ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1978年に「花とゆめ」で連載を開始。2019年現在、「別冊花とゆめ」「MELODY」「マンガPark」の各誌で連載中。単行本は101巻まで刊行されている少女漫画界屈指の長寿作品である。
1982年4月にはテレビアニメ(アニメーション制作は東映動画)が放送され、後半には『ぼくパタリロ!』に改名しつつ1983年5月まで全49話続いた。一部地域では44話で打ち切られるが、再放送で全話完走した地域もあった。

作風

常春の島国マリネラ王国を舞台に、その国王である自称美少年のパタリロが、側近のタマネギ部隊英国の凄腕エージェント・バンコラン、その愛人マライヒなどのさまざまなキャラクターを巻きこんで起こすハチャメチャな騒動を描く。

扱われるネタは妖怪ミステリー時代劇SF社会恋愛など。特にホラーは、普通の悪魔からクトゥルフ神話の神々まで多岐にわたり、西遊記源氏物語をテーマにした長編の番外シリーズも展開された。
また、作者が落語ファンであるため噺のパロディ落語家ネタが、作品の随所に盛り込まれている。

耽美的な少年愛ボーイズラブ要素が多く含まれており、アニメ化された際も、ゴールデンタイム(19:30分から!土曜日の!しかもなんか後に金曜日へお引越し!!)に男同士のエロスなシーンが堂々と流れていた。
ちなみに次の番組は、男の娘が主人公の作品『ストップ!!ひばりくん!』で、実にけしからん時代だった。

作者はこういった方向性について「女の子がうまく動かせないので思い切って男の子にした」と述べている。作者の結婚後、マライヒのキャラクターに奥方の存在が強い影響を与えるようになったため、妊娠・出産など特にマライヒの女性化が著しい。

pixivでの扱い

特徴的な絵柄を真似たパロディイラストも多く投稿されている。

90巻おめでとうございます



余談

  • 掲載誌の移動により少女マンガ化した『あさりちゃん』とは連載開始が同年、コミックス巻数もほぼ同じと2大長寿少女マンガに位置づけられたが、『あさりちゃん』が2014年に終了したことでこちらが単独トップとなった。
    • 現在は連載作品としては『ゴルゴ13』に次ぐ次点の地位にある。
  • 2016年には加藤諒主演・座長として舞台化され、2018年春には第二弾公演も行われた。舞台版の好評を受け実写化が発表され、加藤を初め舞台版のキャストとスタッフが概ね続投する。公開日は2019年6月28日。
    • なお、バンコラン役の青木玄徳は前年に強制わいせつ罪で逮捕され不起訴処分になった事を受けて、本作より俳優活動を再開する。
  • 東洋水産とのコラボで、「花とどんぶりCOMICS生ラーメン少女漫画」限定パッケージが2017年12月1日(金)~2018年1月31日(水)にかけて登場。


関連タグ

魔夜峰央 ギャグ 少女漫画 少年愛 ボーイズラブ
クックロビン音頭 美少年キラー 美しさは罪
パタリロ100users入り 魔夜峰央作品100users入り

関連記事

親記事

魔夜峰央 まやみねお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パタリロ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1531770

コメント