ピクシブ百科事典

パーシヴァル(グラブル)

ぱーしゔぁる

パーシヴァルとはCygamesが提供しているスマホ用ソーシャルRPG「グランブルーファンタジー」に登場するキャラクターの一人。火SSR[炎帝]パーシヴァル 火SSR[炎天の貴公子]パーシヴァル 火SR[プライベート・スタイル]]パーシヴァル 光SSR[礼装の貴公子]パーシヴァル
目次[非表示]

「俺の名は、炎帝パーシヴァル。さあ、ともに理想の国を作ろう。来い!」
「消し炭にしてやろう」
「おい、団長。早く次の家臣を探しに行くぞ」

概要

レアリティイベントSR/SSR
属性火/光(SSR)
タイプ攻撃/バランス(光SSR)
武器
種族ヒューマン
年齢27歳
身長180cm
趣味有能な家臣を探すこと
好き王道、心根が善なる者
苦手覇道、心根が悪なる者
CV逢坂良太、(幼少期) 古城門志帆

※シナリオイベント「氷炎牆に鬩ぐ」内にて回想シーンでのCV

  • フレーバーテキスト
静かに燃える若き炎帝は、胸中に秘めたる理想を追い続ける。願うは争いの無い、弱きを助ける正しい国造り。その気高き意志に共感する仲間を求め、空の世界を渡り歩く。

イベント『亡国の四騎士』で本格登場。
フェードラッヘ国・黒竜騎士団(現・白竜騎士団の前身)の元副団長が1人。理想の国を作るべく有能な人材を探している。とある出来事から主人公らと知り合い、主人公やその仲間を高く評価し家臣にならないかとスカウトしてくる。
レジェンドガチャでSSR武器『ローエングリン』を手に入れると仲間になる。
続編となるイベント『氷炎牆に鬩ぐ(ひょうえんかきにせめぐ)』では中心人物のひとりとなる。

ユーザーによる愛称は「パー様」「パーさん」(後にヴェインによって公式化) など。
家族からは「パーシィ」と呼ばれていた様子。

バージョン肩書奥義アビリティサポートアビリティ
SSR炎帝ローエン・ヴォルフツェアライセン/イクスゼーレ/トロイメライ王者の風格
水着SSR炎天の貴公子ローエン・ヴォルフツェアライセン/グリューエン/ファスツィナツィオン炎帝の刃
イベントSRプライベート・スタイルローエン・ヴォルフツェアライセン/グリューエン/トロイメライ王者の風格
光SSR礼装の貴公子エーデル・フランメシュラハト/ヴァールハイト/ケーニヒ・ヴェルデ王者の行進/煌々たる炎帝

容姿

前髪を後ろに流した朱い頭髪を持つイケメン。
目はイラストによってタレ目にもつり目にも見えるが、公式デフォルメイラストなどからタレ目であろうことが見受けられる。
瞳の色は茶色寄りの赤 (ユーザーの問い合わせメールに対する公式回答) 。
赤と白で装飾された甲冑は煌びやかであり、炎を纏ったフランベルジュのような形状の長剣を振るう。
最終上限解放後は長兄・アグロヴァルから与えられたウェールズ家に伝わる甲冑を纏い、胸元などのデザインに多少の違いが見受けられる。

性格

自らを「炎帝」と名乗り、俺様気質かと思いきや争いがない弱き者達を助ける正しい国造りを目指す男気溢れるイケメン。ただ優しいだけではなく、時には厳しい言葉もかけるのは己の経験や信念からである。

イベント『亡国の四騎士』ではその鋭い観察眼で冷静に状況を把握し率先して突破口を開くなど、共にフェードラッヘを訪れていた主人公らやヴェインランスロットの窮地を救う。
パーシヴァル生来の王としての気質や不遜さ・辛辣な物言いから、ヴェインを始めとする周囲から反発を買い衝突しながらも、熱くなりがちな仲間を(分かりにくいながらに)諌めたりする様子がイベント内やランスロットのフェイトエピソード内の随所で見られる。

普段は俺様キャラよろしく王様然としているが、実は面倒見がよく困っている者達を見過ごせない性質。
弱者に手を差し伸べるのは人の上に立つ者として当然という考えを持っており、ビィに「問題児」「素直じゃない」と揶揄される一方で「自分で気付いてないだけで相当なお人好し」とも言われている。

ランスロット曰く「一見すると偉そうだけど根は憎めない奴」ルリア曰く「何かと理由を付けてから手を差し伸べるタイプ」「純粋で優しい炎みたいな人」

決して口数は多くないが、自分がこれと認めた者とは真剣に対話をする。

所謂ツンデレで、季節限定セリフや誕生日限定セリフでは実は押しに弱いという一面も見せ、主人公に頼み込まれては普段見せないような表情も垣間見ることが出来る(後述※ネタバレ注意)。普段の俺様気質とのギャップにやられる騎空士は多い。

甘いものは苦手だが、実は苺が好物。その理由は過去(家族と過ごした幼少期)に起因するものと思われる。

黒竜騎士団所属当時、フェードラッヘ国王だったヨゼフ王と団長であったジークフリートを尊敬していたようで、自らと同じく副団長だったランスロットとも実力の拮抗したライバルであり騎士として信頼していた様子。
一方、ヴェインとは黒竜騎士団所属当時には面識がなかったうえ対面後もあまり良い印象が無かったが、イベント『亡国の四騎士』を経てからは打ち解け(?)うるさい駄犬と呼ぶようになった。
尚、有能な家臣探しは今と変わらず健在していたようだが「俺の家臣になれ」という勧誘は誰にでもする訳ではなく、本当に認めた者にしかしないとのこと。
執政官であるイザベラに対しては当時より「いけ好かない」とその本性を感じ取っていた様子。現国王カールに対しても本人に堂々と無能と言い切っており、やはり良い感情は抱いていなかったようだ。しかし、国民に慕われるカール王の演説を聞いてからは、王の在り方とは一つだけではないと考えを改めるようになった。

最終上限解放ではアグロヴァルから民と臣下を思うがあまりの弱さと甘さを指摘され、自らの考える『王道』とは何かについて思い悩むが、主人公達の言葉によって自分が進むべき道を見出す。

経歴

フェードラッヘ国の隣国で、代々王族を輩出する名家・ウェールズ家の三男。
黒竜騎士団に入団し副団長になったのも「家督を継ぐ予定のある者は代々交流のある隣国の騎士団に入団する」という実家のしきたりの為である。
同じく隣国に修行に出ている兄が二人いる事が示唆されているが、その詳細の一端がイベント『氷炎牆に鬩ぐ』で明らかになる(長兄・アグロヴァルは父・ガハムレット亡き後正式にウェールズ家当主を引き継いでおり、次兄・ラモラックは現在も旅を続けている模様。また、母・ヘルツェロイデは三兄弟が幼い頃に他界している)。

とある事件をきっかけに黒竜騎士団が瓦解した後、フェードラッヘを出奔。その前夜に互いの信念をかけて密かにランスロットと一騎討ちを行ったが、決着は着かなかった。
新しく結成された白竜騎士団団長にランスロットが就任するのを見届けた後、己の信じる理想の国造りとその意志に力を貸してくれる有能な家臣を求めて各地を遊学しているところを、主人公一行と出会うこととなる。

イベント『救国の忠騎士』の時点では、製作の都合上キャラクターとしての形が出来ていなかったのか存在は示唆されていなかったが、ガチャ加入エピソードを経て続編『亡国の四騎士』ではメインキャラクターのひとりを務める。

『救国の忠騎士』での一連の出来事と過去の事件の真実を一行から聞かされたパーシヴァルは、今のフェードラッヘを案じ主人公達と共に王都に帰還。そこで初めて顔を合わせたヴェインと衝突しつつも、王都の危機に集ったかつての仲間達と協力し、忍び寄る暗雲を退ける。
その過程で、一連の事件の裏で自身の生家であるウェールズ家が暗躍していることを知り、自らの手でケリを付ける決意をして物語は終幕を迎える。

そして、続編となるイベント『氷炎牆に鬩ぐ』で、ウェールズ家当主であり兄であるアグロヴァルの真意を確かめるべく、故郷に帰省する。そこで彼の間違った行いを正すべく仲間とともに奮起する。

ちなみに上記の三種は全てサイドストーリーとなっているため、詳細は実際にプレイしてみると分かる。

性能

初登場バージョン

火属性ユニットでも屈指の素のステータスを誇り、非常に火力が高い。更に種族がヒューマン(最もSSRが多い上にパーシヴァルと強力なシナジーを持つユニットがいる)であるのも有利点。
最終上限開放後はイクスゼーレ以外のアビリティが大幅にアップされ、アタッカーとしての性能は格段に跳ね上がる。

アビリティ1:ツェアライセン
単体への高倍率打撃。回転もそこそこ早く、ダメージ上限も約60万と高いため、とても優秀なダメージソース。
lv90で自身のHP回復効果が追加(上限800)、奥義後のツェアライセンが二回発動する。

アビリティ2:イクスゼーレ
敵のチャージターン(必殺技ゲージ)が貯まるのを一分間停止させる、「恐怖」という非常に凶悪かつ珍しいデバフを付与する。これはパーシヴァルの代名詞ともなっており、パーシヴァルをただの火力役に留まらぬオンリーワンな性能に引き上げている。

アビリティ3:トロイメライ
自分の現在HP割合に応じて(最大に近いほど強くなる)攻撃力を最大1.6倍にするという最高峰の自己バフである。更にはこのトロイメライは他のバフとは別枠なので、他と重ねがけをすることで攻撃力を更に引き上げる事が可能。素殴りはもちろんアビリティ1や奥義との併用で別次元の攻撃力を約束する。
lv100で自分の火属性攻撃UP・火属性追加ダメージ効果と更に自己バフが追加され、同じ火属性のユエルなどのバフとも重複するため非常に強力。

サポートアビリティ:王者の風格
召喚石やアビリティで付与できる「火属性攻撃力UP」の強化バフの合算値に+10%されるアビリティ。これもまた火力の底上げに貢献する。

サポートアビリティ(lv95習得):理想の家臣
バトルメンバーの数が多いほど自分のステータスがUPするアビリティ。パーティメンバーが4人揃っていれば攻撃力・ダブルアタック確率・トリプルアタック確率の上昇が常に発揮される、まさに仲間を率い王を志す者を体現したアビリティとなっている。

これらの力でもって、彼は王道成就の前に立ち塞がる全てを焼き尽くす。

ユーザー評価

上述のようにその優秀な性能から初心者~上級者ともに火属性パーティの有力なスタメン候補。また「強い・イケメン・人格者」三拍子揃ったキャラクター性も相まって人気は高い。

2016年3月24日発売のファミ通における人気キャラクター調査では、グラブル男性キャラの中で第2位と大きく票差を付け見事第1位に輝いた。アンケートで寄せられたコメントでは「強い、ツンデレ、男前」(30代/男性)、「声が素敵すぎて痺れる」(40代/女性)、「パー様になら服従してもいい」(20代/男性)と、男性ユーザーからの支持も多い様子。
また、ファミ通App(No.027)でのアンケート調査では「上司にしたいキャラ」「恋人にしたいキャラ(男性編)」2部門共に第1位を獲得。

2016年2月14日にゲーム内で行われた「HAPPY VALENTINE!キャンペーン」で団長(プレイヤー)から送られたチョコの数は全キャラ中17位。
………だったが、サイゲームス本社に送られたキャラクター宛のリアルチョコの数は、上位をフェードラッヘ四騎士が占める中からランスロット達を抑え、堂々の1位を獲得している。

それを受けてか(※真偽は定かではないが)、ゲーム内で同年3月14日に行われた「HAPPY WHITEDAY!キャンペーン」では、数多の男性キャラの中でただ一人ホワイトデー専用の新規グラフィックが用意されており、多くのプレイヤーのハートを消し炭にした。
※ちなみに当時の恒常キャラで季節イベント専用の立ち絵があるのは(季節限定ガチャキャラ達を除けば)、バレンタインにおける女子メインキャラ達(ルリア・カタリナイオロゼッタ)のみである。

なお、コミックマーケットの公認サポート雑誌「コミケplus」のグラブル特集の好きなキャラアンケートでも1位を獲得している。

水着バージョン

センシティブな作品


  • フレーバーテキスト
理想に燃える真夏の貴公子は、視察を兼ねて海辺に降り立つ。八面六臂の活躍で周囲を照らす彼の元には、自然と人々が集うのだった。それらはやがて、彼の国造りの礎となるだろう。

レアリティSSR
属性
タイプバランス
武器
肩書き炎天の貴公子

サマーバージョンなど季節限定キャラでは初の男性SSRとなる。
レジェンドガチャ(期間限定)でSSR武器『アントウェルペン』を手に入れると仲間になる。

奥義アビリティサポートアビリティ
ローエン・ヴォルフツェアライセン グリューエン ファスツィナツィオン炎帝の刃

容姿はいつもの愛用の剣を片手に、パーソナルカラーである赤の水着に白いシャツを羽織りグラディエーターサンダルを着用したパーフェクトビーチスタイルで登場。愛称である「パー様」と掛けて「パーサマー」と呼ばれている。
Lv.60→70上限開放後はサマーベッドでくつろぎながら夏を満喫する姿を拝むことが出来る。その後ろではランスロットとヴェインがビーチバレーに勤しんでおり、それらに関連した図鑑やマイページのボイスは(フェードラッヘファンは特に)必聴である。

2019年7月17日からは新規EXPOSEが追加。詳細はあえて省くが、そのあまりの美麗さとふつくしさに多くのファンのハートが消し炭にされたことを追加しておく。
えんていの ちからって すげー!

属性変更は無いものの、性能的には通常SSRとは若干異なるアビリティ構成からか攻撃タイプからバランスタイプに変更。
「ツェアライセン」は奥義ともに通常SSR時と変わらないが、炎帝の力により「グリューエン」は自身のダブルアタック確定・火属性追加ダメージ効果付与とバフをかけつつ敵に火属性耐性DOWNのデバフを付与する便利なアビリティとなっており、素の足の速さも相まって奥義ゲージの溜まりは早い。
またイクスゼーレ(恐怖効果)に代わり、炎帝の力により「ファスツィナツィオン」という心酔効果(敵の行動を阻害する魅了の上位効果)という希少なアビリティが投入。
サポートアビリティ「炎帝の刃」は炎帝の力により風属性の敵に対して与ダメージUP(20%)とダメージ上限UPも兼ねている為、風属性の敵に特化した性能となっている。
えんていの ちからって すげry

フェイト・図鑑&マイページボイス・クエスト道中台詞など何処を取っても盛りだくさんで濃い内容となっている為、家臣の方々は是非とも夏の間にお迎えしておきたい。

イベントSR

炎帝


  • フレーバーテキスト
故郷を目指す炎帝は、人目を忍ぶ私服を纏い王都を発った。普段よりも幾分軽やかに、敵を優雅に切り伏せる彼の胸中は、決して穏やかでは無い。去来するのは、いつかの、家族と過ごした幸せな記憶だった。

レアリティSR
属性
タイプ攻撃
武器
肩書きプライベート・スタイル

イベント『氷炎牆に鬩ぐ』にて加入。一定以上信頼度を上げると期間外でも仲間としてパーティに編成出来る。後にサイドストーリー化したことにより当イベントをプレイすれば自動的に仲間になる。

奥義アビリティサポートアビリティ
ローエン・ヴォルフツェアライセン グリューエン トロイメライ王者の風格

お忍びでウェールズに帰郷する為、目立たぬよう普段の鎧を脱ぎ捨て前髪をおろした完全なプライベートスタイルで登場。普段は拝むことの出来ない前髪がおりた姿と胸元が大きく空いた黒と赤の衣装は色気たっぷりなので必見 (※どう見ても忍んでないというツッコミは野暮) である。
恒常SSRとサマーSSRを複合したようなアビリティ構成だが、威力はSレア相当に抑えられた性能となっている。ディレクター曰く目新しい要素は無いが炎帝の力によりイベント内でのイラスト差分がやたら存在するとのこと。また、本シナリオおよびこのパーシヴァルのフェイトエピでは幼い頃の可愛らしい炎帝の姿 (通称パーシィちゃん) を拝むことが出来る。
えんていの ちからって すげry

尚このイベントでは召喚石「ドラゴンナイツ」を手に入れることが出来、使用するとランダムで四騎士の誰かが召喚効果を発動する。パーシヴァルの場合は味方全体の奥義ゲージ20%UPで、数パターンの台詞でプレイヤーを鼓舞してくれる。

光SSR

光パーシヴァル


  • フレーバーテキスト
故郷ウェールズで行われる記念式典に参加するために、礼装を新調することとなった。荘厳でありながら見事な品格も兼ね備えた高貴な立ち姿は、民衆の脳裏に強く焼き付けられたことだろう。

レアリティSSR
属性
タイプバランス
武器
肩書き礼装の貴公子

2020年5月31日更新のガチャで新規追加された光パーシヴァル。直近の『ぐらぶるっ!』にも登場しており、この時は長兄アグロヴァルとも共演していた為、水属性と思われていた。
だが、実際はまさかの光属性だった。ヴァルテールの入手で参戦する。

奥義アビリティサポートアビリティ
エーデル・フランメシュラハト/ヴァールハイト/ケーニヒ・ヴェルデ王者の行進/煌々たる炎帝

先にお披露目されていたアグロヴァルのスキン「ウェールズ軍最高指揮官 式典用礼装」に合わせて兄上自らが誂えさせた式典礼装。
胸元の装飾はそのままに、赤い縁かがりがあしらわれた純白のマントとサーコート姿で登場。
光属性になった事でバランスタイプに変化、刻印の付与と消費と言うアクションを習得している。

後に2021年度のバレンタインで実装された光アグロヴァルと組ませることが可能。かけあいもそのままな上に、刻印系アビリティがお互いに噛み合うという相乗効果もあって、刻印系編成では強力ともいえる編成と言えるだろう。

更にバランス調整もされて更に刻印パを活かす上ならば欠かせない程の存在となっている。供給が常にできる兄上とは本当に相性よすぎる。

光属性でもえんていの ちからって すげry


グランブルーファンタジーヴァーサス

参戦PV


参戦PV(ヴェイン副音声Ver.)


参戦PV(ランスロット副音声Ver.)


参戦PV(ジークフリート副音声Ver.)

初期からプレイアブルキャラクターとして参戦している。
第三の主人公という扱いとなっており、飛び道具・対空・突進技に派生する移動技を所有するパワー寄りのオールラウンダー。ただし、体格が少し大きく、動きが遅め。

Shadowverse

同じCygames制作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』では、グランブルーファンタジーをテーマにしたカードパック「蒼空の騎士」にて他のと共に参戦した。

カード

ドラゴンナイツというスペルから呼び出せるトークンフォロワー。四騎士の中から一人ないし二人を「チョイス」することで場に出せる。

カード名ドラゴンナイツ
種類スペル
クラスロイヤル
レアリティゴールドレア
コスト5
能力不撓不屈の騎士・ヴェイン
竜殺しの騎士・ジークフリート
俊英の双剣士・ランスロット
炎帝・パーシヴァル
チョイス したカード1体を出す。
エンハンス 8; 1体ではなく、2体チョイス する。
収録セット蒼空の騎士 戦場の四傑
※チョイス…複数のカードから選択する能力。
※エンハンス…本来のコストの代わりに、記載の数値分のPPを支払うことで発動する能力。

カード名炎帝・パーシヴァル
種類フォロワー
クラスロイヤル
タイプ指揮官
コスト5
進化前攻撃力:5 体力:4
能力自分の場に竜殺しの騎士・ジークフリートがいる限り、突進 が働く。
攻撃時 「自分の他のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。
進化後攻撃力:7 体力:6
能力進化前と同じ能力。
CV逢坂良太
収録セットトークン
※突進…場に出たターンでもフォロワーを攻撃できる能力。

理想の家臣を再現した攻撃時によるパワーアップ能力を持つ。
さらに自分の場にジークフリートがいる場合、追加で突進能力を持つ。エンハンスで同時に出した場合、相手フォロワーを倒しつつ、隣には必殺と守護を持つジークフリートが立つ強力な動きが可能。

リーダースキン

「蒼空の騎士」のリリースに伴い、ロイヤルの「リーダースキン」としても参戦した。「リーダースキンセット」を購入することで、パーシヴァルをロイヤルのリーダーとして操作できるようになる。


その他

「テイルズオブアスタリア」への出張

2016年6月13日より開始された、テイルズオブシリーズのRPGアプリテイルズオブアスタリアとのコラボレーション企画(第二弾)では、アスタリア側のコラボシナリオクエスト「巡り合う蒼穹の旅人」の限定キャラクターとしてカリオストロフェリと共に参戦。クライマックスシナリオクエストをクリアするとパーシヴァルを仲間に出来る。
パーシヴァルのシナリオクエスト「ウィンドルの騎士と異世界の勇士」では、アスタリアの世界に飛ばされたパーシヴァルがウィンドル王国に仕える騎士アスベルを自らの家臣として勧誘するシーンから始まる。元の世界に戻る手がかりを求め彼と共に奔走する中、ユーリスレイ達との出会いを経て物語は進んでいく。


