ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

TVアニメ『シャドウバースF』に登場する学校シャドバカレッジにある、7つのシャドバ部の1つ。

主人公・天竜ライト達が所属する、本作の物語の軸となるシャドバ部である。


ファーストリーパー波瀬浦ハルマの行いによって元々の部員がいなくなり、物語開始時点では部長である蜜田川イツキのみが部員として残っていた。その結果、部員不足によって廃部寸前まで追い込まれてしまい途方に暮れていたが、転校生の天竜ライト真壁スバルと共に入部したことで、再び部員探しに活気を出すこととなる。


手始めにシックスマジック美鬼シノブにバトルを挑むも、ライトが敗北したために勧誘失敗でスタートと思われたが、真の部長であるジェントルマンが姿を現し、彼とのバトルに勝利したことでジェントルマンの勧誘に成功。


フィフスソード風祭レンを勧誘するも、そちらの部長である雷同タツミからの説教を受け、彼とバトルをすることになった。

バトルはイツキが勝利し、タツミの心を動かしたことでレンも移籍する。


この時点から他のシャドバ部から強引な勧誘をしていると悪評の噂がたっているが、応援している生徒もいる。


フォースウィンドの部長母嶋フワリにバトルを挑んだ際はスバルが勝利するも、部員たちの絆が固いことにより、勧誘することは出来なかった。


残る3つの部の内、ファーストリーパーと、活動をしていないということ以外は詳細不明のセカンドブラッドは論外ゆえにサードフェザーが最後の勧誘相手であり、ライトが小鳥遊ツバサに勝利し、彼女の心を動かしたことでツバサの勧誘に成功。

これにより、部員は6人となり、セブンスフレイムは完全復活を果たした。


ここまでの物語は第1話~第25話及び特別編の内容であり、「シャドバ部復活編」と位置づけられている。


白銀ミカドが持ちかけたシャドバ部対抗戦においては、セブンスフレイムは全てのシャドバ部を相手にする上、負ければ退学という過酷すぎるバトルを強いられることになるが、それらを乗り越えたことでさらなる成長を遂げた。


メンバー編集

部長

蜜田川イツキ


部員

天竜ライト

真壁スバル

ジェントルマン / 乙坂シオン (元シックスマジック所属)

風祭レン (元フィフスソード所属)

小鳥遊ツバサ (元サードフェザー所属)


余談編集

名前の由来は英語で第7を意味するセブンスと炎を意味するフレイムを合わせたもの。

イメージはドラゴンクラスと思われ、エンブレムはドラゴンをイメージした炎とドラゴンの横顔。


原作アプリ版Shadowverseでは、コラボストーリー『七炎友好編』にてメンバーが登場した。


関連イラスト編集

センシティブな作品


関連タグ編集

シャドウバースF

シャドバ部

関連記事

親記事

シャドバカレッジ しゃどばかれっじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23825

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました