ピクシブ百科事典

アポロニア・ヴァール

くろきしのなかのひと

グランブルーファンタジーに登場する黒騎士の本名
目次[非表示]

概要

アポロニア


本名、アポロニア・ヴァール
正体はオイゲンの実の娘である
父娘の仲は冷え切っており、面と向かって再会した当初は彼から「アポロ」と呼ばれることを拒絶した。
これは劇中の描写から彼女の幼少期にオイゲンは家にほとんど居らず、母の臨終にすら来なかった父が自分と母を見捨てたと決め込み、憎悪していることに由来している様子。
オイゲンが言葉に詰まっていたことから、彼にも何かしらの理由があってのことなのは明白だが・・・

母亡き後は身寄りをなくしたため、アウギュステ経済特区の特待生としてエルステ王国へ渡り、空の歴史を学んだ。
傍らオルキス王女と年齢が同じということから女王一家と懇意になり、束の間の幸福を噛みしめながら過ごす。この期間にオルキスの父から、星の民の歴史についてもいくらか学んでいる。

そして物語開始から10年前―――親友オルキスの身に起こった不幸と奇怪な現象から彼女を取り戻すべく、如何なる犠牲をも払う決意を胸に行動を開始。今に至るのだった。

メインストーリー第28章にて、「エルステ帝国の乗っ取り」「独裁による他島への苛烈な侵略」「危険な実験を伴う魔晶の作成」によって市井の治安を著しく悪化させたとして、エルステ帝国から要請を受けた「秩序の騎空団」に捕縛されてしまったことが明かされた。
主人公たちの協力で秩序の騎空団から脱出した後、オルキス奪還のため同行。しかしルーマシー群島における激闘において、行方不明となってしまう。

その後は自身の計画が御破算になったばかりかフリーシアに踊らされていた事実に打ちひしがれ、茫然自失の状態でただ一人森を彷徨っていたようである。
再上陸したスツルムドランクによって保護されるが、オルキスたちと再会しても状態に変わりはなかった。

その後、彼女の懸命な呼びかけやオイゲンがその身を挺して敵の攻撃から庇ったことで、少しずつ心を取り戻しだす。そしてオルキスがユグドラシル・マリスの攻撃に晒された時、激情とともに吹っ切れて立ち直った。

再び共闘してユグドラシル・マリスを打ち破ると、状況を整理するために帝都への潜入を画策する。全空一のお人好しな団長や一団のメンバーたちとは利害の一致もあり、協力関係を結んで潜入アガスティア島へ降り立った。
帝都へ向かう道中、案の定軍と交戦になってしまうが、帝国軍の大将アダムから予想外の支援もあって切り抜ける。また、彼から過去にオルキス王女の身に起こった出来事の真相を知らされ、希望を見出した。
帝都にたどり着いてからは「元」最高顧問としての経験を活かして潜入班を先導。途中、囮を買って出て一時別行動をとるが、鎧を新調して合流した。その後は再びグランサイファーに同乗して島を離れる。そしてスツルムとドランクに依頼し、秩序の騎空団らに援軍を要請して再度アガスティアへ侵攻する手はずを整える。
再度アガスティアへと侵入した一行は、都の中心である「タワー」でフリーシアと対峙。黒騎士は魔晶によって怪物と化したフリーシアを単身引受け、主人公らにリアクターの制圧を託す。

アガスティアでの一件が終了した後、旧都メフォラシュにて主人公達と最後の決戦に臨む。
理由はオルキスの処遇。本物のオルキスを救う算段は立ったが、それには現在のオルキスの人格を消去しなければならず、どちらのオルキスも失いたくない黒騎士は、この戦いの決着に全てをゆだねることを決意した。
結果、黒騎士は敗北するが、その果てに待っていたのは、まるでかつてオルキスと共に読んだハッピーエンドの昔話のような結末だった(詳しくはオルキスの頁を参照)。
しかし一連の事件によって黒騎士は七曜の騎士の座を奪われかねない立場にあり、オルキスとオーキスを危険にさらさないためにも、黒騎士は再び彼女らの傍を離れなければならなくなる。
黒騎士がまた一人で抱え込むことを案じたオーキスは主人公らと共に行くことを提案し、黒騎士は「それも悪くない」と考えるのであった。

容姿・性格

父親譲りの茶髪に、凛とした、というより鋭い面立ちをしている。周囲からは美人が台無しと言われることも多いが、本人や父に言わせれば仏頂面がデフォルトらしい。
衣装は捕縛時に鎧を奪われたらしく、白のレオタードに鎧の腕部と脚部のみ、手首には手枷という出で立ち
スタイルがとっても良いので目のやり場に困る。後に手枷を外し布きれをマントのように纏うが、結局たいして変わらない。
本人はそれほど気にしていなかったようだが、4コマではビィとルリアから「上級者っていうか変態っぽい」「(布を纏っても)それはそれで変質者っぽい」と言われ、ショックを受けていた。
恥じらいは捨てていないようだ。
リミテッドシリーズでは黒騎士の鎧を纏っての参入だが、上限解放すると兜が外れる。

普段はクールに振る舞っているものの、ここも父親譲りか結構熱くなりやすいタイプ。
その境遇から信用できる人間が限られていたこともあってか、人当たりはキツイ。が、その実、心根は非常に優しい。それゆえ、利用するだけの存在だったはずの「人形」のオルキスにも非情になりきることが出来なかった。
父の話では幼い頃から本を読むのが大好きな子供だったようで、特に歴史が好きなご様子である。

軍人や武人としては非常に優秀な反面、育った環境の良さ故に隙の多さが目立つなど、冷徹で狡猾に事を進めることはできてもフリーシアのような策略家には今一つ及ばない。

また、同じ七曜の騎士である金色の騎士とは、なにやら浅からぬ因縁があるようだ。

長い事プレイアブル化されなかったが、リミテッドシリーズとしてついにプレイアブル化。
属性は違うが、オイゲンとパーティを組むことも可能になった。

【グラブル】オイゲンさんとアポロニアさん


いつか仲直りできるといいね。

関連イラスト

出たよ!
グラブル・アポロニア漫画その2



関連タグ

グランブルーファンタジー
アポロニア オルキス(グラブル)

pixivに投稿された作品 pixivで「アポロニア・ヴァール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 432420

コメント