余談

・ルリア役の東山奈央の話によれば、中の人もグラブルをプレイしており、パーシヴァルは中々出ないそうだが「ああいう背格好の高いどっしりしたイケメンの役を演る事がないので演じるのが楽しかった」とのこと(ぐらぶるちゃんねるっ!#30より)。
・2015年12月に開催されたストーリーイベント『亡国の四騎士』では、一定の条件を満たすとパーシヴァルに関連する称号が手に入る。条件をクリアするごとに「駄犬→家臣→右腕」とランクアップしていくので、右腕になりたい者はイベントが復刻された際には頑張ろう。(追記:復刻イベントが討滅戦形式に変更されたことにより、現在は取得不可である。)
・両肩の厳つい鎧が目立つ所為か、女性ユーザーにはしばしば腰の細さを気にされている。一部の考察では「鎖帷子を着込んだ上であのクビレは実は相当な細腰なのでは…?」と話題に。
「よろず屋シェロ新宿マルイアネックス出張所」では、他のフェードラッヘ勢やカリオストロ達と共に様々なブランドとコラボしたグッズの中から、タートルネックの上に自らをモチーフとしたパーカーを着用した姿が描き下ろされた。本編では見られないラフな姿は必見。
「よろず屋シェロなんば出張所」ではチャノマカフェとのコラボでランスロット達と共にウェイターユニフォーム姿を披露。またカフェのコラボメニューとして「炎帝心酔ミックスベリーソーダ」(900円税抜)が楽しめる。
・後にヴィレッジヴァンガードカフェともコラボレーション。キャラクターごとの新メニューとして「パーシヴァルの濃厚ロイヤルミネストローネ」(1,680円税抜)、「トマトの炎帝ファルシ」(1,280円税抜)、「スパークリングファスツィナツィオン」(680円税抜)が楽しめる。
・Bポイントショップでは、グラブルTCGを購入する事で手に入るポイントで忠臣を従えたパーシヴァルのマイページ専用スキン「炎帝の群臣」が交換できる(1000Bpt必要)。尚、スキンによって変わるのはマイページの絵のみであり専用のSD絵やボイスは無いので注意されたし。
・2016年11月23日には、フェードラッヘの3人とThe Dragon Knights ~GRANBLUE FANTASY~」としてCDデビュー。各キャラソロverも収録されている他、専用の衣装を纏ったジャケットやゲーム内で使用できるスタンプ特典も必見
クリスマス限定スキン『アーベント・シュティール』も登場。漆黒の礼服に手甲、赤いロングマフラーにマントを羽織ったスタイル。愛剣にはポインセチアの花飾りまで施した徹底ぶりである。
・2018年8月31日から始まるシナリオイベント『蒼空の向こう側』には専用スキン「心のアニキ」が登場。まさかのヤンキー服という彼からすれば斜め上にも程がありすぎる衣装。


・有都あらゆる氏の公式派生作品「ぐらぶるジャージ部ッ!」コミックス第1巻には公式イラストレーターの描き下ろしジャージパーシヴァルが収録。グラビアアイドルばりの着こなしとポーズに要注目である。また、上記する「心のアニキ」スキンの元ネタでもある。

ゲーム内小ネタ

特別な時期のみ、ルリアノートでキャラクター達の限定イベントを見ることが出来る。パーシヴァルは上述されている通り普段の性格からは想像できない一面を見せてくれるので、ギャップに弱い騎空士は注意が必要である。

関連イラスト

パー様
Cupid


炎帝
炎帝


炎帝パーシヴァル
炎帝



関連タグ

グランブルーファンタジーの登場人物一覧 ヒューマン(グラブル)
フェードラッヘ 黒竜騎士団
ランスロット ヴェイン ジークフリート:四騎士の仲間たち。
アグロヴァル ラモラック ヘルツェロイデ:家族。
クラリス(グラブル):パーシヴァルと同じ火属性SSR。味方全体の弱体効果成功確率UPというサポートアビリティや強力な防デバフアビリティを持つ為パーシヴァルの特性と噛み合い、コンビとしてのスタメン起用も推奨されている。後にパーシヴァルも光属性版が実装された事で、光クラリスとも組ませる事が可能になった。一部では「パークラ」との愛称も。
ヘルエス:クロスフェイトで共演。

ギルガメッシュ(fate):一部の騎空士からは綺麗なギルガメッシュなどと言われている。俺様系キャラとなるとやや違う面は見られるが…

パーシヴァル(Fate):別次元の同名騎士。初登場時ではTwitterでのトレンド騒ぎになるほど名前が各地で飛んでいた

関連記事

親記事

黒竜騎士団 こくりゅうきしだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「パーシヴァル(グラブル)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「パーシヴァル(グラブル)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16201769

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました