ピクシブ百科事典

イルザ(グラブル)

いるざ

Cygamesが提供しているスマホ用ソーシャルRPG「グランブルーファンタジー」に登場するキャラクターの一人。[峻厳な鬼教官]イルザ/水着バージョンは[勇躍の艶女傑]イルザ。
目次[非表示]
  • フレーバーテキスト

通常SSR
戦場で生き残る術を教えるため、彼女は心を鬼にした。
辛辣な言葉の裏には戦士の覚悟と教官の決意が秘められている。
憎まれ恐れられても果たすべき使命のため、彼女は今日も怒号を飛ばす。
水着SSR
仕事に忙殺される女は海での休暇を楽しむため至高の水着を調達する。純白の水着と金の装飾は如何なる時でも妥協を許さない気高さの表れである。マントで武器を隠すという配慮も忘れず、彼女は海へと繰り出す。

概要

レアリティSSR
属性土/火(水着)
タイプ攻撃
種族エルーン
年齢28歳
身長171cm
趣味買い物、スイーツ巡り
好き恋バナ、覚悟のある者
苦手下品なもの、死に急ぐ者
CV園崎未恵


組織」の構成員であり、ゼタ達の上官。ガチャで「ガーンディーヴァ」を入手することで加入、水着バージョンは期間限定ガチャで「アルジュナン・ボウ 」を入手で加入。
2018年幕開けのイベント「Right Behind You」で初登場、同時にレジェエンドガチャに追加された。

レアリティ奥義アビリティサポートアビリティ
SSRバースト・イレイザーセイクリッド・ヘル/ヒム/ティニタスノインバレット/調停の銃ニバス
水着SSRバースト・イレイザーシャドウ・イーター/フューチャー・ノヴァ/ヘルファイアライズ・アゲイン/真夏の鬼教官

容姿

イルザ


白い軍服調の服を着た黒髪の美女。エルーンの宿命か、背中や腋は盛大に開いている。
一見ショートカットのようだが、上限解放後のイラストを見るに長髪の様子。

契約している武器「調停の銃ニバス」は組織の武器の力を抑制、封印する力を持つ。
二丁一組の銃であり、二丁拳銃として使用するほか、合体して1つの銃にする事も可能。

イルザ 💙💙


水着バージョンはCMに登場した後グラブルサマーフェスin大阪で正式に発表された。
黒髪をポニーテールに結い上げ、赤いリボンとサングラスを頭にかけている。
水着は金の装飾を施し胸元がメッシュになった白のワンピースタイプ。背中は安定の丸見え。
両腰の武器を隠すため白のマントを羽織っている。
上限解放では昼寝中のイルザを誘いに来たゼタベアトリクスの姿がある。

人物

クールな見かけとは裏腹に非情に荒い気性の持ち主であり、罵詈雑言を浴びせながら指示を飛ばす様は正に鬼教官。
ゼタベアトリクスは訓練生時代に彼女からの強烈な指導を受けており、特に落ちこぼれだったベアトリクスは彼女のしごきがトラウマになっている。
また、ユーステスとは同期。

会話の端々にやたらと「クソ」を交えるのが特徴で、ベアから「クソがイルザ教官の代名詞」とまで言われているほど。
また、部下には仔犬(パピー)鎧チキン癇癪玉など独特なニックネームを付けている。バザラガが暴走した際には「大鎌ハッピータイム」と呼ぶなどそのセンスは光るものがある。

しかしプロフィールの通り、本来は恋バナやスイーツが大好きだったりベタな結婚願望があったりと乙女チックな性格で、下品な物言いも嫌っている。
(また、訓練や任務の最中こそ荒々しいが、それ以外の場面ではそういう柔らかな面は別に隠したり恥じたりはしない)
ユーステス曰く「昔は間違ってもクソとは言わなかった」「ああ見えて普通の奴だ」とのこと。

こういった粗暴な言動をするのは、部下達から恐れられ憎まれ役となってでも厳しく強く育て上げる事で、危険な任務に赴く彼らの生存率を少しでも高める為。
ひとえに部下を死なせまいとする彼女の優しさから来る懸命の演技なのである。

――ちなみにそんな彼女の努力もむなしく初登場したイベントのオープニングで期待の新人レスター君があっさり消し炭と化している。

性能

主人公のEXジョブ「ガンスリンガー」に近い特性を持っており、バトル開始時に9つある「バレット」を消費して戦う。
バレットなしの状態で通常攻撃をしようとすると攻撃の代わりにリロードを行うほか、奥義や1アビを使用することでもバレットを回復できる。
1アビはバレット0の時にしか使用できないが、強力な状態異常である「恐怖」を付与する効果も持つ。
また、土属性では貴重な防御デバフ持ちであり、主人公の「ミゼラブルミスト」と重ね掛けも可能。
攻撃タイプでありながら補助的な動きもできる、非常に便利なキャラクターである。

関連タグ

グランブルーファンタジー 組織(グラブル) エルーン

pixivに投稿された作品 pixivで「イルザ(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1206066

コメント