ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

イングヴェイ(グラブル)

いんぐゔぇい

『グランブルーファンタジー』の登場キャラ。水Ver[伊達と酔狂の伝説]、浴衣Ver[蒸気と冷水の伝説]イングヴェイ
目次 [非表示]

フレーバーテキスト

  • 恒常SSR

かつて一世を風靡した伝説の騎空士は、かすかな呼び声に応じて、

再び遥か遠い空を目指さんと最後の冒険に臨む。

その胸には伊達と酔狂を、その手には女を抱いて。

  • 浴衣SSR

伝説の騎空士はいっときの休養を取るため、蒸風呂に身を委ねる。

そこで癒えた古傷は、伝説を更なる高みに導かんとする。


概要

レアリティSSR / 浴衣SSR
属性水(恒常) / 風(浴衣)
得意武器銃 / 格闘→剣(恒常スタイルシフト)
タイプ防御→攻撃(恒常スタイルシフト)
種族ヒューマン
年齢55歳
身長192cm
趣味偶然だが、君と一緒だ
好きごらん、俺の瞳に映ってる
苦手そんなことより、君を抱きたい
CV山路和弘 / 梶川翔平(若き日※)

アレーティアの最終上限フェイトエピソードにおける配役


 数々の伝説を残してきた元騎空士。

 レジェンドガチャで『メテオラ』を入手で水属性、期間限定『セ・ラ・ヴィ』を入手で浴衣Verが加入。


 巨大な盾を持ち、ボディーアーマーをまとった筋肉質な壮年男性。

 年季の入った顔は既に全盛期を過ぎた事を黙々と語っている。


 しかし最終上限解放で解禁されるイラストはアロハシャツに白いスラックス、オレンジのサングラスをかけた文字通り伊達男スタイル。

 オマケに周りには種族問わず女性をはべらせており、これだけであっ…(察し)となるはず。

 また、色男だからか時折イタリア語を口走ることがある。


 かつて「秩序の騎空団」に次ぐ大勢力だった「伊達と酔狂の騎空団」を率いていた元団長。

 俺のやりたい事に付いてこれる奴だけ付いて来い的な感じで募った酔狂な奴らをまとめた、ある意味では主人公の大先輩である。


 弛まぬ冒険心からファータ・グランデ空域の尽くを駆け巡り、仕舞いには団を解散して瘴流域すら飛び越え、未開の航路を次々と切り開いたという、全空域開拓の大功労者。

 他にも行く先々の国を救ったり怪物を退治したり、超古代遺跡を発見したりとハッキリ言って化け物。

 名実共に伝説の騎空士にして時代の英雄。


 オイゲンとは知り合いどころか盟友であり腐れ縁。

 共に現役を退いた後、イングヴェイ自身はどことも知らぬ島でひっそりと暮らしていた。

 ところが、ある日届いた一通の手紙を読んだ事で一転、先に騎空士として復帰していたオイゲンに連絡をとり、手紙の送り主を探すために主人公の騎空団へ転がり込む事となる。

 これが最後の冒険と決めて。


 「空の果て」を目指す主人公に対しては「伝説を塗り替えろ」という、励ましとも挑戦とも取れる発言をしており、ルリアやビィに対しては親戚のおじいちゃんのような愛嬌を見せている。

 フェイトエピソードではある事情から騎空士になる夢を諦めかけていたエルーンの少年を軽口で励ますなど、豊富な経験を経て形成したであろう、オイゲンとは別ベクトルの老兵の余裕を感じさせるイケおじである。


                    女癖以外は。


女癖

 彼を語るうえで欠かせないのは、ソリッズとは比較にならないほどの女好きでありながら非常にモテる事。

 そのレベルはプロフィールで既に口説きにかかっているレベル。


          筆者が冗談で書いたものではなく、原文ママでこれである


 現役の頃を知るオイゲンも呆れるほどのそれは、老いて益々盛ん。

 当時は相当なものだったらしく、「百の美女と関係を作り、子どもも百人作った」という噂が語り継がれるほど。

 だが本人曰く「百ではなく千」であり、もはやどうツッコんでいいのかわからないレベル。


 主人公の騎空団に身を寄せる直前も、身を寄せるようになってからもそのパワーは衰えを知らず、容赦なく道行く女性を口説いては関係を作っている。

 その対象は相手が自分を殺そうとした盗賊だろうがババアだろうが関係なく、自分のお眼鏡に適った女性であるなら躊躇せずアプローチし、抱く。

 「女は女だ。老若は関係ない」伊達と酔狂の極致を今も征く。


 ただ、女性であれば見境無しというわけではない。

 彼なりのケジメとして「ひとつの街に女はひとり」という主義を持っているほか、見た目だけではなく「中身」も重視している。

 フェイトエピソードで誘拐事件の解決に乗り出した際には攫われた清廉なお嬢様のほうではなく、自分の命を投げ出してでもお嬢様を守ろうとした乳母のババアの方に惚れていた。


 若い頃に障流域を渡れたのも当時の七曜の騎士の一人を口説き落としたのが理由の一つらしいが、詳細に関しては彼女との約束があるからと決して語らず、義理堅い一面を見せている。

