ピクシブ百科事典

決戦!星の古戦場

だんいべ

グランブルーファンタジーの期間限定イベント。星晶獣が大量に現れる島での星晶獣狩り放題祭り
目次[非表示]

設定

とある島では、かつて空の民と星の民との間で大激戦を繰り広げた古戦場が眠っている。そこは時期になると戦場で戦った幾億の星晶獣が目を覚まし、出てくるのだという。定期的に起こるその現象をかえって利用しようと考えた島の住民は、多くの騎空士を呼び寄せて、討伐数を競わせる祭りとしてこの現象を活用した。そして主人公達も、この祭りに参加する事となる…

概要

グランブルーファンタジーにおいて不定期に開催されるチーム対抗戦。通称団イベ
基本的には敵をひたすら倒して貢献度を競いあう。戦わなければ生き残れないし、多々買わなければ生き残れない

  1. 「妖しい臓肉」と呼ばれる強力な敵と戦うために必要な素材を落とすイビルアイ系の敵
  2. 肉を消費して戦う四足歩行で立派な角を持つ恐竜型の魔獣(17年2月以降、肉消費なしで挑めるように)
  3. 後半戦で解禁される、より多くの肉を消費して戦う最強のガチムチマッチョ魔獣(同時期に通常解禁、肉消費無しに)
  4. 上記3組を撃破した者のみが肉を消費して挑戦できるHELL難易度で戦闘可能な特殊な星晶獣

の4種類の敵が存在しており、これらを(可能な限り)騎空団内で撃破していく事が重要。しかし最後のガチムチマッチョに関してはあまりの強さにそこそこの騎空団でも外部に救援を呼ばざるを得ない事も。HELLに至っては特殊行動が多かったり、単発の攻撃力がガチムチマッチョの比ではないうえ、一部デバフを無効化するなど、一人での撃破はほぼ不可能な強さを誇る。その分得られる貢献度はそれらの比ではない。
基本的に「貢献度の競い合い」であり、上位者(騎空団)に報酬が出るというのもあり、エンジョイ勢はともかく、ガチ勢の騎空団に所属していると、このイベントにおける些細な失態で友情どころか団が崩壊すると言った惨劇が起こる事がある。更に言えば所属する騎空団だけでなく、全体の騎空団をまとめ4勢力に分かれるため、後述する順位予想も絡む事から、本気で取りに行く騎空団では、一瞬の休みが命取りになる。また、単一で戦況を変えることができないため、少人数の騎空団はそれだけで本戦資格がないという状況である。HELLの仕様変更により、HELL解禁日以降、段階的にHELLのレベルが上がる仕様が増えたため、本気で上位を狙う騎空団であれば肉のある限りこれの最高レベルのみを殺し続けなければならない。
目玉の報酬は2種類。騎空団で上位になれば手に入る、どんな召喚石でも上限が解放できる「金剛晶」。殺し続け、戦貨を貯めた者がガチャを回す事で手に入る、十天衆を仲間にする初めの一歩である「古戦場武器」。また、称号報酬や勲章報酬も良く、全体的に他のイベントの中でも報酬がかなり特異的なモノである事もあり、おどろおどろしたBGMと背景をホームに、ガチ騎空団はギスギスとした空気の中で寝る間も惜しんで血で血を洗う激戦に身を投じる事になる。
4勢力に分かれた様々な騎空団の勢力がどれだけ貢献度をとるかというレース予想がされており、撃破報酬で手に入るチケットを使って予想をする事もできる。正当報酬はなんと宝晶石。狙える穴は単勝と三連単の2種のみ。どんでん返しを信じて入れるか、安定の勝利を確信して入れるかは各々の自由。


ごくまれに季節イベントとして装いを新たにすることもあり、これまではハロウィンバージョンとして「幽幻の饗宴」、クリスマスバージョンとして「ホーリーナイトスペシャルマッチ」がある。それらに登場する期間限定キャラも同時期のガチャで登場する。

コラボとしてアイドルマスターシンデレラガールズスレイヤーズバージョンも登場している。

実はこのイベントを基にしたCMが作成されている。現在はyoutubeのcygameの公式アカウントから閲覧可能。

17年2月に大幅なテコ入れがされ、今まで団内のメンバーでないと挑めなかったHELLを全体に流すことができるようになったため、クリアだけなら誰でもできるようになった事。HELLがガチムチマッチョではなく、属性別におのおの特殊な星晶獣が相手するようになった事。獲得貢献度の調整…と色々と調節された。挑む敷居自体は低くなり、初心者でも順位報酬以外の報酬を得られるようになり、古戦場を楽しむ要素が増えたが、その自由度の分、戦場を苛烈にさせる燃料となったのは言うまでも無い。

HELLの星晶獣一覧

土:ゴライアス 風:ベラドンナ
ミュオンくんピンチ!
ベラドンナちゃん
炎:ヴェスパ・レジーナ 光:不明
pixivimage:]pixivimage:]


今のところ土以外全員美女である。

関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「決戦!星の古戦場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22071

コメント