ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ステイヤーズステークス

すていやーずすてーくす

JRAが中山競馬場で開催する、芝3,600mの長距離重賞レース(GⅡ)。メイン画像は1997年優勝のメジロブライト(ウマ娘)。
目次 [非表示]

概要

JRAが中山競馬場で開催する長距離重賞レース(格付けはGⅡ)。

1994年以降の正式名称は「スポーツニッポン賞 ステイヤーズステークス」。


1967年創設。1984年のグレード制導入時にGⅢに格付けされ、1997年にGⅡに昇格した。

ステイヤー(Stayer)」とは英語で「耐える者」という意味で、競馬では「長距離戦を得意とする競走馬」を指す言葉として用いられている。

創設当初は毎年9月ないし10月の初秋(なお第2回の1968年のみ6月開催)に開催されていたが、1972年から12月開催に変更された(本来は1971年以降の予定だったが、1971年の開催は中止)。


中山競馬場での芝3,600mというコース設定は、2022年現在JRAでは平地重賞競走最長距離となっている。これより長い距離のレースは現在中山大障害中山グランドジャンプなどの障害競走のみである。


競走条件

出走資格:サラ系3歳以上

JRA所属馬

地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで)

外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定


主な優勝馬

フジノハイハット(2勝)

ピュアーシンボリ(連覇)

スルーオダイナ(連覇)

アイルトンシンボリ(連覇)

エアダブリン(レコード)

ステージチャンプ

メジロブライト(大差勝ち)

ホットシークレット(2勝)

デルタブルース

トウカイトリック(最年長制覇)

デスペラード(連覇)

アルバート(3連覇)


レースレコード

3分41秒6

第28回(1994年)のエアダブリン(牡3歳)が記録。騎手は岡部幸雄


関連動画

2012年(第46回)、トウカイトリックが10歳にして勝利。

10歳馬の重賞勝利は2008年に小倉大賞典(GⅢ)を勝利したアサカディフィートに続いて史上2頭目で、最高齢タイ記録である。


関連項目

競馬 JRA GⅡ 重賞 中山競馬場


スプリンターズステークス

同じく中山競馬場で開催される、芝1,200m短距離のGⅠ競走。

関連記事

親記事

GⅡ じーつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5974

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました