ピクシブ百科事典

ルナ(シャドウバース)

るな

ルナとは、Cygames製作のゲーム『Shadowverse』の主要登場キャラクター八人の内の一人である。
目次[非表示]

「パパ、ママ、ルナを守ってね」
「ルナのお友達になってくれる?」
クラス:ネクロマンサー
CV:小倉唯

概要

暗い森の奥に建つ屋敷で、ひっそりと暮らす少女。
幽霊屋敷と恐れられ、誰も近づかないような屋敷だが、ルナは幸せそうな表情を浮かべながら、久しぶりの外出に期待を膨らませていた。
―――公式サイトより

Shadowverseに登場する八人の主人公の一人。
可憐な容姿でありながらどこか寂しげな雰囲気を持つ令嬢

過去に起きた事件で両親を亡くしているが、その時に両親の魂を現世に繋ぎ止める死霊術を得て、以降後述する歪んだ価値観を持つようになった。

彼女をリーダーとするクラス「ネクロマンサー」は、使用済みのカードが溜まっていく場所「墓場」のカードを消費する「ネクロマンス」能力を駆使して戦う。
その補佐として墓場を直接増やすカードや、フォロワーが破壊された時に発動する能力、味方フォロワーを犠牲にして発動する能力が多く、生死を操るネクロマンサーのイメージによく則った戦い方をできる。

容姿

ピンク寄りの金髪をしており、前髪は姫カットで後ろ髪はお団子状に束ねて耳のような髪留めでまとめて、一部はツインテールのように靡かせるという髪型をしている。
服装としてゴスロリのドレスを纏い、常にネズミのような人形を抱えている。

性格

見た目相応に子供らしい無邪気で明るい性格だが、若干人見知りの気がある。
その為「お友達」を作ろうと他の人に話しかける際にも少し躊躇してしまい『パパ』と『ママ』に後押しされる事がある。

先述した両親を亡くした事件のために考え方が歪んでしまっていて、『殺した(死んだ)相手とはずっと一緒に居られる』という考えを持っていた。早い話、お友達を作る=他の人を殺すという事である。

ただし無差別ではなく、あくまでルナが「お友達」になりたいと思った者にのみ殺しにかかる。
両親の事も死んでしまった事によって逆に今でも一緒に過ごしてると思い込んでいた。

ストーリーが進むとそのような狂気的行動は取らなくなる。
詳細は後述するネタバレを見るか、実際にこの目で確かめてもらいたい。

ストーリーでは

ストーリーの序盤である『災いの樹編』では、歪な死生観を持つ狂気的な少女として描かれている。

他のキャラクターとの掛け合いから『パパ』と『ママ』の声は他者には聞こえず、本当に聴こえているのか幻聴なのかも定かではない。
また、ユリアスに『パパ』と『ママ』を「ソレ」扱いされた時は嫌悪感を示しており、ユリアスはそんなルナの事を「心が壊れている」と称していた。
これには両親が死去した事が関係している。
狂気的なキャラクターであるもののストーリーが進行して行くにつれて正常な状態へと戻って行き…

余談

  • ルナの台詞はローウェンと同じく人気が高いものが多く、対戦内のエモート機能の台詞「すごいすごい!」や冒頭にも記した「ルナのお友達になってくれる?」は、LINEの公式スタンプ(ボイス付き)にも使用されている。
    • 他に有名な台詞は、メインストーリーにてアリサに対して発言した「殺すね!」など。
    シャドバのアニメ版では中の人がエンディングテーマを担当するだけでなく、ネクロマンサー使いのプレイヤー黒羽アリスを担当。メタ的な意味でも共通要素が存在する。それだけでなく、後半クールの新OPではルナ自身もオープニングに登場した。


しゃどばすチャンネル

制服ルナちゃん
シャドバ落書きまとめ2


WEBラジオ「しゃどばすチャンネル」ではゲーム本編では見られない制服ブレザー)姿のルナが出演。
ルナとお友達になりたいパーソナリティ3人が、お友達になってもらうべくゲストの小倉唯氏に巧みな言葉を使って声をかけ反応を楽しむ、といった内容の企画にて登場し、ハグや脱ぎたてホカホカの黒タイツなどの要求をされた。

グランブルーファンタジー

同じくCygamesが展開しているグランブルーファンタジーとShadowverseのコラボイベント「Shadowverse Duelist of Eternity」にてプレイアブルキャラクターとして登場。
イベントトレジャーを収集することで仲間になる。

奥義アビリティサポートアビリティ
ファントムハウルソウルコンバーション ロストハート デスコラプションネクロマンス/ロード・アトミ

ネクロマンサーの「味方を破壊してアドを取る」特徴が再現されており、グラブルでも初の味方を戦闘不能にするアビリティを所持している。
それによって自分のステータスを上昇させ、攻撃アビリティを解禁していくのが基本戦術。
他属性からサポートキャラクターを出張させつつ、用が済んだら謀殺・・・等の使い方も外道だが有効である。

性能だけでなく演出も再現されており、3アビや奥義ではネクロマンサーのフォロワーが出現するようになっている。
特に奥義は

ファントムハウルで敵を攻撃

余ったゴーストをコストに骸の王を召喚

骸の王の一撃で〆

とシャドウバースでも使われるコンボをほぼ完ぺきに再現している。
原作をプレイしている人ならニヤリとするだろう。

また、アーカルムの転世におけるデス戦では1アビで防御力を下げられるので光属性にルナを組み合わせた専用のパーティが組まれる事もある。
ちなみに召喚石のデスとの相性は非常に高い。

プリンセスコネクト!Re:Dive

同じくCygamesが展開しているプリンセスコネクト!Re:Diveにおいても、コラボキャラとして登場することが告知され、その後2019年10月31日に実装された。
Shadowverseからのコラボキャラクターはアリサに続き2人目。

そのアリサとも公式の4コマまんが「ぷりこねっ!りだいぶ」の139話にて共演した。

キャラストーリーの4話・8話における現実世界の話では上記しゃばすチャネルのブレザー姿で登場する。ランドセル姿とおにいちゃん呼びで多数のロリコ…騎士クンをノックアウトした。

プロフィール

年齢非公開
身長142cm
体重28kg
誕生日非公開
血液型非公開
種族ヒューマン
ギルド未所属
趣味「おともだち」を探すこと
CV小倉唯


スキル

ユニオンバーストファントムハウル敵単体に魔法中ダメージ(おともだちを消費でダメージ増加)
スキルソウルコンバージョン最も残りHPが高い味方1体に魔法中ダメージ+TPを中回復+おともだちが1人増加
スキルソウルコンバージョン+↑に加え魔法攻撃力を小アップ+魔法クリティカルを大アップ+自分のTPを小回復
消えぬ怨恨敵単体に魔法中ダメージ(おともだちを2体消費すると代わりに魔法大ダメージ)
EXスキルおともだちになってくれる?魔法攻撃力中アップ
おともだちになってくれる?+魔法攻撃力大アップ


キャラステータス

【魔法】
後衛で、死霊術でおともだちを作る可憐な少女。
ルナがダメージを与える度に集まってくるおともだちを、各スキルで消費する。消費数に応じ強大な力を発揮する。

TP支援を備えた魔法アタッカーとして参戦。配置は後衛の魔法アタッカーの中でも後ろより。

スキル1の「ソウルコンバージョン」を使う度に1体「おともだち」が増え、そのおともだちを消費することでスキル2やユニオンバースト(必殺技)の効果をアップさせることができる。イメージとしてはルゥのオメメちゃんに近いか。

TP支援の回復量がLV148時点で500超え(最大値の半分)と、2019年11月時点では同じTP支援キャラの中でも最大の数値を誇る。サレンユキでも400台なので、この回復量はかなり強力である。TP上昇の高いキャラであれば一発で最大値に達してしまう。
ダメージを与える効果は一見するとデメリットだが、プリコネRにはダメージを受けた際にTPが回復する仕様があるので、支援の面で見ればむしろメリットである。
なお参照する残りHPの高さは数値ではなく割合である。最初の発動は2ターン目なので、大抵3~5番目の被弾していない後列キャラが選ばれる(全員最大値の場合は4番目)。

アリーナではTP回復のギミック要員として、クランバトルではTP支援と火力を両立できるキャラとして活躍できる。

弱点は極めて低いHPと物防で、ちょっとした攻撃でもすぐに落ちてしまう。
クエストのボス戦などに投入する場合は才能開花による強化は必須。

2020年10月10日には専用装備として『ルナのおともだち』が実装された。
これにより「ソウルコンバージョン」に魔法攻撃力アップと魔法クリティカルアップバフが追加されルナ自身もTPが上昇するようになった。
ただ専用装備のレベルを上げると自分の魔法攻撃力を上げてしまい自分の味方をクリティカルで殺してしまうリスクも伴うのでレベルは上げないほうが無難かもしれない。

メモリーピースはハードクエスト35-3で集めることが可能。

ワールドフリッパー

グラブル、プリコネRに続き同様にCygamesが展開するゲームアプリワールドフリッパーにも、
恒常★4キャラクターとして登場。
実装日は2020年5月31日(ハーフアニバーサリーイベント)
コピーも含めたキャラクター名は「幼き死霊術師 ルナ
プリコネRと同様、Shadowverseからの客演はアリサに続いて二人目となる。

本作では「味方のHPを消費して攻撃する」「味方が復活する度にパワーアップする」などの形で
従来の能力が再現されている他、
彼女の両親の亡霊は勿論、勝利時などに「骸の王」が登場するといった演出が、
本作の特徴である2Dドット絵アニメで表現されている。
キャタクターの入手・強化で閲覧が解禁される個別エピソードでは、
「ワールドフリッパー」の世界に迷い込んでしまった際の様子や、
主人公アルクたちが彼女の歪んだ知識や感覚に戸惑いながらも、
成長を見守っていこうとする短編ストーリーが描かれる。

同アプリ内で閲覧できるマンガ「わーふりワールド」では、
88話にてルナの紹介エピソードが配信された。

https://twitter.com/world_flipper/status/1269841604900093952

プロフィール

スタンスアタッカー
種族人 / 不死
性別女性
CV小倉唯
紹介文遠い世界から来た、死者を使役するネクロマンサーの少女。死んだ筈の両親を引き連れ、歪んだ認識のまま世界をさ迷っていた。


実装時の公式Twitterアカウントによる告知
https://twitter.com/world_flipper/status/1265116967091879936

関連イラスト

ルナちゃん
ルナちゃん



関連タグ

Cygames ShadowverseShadowverseの登場人物一覧
ネクロマンサー

キョウカ(プリコネ)…コラボすることになったプリコネRにおけるCV小倉唯氏のキャラクター。



















以下からメインストーリーのネタバレ























災いの樹編

ストーリーの進行に伴って他の主人公共々ネクサスが生み出した夢の中へと閉じ込められる。
夢の中では死んだ筈の両親が登場して嬉々とする。
だがこの両親はネクサスが生み出したまやかしであり、本物では無い。
其処からは両親と幸せな時間を送るのだが、突如として盗賊が現れる。
然し盗賊を死霊術の力によって殺し易々と退ける。

そこからはその流れがループする形起こり続け、盗賊を何回も殺し続ける。
こうなるのはルナが強盗に対し憎悪を抱いているからである。

ルナの両親が死亡したのは過去にこの盗賊によって盗みに入られ、ルナを守ろうと両親が盗賊の前に立ち塞がるのだが、無慈悲にも殺されてしまう。
その流れをルナが目撃した事で両親が死んだと言う現実を受け止める事が出来ず、さらに偶然にもその悲しみによって死霊術としての才能に覚醒してしまう。
覚醒したルナによって盗賊は葬られる事になり、其処までがルナが狂ってしまった原因の過去である。

まやかしの両親に盗賊を殺し続けるよう言われ、喜悦した様子でそれを行ない続けるのだが、突如として魂だけの状態となってしまっている本物の両親がまやかしに攻撃を行い消し去ってしまう。
愕然としたルナであるが其処にイリスが現れ、今起こった事や両親が死んでしまっている現実を非常に憐れむ様子でルナに説明する。

それによって両親が死んでいる現実に気が付き、死が永遠の別れであると認識を正すのだが、同時に両親の魂を現世に縛り付け、あまつさえ苦しめてしまっていることも発覚する。
『パパ』と『ママ』とは確かに一緒にはいたのだが、その中身は、必ずしもルナが思い描いていた和気あいあいとしたものとは限らなかった。
改めて突きつけられた両親の死と、大好きな両親を今なお自ら苦しめている罪悪感に向き合わされる。

ギルド争乱編

第二部にあたるストーリー『ギルド争乱編』では、その贖罪と両親の魂の開放を目標としながら、寂しがりやでありながらもその分人一倍人の死を哀しみ、死地に赴こうとする本来の意味での『お友達』となったニコラ(CV:逢坂良太)を心配する心優しい姿を見せるようになる。

「一緒に行くか?」



機械反乱編

第三部にあたるストーリー『機械反乱編』では、「心」を持つ機械の少女であるエンネア(CV:水瀬いのり)と邂逅。
お互いに人見知りな性格だったため当初は気まずい雰囲気だったが、ルナの方から歩み寄ったことでエンネアもルナに対して心を開くようになり、彼女ともまた『お友達』になる。
その後もエンネアと一緒にダンスパーティーのごっこ遊びなどで彼女と楽しい時間を過ごすが…。

ジェネレイトナイン     



成長

ストーリー序盤での彼女は狂っていたものの、両親が死んだという現実に気づいてそれを受け止めた後は、一般的な女の子の感性を見せる。
其処からの彼女の性格は普通の子供と言った感じであり、ニコラやエンネアといった登場人物たちと触れ合い、時には戦いの過酷さを味わっていく事で精神的な成長をしていく。
その為、現在では癖の多い主人公達の中では最も健常者と言う声が多くなった。
真面な登場人物が少ないこのゲームの中では珍しいものであろう。
今後の彼女の成長に期待したい所である。



























これより先はメディアミックス版のネタバレ注意

















アニメ版後期オープニングに登場し、中の人が黒羽アリスと同じという事もあり、将来的に邂逅する可能性が……と思われた矢先、まさかのローウェンの次(2番目)に登場するとは予想できなかったに違いない。

キャストクレジットに関しては、アリスとルナは別枠となっていた。これは元ゲーム版のメンバーがキャスト下段にクレジットされていたため、それに合わせた仕様と思われる。

関連記事

親記事

Shadowverseの登場人物一覧 しゃどうばーすのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルナ(シャドウバース)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6708911

コメント