ピクシブ百科事典

シヴァ(グラブル)

しゔぁ

シヴァとは、ソーシャルゲーム「神撃のバハムート」、「グランブルーファンタジー」などに登場するキャラクターである。本記事は認知度の関係からこちらのタグを使用する。
目次[非表示]

神撃のバハムートにおける概要

神撃のバハムートに登場する、レジェンドクラスのカード。

黒の長髪に黒と金の鎧、紫色の肌に4本の腕を持ち、白蛇を従えた元ネタにあるインド神話の神そのままの容姿。象徴でもある第三の目は冠のようなデザイン。

同じくCygamesが提供するスマホゲーム、グランブルーファンタジーShadowverseにも登場している。

グランブルーファンタジーにおける概要

  • フレーバーテキスト

召喚石
森羅万象に融解し、有為転変を邪な瞳で凝望する猛々しき破壊神。ひと度憤激すれば、額から放たれし聖なる光にて、此岸の全てを灰に帰す。無から生まれし新たな世界に、金色に輝く三叉槍を掲げる時、邪な瞳は如何なる景色を見るのだろう。
リミテッド
救いを司りし猛き武神は、人の営みに寄り添い強き心に呼応し顕現す。神は願う。世を織りなす人の子が本道に立ち返らんことを。

火の天司ミカエルの使徒かつ火属性の召喚石。4周年記念で実装された「マグナⅡ」では他の使徒メンバーと共にボスとして登場した。
こちらでの容姿はパラドックス・シヴァに近い。神話にある「第三の目」は召喚効果として登場。
連れている白蛇の名前は「ナーガラージャ」。

また、冬のグラブルフェス生放送2018にて年内にリミテッドシリーズとしてプレイアブル化が発表され、来たる12月28日ついに実装。使徒メンバーでは三人目のプレイアブルとなる。
レジェンドガチャで『悪滅の雷ちなみに弓入手により仲間となる。肩書きは「究極不変悪滅善護」

実装当日はTwitterトレンドに「シヴァ様」がランクインしたり水着ジャンヌ以来二度目のアクセス障害を引き起こすなど、空前のブームを巻き起こす。

その後も召喚石に関しては人気投票上位に君臨を続けており、第27回においては2位のグリームニル(9.7%)にダブルスコアの差を付けており、全体の2割以上(21.2%)の支持を得た。

召喚石として、ここまでの大きな支持を得る理由は後述する。

プロフィール

レアリティSSR
属性
タイプ/武器攻撃/槍・杖
種族星晶獣
年齢不明
身長不明
趣味ナーガラージャとの戯れ
好き蛇、踊り、人の祈り
苦手なし
CV速水奨


人物

召喚石では、クルーガー島の寺院で火の天司ミカエルの加護を受けた主人公に興味を抱き、自らの力を授けると申し出るが、それに相応しいかどうかを試すために戦いを挑む。

プレイアブルでは、主人公が疫病が蔓延するとある村の少年の夢を見た事がきっかけで知り合う。
少年や村人達を助けたいという主人公に対し、シヴァは既に手遅れであり、これ以上の拡散を防ぐには全てを焼き払い浄化する他ないと冷たく言い放つ。それでも主人公が瀕死の少年の姿に幼かったかつての自分の姿を重ね、奇跡を願っていると、それに応えるかのようにシヴァの第三の目が開き、村人達は病から救われたのだった。
その後主人公には木彫りの像を手渡し、何かあればその像に祈ることで顕現し、力を貸すと約束する。
ちなみに彼のフェイトエピソードにミカエル自身は登場しない

「救い」を司り「火」をあやつる破壊神の名の通り、その力をもってあらゆるものを無に返す。
星晶獣の中では珍しく「信仰心」を力の糧としており、強く願えば願うほどその力は増していく。

また、使徒メンバーの中では珍しく最初から人の世界に関心を持っており、特に『人が使う言葉』について深い興味を示している。作中でもビィが使っていたヤバいという言葉に反応しており、ビィに使い方を教えるよう尋ねている。
もし彼らと出会っていたらとんでもない事になってたに違いない・・・・・

性能

バージョン奥義アビリティサポートアビリティ
SSR第三の目、開眼 /(開眼中)マハーカーラトリシューラ / ブラフマン・ルドラ / ターンダヴァ破壊の舞踏 / 崇拝の尊神


キャラクター

召喚石よりも後に登場、登場時にフィーバーとなったのは上述通り。役割としては、アタッカー、敵弱体化、味方支援を担当……って、役割がこの人に似ているのは気のせいでしょうか。

奥義ゲージの上昇が他のメンバーよりは低いものの、常時通常のダメージが1.15倍と言う補正が付いている。奥義の攻撃力大幅上昇、第三の眼中の強力な奥義、高い倍率のダメージアビリティと別の意味でも何でもこなせる万能キャラ。

召喚石

加護効果は火属性の攻撃力120%(最終上限で140%)とこちらも能力としては高いのだが、それ以上にシヴァが重宝されている理由は『破壊の導』という1ターン限定で攻撃力大幅上昇効果(約2倍)を得る特殊効果だろう。召喚時の攻撃力自体もそこそこあるのだが、そちらよりも注目されているのが、こちらなので。

使用出来るのが1回(再召喚不可)限定だが、サポート召喚石でシヴァがいれば自前を含めて合計2回は使えるだろう。火属性パーティーでは文句なしの主力、他属性でも『破壊の導』だけの為に入れるという選択肢も出てくるかもしれない。やろうと思えば、サブ枠を含めて全てシヴァにする事も不可能ではないと思うが、現実的とは言えない。

これを踏まえると、人気投票上位が揺るがない理由もわかっていただけるだろうか。

サブチケ交換不能等の入手条件がガチャ召喚石では非常に厳しい部類だが、運よく引ければ大当たりと言う位には強力なクラス。

キャラクターの方も、召喚石と同様に引ければ大当たりと分かりやすく、人によってはこちらクラスのバランスブレイカーとも言えるかもしれない。

Shadowverse

第14弾カードパック「森羅咆哮」にて登場した。

カード名シヴァ
種類フォロワー
クラスニュートラル
レアリティレジェンド
コスト6
進化前攻撃力:5 体力:6
能力守護
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、6、9、12ターン目なら、自分のリーダーを2回復。7、10、13ターン目なら、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。8、11、14ターン目なら、相手のリーダーに4ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
進化後攻撃力:7 体力:8
能力守護
CV速水奨
収録セット森羅咆哮
※守護…相手フォロワーは守護を持つフォロワー以外を攻撃することができない。
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。

高めのステータスと特徴的なファンファーレ能力を持つレジェンドフォロワー。
リーダー付与効果によって、6ターンから14ターンの間のターン終了時に、リーダー回復・バフ・リーダーダメージが計3回ずつ発動する。

関連イラスト

欲
シヴァ様



関連タグ

神撃のバハムート グランブルーファンタジー
星晶獣 天司 ミカエル
ブローディア エウロペ グリームニル:マグナⅡボスかつ使徒メンバーたち

関連記事

親記事

星晶獣 せいしょうじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シヴァ(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129870

コメント