ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アニメ『ウマ娘プリティーダービー Season2』の第11話において、トウカイテイオー妄想の中でスぺシャルウィークが発した台詞。

詳細

アニメSeason2の10話にて、周りの説得から再び走る事を決めたテイオー。
続く11話では今まで支えてくれた人達に直接「ありがとう」を言いたいとあいさつ回りをするが、同じスピカのメンバーであるメジロマックイーンにだけは中々言えず、このままだと(ひとりハブられた)マックイーンが可哀そうだと、現実逃避にも似た妄想を始めてしまう。

妄想の中では、「ありがとう」の文字が入った漫画の吹き出しっぽい物をスピカのメンバーが嬉しそうに抱きかかえる中、1人だけ持っていないマックイーンはうろたえている。
右隣のゴールドシップを見ると、彼女には「ダメだ、これはあたしが貰ったありがとうだ」と相手にされない。
続いて、縋るように左隣のスぺシャルウィークを見るのだが…

「……あげません」

「えっ……?」

「あげません!」

スペちゃん!?


と、ゴールドシップ以上の鬼気迫る表情で威嚇されてしまう。

「うえぇえっ!!? ぅぅっ、…よよよ~……ッ」

と、古典的ギャグ漫画風にさめざめと泣き崩れるマックイーン。
その(※自身の脳内妄想で)繰り広げられるシュールかつ衝撃的な展開に、テイオーも「スペちゃんそんなに怒らなくても~!!」と思わず口走った直後、

「私がどうかしました?」
「くぁ…!? ス…スペちゃん!?」
「?」

本来は優しいスペシャルウィークとのギャップに加えて、その表情が顔芸のようになっていること、何よりも10話から続くシリアスな展開に差し込まれるシュールな笑いっぷりに、Season2屈指のネタ台詞となったのである。


と、そんなことを実際には言っていない本物のスペシャルウィークが現れたところで、このテイオーの妄想劇場は閉幕と相成った…はずだった

しかし、それで終わりではなかった…

アプリ版において

まず前提として、アプリ版のシステムを理解してもらう必要がある。
アプリ版はレースモードに出走させるウマ娘を育成シナリオ(所謂サクセスモード)で育成するのだが、その際に様々な効果を持つサポートカードを編成する。
中でもレアリティSSRのサポートカードには「レアスキル(金スキル)のヒントを獲得できる」という特徴がある。レアスキルは通常のスキルの上位版であり、取得する(=ヒントを獲得する)には以下のいずれかの方法しかない(2021年6月現在)。

  1. キャラクター(ウマ娘)の覚醒レベルを上げる。
  2. SSRサポートカードを編成し、ランダムで発生する育成イベントが最後まで進む。
覚醒レベルを上げる方法は育成開始時から取得可能な状態になるが、ウマ娘毎にスキルが決まっている上に大量のマニーと素材が必要となるため、気軽に手を出すことはできない。
必然的に、目当てのレアスキルを獲得するにはSSRサポートカードが重要になってくるのだが、その中の一部は「育成イベントが最後まで進んで獲得できるヒントは、レアスキルとその下位版であるスキルのどちらか片方であり、ランダムで決定される」
という仕様になっており、無事に育成イベントが終わったのにレアスキルのヒントが貰えなかった、という現象が発生する。育成には様々な運要素が絡むため、順調に進んだ育成でレアスキルを逃して悲しみに暮れるトレーナー(プレイヤー)は後を絶たない。

ここで本題に戻るのだが、察しの良い方ならもうお分かりだろう。
スペシャルウィークのSSRサポートカード(ガチャ産とイベント配布の2種類)も、上記のランダム仕様なのである。
しかもその2種類から獲得できるレアスキルはどちらもかなり有用なスキルとなっている。
  • [日本一のステージを](ガチャ産):「全身全霊」(ラストスパートで速度が上がる「末脚」の上位版。緩い条件なのもあって汎用性が高い)
  • [夕焼けはあこがれの色](イベント配布):「食いしん坊」(中盤にスタミナを回復する「栄養補給」の上位版。作戦:先行という条件はあるが、優秀とされる円弧のマエストロと同等の回復量)

そのため、貰えなかったトレーナーが上記の台詞に絡み、

(「全身全霊」または「食いしん坊」は)あげません!

あげません!!
『栄養補給』のヒントLv+3



とネタにする事態が発生。これ以降、有用なスキルを持つも獲得がランダム仕様のサポートカードの「あげません!」は鉄板ネタと化してしまった。

どうしてあげません!されるのか

「金スキル目当てで組み込んだSSRサポートから金スキルヒントを貰えない」という現象だが、原因は大きく分けて「スキルヒント発生イベントがそもそも発生しない」「イベント時のランダム判定で下位スキルのヒントに化ける」(先述)に分けられる。

前者のイベントがそもそも発生しない理由として、一部のサポートはイベントの選択肢次第で後続の連続イベントが発生しなくなるという仕様が挙げられる。そのため、知らないうちに後続イベントが発生しなくなる選択肢を選んでしまっていて金スキルヒントが取れない、といったことも当然発生する。対策としては「後続イベントが発生しなくなるのは2択の選択肢のうち下を選んだ場合に限られている」という現状の仕様から、2択の場合は上の選択肢を選ぶと良い。
またこれとは別に、友人以外のSSRサポートを積みすぎるとそもそも発生イベントの種類が多くなりすぎてイベント完走率が下がるというのもある。こちらについてはデッキ構成の時点でSRをある程度採用する、友人サポートをいれるといった形である程度の対策は可能。

後者の下位スキルに化けるケースについてだが、これについてはプレイヤー間の試行回数が重ねられた結果、対応する得意練習属性と同じステータスが高いほど金スキルヒントになる確率が高くなることが分かっており、公式からも2021年8月12日配信の『ぱかライブTV Vol.8』にて、「SSRスペシャルウィーク(ガチャ産)の上位スキル『全身全霊』獲得イベントは根性ステータスが高い程成功率が上がる」という仕様である事が発表されたことから、他のカードについてもこの仕様は同様と見られてる。そのため、対応するステータスを意識して伸ばす(B~C以上が望ましいと言われている)とよいだろう。序盤にイベント完走されてしまうとどうしようもないが……。

なお、対応するステータスによって変化があるイベントではイベント内容も微妙に変化するほか、貰えるスキル自体は固定でもヒントLvが違うケースがある。代表的なところだとSSRキタサンブラックがそれで、イベント最後でキタサンブラックが両手を握り上げてると「弧線のプロフェッサー」ヒントLv3、片手だけだとヒントLv1、となっている。スキルポイントをとにかく節約したい場合は両手を握り上げることを期待しよう。

これらの理由を踏まえた上でSSRスペシャルウィーク(ガチャ産、根性)を見てみると、

  • 連続イベント2回目の選択肢で下を選ぶと後続イベントが発生しなくなる。しかもこの選択肢、上を選ぶと体力減少、下を選ぶと体力回復なので、何も知らなければ下を選びがちというのも罠っぷりにより拍車をかける。
  • 根性は現環境ではあまり重要視されていないステータスであるため、対応するステータスが低いことから成功率が下がりやすい「(根性なしには全身全霊を)あげません!という事なのだろうか。
……と、見事なまでに金スキルが貰えない条件を満たしていることがわかる。無造作にSSRスペを組み込んでも全身全霊を貰えないのは致し方ないのかもしれない。

余談

2021年4月26日のアップデートでメインストーリー第3章が追加された際、同時にストーリー配布のSSRサポートカードも実装された。
得意トレーニングがパワーのウイニングチケットなのだが、なんとこのサポートカード、育成イベントが最後まで進めば確定で「全身全霊」のヒントが手に入るのである。

全身全霊をくれるチケゾー
全身全霊あげますっ!



加えて、

  • 「全身全霊」以外にも(用途は限られるが)配布としては破格のスキルを持っている
  • ストーリー視聴後にショップに並ぶので(時間と手間を惜しまなければ)誰でも完凸できる
  • 当時、得意トレーニングがパワーのSSRサポートカードは賢さの次に貴重だった
といった複数の要素からツイッターではお祭り騒ぎになり、「全身全霊」や「全身全霊確定」がトレンド入りしたほど。

これが上記のスペシャルウィークと比較されない訳はなく、「ウイニングチケットはくれるのにスペシャルウィークはくれない」と、さらなるネタを提供する結果になってしまう。どうしてこうなった

ただし、いくら「誰でも完凸できる」と言っても、必要となるサークルポイント6000を稼ぐのは相当の時間と手間がかかる(完凸できないとトレーニング効果が大きく下がるため、採用する場合は完凸が推奨される)。
他にも、育成イベントで体力が大きく減少する、レースボーナスを持っていない、現在(2021年6月時点)主流の育成方針と噛み合っていないなど、決して優秀なだけのサポートカードではない。
また、このカードにサークルポイントをつぎ込めば他のサポートカードを後回しにすることにもなる。そのため、配布マックイーンの再評価が進んだ事で、今度はこちらの方が「サークルポイント返して」「返しません!」とネタにされる事になってしまった。
因果は巡ると言うかなんと言うか……。

さらに・・・


・5月にナリタブライアンが実装されるとブライアンが獲得できるスキルの中に「全身全霊」の4文字があり、こちらでもネタにされた。8月に実装されたエイシンフラッシュも同様に自力で全身全霊を獲得できるなど、自力で全身全霊を覚えるウマ娘はその後も増加している。

ナリタブライアン「何があげませんだ!」
いりません!!


まあ、育成ウマ娘とサポートカードは別のカテゴリなので、言いがかりに近い物はあるが。
それでも今後、「全身全霊」と言う特殊能力が話題になる度に、この言葉も話題になる事は間違いないだろう。

・スペシャルウィークとウイニングチケットはマルゼンスキーの孫であり、ナリタブライアンとスペシャルウィークは同じ系統(ヘイルトゥリーズン系)である。

・6月29日から始まったイベント『幻想世界ウマネスト』では、イベントミッションの画面でゴールドシップがこう言った。

「全クリしたら、世界の半分を貸してやるぜ」

あくまでも「貸すだけ」なので「あげません!」ネタが適用され、スペシャルウィークはイベントに出てないにも拘らずネタにされることとなった。ちなみに当イベントでもらえるのゴールドシップのサポートカードの金スキル「内的体験」は確定でもらえないのもネタ度を加速させている。

「駄目だ、これはあたしがもらった金スキルだ。」

各公式メディアでは
Season2の公式LINEスタンプにも起用された他、公式で「名言Tシャツ」として「あげません!」Tシャツなるものが出てしまう事態に…
挙げ句にぱかライブTVでこのネタが極力使われる事が増えてしまった。…公式公認である。
スペちゃん=あげません!は変えられようのないイメージが固定化してしまった。どういうことなの…
ちなみにこの2点の商品からもわかる通り公式としては口を閉じた状態があげません!の表情らしい。

ついに…
2022年の大型アップデートで初期から早めに登場したウマ娘に上方修正やイベント追加と大盤振る舞いを見せた。その中にトウカイテイオーの新イベントである。
購買で、はちみつパンのラスト一個を取ろうとした際に同じ目的でスペシャルウィークとバッタリ会い、テイオーはアニメ同様に脳内妄想でお馴染みの「あげません!」と同時にはちみつパンを賭けて勝負になると予想していたがスペシャルウィークは「はんぶんこしませんか?」とイメージと違う答えが来てテイオーも「走って勝ったら…」と焦ったような返答で二人とも困惑した。
そこに聞いていたツインターボも割り込んできて勘違いだったとテイオーは言うが内容を知らないターボは当然、聞く耳を持たない。結局勝負するハメになり、乗り気のスペシャルウィークは…

「はちみつパンはあげません!!

ついに本人が言った。しかもイベント名が【あげません!
アニメから逆輸入された上にテイオーの脳内妄想じゃないスペシャルウィーク本人が言った。しかもアニメで関わったツインターボも。これにより実際には言っていないパターンが過去のものになった。
ちなみにこのイベント結末が分岐となっており、
テイオーが勝った場合は三人で仲良く分け合うが、スペが勝った場合はスペが「あげません!!」の言葉通り一人占めしてしまう
それでいいのか総大将…

関連イラスト

人参に目がないスぺちゃん
ザビーゼクター返してくれよ!


Twitterに投稿したネタ絵
ヒレカツCMモデルスぺちゃん



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー スペシャルウィーク(ウマ娘) 顔芸

お可愛いこと…同じく他キャラの妄想内でしか言ってないのに有名になったアニメの台詞。なおこちらは一度本人が言った。
リライト…歌詞に「全身全霊をくれよ」とあるおかげで、連想でネタにされている。

アゲマセン(競走馬):この台詞が由来の可能性がある競走馬ウマピョイが直近で命名されたのを踏まえて、もしかすると…。なお、残念ながらスペシャルウィークの血統ではない(父ビッグアーサー、母ソヴールトウショウ)。

関連記事

親記事

スペシャルウィーク(ウマ娘) うまむすめのすぺしゃるうぃーく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「あげません!」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「あげません!」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7728518

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました