ピクシブ百科事典

アイネスフウジン(ウマ娘)

あいねすふうじん

アイネスフウジンは、『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日4月10日
身長167cm
体重微増(ちょっと食べ過ぎた?)
スリーサイズB88/W58/H84

CV:嶺内ともみ
「はろはろ、トレーナー。今日はなにをするの?」

料理や裁縫、掃除など、なんでもこなす家庭的で家族思いのウマ娘。
よく食べよく走るをモットーにしており、携帯食「タフネスバー」をいつも持ち歩いている。
休日やトレーニングの後はアルバイトに勤しんでいる。
(公式ホームページより)

アニメ

テレビアニメには未登場だが、OVA「BNWの誓い」に初登場する予定。
ウイニングチケットをリーダーとする「チームW」のメンバーとなる。

競走馬アイネスフウジン

1987年生まれ。父はシーホーク。母の父はテスコボーイという血統。
騎手はデビューから引退まで一貫して中野栄治

1989年9月の新馬戦で2着でデビュー。2戦目も2着だったが、3戦目で初勝利。
続く朝日杯3歳ステークス(現朝日杯フューチュリティステークス)は5番人気ながら、マルゼンスキーが立てたレコードタイム(1分34秒4)に並ぶ記録でGⅠ初勝利を飾る。
この朝日杯勝利が評価され、最優秀3歳牡馬に選出された。

1990年には共同通信杯を勝利するも、弥生賞(GⅡ)ではメジロライアンに敗れて4着。
皐月賞(GⅠ)はハイセイコーの仔ハクタイセイに敗れて2着。(メジロライアンは3着。)
この敗戦で「中野を降ろせ」という野次も飛んだが、調教師の加藤修甫は「中野のせいではない。」と庇った。


↑日本ダービー(ナカノコールは5:18から。)
19万の大観衆が詰め掛けた第57回東京優駿(日本ダービー)では、メジロライアンとハクタイセイに次ぐ3番人気となった。これについて中野は「もし馬券が買えるなら、借金してでもアイネスフウジンを1番人気にしてやりたい」と言った。
レースは少し出遅れるものの果敢に先頭に立つと、メジロライアンの追撃を振り切り、そのまま先頭でゴール。
この時のタイムは東京競馬場改修後の2004年キングカメハメハに破られるまでレコードタイムだった。
そしてレース後、ウイニングランに現れたアイネスフウジンと中野を讃え、大観衆は「中野コール」(ナカノコール)を贈った。これが勝利騎手への大歓声の先駆けとされる。

しかし、この激走の代償は大きくそのままダービーを最後に引退となった。
種牡馬としては、帝王賞(大井競馬場)を勝利したファストフレンドを輩出した。
2004年に腸捻転により17歳で死去した。食欲旺盛で人懐こい性格だったため、引退後もファンに愛されていた。

上記の通りメジロライアンとは、弥生賞・皐月賞・東京優駿の3回戦い2勝1敗。
メジロマックイーンとは1度も対戦していない。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー
メジロライアン(ウマ娘)メジロマックイーン(ウマ娘):同じ1987年生まれ。

pixivに投稿された作品 pixivで「アイネスフウジン(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1609

コメント