 上記の通り中身を重視こそすれ、身分は特に気にしない事から、先代十二神将とも関係を築いていた事をほのめかしている。

 しかしこちらは何度か揉めて死にかけたらしい


 彼なりの矜持をガン無視した、美男美女老人幼児マッチョモヤシが入り乱れる主人公の騎空団に対しては、ただただ驚嘆している。

 そんな彼が真っ先に惚れてしまいそうな主人公に対しては、どうも特別な感情は抱いていないどころかチョコを貰っても軽口ではぐらかし、お返しの時も保護者のような口ぶり。

 かつての自分の様な騎空士に成り得る主人公には、人生の先輩としてのリスペクトがあるようだ。


 ・・・とまぁ、そんな事をしまくったせいか、前述した「手紙」の送り主が誰なのか本人は全く見当がついていない。

 だからこそ、あらゆる空を翔ける主人公達を頼ったのである。


 しかし口説き落とした女性一人一人の名前はもちろん、好んでいる物も覚えているなど、ハーレム主人公のお手本(?)ともいえるかもしれない。


 そんな愛多き彼だが、アイルに「イングヴェイの子孫で騎空団を作ったら、全空最強の騎空団を作れるのでは?」と提案された際には、何故か苦々しそうな言葉を残している。


関連キャラクター

 旧友。その伝手で主人公の騎空団に辿り着いた。

 一緒に編成することで掛け合い台詞がある。


 余談だが藤原啓治の後任として山路和弘が現在のオイゲンの声を担当している。

 さらに奥様オイゲンの娘役、奇妙な縁があるものである。


 クロスフェイト対象。

 キャタリナさんひとすじなローアインではあるが、イングヴェイの魅力にはマジリスペクトである。


 ローアインといつもツルんでるダチ公。

 イベント『威風DoDoダンディズム』で不注意からならず者に絡まれていたところに通りがかり、助け舟を出した。

 去り際にかけた言葉に感激し、「インギーさんみてえな漢になりてぇー!」と一念発起した彼はダンディな漢になるべく茨の道を歩みだす。


 最終上限解放エピソードに登場。

 かたや"剣聖"、かたや"剣の賢者"と謳われたファータ・グランデ空域の二大剣豪。

 イングヴェイが若いころ稽古を付けてもらい、技と覚悟を教わった。

 しかし実際のところはいきなり決闘を挑んだらしく、当時十代でありながら二人が手を焼くほどであった様子(曰く全治三カ月)。

 詳細の一部は、アレーティアの最終上限解放後に発生するフェイトエピソードで垣間見ることができる。


 時期は不明ながら利き腕の筋を怪我してしまい、剣の道からは遠ざかっているとのこと。

 アレーティアの見立てでは、とんでもない伸び代があったようだ。

 また、おくびにも出さないが加齢による衰えや若い頃の無茶が響いているらしく、身体は結構ボロボロらしい。


 後にヨダルラーハの最終上限フェイトエピソードにも登場。再び剣を握ることになった彼が、ヨダルラーハのために一騎打ちをすることになり……。



 ロアンヌ政府軍で将軍を務め、国内最強との呼び声も高い傑物。

 過去には伊達と酔狂の騎空団に所属しており、今でも互いに「アンディ」「インギィ」と呼び合う旧知の仲。

 イングヴェイとは対照的に硬派な性格なため、からかうこともしばしば。

 サウナ仲間でもある。


 イベント「フルメタル・ガイVII/THE_LAST_MISSION」に登場する、反政府組織に所属する女性。

 ロアンヌに到着してから何度か接触を試みているものの、意図的に避けられている。

 騒動収束後は行方不明になった新たな息子を探すため、同じ騎空団に所属することに。

 女癖を知られてからは叱られることもあるが、互いに大事に想っている。


性能

恒常SSR

奥義

通常時タフガイ時
レッド・ホット・ガーディアン / フルメタル・エイムス水属性ダメージ(特大) / 自分の奥義ゲージUP(50%) / タフガイ状態に変化水属性ダメージ(特大) / タフガイ状態を解除
レッド・ホット・ガーディアン / フルメタル・キャノン水属性ダメージ(特大)/自分の奥義ゲージUP(50%) / 効果時間中必ずトリプルアタック / タフガイ状態に変化水属性ダメージ(特大) / タフガイ状態を解除

アビリティ

オール・カミング自分にカウンター効果(被ダメージ5回まで) / 敵対心UP
ザ・ワイルドターン経過なしで通常攻撃を実行
ノー・マーシー自分のクリティカル確率UP / 水属性追撃効果

アビリティ(最終解放)

オール・カミング自分にカウンター効果(被ダメージ5回まで) / 敵対心UP / 被ダメージの回数に応じて奥義ゲージUP(5% / 最大50%)
ザ・ワイルドターン経過なしで通常攻撃を実行
ノー・マーシー自分のクリティカル確率UP / 水属性追撃効果◆タフガイ状態中フルメタル・ビィムを起動
オデッセイ自分が即座に奥義発動可能 / 奥義性能UP / 奥義ダメージ特殊上限UP ◆タフガイ状態の時のみ使用可能(初回使用可能は10ターン後)

サポートアビリティ

タフガイタフガイ状態中攻防大幅UP / 必ず連続攻撃 / 敵対心UP / 奥義ダメージ上限UP / 弱体無効 ◆毎ターン奥義ゲージを40%消費してタフガイ状態を維持
ボーダーライン自分のHPが少ないほど防御UP
リミットボーナス被ダメージ時に稀にカウンター

 水属性SSRでは実装当時、初の防御タイプだった。

 それも一言で表すなら水属性最強クラスの壁役


 奥義発動後に移行する「タフガイ」状態では攻撃・防御の底上げがなされるほか、「弱体効果無効」と敵対心UPによるひきつけ性能の向上という、化け物じみた強化がなされる。

 また、壁役として最大の特徴はサポートアビリティの「HPが少ないほど防御力が上がる」という点。

 タフガイ状態限定ではあるものの、かつて瀕死状態でダメージカットもなにもしてない状態でコロッサス・マグナの次元断を受けても生き残ったという報告があったほどの鉄壁っぷりである。

 更に防御力のアップである為、フラム・グラスのような属性が変わる厄介な相手にも通用する。


 かつては欠点として毎ターン奥義ゲージが10%減少し、その減少幅も1ターン毎に10%増えてしまうデメリットがあった。

 タフガイモードを維持するためには奥義ゲージが残っている必要があるため、「通常攻撃する」アビリティである「ザ・ワイルド」や連続攻撃率UPのアビリティや武器スキルを活用して奥義ゲージの回復を行う必要がある。

 なお、奥義「フルメタル・エイムス」を放っても解除されてしまう。

 その代り「フルメタル・エイムス」の破壊力は「レッド・ホット・ガーディアン」の倍近いダメージ倍率となり、S3のノー・マーシーを組み合わせた時の破壊力は伝説の騎空士の評に偽りなし。


 基本運用はDATA、奥義ブーストが可能なキャラorジョブで彼を支援し、タフガイ状態をうまく維持する事となる。

 彼のS1やS2を上手く使う事でも維持が可能なので介護こそいるものの、きっちり支えてあげれば膝を付く事なく、最前線で活躍してくれる。


 2021年3月のバランス調整で、一番の特徴であるタフガイモード維持に必要な奥義ゲージが常時40%と大幅緩和された。

 奥義を発動すれば強制解除されるのは変わらないものの、タフガイ状態の維持をしやすくなっている。



恒常SSR(スタイルシフト)

奥義

フルメタル・デストロイ水属性ダメージ(特大) / 自分にカウンター効果(回避・被ダメージ / 2回) / アビリティ再使用間隔を2ターン短縮

アビリティ

ディサイプルズ・オブ・ヘル敵に8倍水属性ダメージ / 自分の奥義ゲージUP(30%)
ザ・ワイルドターン経過なしで通常攻撃を実行
アイアン・クラッド自分のHPを犠牲にしてアイアン・クラッド効果 / 他のアビリティが即時使用可能 / 同じダメージアビリティを連続2回まで使用可能

サポートアビリティ

ネバーガイ一度だけ戦闘不能にならずにHP1で耐える / 自分が瀕死状態の場合一度だけターン終了時に全てのアビリティが即時使用可能になる
ボーダーラインIII自分のHPが少ないほど攻撃UP / ターン終了時にHPが50%以下の場合ディサイプルズ・オブ・ヘルが発動
リミットボーナス被ダメージ時に稀にカウンター

 スタイルシフト実装にともなう第一号に選ばれた。

 解放条件はイングヴェイのレベルが100であること。


 今までの壁役と真逆の攻撃タイプ。

 カウンター効果こそあるものの、肉を切らせて骨を切るような性能になっている(要するに背水型)。


浴衣SSR

奥義

フルメタル・バスター風属性ダメージ(特大) / 効果時間中必ずトリプルアタック

アビリティ

フルメタル・トランスフォームフルメタル・モードに移行 / 不死身効果(1回)
ホールド・オン敵全体に風属性ダメージ / 自分のHP回復
ヘヴン・トゥナイト敵の攻撃DOWN / 暗闇効果 / 命中率DOWN

サポートアビリティ

クールガイフルメタル・モード中防御6倍UP / 弱体耐性UP / かばう効果(全体) / 通常攻撃の与ダメージUP / カウンター(被ダメージ5回まで) / 奥義発動不可
ボーダーラインIIターン終了時にHPが50%以下の場合ホールド・オンが発動
リミットボーナス確率でフルメタルモード時に全力カウンター

関連タグ

グランブルーファンタジーの登場人物一覧

高性能じいちゃん 伝説 ヒューマン(グラブル)


元帝国軍人のおじさん(37歳)がサウナに目覚めたら人生もととのった話

フルメタル・ガイVII/THE_LAST_MISSION

威風DoDoダンディズム


































 実は子どもの頃に罹った流行病により、若くして種の無い体となっていた(上述の苦虫を噛み潰したような反応をしたのはこのため)。

 千の子どもを作ったというのは即ち、連れ子や養子だったからこその人数だったのである。


 一応この真実は基本的には秘密にしているものの、子ども達は皆等しく我が子として大事に想っており、たとえ実の娘を騙ろうとも蔑ろにすることはない。

 今回の冒険を期に完全引退をするつもりだったが新たな息子との約束を果たすため、旅を続ける決心を固めた。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77150

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました