ピクシブ百科事典

リッチ(グラブル)

ふしのおう

グランブルーファンタジーに登場する星晶獣の一体
目次[非表示]

概要

屍の王は怨嗟をまとい、叫喚とともに襲来する。振りかざされる不可避の恐怖に、生ある者は皆跪くこととなる。
似たような奴に本編でも出てきたセレストがいるが、彼女が「死を奪って不死者にする」のに対してリッチは「ただ亡者とする」という点ではセレストよりもタチが悪い。不死の王とわかって挑んできた主人公を愚かと一蹴し、腐敗し、枯らし、そして亡者とせんと襲い掛かる。
 かなり黒くぼかされた状態とはいえ、完全に彼のグラフィックで「星晶獣」という名前で登場しており、騎空士時代のバザラガが過去に挑んで惨敗した相手の可能性がある。
ガチャの召喚石でSSRとして存在する他、マルチバトルにて自発したDエンジェル・オリヴィエを撃破すると霧に包まれた島(トラモント島)に現れる。
その災害っぷりからもわかる様に非常に強力でかつ恐ろしい星晶獣であるのだが、ゲーム中でユーザーからネタ扱いされている。

そのワケ

石の微妙さとマルチバトルのうまみが薄い事が理由。

召喚石として

加護効果も召喚効果も入手時点では当然だが弱く、召喚効果は「腐敗」というスリップダメージ技だが、絶対にかかるわけじゃなければスリップダメージもそう大きいわけじゃない。しかし最終開放すれば全召喚石中3位の攻撃ステータス、準専用バフともいえる死の祝福(毒や腐敗などといったスリップ系ダメージを回復に置き換える)という悪くない、むしろ強い方の召喚石になるのだが、4凸でやっとこの性能であることと、4凸ならばほかにも有用な召喚石はいくらでもあるため、金剛晶(SSR召喚石を限界突破させるアイテム)を使う優先度が低い。
他の闇のガチャ産石と比較すると、4凸でスロウ効果とアビリティ使用短縮効果の2つを持つオリヴィエや4凸で闇属性攻撃力70%と光属性ダメージカット70%のアヌビス(4凸にはランク101以上自発可能のHLマルチバトルに参加必須)、一回限りだがCT完全消滅で最高難易度マルチバトル「アルティメットバハムートHL」などで活躍するテュポーン、圧倒的な加護効果を持つハデスやバハムートなど、他は多岐にわたって活躍することができる加護や召喚効果を持ち、やはりリッチに強化の手間を割いたりするのであれば他をやるべきと、ほったらかしにされてしまう。
結果的にリッチは闇の中でも評価が低い召喚石で、リストや倉庫に眠っているうちに闇晶のエレメントになっていた、という事になりがちな召喚石である。
とはいっても他属性でも同じような召喚石はあるので美男美女やおじさま、カッコいいモンスターがそろう召喚石の中、ローブを羽織った青い髪の毛の生えた骸骨が1人そこに交じっているということがリッチをネタ扱いされる理由になったのかもしれない。


敵として

非常にめんどくさい。そしてタフ。
 開始一発目で「不死の呼び声」という腐敗、毒を付与する全体攻撃をかける。こういったスリップダメージデバフは効果が重複する上、二つ以上かけられるとクリアオール1つで一掃できないのが苦痛。ただでさえ召喚石マルチと呼ばれる枠のボスのため通常攻撃のダメージもデカい。更に、残り体力が一定以下になる度に特殊行動で「コラプション」を発動。「不死の呼び声」よりもダメージがデカい上に、同じようなデバフをかけてくる。
 そして一番恐れるべきはOD時の「デス」である。直球過ぎる技名からもわかる様にこれは即死攻撃。かけられた次ターンに喰らったキャラが即死し、更にリッチの攻撃力が上がる。
 「ファントムペイン」も恐ろしく、多段攻撃によって大打撃を与えた後に、毒とアンデッド効果をかけてとどめを刺してくる。 
 対処方法は基本的に「とにかくクリアとマウントを充実させる」。特にソロや身近に連携の取れるプレイヤーがいない限り、自衛の手段を充実させないと一瞬で一人残らず亡者にされる。セレストも似たような対処を要求されるが、それよりも充実させないとかなり面倒な目に遭う。
他であれば最終開放した十天衆のソーンによる長時間の麻痺などがあるが、一部ボスを除けば彼女の麻痺はボスを全く行動させないものなので対処とは言い難い。
しかし、「最終開放したリッチ自身の召喚効果」「主人公ジョブのエリュシオンの解放の歌声」による死の祝福で、すべてのデバフ効果を回復に換えることができる。この2つを両立、さらに防御寄りのキャラ編成にすれば長期にわたってリッチによって与えられたデバフでずっと回復し続け完封、ということもできてしまう。
自分自身とエリュシオンジータに弱いリッチであった。
対処法があったとしてもリッチをやろうという人は少なく、マルチバトルの人気は絶望的に低い。故にいかなる時でも過疎る。基本的に、立てて積極的に全体救援をかければ強力なユーザーが入ってきて勝てるものだが、このリッチに関しては一部の熱狂的なファンが来なければ苦戦は必至と言っても過言ではない。
そんなリッチ撃破によって手に入る武器は「サンダー・オブ・ファントム(銃)」と「ブラック・ザ・ダークネス(杖)」である。ステータス自体は高いがこのゲームでは基本的にステータスは最終的に突き詰めていくもので、装備効果であるスキルが重視される。これが何とも言えない性能である。銃は守護効果という基本的に使うことが無いものであり、もう一つのスキルも括目(極稀にカウンターができるようになる)という使い方の難しいスキルである。杖は攻刃を持っているが、もう一つの結界(戦闘開始時にバリアが3T貼られる)だけというどうしようもないスキルである事から、手にいれたところで喜べるものではない…が、その見た目、奥義演出にはあのリッチの武器なのかと思えるくらいのかっこよさで、スキンとしては十分な性能を発揮する。
 さらに彼のアニマは「アルティメットバハムートN」を自発するために必要なアイテムの素材となるため、このゲームをやるうえで必ず通る道になってしまい、碌に対策も出来ない初見時に殺しにかかってきてその強力さを味わう羽目になる。


そんなリッチだが…?

そんなリッチの評価を公式が認知したのか、アニメ化したグラブルの8話にてセレストは勿論、当時主人公らがいた島の主であるリヴァイアサンを差し置いて登場するという謎の優遇。ルリアの持っていた恐怖を駆り立て、心を閉ざすきっかけのひとつとなった。流石に喋ったりはしなかった。
公式問題作「ぐらぶるっ!」では死の祝福効果によりカタリナの即死級ゲロマズ料理を食べて逆に回復する体質にする大活躍。
また、2017年のグラブルフェスのコスプレではなんとリッチのコスプレをしてきた猛者が現れ、中々にクオリティの高いリッチのコスプレは他の主要キャラのコスプレをした人たちを差し置いて注目を浴びた。このように、ネタ方面ではさらに愛されるようになった・・・



関連タグ

グランブルーファンタジー 星晶獣 リッチ
亡霊 幽霊 悪霊 ネタ枠

セレスト(グラブル)

pixivに投稿された作品 pixivで「リッチ(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2167

コメント