ピクシブ百科事典

セレスト(グラブル)

せれすと

グランブルーファンタジーに登場する星晶獣の一人である(画像下の船も上に乗っかっている女性もセレスト)。名前の由来は実在した謎多き幽霊船マリー・セレスト号
目次[非表示]

概要

ボッロボロの騎空挺に顔のような穴が開き、そこから赤い光を灯しながら瘴気の霧を発して進む幽霊船。見た目は完全に騎空挺だがれっきとした星晶獣である。船首には女性の像がついている。
「出逢った相手の死を奪う」という能力を持ち、これによって道行く島にいる生物が死を奪われ、アンデッドにされた。これまでの島に眠る類のものではなく移動性のため、星晶獣の「歩く災害」という言われを地で行くような存在である。また、死を奪った存在を喰らう事で自分の力にもできるというトンデモ星晶獣でもあった。フェリ及び彼女のいた島に住む人々の死を奪い、今度は主人公たちの死も奪おうとするも、島の人々の機転、居合わせた男の発想により失敗、ルリアに力を奪われ消滅した。

…が、「自分の死」すら奪う事でよみがえり、トラモント島に訪れたグランサイファーの仲間達の死を再び奪うために霧を張って襲いかかってくる。


召喚石としてはヴォイドでダメージを与えた上で味方に光耐性アップのバフをかけるという、案外使い勝手のいい性能。要は攻撃のできる劣化版カーバンクル

色々なものを奪う星晶獣として語られるが、奪うだけではなく、トモイに与えていたりする。トラウマをだが


セレスト・マグナ

牢獄
セレスト・マグナ


 他のマグナと同じく、ザンクティンゼル(主人公の故郷)の祠を弄ったばかりにやってきた、顕現せし絶望。ただの顔のみえるお船だったセレストの原型は瘴気の霧でほぼ見えず、まともに見えるのが船首に飾られていたものと思われる黒衣の女性であり、彼女も大量のロープに繋がれている。彼女の足元には「彼女に出逢ってしまう」という悲劇に見舞われたあらゆる騎空挺の残骸が大量に、所狭しと詰まっており、もはやその姿は動く墓場。セレストが騎空挺程度の大きさである事を推測すると、大量の騎空挺を下に携えるセレスト・マグナの大きさは他のマグナとは比べ物にならない。
 なお召喚石としてはヴォイド・オールを使うも、回復はさせずに普通にダメージを与え、「回復力ダウン」のデバフをかける。他のマグナと比べデバフの内容的に使い勝手が悪い。マグナ武器が集めにくい(強さとドロップの渋さ)のと、ガチャ産のハデス石やバハムート石との競合もあり、召喚石としても人気も低い。

 ただ、見た目のインパクトもさることながら、あの船がメカクレした儚げな女性に変貌しているのもあって人気があり、Pixivで描かれているセレストはマグナ形態がほとんどである。

 HLではお顔っぽいお船さん型から始まり一定ダメージを受けると全体が霧に包まれ、そして半分を切るとセレスト・マグナとしての姿で顕現するという段階的に進化する熱い演出がなされる。
 
戦闘BGMは霧に包まれた島(トラモント島)のBGMアレンジ。儚さと陰鬱さの混じった曲が壮大な絶望にアレンジされている。鬼気迫る曲として使い勝手がいいのか、ストーリーイベントの戦闘曲としてもよく使われる

戦闘

 本編の各属性ボス星晶獣のトリを飾るだけあり、今までのボスとは非常に変わった戦い方をしてくる。これまでのボス星晶獣が(それなりのからめ手はあったとしても基本は)火力で押し込んできたのに対し、セレストはとにかくデバフにデバフをかけた上で通常攻撃で痛めつけてくるという、真綿で首を絞めるような戦い方をしてくる。特にオーバードライブ中の「ヴォイド」はダメージこそないが「再生」「アンデッド」「アビリティ封印」「腐敗」をかけてくる。何が酷いのかを説明すると
アンデッド状態のために再生でダメージを受け続け、ダメージ回復にポーションを使おうものなら追い打ちをかけてしまい、クリアをかけようにもアビリティは封印されている。しかもオーバードライブで相手の次の一撃は早く、こちらが治るまえにまたヴォイドをかけられる。そしてその間に通常攻撃と腐敗によってじわじわと体力は削られる
…という、一度まともに喰らったらそれ以降戦況を覆せなくなるような非常に陰湿な技であり、短期決戦もしくはアビリティを撃たせないようこちらも陰湿な戦い方をするしかない。居ればの話で他の個体でも言える事だが、圧倒的暴力で沈めるという手もある
 マグナとなるとゲージがたまらなくても一定条件を満たした動きをこちらがすれば、特殊行動で大技を撃ってくるため、ただでさえ間に合わないこちらの戦況立て直しが追い付かない。特に「ヴォイド・オール」はこちらを完全回復するという一見ありがたい技のように見えるが、攻撃じゃないので分身、幻影の類は効かず、ダメージカットも意味なし。それで効果は完全回復のためアンデット状態で喰らえば一切の対処もできず文字通り全てを虚無へと消え去る悪夢のような技である。かといって条件を満たさず殴り続けると奈落のフォールダウンによってその身を消し飛ばしてくる。火力も備えたまさに化け物である。

 逆を言えばパターンさえ掴めれば、マグナ相手でも特殊行動の連発で一方的な戦い方ができるが、そのための編成と装備を整えるのは非常に苦労する。

 HLでは一貫してデバフをかけまくって真綿で首を絞めてくる戦法をとるも、各段階でも戦い方が大きく変わる。、セレスト形態では「声ナキ叫ビ」でデバフを完全解除してきて、霧モードでは一切攻撃をしない代わりにCTがたまると自身に幻影を付与したり、無属性ダメージ(ダメージカット不可、属性相性による増減もない一定ダメージ)を与えてくる。この段階でブレイクできればただのサンドバッグだが、油断して顕現した時に殴って反撃されないように。一番注意せねばらないのはマグナ顕現時の特殊行動「安楽」。全体にほぼ確実にかかる「睡眠」と「アンデッド」を付与するというもの
睡眠時はダメージ倍率が跳ね上がるため、通常攻撃でゴリっと体力を削られる。更に連携をとれないまま殴り、ヴォイド・オールを発動されたら最後、あと一歩の所で主力が虚無へと消え去る事になる。
 高火力の味方とその火力を維持するためのクリア・マウントといった回復手段の充実化を計らねばならない強敵である一方、パターン化しやすいのは通常マグナと一緒のため、慣れたプレイヤーのHLバトルに参加すると「知らないうちに勝ったので何をしてくる敵なのかパッとしない」なんて意見が出ることも。南無


関連タグ

グランブルーファンタジー
星晶獣
幽霊船
墓場








フェリ(グラブル)
ドランク

pixivに投稿された作品 pixivで「セレスト(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57149

コメント