ピクシブ百科事典

ユリアス(シャドウバース)

ゆりあす

ユリアスとは、Cygames製作のゲーム『Shadowverse』の主要登場キャラクター八人の内の一人である。
目次[非表示]

「退屈させてくれるなよ」
「私を楽しませてくれたまえ!」
クラス:ヴァンパイア
CV:諏訪部順一

概要

最強の種族、ヴァンパイアの最後の一人。
かつて、より強い相手を求めて各地を荒らしまわっていたユリアスは、当時のアレスター国王、バルタザールによって封印された。
しかし、何者かによって封印を解かれたユリアスは、バルタザールとの再戦を望み、活動を開始する。
―――公式サイトより


Shadowverseに登場する八人の主人公の一人。
フルネームはユリアス・フォルモンド
強靭な肉体と永き寿命を持つヴァンパイア族最後の人物。

彼が扱うクラス「ヴァンパイア」は、自リーダーの体力が10以下になることで強力な能力を発動できる「復讐」が特徴。
そのため自リーダーの体力を自ら削ったり、少なくなりすぎた時用の体力回復カードが多く存在する。
特に体力を削るデメリットの補償としての得られるメリット、敗北の危機にぐっと近づく条件を要する復讐のメリット効果はどちらもその分だけ強力なものになり非常にピーキーで、一方的な試合ができるときとあっさり負けるときが両極端になり、また環境で大暴れする時期と大凹みする時期も両極端になりがちである。
カードのモチーフはヴァンパイアや眷属の蝙蝠のほか、悪魔、サキュバス、魔獣、処刑人やアウトローなどが用いられている。

容姿

筋骨隆々の体を持つ男性。
過去の時代を生きていたことを想起させる中世的なスーツ、白髪に近い髪と赤く光る瞳から人間ざる印象を与えられる。
服の胸元が空いており、見る人によってはセクシーな雰囲気を感じるかもしれない。

ストーリーでは

メインストーリーでは、封印されていた最後のヴァンパイアという立場を用いた強大な存在として描かれている。かつて己を封印したほどの実力を持つバルタザールとの再戦を渇望しており、第1章にて何らかの原因によって封印が解かれて以降は同格の強い者との戦いを求め各地を転々としている。

なおバルタザールは、かつて存命していた何代も前の国王であり、そこから数百年は経ったであろう本編では、あくまで人間である彼は当たり前だが既に故人である。
ユリアス本人もそれ受け入れており、それ故に再戦は叶わぬ望みであることを憂えている。
余談だが、同じく主人公の一人であるイザベルも故人との再会を望んでいるが、彼女は諦めず死の摂理に抗っているというユリアスとは対比的な人物としても描かれている。

色々と癖が多いシャドウバースの主人公キャラの中では一際冷静な判断力も併せ持っており、王道の主人公らしい性格であるアリサと並び本編中の常識人である…戦闘狂である事を除けば。

ユリアスは戦闘狂であり、作中にて夢の世界において強さを増していくまやかしのバルタザールとの戦いを楽しんでいたり、強くなっていくを見て将来バルタザールを超えるだろうと希望を持っていたり、黒竜と化したローウェンと戦おうとする事等からそれを窺える。

関連イラスト

私を楽しませてくれたまえ!
ヴァンピィちゃんとユリおじ



関連タグ

Cygames ShadowverseShadowverseの登場人物一覧
ヴァンパイア 吸血鬼

以下ネタバレ
















































ストーリーを進めていく事で見れるユリアスの回想から「過去に同族であったヴァンパイア達を自ら滅ぼしていった」事が明らかとなる。
意思を持たずただ血を啜り続けていた同族を見てユリアスは同族嫌悪を抱き、同族の事を「血袋」と軽蔑して滅ぼし、結果としてヴァンパイアの最後の一人となった。
以降も、戦闘力は強くとも黒幕に操られるだけの傀儡は全て意思なきものと切り捨て、逆に未熟であろうと強い意志を持つ者を尊重している姿も見せている。
第二部にあたるギルド騒乱編でも強者を探し求め、ちょっかいをかけるように戦いを挑んでいる。そんな中で、ローウェンにアドバイスをする、一般市民の少女に懐かれるなど、戦闘狂以外の面も覗かせていた。

関連記事

親記事

Shadowverseの登場人物一覧 しゃどうばーすのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリアス(シャドウバース)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175987

コメント