界(偽りの現実世界ともいえる)から目覚めると、そこには槍を目の前に突きつけたローウェンの姿があった。そう、ローウェンの出番はまだ続いていたのだ。

関連記事

親記事

Shadowverseの登場人物一覧 しゃどうばーすのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ローウェン(シャドウバース)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ローウェン(シャドウバース)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 288667

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました