ピクシブ百科事典

ユリウス(グラブル)

ゆりうす

Cygamesが提供しているスマホ用ソーシャルRPG「グランブルーファンタジー」に登場するキャラクターの一人。[決意の知爵]ユリウス。
目次[非表示]
  • フレーバーテキスト

一度は闇に堕ちた探求者は、二度と道を誤るまいと誓って祖国の復興に臨む。レヴィオンを厚く覆う黒雲──見慣れた風景を見上げるその瞳の奥に、暗く揺蕩う覚悟を孕んで。

概要

同社が提供しているカードゲームアプリ『神撃のバハムート』から出張してきたキャラクターの一人。
神撃のバハムートにおけるユリウスについては →ユリウス(神撃のバハムート)
グランブルーファンタジー』では、アルベールの探す騎士団の仲間として、彼のエピソードに登場。
その後、イベント「神立、笠雲の合間に閃きて」で、その姿を現す。
2018年11月にプレイアブル化。シナリオイベント後のユリウスをキャラクター化したものとなっている。

レアリティSSR
属性
タイプ特殊/剣・杖
種族ヒューマン
年齢25歳
身長175cm
趣味研究、読書、ぶどう酒の飲み比べ
好き研究、レヴィオン騎士団、サンドイッチ
苦手席次のある食事
CV木内秀信

レジェンドガチャで『リターナースタッフ』獲得で仲間になる。

容姿

ウルフカットをそのまま伸ばしたような髪型で、後ろ髪は腰の辺りまでの長さ。髪は暗めのピンク。
青い上着の上にアルベールと同じ赤いマントを羽織っている。

人物

レヴィオン王国騎士団に所属していた研究者。王家に連なる公爵家の嫡子でもある。
騎士団長のアルベールとは友人であり、ユリウスは彼を「親友殿」と呼ぶ。

作中での行動

レヴィオンの秘宝であり、星の民の遺産でもある「天雷剣」と「星の零涙」を研究し、星の民の技術を得ることが、レヴィオン王国のこれからのために役に立つと信じており、何度も国王に研究の許可を求めていた。しかし国王は騎士団を発展させることしか眼中に無く、次第にユリウスは焦燥と疲労から「星の零涙」に封印されていた人に寄生する星晶獣の声に苦しむようになる。それでも彼は国と親友のためにすんでの所で理性を留めていた。だが、アルベールが迷った末に「天雷剣」で「星の零涙」を破壊した途端、星晶獣が解放されてユリウスを完全に乗っ取りレヴィオン王を殺害。その後「星の零涙」は「星の眼」となって城と王国中に雷電を浴びせ「天雷剣」をアルベールに預けたまま姿を消してしまった。その後アルベールはユリウスを追い王国を出奔する。

しかし、実はユリウスからはじき出された『善』の心の一部が残留意識となって城中を彷徨っており、そこへグランサイファーごと墜落し皆とはぐれてしまっていた主人公とルリア、ビィの前に姿を現し、ルリアはそこから『ユリウスに寄生している星晶獣を吸収し、その意識を再び身体に戻せば彼は助かるかもしれない』と考える。合流したアルベールにも自分と話しただけでは解決しないことと、一人で全てを背負い込むなと告げてルリアの中に消える。

そして気配を追って王座の間へとやって来た一同の前に魔物を吸収し異形の姿となって現れ、彼もまたルリアの力に目をつけ次々と攻撃を仕掛けていく。そこでメイムの奇策によりアルベールとマイムの連携技、主人公の猛激によって星晶獣の力が弱まった所を逆に吸収しようとする。すると力の引っ張り合いの末ルリアが倒れた途端ユリウスの隠された想いが魔力によって溢れ出し主人公達は全てを悟る。しかし、その隙をついてユリウスはルリアの身体から星晶獣達の力を全て吸収した異形の姿 (マルチバトルでは「キマイラ・ユリウス」と表記されている) となり再び襲いかかる。

勝利後、ユリウスは自らの行いの戒めとしてキマイラ状のままレヴィオン王国を出て隠遁を宣言するがアルベール達に見透かされ、ルリアに改めて星晶獣達の力を吸収された事で元に戻り、仲間と共にレヴィオン王国の復興に人事を尽くすのだった。

性能

バージョン奥義アビリティサポートアビリティ
SSRデューク・ラミナトゥルーインクワイア/パワーエクストラクション/ネゲートインフルエンス真理の探究/知略縦横


余談

シナリオイベントでのラスボスとしてのアレな姿と、アルベールの愛称である「ビリビリおじさん」(通称ビリおじ) にちなんでか、一部の騎空士達からは「ニュルニュルおじさん」略してニュルおじという愛称で呼ばれている。ちなみにこの「ニュルニュルおじさん」はキマイラ・ユリウス(HELL)を討伐すると貰える称号にも使われている。

関連タグ

グランブルーファンタジー レヴィオン王国
グランブルーファンタジーの登場人物一覧 ヒューマン(グラブル)
神立、笠雲の合間に閃きて
アルベール(グラブル) レヴィオン・シスターズマイムミイムメイム

ユリウス(無印) ユリウス(神撃のバハムート)







ネタバレ


『神立、笠雲の合間に閃きて』のネタバレを含みます。

















表向きは公爵家の嫡子だが、本当はレヴィオン王と女官との間に生まれた私生児。
その出生ゆえに辛く不幸な子供時代を送るが、国を思う気持ちは嘘ではなかった。
父である王が理解してくれない上に自分を疎ましがっていること、親友だと思っていたアルベールが自分より王 (への忠誠) を選ぼうとしたことが、ユリウスが星晶獣に取り憑かれ暴走する引き金となっていたのだった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリウス(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210

コメント