ピクシブ百科事典

ヘレル・ベン・シャレム

へれるべんしゃれむ

ヘレル・ベン・シャレムとは『グランブルーファンタジー』に登場する人物の一人。[宵の審問者]ヘレル・ベン・シャレム
目次[非表示]

古の時代を生きた神の僕は、再び世界に降臨する。そこは彼女にとって未来であり、記憶の欠落にとまどうも、神話の空白を埋めるため空の旅を決意する。

プロフィール

レアリティSSR(リミテッド)
属性
タイプ特殊
武器杖・槍
年齢不明
身長155cm
趣味人間観察
好き詮索、暴露、新感覚調味料
苦手閉所、暗所、偉そうな人間
CV伊瀬茉莉也

リミテッド武器「バブ・エル・マンデブ」入手で加入。

概要

スフィリア王国の大図書館『叡智の殿堂』に展示されていた聖櫃から現れた謎の少女。
ルシオによれば、歴史の迷子と呼べる存在らしい。それ故に現実逃避に走り、主人公を冒険者と、ビィをビィ様と呼ぶなど、不可解な言動をとることが多い。
それを抜きにしても基本的に面倒臭がりのわがままな性格で物事に対して愚痴を零したり、理由をつけて主人公に自分をおんぶしろと命令している。
主人公には脳へ直接語りかけることが可能で、それを使ってシャレムが誘導したのが出会いの始まりとなっている。

預言者によれば、シャレムは暁の預言者である彼の対となる「宵の預言者」と呼べる存在らしい。となると彼女は創世神話以前から生きているということになる。

容姿

金髪赤眼の褐色肌の少女。金髪と言ってもビカラ以外の十二神将などのほかの金髪キャラより少し暗め。ちなみに生足
黒いドレスに身を包んでおり、全体的に「闇」と言った印象。
おしゃぶりのようなものを口に含んでいるが強力な拘束具らしく、本人の意思では外せない物となっている。ちなみにいつ付けられたものなのか本人すら不明。
この状態でも食べ物や飲み物を含むことは可能らしく、よくジュースを盗み飲みしている。
後述のバレンタインスキンでの言によれば、「食べ物を小さく砕いて口の端を引っ張って放り込めば食べられる」らしい。

関連キャラクター

かつて空の世界を混沌に染め上げようと企んだ星の民
どことなく雰囲気がシャレムに似ているが・・・

  • 主人公
創世期時代に旅した「冒険者」とよく似ているらしく、主人公と同じく脳へ直接意識伝達が可能だったと思われる。冒険者と主人公との関係性は今のところ不明。

ルシオと同じく「主」と呼んでいる。

スキン

  • ちよこなる日々
ちよこなる日々


2021年バレンタイン販売スキン。
セリフも「ちょこっと本気を出すか」などちよこをもじったものや、「ぴえん」「マジ卍」など最先端なものに変化する。本人曰く「若者言葉を勉強中」とのこと。
どうやってチョコを食べるのか問われた際に「わたちは神の僕だぞ」と前置きして上述の説明をし、これを神の御業だと豪語している。

性能

奥義アビリティサポートアビリティ
ケイオス・レギオンアバカブ/インヴィジブルタッチ/ロス・エンドス審問と排斥の預言者/神話よりの迷い子


敵に永続の上に除去不能の防御/弱体化ダウンデバフを付与1アビが特徴。それに加えて敵の攻撃性能を大幅に下げる3アビとの相性も〇。
バリア+回避付与のアビリティも持つ為全体かばう持ちのコルルと合わせるのも良い。

奥義は闇属性攻撃力アップに加えて1アビのデバフが付与されている相手に追加ダメージを与える効果を持つ。特化させれば合計で600万以上の大ダメージを与えることも可能。それに加えて発動後はトランスレベル(最大3)が上昇、レベルに応じて連続攻撃確率、ステータスが上昇していく。

更に言えば、敵の弱体化デバフ数に応じて奥義効果と追撃効果が強化されるのだが、自身でも弱体化デバフを使える関係上、ある程度の強化は保証されているといってもいい。

総じて火力、バフ、デバフの3点が揃ったオールラウンダーなキャラクターである。
渾身パーティ、背水パーティどちらとの相性も良い。
奥義をガンガン回せるパーティを組めば大きく活躍してくれるだろう。

2021年3月10日の大規模アップデートでサポートスキルが実装され、その効果は弱体化デバフの数によってトリプルアタックの確率がアップするというものである。

余談

常におしゃぶりをしている為、声優の伊瀬茉莉也は収録中、代わりに指を加えて演技しており、喋るたびに歯が食い込んじゃうため、収録終わる頃には「指先無くなってたらどうしよう…」とひそかに思っていた様子。→本人のツイート

関連タグ

その他(グラブル)(種族不明(グラブル))
ファラ(グラブル):担当声優が同じ。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘレル・ベン・シャレム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1999438

コメント