ピクシブ百科事典

バザラガ

ばざらが

スマホRPG「グランブルーファンタジー」のキャラクター。闇SSRは[冥闇の剛刃]バザラガ。土SSRは[懸愧の獅子]バザラガ。
目次[非表示]

男は、消えぬ悔恨を冥闇の色に染め上げた。
惑いの中で幾度となく重ねた過ちは、男から全てを奪い去った。
振るう大鎌、纏う鎧と、全てが禍々しいのは堕ちた証を求めたがゆえ。
手負いの獅子、その傷が癒える日はいつか。

概要

レアリティSSR
属性闇/土
タイプ攻撃
種族ドラフ
年齢30歳
身長215cm
趣味強い酒を飲むこと
好き肉体の強度試し
嫌い昔を思い出す事
立木文彦

イベント『神境にて辿る跡』にて登場。
「ミストルテイン」入手で闇属性版、「ウルツァイトサイズ」入手で土属性版が加入。

とある『組織』に属するドラフ族の戦士。
星晶獣を斬ることで威力が増す"大鎌グロウノス"の使い手。
ゼタとコンビを組んで行動することが多く、フランクなゼタのストッパー役。

レアリティ奥義アビリティサポート
闇SSRブラッディ・ムーン/カルネイジ・ムーン大鎌グロウノス/インスティンクション/フォゴトゥン・テイルズグロウノスの契約者/痛覚なき肉体
土SSRクルード・ランページソウルフォージ/バタリアンズ・オブ・フィア/ウェルカム・トゥ・ダィイング痛覚なき肉体

漆黒の鎧を纏っており、その素顔と共に謎が多い男である。
かつて騎空団を束ねていた過去があるも、ある星晶獣との戦闘で自分は重体、団員は殆どが死亡するという悲劇を経験している。大事なものを守れなかったトラウマから二度と大事なものを失わないよう、全身の至る所に改造を施している。本人曰く『特別性』。肉体改造は自身に対するけじめも兼ねたいわば犯した罪の刻印でもある。
改造を施した肉体はもはや痛みを感じず、激しい雷撃にも耐えきる頑丈さを誇る。
強化儀式や改造を経た仮面の下の顔がどういう状態なのかは不明だが、興味ありそうなそぶりを見せると「見たいか?見たいのか?」と迫ってくるが、これが彼に言える唯一の冗談で邪魔されるとすねてしまう。

危険な場所に子供だけでいるのを見かねて、さりげなく守ってやったり、重々しい物言いで助言や警告をしておいて、「いや、なんでもない。喋りすぎた、気にするな」で締めるなど、不器用な優しさを見せる。もともと仲間思いの人物だったようで、他者と距離を措きたがるのは巻き込んで傷付けたくないという過去の出来事への後悔に起因する想いからである。

闇属性の加入フェイトエピソードでは、本人は「組織」に属し自由のない身の上にもかかわらず、若くして困難に挑もうとする主人公達の行く末を案じて旅への動向を申し出たり、主人公に取って大切な存在であるルリアとビィ、どちらかを選ばなければならないならどうするか?と厳しい選択を迫った上で、その時は俺を頼れ、お前が守りきれないものは俺が守ると言い切る大人の人格者ぶりを見せ付ける。
その一方で自分が他人にどう思われているか、自分が自分をどうするかに関してはとことん無頓着どころか破滅願望に似たモノを抱いており、特に「自分は誰かに心配されるような存在じゃない」という強い想い込みは時に相棒のゼタや片思われなアルメイダ、主人公らをやきもきさせている。「Right behind you」にてその思い込みは軟化するも、他人が自分に向ける感情への鈍感さは元々の性質らしい。罪作りな男である。

過去に、主人公一行がバルツ公国でコロッサスを撃破して次の島に旅立った数日後、フレイメル島の鉱山を訪れており、鉱山の現場監督アルメイダを危機から救っている。
それがきっかけでアルメイダはバザラガと大鎌グロウノスに強い興味を抱き、「バザラの槌」と名付けた武器の製作を始めるのだった。(バザラガの名前を間違えて覚えていたため)。

落書き


土属性版ではある事情からグロウノスを失ってしまった為、代わりに大鎌「アルサラブ」を使用する。
風貌も鎧ではなく外套に包帯という荒々しいもので、素顔が少しだけ垣間見える。こちらでも件の冗談は健在。
なおこの大鎌、アルメイダ作の模様
素顔はこのバージョンと合わせて開催されたイベント「Right_Behind_You」で入手可能な召喚石「赤き穿光と黒き大鎌」でも少し覗かせている。人間が持つには妙に刺々しい歯が見えるが、全部は見えない。目が光るのに鎧は関係ない模様。

性能

  • 闇属性Ver.

「自身の攻撃力をアップさせてぶん殴る」という極めてシンプルかつ強力なアタッカー。

素でも高い攻撃力を、さらにアビリティとサポートアビリティで押し上げた上で、ドライブバースト(敵がオーバードライブ時に大ダメージ)でぶん殴るので、とんでもない火力になる。シンプルな設計なので初~中級者でも有用で、シュヴァリエ・マグナのMVP確定を狙う際にはアタッカーとして大きな助けになる。

ドラフ族の攻撃力をアップするバハムートアクスとも、闇属性トップクラスの性能を持つセレストザグナル・マグナとも得意武器が一致する斧使いなので、火力を求める局面なら上級者にも採用される優秀なキャラクターである。
唯一の欠点は、絡め手が苦手……と言うか全く出来ないこと。とにかく火力を出す事しか出来ないので、その他の環境は他のメンバーで整えてあげる必要がある。
最終上限開放によって更に火力を出せる弾道弾に。奥義発動後「オーバード・グロウノス」によって2アビの攻撃力に多大な補正をつけるようになった。そのため、3アビ+2アビでOD状態の敵を攻撃するととんでもないダメージを叩き出す。

リミットボーナスはただでさえ有り余ってる火力を更に盛り盛りにするか、イベントさながらの打たれ強い肉壁にするかを選択させる構成。

  • 土属性Ver.
闇属性のコンセプトや性能を一部継承した、いわばリファイン版。
自己強化は奥義ゲージを消費するようになってしまったが、その強化内容は攻撃力アップ、DA率100%UP、クリティカル率100%UP、全体攻撃化…と、とにかくてんこ盛り。
また被ダメ50%軽減と敵対心アップも付与され、盾役としても機能するようになった。
土属性は被弾厳禁なキャラがうようよいるため、それらを守れるキャラは貴重な存在であり、一定の役割を持てるようになっている。
また2アビ3アビが奥義ゲージ加速ができ、強化までの隙を自分で軽減できるため味方への依存度が低く、腐りにくい。

余談だが、闇属性では出来なかった味方支援が出来るようになったのは、バザラガ自身が過去に区切りを付け、前に進めるようになったからかもしれない。
このあたりの事情はRight_Behind_Youやイベントバージョンゼタのフェイトエピソードで確認できる。成長に歳は関係ないのだ。

関連イラスト

バザラガちゃんはこういうことする
ビィ君と 組織のひとたち


関連タグ

グランブルーファンタジーの登場人物一覧 ゼタ(グラブル)
組織(グラブル) 朴念仁

pixivに投稿された作品 pixivで「バザラガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 864404

コメント