2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私だって、戦えるんだから!」
「私の矢があなたを貫く!」
クラス:エルフ
CV:優木かな

概要

森の守護者、"森番"として一人前になるために日々修行に励むエルフ。
相棒であり、親友でもあるロザリアのことを家族のように慕っている。
ある日、ロザリアと一緒に森で修業しているところを謎の怪物に襲われてしまう。
―――公式サイトより

Shadowverseに登場する八人の主人公の一人。その中でも同ゲームの看板キャラと言える立ち位置である。
「森番」という役職を目指すエルフの少女。

チュートリアルのストーリーは彼女のストーリーの前日譚のような扱いになっている。
その際は彼女の親友であるロザリアを使用して戦うことになる(クラスはもちろんエルフ)。

クラス:エルフ

アリサが使用する「エルフ」クラスは、その名の通りエルフの他、妖精や植物、森に住まう動物や狩人といったモチーフのカードが多い。
詳細はエルフ(シャドウバース)を参照。

容姿

金髪ロングでエルフ耳、という昔ながらのエルフのイメージ通りの姿をしている。
瞳の色は緑であり、赤いリボンが印象的。
ユーザーからは貧乳とされる場合もあるが、よく見ると胸はそれなりに膨らんでいる(仲間が規格外なのが悪い)。

装備は軽装で、メインウェポンの弓の他にショートソードなどを装備している。
また、マントを背負ってるのも特徴の一つであるが、何と髪の毛よりも後ろ側に描かれている事が公式画像も含めてよく見られる。どうやって纏っているんだ…。
二次創作イラストでは完全に省略されることもある。

性格

純粋で明るく、友達思いで優しい、おおよそ非の打ち所がない性格だが、親友であるロザリアを連れ去られてしまった事、彼女を助けられないかもしれないという不安が心に闇を落としている。
また、純粋さゆえに触れられたくない過去がある相手に対しては過干渉となり、反感を買ってしまうこともある。

森で育ってきた事もあり世間知らずな一面がある。時折きつい発言をしてしまうのはそれが原因かもしれない。
ストーリー内ではとある人物に「君は愚かだ。まぁ、少なくとも賢くは無い。」と明言されている事から、頭はそんなに良く無いようだ。

カード

アリサの導き

【Shadowverse】重なり合う決意


第16弾カードパック『ナテラ崩壊』では、重なり合う決意というカードにアリサが描かれている他、当カードのトークンとしてアリサの導きが登場している。

深緑の弓使い・アリサ

第21弾カードパック『リナセント・クロニクル』のアディショナルカードでは、Shadowverseのデフォルトリーダー8人が遂にカードとして登場した。

「この風に――願いを乗せて!」

カード名深緑の弓使い・アリサ
種類フォロワー
クラスエルフ
レアリティレジェンド
コスト2
進化前攻撃力:2 体力:2
能力これの攻撃力か体力を能力で+したとき、相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
ファンファーレ このターン中に(これを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、森番の弓1つを出す。
進化後攻撃力:4 体力:4
能力ゲイルアロー
ストームアロー
進化時 チョイス したカード1枚を手札に加える。
----------
これの攻撃力か体力を能力で+したとき、相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
CV優木かな
収録セットリナセント・クロニクル
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。
※チョイス…複数のカードから選択する能力。

エルフクラスの特色の一つである「プレイ回数」に視野を当てたフォロワー。
そのターン中にカード2プレイしていた場合、森番の弓という専用のアミュレットを場に出せる。森番の弓はターン終了時にエルフフォロワーを+1/+0する能力を持っているため、アリサがバフされた時に発動する能力を満たすことが可能。
また森番の弓はラストワードか、場から手札に戻った際に1ドローできる能力を持っているため、エルフクラスが得意な「手札に戻す」カードと合わせることでドローソースとしても運用もできる。

進化時にはゲイルアローまたはストームアローという専用トークンスペルをチョイスで加える能力を持つ。ゲイルアローは0コストで即使える取り回しが効きやすい除去スペル。ストームアローは相手のリーダーに「相手の手札の枚数の半分(端数切り上げ)」のダメージを与える事ができるためバトルのフィニッシュのサポートとして運用できる。

色々と小回りが利く性能を活かし、主に「アクセラレートエルフ」と呼ばれるデッキにて活躍した。

その他

しゃどばすチャンネル学園

これで決めるよ!


公式番組「しゃどばすチャンネル」内にある美少女ゲーム風コーナー「しゃどばすチャンネル学園」では、ゲーム本編では見られない制服(セーラー服)姿で登場。
典型的な幼馴染ポジションであり、当コーナーの主人公によるラッキースケベを気にしている。
この制服姿は後にプリンセスコネクト!Re:Diveにおける「あちら側」のアリサの姿として採用された。プリコネRの主人公からは相変わらずラッキースケベをかまされる。

余談

冥府アリサ
冥府エルフ


彼女をリーダーとする「エルフ」デッキだが、かつてそのデッキの中でもカードを墓場に大量に溜め込むことで発動条件を満たす冥府への道を切り札としている「冥府エルフ」がエルフの主流となっていたため、一部のユーザーからは「闇堕ちした」と言われている。
量産しやすいフェアリーをネクロマンサーの如く墓場に葬る様はこのクラスって何だっけとなること間違い無し。

現在は他のデッキタイプも台頭しているため以前よりは対戦で冥府エルフを見かけるシーンは減ったものの、そのギャップからアリサ(もしくは中の人であるかなしぃ)=冥府=闇落ちという構図がネタが用いられることが現在でもある。
更に後のメインストーリーでは、本当に闇堕ち(のような)状態になってしまう。詳細は後述。

センシティブな作品
-6 -7 -8


また、リノセウスという凶悪な昆虫型のフォロワー(条件によって超打点を得られる)が多数のデッキで、長期間主力としてもサブウェポンとしても用いられたり、リメイク版の豪風のリノセウスも凶悪な性能で大暴れしたことから、虫女のような扱いをされることも。合掌。

「しゃどばすチャンネル」内にて杉田智和優木かなに対しエルフの女と呼ぶ発言をしたため、担当キャラであるアリサを指す呼称として「エルフの女」が使われる事もある。
これは当初非公式ネタのようなものだったが、後にプリコネRのミニゲーム「大決戦!しりとりドラゴンズ」にて、アリサのパネルの読み方の一つに「エルフのおんな」が設定されたため、公式の呼び方に近いものとなってしまった。

グランブルーファンタジー

同じくCygamesが展開しているゲームグランブルーファンタジーとShadowverseのコラボイベント「Shadowverse Duelist of Eternity」にてプレイアブルキャラクターとして登場(現在はサイドストーリー入りしており、サイドストーリー解禁条件を満たしていればプレイ可能)。
イベント内で信頼度500を達成すると仲間になる。

奥義アビリティサポートアビリティ
白銀の矢フェアリーサークル シャインウィングロア エレメンタルランスエルヴンボウ

味方のHPを回復して戦線を維持しながらフェアリーサークルでフェアリーを貯めて奥義のダメージを底上げするタイプのキャラ。ただしフェアリーの数は3体で最大になってしまうので貯め終わるとアビリティ1が腐ってしまう。

後に同じようにフェアリーを扱うグラブルコラボ組の天宮ミモリが参戦したため、そちらと組ませるという編成もありかもしれない。向こうにとっては、後にアニメ内にて邂逅することになるのだが。

また、風属性では意外に少ない「弓」が得意武器というキャラであるのも特筆すべき点である。
ハウンドドッグのリミットアビリティ「タイム・オン・ターゲット」はパーティー内に「弓」「銃」を得意とするキャラが多いほど攻撃回数が増す(最大6回)という物だが、風属性は意外にもレジェンドガチャで当たるキャラに「弓」「銃」得意キャラが少ない。
必然的にサイドストーリーで入手できる配布キャラの活躍する機会も多くなるのだが、その中の1人としてレアリティに関係なく参戦する機会が多く(特に「ブレイブグラウンド」)、リミットボーナスの恩恵などにも与りやすいのは大きな長所と言える。

プリンセスコネクト!Re:Dive

プリコネRのアリサちゃん


同じくCygamesが展開しているゲームプリンセスコネクト!Re:Diveにおいても、Shadowverseとのコラボキャラとして2018年3月31日に実装された。初期レアリティは★3。ガチャ、またはメモリーピースの一定数獲得により仲間になる。
詳細はアリサ(プリコネ)を参照。

ワールドフリッパー

同じくCygamesが展開しているゲームワールドフリッパーおいても、シャドウバースとのコラボキャラとして登場する。本作ではチュートリアルをクリアすることで仲間になるようだ。

森の守護者アリサ
CV優木かな
性別女性
タイプ射撃
レア4
種族人/精霊
属性
スキルフォレストアロー
前方に妖精の力を秘めた矢を撃つ度、パーティ全体のHPを回復【種族「精霊」に対して効果アップ】&命中した敵に風ダメージ
説明遠い世界から来た、可憐なエルフの少女。何者かに連れ去られた親友を救うため、森を旅立ち星見の街に迷い込んだ。

なお、グラブルカリオストロクラリスの説明文にも「遠い世界から来た」という解説がされてるとおり、あくまでコラボキャラとしての出演である。サイゲにはよくあること

セガ音ゲーとのコラボ

2019年4月に行われたCygames作品とセガ音ゲー3作(maimaiCHUNITHMオンゲキ)とのコラボで、全機種にまたがる形でコラボ参戦。全機種で「アリサのテーマ」が収録された。

しかしこの「アリサのテーマ」が3機種全部で訳ありの譜面であった。

  • maimai …… MASTERは全編ひたすらSLIDEだけ、TAP・HOLDが一切ない。
  • CHUNITHM …… WORLD'S END専用曲。押してはいけないダメージノーツが出てくる「避」属性。AIRの指示通りに手を動かしているとダメージノーツに触れそうになる初見殺しあり。プレイするとキャラクターとして「アリサ」入手。
  • オンゲキ …… MASTERが認識難の初見殺し。ノーツのガイドラインが交差し、画面表示とボタンの並びが合わなくなる。譜面が素直だったら難易度10前後程度の譜面なのに、認識難だけで難易度13を誇る。対戦相手としてアリサが登場する。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

2019年9月に行われたコラボでゲスト参戦、ラブライブ!シリーズ以外のキャラ以外の参戦もスクフェス初。音ゲー作品だが、上記のセガ音ゲー3作と違って「アリサのテーマ」が収録されない。

関連イラスト

森の番人ちゃん
センシティブな作品



ご本人によるイラスト

センシティブな作品
コミケ新刊表紙 アリサとフォルテ



関連タグ

Cygames ShadowverseShadowverseの登場人物一覧
エルフ エルフ娘 サイハイブーツ 長手袋

グランブルーファンタジー プリンセスコネクト!Re:Dive
コッコロ…同じエルフ繋がりだが、グランブルーファンタジーにコラボ出演した際は両者ともにその他で扱われている繋がりでもある。

天宮ミモリ…同じエルフクラスを使う繋がり。グラブルコラボで一足先に(クロスフェイトがあるわけではないのだが)邂逅、後にテレビアニメ本編でも邂逅を果たした。

アルスピラ…グランブルーファンタジーにおける中の人繋がり。中の人にとっては、グラブルで初のオリジナルキャラ担当と言える。

メインストーリーでの活躍

以下、メインストーリーのネタバレ注意









































災いの樹編
親友のロザリアを探して旅をしながら、ほかの六人の主人公たちと出会い、ついに災いの樹へたどり着く。この章におけるアリサはプレイヤーへの視点を提供しているという部分が大きく、彼女自身の掘り下げよりも、根深い問題を抱えた他の主人公たちへ一石を投じる役割が多い。
純粋であまり後ろ暗い過去のない彼女は、ともすれば鋭いくらいに、過去のしがらみに囚われた他の主人公達を過去へ向き合わせることとなる。

「最終章」にて新たに加わったユアンを含めた仲間の助けを借り、親友のロザリアを依り代にした管理者「ネクサス」を討ち果たすも、あとわずか及ばずに逃げられてしまう。

ギルド争乱編

アリサ


元の世界から転移し、イズニア国を舞台としたギルド争乱編では、ギルドの一つ「ブレイドライツ騎士団」のセタスメイシアとの交流が描写される。
話が進むと、とある事情によって危険なギルド「無暁」に所属していたエリカと敵対。目的や思想の違いから仲間同士での争いに発展してしまう。

内輪争いを終えた後は様々な情報を得る中で、全ての元凶がこれまでアリサがお世話になったメイシアである事に気づき、大きなショックを抱く。
ユアンの宿敵である「管理者ネルヴァ」の力の一端を振るうメイシアに対し、主人公たちとイズニア国の面子を加えた11人がかりで何とか倒す事に成功した。

元凶であるメイシアを倒すと、異世界からテトラを名乗る女性が現れ、出身地である「アイアロン」を助けてほしいとお願いされる。
アリサはその頼みを快く引き受け、ユアンもネルヴァの気配を感じた事から、仲間と共にアイアロンへと世界移動をするのだが…。

機械反乱編
この章ではネルヴァの妨害によりナテラに飛ばされている為、アリサは登場しない。

自然鎮魂編
本来であればアイアロンへと移動する筈が、ネルヴァの妨害によって「ナテラ」という別の世界へと送られてしまう。
そこは「穏健派(スコル)」と「過激派(マーナガルム)」という二つの勢力が争う、自然に覆われた森の世界。アリサはその二勢力の戦いに巻き込まれる事になる。

この章ではラティカに可愛いと評されたり、一方でムニャールの事を愛でたり、モブの敵に人質に取られると言う囚われのヒロインみたいな事をされたりするなど、アリサのキャラが可愛らしく描写されている。
ギルド騒乱編にて一度内輪揉めしたエリカと仲直りするシナリオもあり、暗い過去から人を遠ざけがちなエリカにも優しくあり続け、心を許してもらう。

話が進むにつれて争いの原因が「母なる君」の暴走であると知ると、エリカと共に止めに行き、最終的に彼女を止め、和解する事に成功。これで争いは止まり全て解決かと思われたが…。

天地侵略編
はぐれた仲間を探す為に再び次元を越えようとした所で、アイアロンの首魁であるベルフォメットが突如として現れ、「母なる君」を吸収、その力でナテラの世界を破壊しようとする。
ベルフォメットと戦う内にベイリオンやエリカからの助言、さらに「母なる君」からもらった加護により、強力な風の力を得ると言うパワーアップを成し遂げた。この時、立ち絵も新しい物に変わっている。
その後、ベルフォメットの強大な力に苦戦するも、アイアロンから仲間達が次元を越えて合流を果たし、勝利を収めることに成功した。

そしてナテラでの戦いが終わると、ネルヴァを追う為に今度こそ新たな次元へと旅立った。

運命相克編
この章では新リーダーが主軸となっているストーリーであり、世界を渡る8人の内アリサだけしかこの世界に来ていないような描写があるなど、今までとは打って変わって単独での行動がメインとなっている。

尚、この章ではリーダーとして選べるのが4クラスであり全員が新キャラである為、アリサをリーダーとして選ぶ事が出来なくなっている。
ネルヴァの妨害である可能性が今までの流れからして高いと考えられるが、何故アリサ一人しか登場していないのか、何故リーダーとして選択できないのかなど、一部のユーザーからは疑念を抱かれており、不穏な空気となっている。

運命相克編では、砂埃と硝煙に塗れた決闘の世界「レヴィール」に降り立ち、バニー&バロンマイザーセリーナといったレヴィールの住人と立ち会う事になる。
「最終章」ではバニー&バロンが、強大な力を持つ「巨人《タイタン》」の一人アイシィレンドリングに対し宣戦布告を行い、レヴィールにて戦争が巻き起こる。アリサはバニー&バロン側につきアイシィレンドリングの野望を止めようとするが、その最中に謎の占い師の女性フローゼスが現れ、アリサに対して助言とも取れるような謎の言葉を投げかけられる。

その後相棒のバロンを喪ったバニーと合流し、アリサ達はアイシィレンドリングと決着をつけようとする。
アイシィレンドリングの「奪われたものを奪い返す」呪いの力は強大だったが、アリサは「母なる君」から受け取った力を使いアイシィレンドリングを追い詰める。だが彼は追い込まれているにも関わらず、何故か不敵な笑みを浮かべていた。

そしてアリサが最後の一撃をアイシィレンドリングに放とうとした瞬間、先程のフローゼスが間に入り、

  • アイシィレンドリングを射つ
  • 撃つべき敵はいない
  • 『――――』を撃つ
これらの「うつべき敵」の選択肢を迫る。
その際はそれらの選択肢がプレイヤーに対し提示され、プレイヤーはその三択を実際に選択する事になる。ただし3つ目の選択肢を選ぶとフローゼスから「――その資格は無い。少なくとも今は。」と受け流されてしまう。そのため1つ目と2つ目の中から選ぶことになるのだが、実際はどちらを選んでも同じ展開に繋がるものとなる。

そしてアリサがアイシィレンドリングを射つも束の間、彼は自身を射ったアリサに対し「奪われたものを奪い返す呪い」として「命を奪い返す」呪いを発動。こうしてアリサはアイシィレンドリングに体を「奪われる」事になってしまい、そのまま「運命相克編」の幕が閉じる。

暗黒世界編
この章も新リーダーが主軸となっているストーリーであり、アリサそのものは登場しない。
だが、当章のモノローグにて「暗黒の王」というアリサの姿をした人物が登場する。その言動はアイシィレンドリングのものとも取れる内容になっているが…。

時空流転編
暗黒世界編の舞台「ウェルサ」で起きた「試練」を新リーダーの4人が乗り越え、フローゼスの力によって彼らが新たにレヴィールへ降り立った話となるストーリー。

運命相克編と同じくレヴィールで起きた抗争に巻き込まれていたアリサだったが、そこへウェルサからレヴィールに降り立った者の一人、アルザードがアリサと合流する。
アリサが先程の「暗黒の王」と同じ姿をしていたためアルザードはアリサに対し疑念を抱くが、純真な彼女の説得で事なきを得る。アルザードは、レヴィールとそれの成れの果ての世界であるウェルサが輪廻しているという事実をアリサへと話し、さらにアリサから聞いた話から、アルザードはレヴィールで起きている戦争は巨人《タイタン》によって仕組まれたものだと推測した。これが意味する物とは…?

王国帰還編
期間限定ストーリー王国帰還編ではネクサス打倒後のアリサ達の行動が見られる。

ネクサスに勝利しロザリアを助け出し自分達の世界を救った後、自分なりのけじめを付けるためにロザリアと共に森番の試練を受ける。今までの旅で身につけた力と優しさから森番の試練に合格し、改めて旅に出るべくかつて彼女が仲間達と共に旅立った場所に向かう。その際に神樹から送られた餞別から木彫りのお守りを仲間達の分も作り、合流した際に渡した。そしてその場にいないユアンの元へ仲間達と共に旅立った。

関連記事

親記事

災いの樹編 わざわいのきへん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アリサ(シャドウバース)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アリサ(シャドウバース)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12709050

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました