ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

94世代

きゅうよんせだい

1991年に生まれた1994年クラシック世代の競走馬の総称。史上5頭目の牡馬クラシック3冠馬ナリタブライアン(メイン画像)が代表格で「ブライアン世代」と呼ばれる。
目次 [非表示]

概要編集

1991年に生まれ、1994年に4歳(現3歳)を迎えた競走馬の世代。


史上5頭目の牡馬クラシック3冠馬・1994年年度代表馬のナリタブライアンが代表格で「ブライアン世代」と呼ばれるが、ナリタブライアンが衰えた後に故障から復帰したサクラローレルが台頭し1996年年度代表馬となったという珍しい世代である。

クラシック3冠馬が誕生する世代はレベルが低いと言われやすいが、中央平地GⅠが16しかなかった時代なので、そこまで酷い世代ではない。


世代のダート王者にライブリマウント、障害王者にポレールがいる。


牝馬は、エアグルーヴと共に1990年代を代表するヒシアマゾン、オグリキャップの半妹で笠松競馬場からJRAに移籍したオグリローマンなどがいる。


繁殖牝馬としてはブラックタイドディープインパクト兄弟の母として知られるウインドインハーヘアが存命中である。


ナリタブライアンやチョウカイキャロルなど、ブライアンズタイム産駒が存在感を見せた。


2023年5月30日に91世代ナイスネイチャが死去したため、この世代のサクラエイコウオーがJRAの最高齢重賞勝利馬となった。


代表的な競走馬編集


海外馬編集

英国馬編集


米国馬編集


仏国馬編集


ブラジル馬編集

サイフォンハリウッドゴールドカップ(アメリカ競馬に移籍)

アイルランド馬編集


種牡馬編集

エンドスウィープの活躍が顕著。早世したもののアドマイヤムーンスイープトウショウを輩出し、アドマイヤムーンやサウスヴィグラススウェプトオーヴァーボードが後継種牡馬となった。



ウマ娘プリティーダービーにて編集

以下の競走馬がウマ娘として登場している。94世代(ウマ娘)も参照。


全体としてみるとやはりというか三冠馬ナリタブライアンと女傑ヒシアマゾンが主に描かれており、後者は美浦寮長という立場になっている。

ゲーム1.5周年ではサクラローレルも登場し、後にサクラローレルを主人公としたコミカライズ「スターブロッサム」では、彼女や同世代たちが活躍したレースが描かれている。

また、共にクラシック三冠を走り抜いた数少ない1頭・サムソンビッグもスターブロッサムにて初登場。同馬は後に障害レースへと転向しており、いずれその辺りが描かれる可能性が出てきている。

ビコーペガサスはどちらかというと前後の世代のサクラバクシンオーヒシアケボノといった短距離組との絡みが期待されている。


関連タグ編集

    84世代

93世代 94世代 95世代

    04世代

関連記事

親記事

競走馬の世代一覧 きょうそうばのせだいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31929

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました