ピクシブ百科事典

目次[非表示]

🥪概要

肉や野菜をパンで挟んだイングランド(イギリス)発祥の料理サンドウィッチとも呼ぶ。
作るにも食べるにも手軽な事から、パーティーピクニックといったイベントによく出される、洋風軽食の代表格。コンビニエンスストアではおにぎりと並び定番な商品となっている。

具は様々で、カツハムといった肉類や、レタストマトといった野菜タマゴサラダツナマヨなどが一般的となっている。使用するパンは一般的には食パンだが、クロワッサンフランスパンバゲット)を用いる事もある。水気でパンがふやけないよう、具材に接する面にバターマーガリンマヨネーズなどの油分を塗っておく事も多い。

親戚のようなメニューとして、ハンバーガーホットドッグがあげられるが、実際にこれらのパン料理は「サンドイッチ類」として分類される。日本の総菜パンである焼きそばパンなども、この分類に含まれる場合がある。

フルーツとホイップクリームを挟んだ「フルーツサンド」は日本独自のサンドイッチである。日本のコンビニで初めてこの一品に出くわしてショックを受けた、という外国人は少なくない。
欧米ではサンドイッチはあくまで「食事」であるため、ケーキスポンジではなく食パンにクリームとフルーツの組み合わせが、非常に奇異なものに感じられるようである。彼らの中には「勇気を出して食べてみたら、めっちゃウマくて病みつきになった」という愛好家が結構いる一方、「気持ち悪くてそもそも食べる気が起きない」という否定派も多い。

名称の由来

サンド(砂)とウィッチ(魔女)以外はなんでも挟んで食べられるからサンドウィッチ……というわけではない

サンドウィッチ


もちろん砂の魔女とも関係ない。

イングランドのサンドイッチという貴族が考案した……という逸話が有名だが、正確には人名ではなく、サンドイッチという地方の領主「第4代サンドイッチ伯」の事であり、本人の名前はジョン・モンタギュー伯爵。彼は貴族にしてイングランド海軍大臣であり、仕事や趣味のトランプの間に、片手間で食べられるように作らせていた、という説がある。
さらにこれもイギリスサンドウィッチ (イングランド)という地名が元で、さらなる語源は入り江や河口付近にあるの多い地という意味である。

そもそもの話、パンに具を挟んで食べるという行為自体は古代エジプトでパンが生まれた当時から既に行われており、料理として大きく広まったのがサンドイッチ伯によるものというだけである。

島国ゆえに海軍力を重視するイングランドにおいて海軍大臣の職を任されていたサンドイッチ伯が、激務の合間の食事としてこれを摂っていたのを他の者も真似し始めたと言う説や、彼の政敵が彼を「貴族のくせに夕飯を茶菓子で済ませる無粋な奴だ!」と風評操作を行おうとした結果など様々な説がある。

キューカンバーサンドイッチ

サンドイッチにもいろいろあるが、中でも高級な白パンに、当時貴族のステータスであったキュウリを挟んだキューカンバーサンドイッチが本場イギリスでは有名である。

冷涼な気候をもつイギリスの地では、夏野菜であるところのキュウリの露地栽培は難しく、一般には他地方で栽培されたキュウリを酢漬けにしたピクルスが食されていた。そのため「生のキュウリ」を食べられるという事は、よい温室と優秀な庭師の二つを持つ事の証明であり、イングランド貴族のステータスとされたのである。

なお、ここで言うキュウリは、日本のものとは大きく異なる。
長さ30cm以上、直径4~5cmと超巨大で、表面にはイボがなくつるんとしていて、水気が豊富。キュウリ嫌いの人が特に忌避する原因となる独特の青臭みもほとんどしない。日本のキュウリでキューカンバーサンドイッチを作っても、この点で本場のものと同じ味にはならない点にはご注意を。

伝統的なキューカンバーサンドイッチのレシピは以下の通り。

  • 材料
    • キュウリ
    • 軽くバターを塗り、耳を落とした薄切りパン
    • 調味料(白ワインビネガー、塩、コショウ)
      1. キュウリはパンの大きさに合わせて縦に長くカットし、2mm程度の厚さにスライスしておく。
      2. 1.を白ワインビネガーにさっとくぐらせるか、数分程度漬け込んでおく。風味が付いたら、軽く塩・コショウして味を調える。
      3. 2.をパンにはさむ。キュウリが横になるような向きに置き、指でつまんで食べられる大きさにカットする。

一方、労働者や低所得者などには、パンにフライドポテトを挟んだ「チップバティ」が食されてきた。材料が食パンとじゃがいものみで原価が安く、ダブル炭水化物で腹もちがよいためである。

比喩の一つとして

上記のように、本来は食べ物を指す言葉だが、キャラクターが人や物に挟まれた状態を表現する言い回しとして使われる事がある。そういった作品を鑑賞するときにはそれぞれの表情に注目すると、その関係が見えて意外と面白いのかもしれない。

日本では挟む事を「サンド」と言うが、英語ではそのようには略さない。しかし、sandwichを「挟む」という意味で使う事があるのは共通している。

彰こはと鏡音の組み合わせが好き!
下ニア横



関連イラスト

  • オリジナル
ぱん
サンドイッチ


光合成してるたまごサンド
オーダーメイド!


  • 版権

くいしんぼJK
大食ポスカ


朝食は喫茶ポアロで
サンドイッチ食べよう



関連タグ

イギリス料理 肉料理 / 料理 洋食 朝食 食べ物
パン 食パン  野菜 おにぎり

バリエーションカツサンド ハムサンド タマゴサンド / 卵サンド / たまごサンド ツナサンド BLTサンド ホットサンド
パニーノ / パニーニイタリア発祥。
クラブハウスサンドハンバーガーホットドッグアメリカ発祥。
さばサンド / 鯖サンドトルコ発祥。
バインミーベトナム発祥。
マリトッツォ:イタリア発祥のスイーツ的サンドイッチ。
フルーツサンド焼きそばパンランチパック:日本発祥。

主な登場シーンパーティー ピクニック / 遠足 ティータイム
○○サンド
ルーベン

サブウェイ:サンドイッチとサラダを専門とする飲食店チェーン。
TeachingFeeling:この作品の初期バージョンでは、なんとヒロインを死に追いやる死亡フラグそのものな存在だった。詳細はここをクリック

外部リンク

関連記事

親記事

惣菜パン そうざいぱん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サンドイッチ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サンドイッチ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7694734

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました