ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

2017年生まれ、2020年に3歳の馬。2024年現7歳世代。


国内平地編集

二頭の三冠馬編集

コントレイル三冠デアリングタクト牝馬三冠を無敗で達成し、史上初めて牡牝両方で無敗三冠馬が現れた世代である

しかし、古馬になるとクラシック路線で活躍していた馬が次々と不振に陥り、結果を残せなくなってしまった。これ自体はそれほど珍しくないことだが、この点が世代筆頭である三冠馬・コントレイルの評価を大きく落とす要因となった。

上記の2頭もジャパンカップでアーモンドアイに敗れると勝利から遠のき、デアリングタクトの方は勝ちきれないまま故障。コントレイルも勝ちきれないレースが続いたが、ラストランのジャパンカップで久々のGⅠ勝利を挙げ、有終の美を飾った。一方でコントレイルのライバルとして名高い2歳チャンピオンサリオスは、3歳,5歳で毎日王冠を制したものの、ついぞ2つ目のGⅠタイトルを獲得することなく引退した。


古馬・芝編集

そんな中、クラシック路線では結果を残せなかった馬やクラシックに出走できなかった馬が、成長力を武器に古馬路線で頭角を現した。

牝馬では連勝街道を突き進んだレイパパレが21年大阪杯でコントレイル、グランアレグリアを破り無敗のGI馬となり、エリザベス女王杯ではアカイイトが伏兵ながらレイパパレと翌21世代アカイトリノムスメを倒して、キズナ産駒初のGⅠタイトルを獲得した。2歳女王レシステンシアは古馬になってから短距離戦線に参入し、高松宮記念・スプリンターズS・香港スプリントとGⅠを3連続で2着、セントウルS勝ちと存在感を示し、ダイワメジャー産駒の獲得賞金額首位に立った。

牡馬ではオーソリティがアルゼンチン共和国杯を連覇すると21年のジャパンカップでコントレイルの2着、年明けのネオムターフCで逃げ切り、ドバイシーマクラシックでは3着と本格化。ディープボンド阪神大賞典連覇や、フランス遠征において、日本馬としてはオルフェーヴル以来のフォワ賞勝利を果たした。


5歳になると遅れてきた大物が各路線で躍進した。4歳時に福島記念を逃げ切ったパンサラッサが翌年の中山記念も逃げ切り、大逃げ馬として名をはせると、次走のドバイターフでは、連覇を狙っていたロードノースとの同着でG1馬となった。

また、大阪杯では超良血馬ポタジェがアカイイト・レイパパレの両馬や下の世代のエフフォーリアジャックドールら大物を倒し重賞初勝利でGⅠタイトルを手にした。

さらに、デビューから年初までは脚部不安からダート路線で2勝クラスに甘んじていたヴェラアズールだが、芝に転向すると一気にOP入りを果たし、京都大賞典で重賞初勝利を決めると、ジャパンカップで同期のヴェルトライゼンデやデアリングタクト、1つ下のダービー馬シャフリヤールらを破りGⅠ初挑戦初制覇。ダービー馬エイシンフラッシュ産駒のGⅠ初勝利、騎手時代にナリタトップロードで菊花賞を制したことのある渡辺薫彦調教師もGⅠ初制覇と、話題性に富む戴冠となった。

クラシック好走馬の中からも、オークス2着と高い能力を持っていながら運にも恵まれずGⅠタイトルが遠い存在となっていたウインマリリンが2022年末の香港ヴァーズで悲願のGⅠ制覇を達成した。


ダート編集

ダート路線は芝以上に傑出馬が目立ち、近年でも屈指の豊作世代である。

4歳5歳とフェブラリーSを連覇したカフェファラオ帝王賞チャンピオンズカップを制し最優秀ダート馬に選ばれたテーオーケインズと4歳時点では2頭の主役格が出ていたが、翌2022年になると6歳にかけて帝王賞を連覇したメイショウハリオが加わった。

さらにはダート路線に転向してきたウシュバテソーロ東京大賞典、翌年の川崎記念ドバイワールドカップとGⅠ級3連勝で世界の頂点に立った。その後秋にはBCクラシックに挑戦したが、早仕掛けが祟り5着に敗退。それでも翌年のサウジカップドバイワールドカップで共に2着に入り、この中東マネーの力を貰い受けたことで、獲得総賞金の日本一の座をものにした。

彼らに加え、牝馬路線で頭角を現していたショウナンナデシコかしわ記念牝馬として32年ぶりに勝利し、チャンピオンズカップでは連覇をかけたテーオーケインズを、こちらもこの年芝からダートに転向したジュンライトボルトが撃破。最終的に2022年は国内古馬ダートGⅠ級競走10レースのうち7レースを当世代で占める大活躍を見せた。2023年には、2020年12月の師走S(L)11着以来のダート挑戦でパンサラッサがサウジカップを逃げ切り勝ち、日本調教馬史上初の海外芝ダート両GI制覇を達成した。

地方では金沢のハクサンアマゾネスが代表格で、ノトキリシマ賞で重賞初制覇を達成すると、その後もコンスタントに重賞を勝ち続け、2023年の中日杯でとうとうカツゲキキトキトの持つ平地重賞最多勝利記録に並び、12月27日に行われた金沢ファンセレクトカップでついに重賞21勝の新記録を達成した。2024年もオレノココロの持つ重賞勝利記録更新を目指して現役を続行する予定だという。それ以外では元々中央オープン勝ちがあり川崎へ移籍したライトウォーリアが7歳時の川崎記念で逃げを打つと、中央馬を差し返して勝利するなどの活躍がある。


総評編集

平地競走においては、総じて3冠コンビ以外は不作と思いきや晩成型、さらに国内芝レース以外で才能を開花させた馬の宝庫であり、レース条件や調教方針を模索しながら突如覚醒してGⅠ馬入りを果たすケースが多く見られる。

特定の誰かがずっと勝ち続けるのではなく、年が変わると同じ条件のレースであろうと世代のスターホースのラインナップがガラリと変わり、しかも同じ馬ですら芝ダートのコース条件を変えて覚醒、あるいは両方で実績を挙げるするパターンすらある。毎年何が起こるかわからない、個性派揃いの世代と言えよう。

当初は世代の旗頭だったコントレイルとデアリングタクトの古馬成績の不振から評価が低くなりがちだったが、パンサラッサを筆頭にクラシック期には大きな存在感を持っていなかった馬の逆襲が続いたことで再評価されるようになった。

とりわけコントレイル、パンサラッサ、ウシュバテソーロと同世代でレース獲得賞金10億円超えの馬が3頭も現れるという快挙も成し遂げているのは見逃せない。あらゆる可能性を切り拓こうと戦い抜き、その結果を出した馬が結集した世代とも言えるだろう。


障害編集

障害競走では、6歳1月に入障したイロゴトシが大記録を打ち立てた。入障後僅か3ヶ月で中山グランドジャンプを勝利したが、これは九州産馬・黒岩悠騎手・牧田和弥調教師のGI初制覇、ヴァンセンヌ産駒・馬主の内田玄祥氏のJRA重賞初制覇など、初物尽くめの勝利であった。その後一旦不振気味になるも、翌年の中山グランドジャンプで見事復活、連覇を達成した。

このほか重賞馬では新潟JSをレコード勝ちしたサクセッション、重賞未勝利馬では、JGⅠやその前哨戦で安定して好走を続け、ペガサスJS3連覇の実績を持つビレッジイーグルや、有力馬の集ったイルミネーションJSを圧勝し中山GJでイロゴトシの2着に入ったミッキーメテオが注目を集める。

一方で、重賞を制覇し、GⅠでも好走して次世代の主役として期待されたが、故障などにより引退を余儀なくされた馬も多い。4歳春に大車輪の活躍の末東京JSを制したスマートアペックス、新潟から大障害まで、障害競走の両極端の条件でも大活躍した東京HJゼノヴァース、小倉を中心に襷コースで活躍し、小倉SJで当時現役最多の障害6勝を挙げたテーオーソクラテスが挙げられる。


海外編集

欧州編集

2歳のうちに最も注目を浴びたのは、V.O.ナショナルSを9馬身差で制しフランケルドリームアヘッドが保持していた2歳馬史上最高レーティングを更新したピナトゥボであった。ピナトゥボはその後もデューハーストSを制しカルティエ賞最優秀2歳牡馬に輝き、当然2000ギニーでも圧倒的な人気に推された。その2000ギニーでピナトゥボを破ったのがカメコであったが、カメコは2000ギニー後に不振に陥る。そして3歳6月のセントジェームズパレスSで再度GI奪取を狙うピナトゥボを負かして台頭してきたのがパレスピアだった。パレスピアはその後ジャックルマロワ賞を制し最優秀3歳牡馬に輝くと、翌2021年にはGI3連勝を含む4連勝で最優秀古馬となり引退した。

なお、コロナ禍でレース日程が変更された英ダービーではオブライエン厩舎の伏兵サーペンタインが逃げ切って波乱を起こしている。しかしダービー後は全く振るわず、5歳から豪州移籍となった。その際に英ダービー馬として戦後初めて去勢され、種牡馬選定競走が本分であるダービーステークスの価値に多大な影響を与えた。

3歳の牝馬路線は2歳時にモイグレアスタッドSを制したラブが席捲。1000ギニーを制すると英オークスでは9馬身差を付けて圧勝。ヨークシャーオークスでも後にGI6連勝で欧州12Fの頂点に立つアルピニスタを5馬身千切り捨てた。翌年にはプリンスオブウェールズSも勝利している。

下の世代に注目が集まった2021年の第100回凱旋門賞は、ガリレオキングズベストの親戚にあたるドイツのトルカータータッソが、不良馬場を味方につけて低評価を覆しドイツ調教馬として久々の凱旋門賞勝利を挙げた。さらに翌年2022年もアルピニスタがGⅠ6連勝で一気の制覇。5歳牝馬の優勝はコリーダ以来85年ぶりという、重い歴史の扉をこじ開けた。同世代から複数の凱旋門賞制覇馬が出たのはエネイブルヴァルトガイスト17世代以来。

他には仏ダービー馬のミシュリフが4歳時にサウジカップで上の世代のニックスゴーを、ドバイシーマクラシックで日本から遠征してきたラヴズオンリーユークロノジェネシスを撃破、その後インターナショナルSを6馬身差で圧勝するなど芝ダート問わず活躍。

2022年のKGⅥ&QESでは上述のトルカータータッソやミシュリフ、ウエストオーバーといった欧州屈指の強豪が名を連ねた中、最低人気を覆しパイルドライヴァーが勝利。翌23年も、ウエストオーバー含む3-4歳勢が注目されていた中で、前年コロネーションC優勝後故障離脱していたフクムが復帰2走目でウエストオーバーを競り落とし、一つ下で先に引退した全弟バーイードとは異なり12F路線での存在感を改めて示している。

2022年5月、それまでは条件戦で勝ち負けを繰り返していたハイフィールドプリンセスが5歳にしてスプリンターとして覚醒、重賞制覇を決めると8月にはモーリスドゲスト賞でGI初制覇。更に勢いのままナンソープSフライングファイブSも勝利し僅か1ヶ月と4日の間にGⅠ3連勝を決めた。

ナショナルハント(障害)ではコンスティテューションヒルが圧倒的な強さを見せる。ナショナルハントでの初出走で14馬身差を付けて圧勝すると、2戦目トルワーズノーヴィスハードル(GI)で12馬身差、3戦目のシュプリームノーヴィスハードル(GI)では22馬身差を付けて勝利。その後もGIのみに出走し、現在GI7連勝を含む8連勝、8戦無敗の快進撃を繰り広げている。


北米編集

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響でケンタッキーダービープリークネスSがそれぞれ9月、10月の開催となりベルモントSが先に開催される異例の日程となった。ケンタッキーダービーにおいて大本命とされたのが、2歳時にシャンペンSを勝利し3歳になってからもフロリダダービー、ベルモントS、トラヴァーズSの3つのGIを全て圧勝して4連勝中のティズザロウだった。しかしティズザロウは魔の17番となってしまい(ケンタッキーダービーは2023年現在も全149回の開催で1度も馬番17番の馬や17番ゲートから発走した馬が優勝していない)、その魔力の仕業か果たして、ハスケルS勝ち馬オーセンティックが圧倒的支持を受けたティズザロウを直線長い競り合いの末撃破。そのオーセンティックもまたプリークネスSで1番人気となるが、牝馬スイススカイダイバーが驚異の粘り腰でオーセンティックをクビ差ねじ伏せ、11年ぶり6頭目の牝馬によるプリークネスS制覇を達成した。BCクラシックではオーセンティックが2.1/2馬身差の快勝で世代No.1を証明した。なおスイススカイダイバーは引退後吉田勝己によって購入され、ノーザンファームで繁殖入りしている。

3歳3月の遅いデビューながら相当の素質馬と期待を集めていたガミーンはデビュー2連勝で迎えた3戦目、GI初挑戦であったエイコーンSにて2着を18.3/4馬身千切り捨て、米国3歳牝馬史上最高のベイヤー指数110を叩き出し、その後もテストSBCF&MスプリントなどGIを5勝。距離が伸びたケンタッキーオークス(3位入線後失格)と引退レースとなったBCF&Mスプリント4歳時の(3着)を除いたすべての競走に勝利し、米国牝馬スプリント路線で圧倒的な成績を残した。

芝路線は、ベルモントダービーなどを勝ったグーフォペガサスWCターフ連覇などGI3勝のカーネルリアムなどが存在感を示していた他、牝馬路線では3歳秋のデビューだったウォーライクゴッデスが4歳で本格化すると5歳時にジョーハーシュターフクラシックを39年ぶりに牝馬で勝利し、翌年も連覇した。

カナダでは生後2週間で左目を失ったマイティハートが弱冠23歳の日本人騎手福元大輔を背にカナダ二冠を達成した。


南米編集

ブラジル産のアグネスゴールド産駒、ジャネールモネイが23年ぶりとなるリオデジャネイロ牝馬三冠無敗制覇を達成した。その後、アメリカに移籍した。


種牡馬編集

エピファネイアキズナリアルインパクトゴールドシップカレンブラックヒルスピルバーグワールドエースコパノリチャードワンダーアキュートなどが種牡馬としてデビュー。

エピファネイアは初年度から無敗三冠牝馬デアリングタクトを送り出し、リアルインパクトもラウダシオンがGIを制覇。そこからやや遅れてキズナも初年度産駒のアカイイトが2021年のエリザベス女王杯を勝利している。

海外ではアメリカンファラオゴールデンホーングレンイーグルスカラコンティメイクビリーヴなど。

また、カネヒキリキャプテントゥーレなどはこの世代が最終世代。


勝利したGⅠ・JpnⅠ編集

デアリングタクトが長期離脱していたうえ前後の世代にグランアレグリアエフフォーリアなどの強力馬がいるため、3-4歳のうちは古馬G1はあまり勝っていない。

世代限定GⅠ(中央)編集

レース名勝ち馬
阪神JFレシステンシア
朝日杯FSサリオス
ホープフルSコントレイル
皐月賞コントレイル
日本ダービーコントレイル
菊花賞コントレイル
桜花賞デアリングタクト
オークスデアリングタクト
秋華賞デアリングタクト
NHKマイルCラウダシオン

世代限定JpnⅠ(地方)編集

レース名勝ち馬
全日本2歳優駿ヴァケーション
ジャパンダートダービーダノンファラオ

古馬GⅠ(中央)編集

レース名2020年(3歳)2021年(4歳)2022年(5歳)2023年(6歳)2024年(7歳)
高松宮記念
大阪杯レイパパレポタジェ
天皇賞(春)
ヴィクトリアM
安田記念
宝塚記念
スプリンターズS
天皇賞(秋)
エリザベス女王杯アカイイト
マイルCS
ジャパンCコントレイルヴェラアズール
有馬記念
フェブラリーSカフェファラオカフェファラオ
チャンピオンズCテーオーケインズジュンライトボルト
中山グランドJイロゴトシイロゴトシ
中山大障害

古馬GⅠ・JpnⅠ(地方)編集

レース名2020年(3歳)2021年(4歳)2022年(5歳)2023年(6歳)2024年(7歳)
川崎記念ウシュバテソーロライトウォーリア
かしわ記念ショウナンナデシコメイショウハリオ
帝王賞テーオーケインズメイショウハリオメイショウハリオ
さきたま杯※
マイルCS南部杯カフェファラオ
JBCレディスC
JBCスプリント
JBCクラシックテーオーケインズ
東京大賞典ウシュバテソーロウシュバテソーロ

※2024年にJpnI昇格


海外GⅠ編集

レース名2022年2023年
ドバイターフパンサラッサ
香港ヴァーズウインマリリン
サウジカップパンサラッサ
ドバイワールドカップウシュバテソーロ

中央世代限定重賞(GⅠ除く)勝ち馬編集

レース名勝ち馬
函館2歳Sビアンフェ
新潟2歳Sウーマンズハート
札幌2歳Sブラックホール
小倉2歳Sマイネルグリット
サウジアラビアRCサリオス
アルテミスSリアアメリア
京王杯2歳Sタイセイビジョン
ファンタジーSレシステンシア
デイリー杯2歳レッドベルジュール
東スポ杯2歳Sコントレイル
京都2歳Sマイラプソディ
シンザン記念サンクテュエール
フェアリーSスマイルカナ
京成杯クリスタルブラック
きさらぎ賞コルテジア
クイーンCミヤマザクラ
共同通信杯ダーリントンホール
チューリップ賞マルターズディオサ
弥生賞サトノフラッグ
フィリーズレビューエーポス
ファルコンSシャインガーネット
スプリングSガロアクリーク
フラワーCアブレイズ
毎日杯サトノインプレッサ
アーリントンCタイセイビジョン
フローラSウインマリリン
青葉賞オーソリティ
京都新聞杯ディープボンド
葵Sビアンフェ
ユニコーンSカフェファラオ
ラジオNIKKEI賞バビット
レパードSケンシンコウ
紫苑Sマルターズディオサ
ローズSリアアメリア
セントライト記念バビット
神戸新聞杯コントレイル

主な活躍馬編集

※勝鞍の太字GⅠ斜体GⅡ、普通はGⅢを表す。


国内馬編集

GⅠ馬編集

馬名性別登録主な勝利レース備考
コントレイル抹消'19ホープフルS/'20皐月賞/'20日本ダービー/'20菊花賞/'21ジャパンC/'20神戸新聞杯/'19東スポ杯2歳S無敗三冠馬/'19最優秀2歳牡馬/'20最優秀3歳牡馬/'21最優秀4歳以上牡馬
デアリングタクト抹消'20桜花賞/'20オークス/'20秋華賞無敗三冠牝馬/'20最優秀3歳牝馬
サリオス抹消'19朝日杯FS/'20・'22毎日王冠/'19サウジアラビアRC香港マイル3着
レシステンシア抹消'19阪神JF/'21セントウルS/'21阪急杯/'19ファンタジーS'19最優秀2歳牝馬
ヴァケーション岩手'19全日本2歳優駿/'20秋の鞍/22'シアンモア記念/'23一條記念みちのく大賞典'22岩手競馬年度代表馬
ラウダシオン抹消'20NHKマイルC/'21京王杯SCリアルインパクト産駒初のG1馬
ダノンファラオ抹消'20ジャパンダートダービー/'21ダイオライト記念/'21浦和記念米国からの持込馬/アメリカンファラオ産駒初のGⅠ馬
カフェファラオ(USA)抹消'21・'22フェブラリーS/'22MCS南部杯/'20ユニコーンS/'20シリウスS'22最優秀ダートホース/アメリカンファラオ産駒初の中央GⅠ馬
レイパパレ抹消'21大阪杯/'20チャレンジCウイニングチケットの子孫で初のGⅠ馬
テーオーケインズ抹消'21帝王賞/'21チャンピオンズC/'22JBCクラシック/'21アンタレスS/'22平安S'21最優秀ダートホース/シニスターミニスター産駒初の中央GⅠ馬
アカイイト抹消'21エリザベス女王杯キズナ産駒初のGⅠ馬
パンサラッサ抹消'22ドバイターフ/'23サウジC/'22中山記念/'21福島記念日本調教馬初のサウジC制覇
ポタジェJRA'22大阪杯ジンジャーパンチ
ショウナンナデシコ抹消'22かしわ記念/'22エンプレス杯/'22マリーンC/'22スパーキングレディーC'22DG競走特別賞馬
メイショウハリオJRA'22・'23帝王賞/'23かしわ記念/'21みやこS/'22マーチS半弟テーオーロイヤル
ヴェラアズール抹消'22ジャパンC/'22京都大賞典エイシンフラッシュ産駒初のGⅠ馬
ジュンライトボルト抹消'22チャンピオンズC/'22シリウスSダイナカール牝系
ウインマリリン抹消'22香港ヴァーズ/'20フローラS'21日経賞/'21オールカマー
ウシュバテソーロJRA'22・'23東京大賞典/'23川崎記念/'23ドバイWC/'23日本テレビ盃'23JRA賞特別賞、ダートのドバイWC日本馬初勝利
イロゴトシJRA'23・'24中山GJ九州産馬初のGI制覇
ライトウォーリア川崎'24川崎記念/'23埼玉新聞栄冠賞/'23勝島王冠/'24報知オールスターカップ

GⅡ馬編集

馬名性別登録主な勝利レース備考
タイセイビジョン抹消'19京王杯2歳S/'20アーリントンC放牧先で心不全を発症し現役中に斃死
レッドベルジュール抹消'19デイリー杯2歳S
テイエムサウスダン佐賀'19兵庫JG/'21黒船賞/'21オーバルスプリント/'21兵庫GT/'22根岸S
マルターズディオサ抹消'20チューリップ賞/'20紫苑S
サトノフラッグ抹消'20弥生賞
エーポス抹消'20フィリーズレビュー
ルフトシュトローム抹消'20ニュージーランドT
ディープボンドJRA'20京都新聞杯/'21・'22阪神大賞典/'21フォワ賞天皇賞(春)3年連続2着/有馬記念2着
ガロアクリーク抹消'20スプリングS
オーソリティ抹消'20青葉賞/'20・'21アルゼンチン共和国杯/'22ネオムターフC(SAU)ジャパンC2着
バーナードループ高知'20兵庫CS
レーヌブランシュ抹消'20関東オークス/'21レディスプレリュード
リアアメリア抹消'20ローズS/'19アルテミスS
バビットJRA'20セントライト記念/'20ラジオNIKKEI賞
アリストテレス抹消'21AJCC菊花賞2着
デゼル抹消'21阪神牝馬S
ウインキートス抹消'21目黒記念
メイショウカズサJRA'21浦和記念/'21プロキオンS/'21白山大賞典
ヴェルテックス大井'21名古屋GP
メイショウミモザ抹消'22阪神牝馬S
プリティーチャンス抹消'22レディスプレリュード
イズジョーノキセキ抹消'22府中牝馬S
ゼノヴァース抹消'22東京HJ
ヴェルトライゼンデJRA'23日経新春杯/'22鳴尾記念中央平地重賞史上最長出走間隔勝利
プロミストウォリアJRA'23東海S/'23アンタレスS
ヒートオンビートJRA'23目黒記念
ウイングレイテストJRA'23スワンS
アイアンバローズJRA'23ステイヤーズS

GⅢ馬編集

馬名性別登録主な勝利レース備考
ビアンフェ抹消'19函館2歳S/'21函館スプリントS
ブラックホール抹消'19札幌2歳Sゴールドシップ産駒初の重賞勝利馬
マイネルグリット佐賀'19小倉2歳S
ウーマンズハート抹消'19新潟2歳S
キメラヴェリテ抹消'19北海道2歳優駿
コーラルツッキー抹消'19エーデルワイス賞
マイラプソディ抹消'19京都2歳S
サンクテュエール抹消'20シンザン記念
クリスタルブラックJRA'20京成杯
スマイルカナ抹消'20フェアリーS/'20ターコイズS
コルテジア抹消'20きさらぎ賞
ダーリントンホール(GB)JRA'20共同通信杯
ミヤマザクラ抹消'20クイーンC
アブレイズ抹消'20フラワーC
サトノインプレッサ抹消'20毎日杯
シャインガーネット抹消'20ファルコンS
ケンシンコウJRA'20レパードS
マジックキャッスル抹消'21愛知杯
テルツェット抹消'21ダービー卿CT/'21・'22クイーンS
シャムロックヒル抹消'21マーメイドS
スマートアペックス抹消'21東京JS
ロータスランド(USA)JRA'21関屋記念/'22京都牝馬S'21サマーマイルチャンピオン/高松宮記念2着
モズナガレボシ抹消'21小倉記念
サンライズホープ兵庫'21シリウスS/'22みやこS
ミスニューヨーク抹消'21・'22ターコイズS
ルビーカサブランカ抹消'22愛知杯
クリノプレミアムJRA'22中山牝馬S
ウインマイティー抹消'22マーメイドS
エヒトJRA'22七夕賞/'23小倉記念
ウインカーネリアンJRA'22関屋記念/'23東京新聞杯'22サマーマイルチャンピオン
ベレヌス抹消'22中京記念
オーロラテソーロJRA'22クラスターC
フルデプスリーダー抹消'22エルムS
ボンボヤージJRA'22北九州記念
ヴェントヴォーチェJRA'22キーンランドC/'23オーシャンS
ファルコニアJRA'22京成杯AH
ギルデッドミラー抹消'22武蔵野S
テリオスベル抹消'22クイーン賞/'23ブリーダーズGC
ハギノアレグリアスJRA'23名古屋大賞典/'23シリウスS四位洋文調教師の交流重賞およびJRA重賞初制覇
ケイアイドリーJRA'23北海道スプリントC半兄ケイアイパープル
サクセッションJRA'23新潟JS
テーオーソクラテス抹消'23小倉SJ
ホウオウエミーズ抹消'23福島記念
サクラトゥジュールJRA'24東京新聞杯

その他編集

馬名性別登録主な勝利レース備考
ハクサンアマゾネス金沢'20ノトキリシマ賞/'20石川ダービー/'20MRO金賞/'20加賀友禅賞/'20'22お松の方賞/'20'21'23中日杯/'21JBCイヤー記念/'21'22'23'24利家盃/'21'22'23'24百万石賞/'21北國王冠/'23金沢競馬移転50周年記念/'23'24兵庫サマークイーン賞/'23兵庫クイーンカップ/'23金沢ファンセレクトカップ国内平地重賞史上最多勝(24勝)/'20'21'23金沢競馬年度代表馬
キラットダイヤ抹消'21'22'23早池峰スーパースプリント/'21'22岩鷲賞/'21'23ヴィーナススプリント/'21'22'23絆カップ
スマイルウィ船橋'22京成盃グランドマイラーズ/'22サンタアニタトロフィー/'22'23ゴールドカップ/'23スパーキングサマーカップ/'23マイルグランプリ
キモンルビー抹消'22'23船橋記念/'23川崎スパーキングスプリント/'23習志野きらっとスプリント
デュードヴァン大井'24川崎マイラーズ
オヌシナニモノ金沢'23金沢スプリングカップ/'23'24日本海スプリント
アラジンバローズ兵庫'23鳥栖大賞/'24新春賞
アポロティアモ高知'23福永洋一記念/'23トレノ賞/'23建依別賞
ヘルシャフト高知'24黒潮スプリンターズカップ/'24御厨人窟賞/'24トレノ賞
ミスカゴシマ抹消'19九州ジュニアチャンピオン/'20花吹雪賞/'20飛燕賞/'20ル・プランタン賞/'20佐賀皐月賞/'20'21吉野ヶ里記念/'21ウインターチャンピオン/'23九州チャンピオンシップ
アクアリーブル抹消'19知床賞/'20浦和桜花賞/'20東京プリンセス賞
アザワク抹消'20'21'22グランシャリオ門別スプリント/'21道営スプリント
エメリミット船橋'20東京ダービー
ゴールドホイヤー川崎'20雲取賞/'20羽田盃/'21報知GPカップ/'22マイルGP/'23京成盃グランドマイラーズ
ステラモナーク抹消'20園田クイーンセレクション/'20園田ユースカップ/'20若草賞/'20菊水賞/'20園田オータムトロフィー
コパノフィーリング抹消'21習志野きらっとスプリント/'21'22兵庫ゴールドカップ/'22川崎スパーキングスプリント
スティールペガサス門別'22'23道営スプリント/'22ウポポイオータムスプリント/'23エトワール賞
ティーズダンク浦和'19サンライズカップ/'20戸塚記念/'21マイルGP/'21ゴールドカップ/'22プラチナカップ
フレッチャビアンカ船橋'20スプリングカップ/'20東北優駿/'20不来方賞/'20ダービーGP/'21東京記念/'22金盃
マンガン船橋'20東京湾カップ/'21金盃
ニュータウンガール抹消'19ライデンリーダー記念/'20梅花賞/'20スプリングカップ/'20駿蹄賞/'20東海ダービー/'21日本海スプリント/'21お松の方賞
ナムラマホーホ名古屋'21'23名港盃/'21ベイスプリント/'21東海菊花賞/'22名古屋記念/'22マーチカップ
ネオアマゾネス金沢'21'22徽軫賞
ブラヴール船橋'20京浜盃
グランコージー盛岡'19若駒賞/'19寒菊賞/'20ダイヤモンドカップ/'24赤松杯/'24シアンモア記念
サンビュート兵庫'22道営記念/'23瑞穂賞
カプリフレイバー船橋'20優駿スプリント/'21川崎スパーキングスプリント
フルフラット抹消'20サンバサウジダービー
グレースルビー大井'24ブルーリボンマイル/'24若草賞土古記念
タイガーインディ兵庫'24兵庫ウインターカップ/'24兵庫大賞典/'24オグリキャップ記念
アマネラクーン浦和'24プラチナカップ
スズカゴウケツ岩手'24あすなろ賞

海外馬編集

馬名(生産国/調教国)性別主な勝利レース備考
シスキン(USA/IRE)'19フェニックスS/'20愛2000ギニー日本で種牡馬入り
アースライト(IRE/FR)'19モルニ賞/'19ミドルパークS
ラブ(IRE/IRE)'19モイグレアスタッドS/'201000ギニー/'20オークス/'20ヨークシャーオークス/'21プリンスオブウェールズS'20カルティエ賞最優秀3歳牝馬
ピナトゥボ(IRE/GB)'19V.O.ナショナルS/'19デューハーストS/'20ジャンプラ賞'19カルティエ賞最優秀2歳牡馬
ティズザロウ(USA/USA)'19シャンペンS/'20フロリダダービー/'20ベルモントS/'20トラヴァーズS
マックスフィールド(USA/USA)'19ブリーダーズフューチュリティ/'21クラークS
ヴィクタールドラム(GB/FR)'19ジャンリュックラガルデール賞/'20仏2000ギニー
クアドリラテラル(GB/GB)'19フィリーズマイル'19カルティエ賞最優秀2歳牝馬
カメコ(USA/GB)'19フューチュリティT/'202000ギニー
アルソン(GER/GER)'19クリテリウムアンテルナシオナル
ファーナン'20ゴールデンスリッパー
ピースフル'20愛2000ギニー
パレスピア(GB/GB)'20セントジェームズパレスS/'20・'21ジャックルマロワ賞/'21ロッキンジS/'21クイーンアンS'20カルティエ賞最優秀3歳牡馬/'21カルティエ賞最優秀古馬
アルパインスター(IRE/IRE)'20コロネーションS
ガミーン(USA/USA)'20エイコーンS/'20テストS/'20BCF&MS/'21ダービーシティディスタフS/'21バレリーナS'20エクリプス賞最優秀短距離牝馬
ミシュリフ(IRE/GB)'20ジョッケクルブ賞/'21サウジカップ/'21ドバイシーマクラシック/'21インターナショナルS
サーペンタイン(IRE/AUS)'20英ダービー
ファンシーブルー(IRE/IRE)'20ディアヌ賞/'20ナッソーS
インスウープ(IRE/FR)'20ドイチェスダービー
イーヴンソー(IRE/IRE)'20愛オークス
オーセンティック(USA/USA)'20ハスケルS/'20ケンタッキーダービー/BCクラシック'20エクリプス賞最優秀3歳牡馬・年度代表馬
モーグル(IRE/IRE)'20パリ大賞典/'20香港ヴァーズ
スイススカイダイバー(USA/USA)'20アラバマS/'20プリークネスS/'20ビホルダーマイル'20エクリプス賞最優秀3歳牝馬/繫殖牝馬として日本に輸入
シーデアズザデビル(USA/USA)'20ケンタッキーオークス/'21ラトロワンヌS/'21クレメントL.ハーシュS
シャンペルゼリーゼ(IRE/IRE)'20メイトロンS
マジックアティテュード(GB/USA)'ベルモントオークス
トルカータータッソ(GER/GER)'20ベルリン大賞/'21バーデン大賞/'21凱旋門賞
グーフォ(USA/USA)'20ベルモントダービー/'21・'22ソードダンサーS
モンテフィリア(AUS/AUS)'20フライトS/'20スプリングチャンピオンS/'21ザ・メトロポリタン/'22ランヴェットS
ワンダフルトゥナイト(FR/GB)'20ロワイヤリュー賞/'20チャンピオンズF&MS
ハッピーセイバー(USA/USA)'20ジョッキークラブGC
サブジェクティビスト(GB/GB)'20ロワイヤルオーク賞/'21ゴールドカップ
ドメスティックスペンディング(GB/USA)'20ハリウッドダービー/'21ターフクラシックS/'21マンハッタンS
オーダーオブオーストラリア(IRE/IRE)'20BCマイル
ジェットダーク(SAF/SAF)'21'22クイーンズプレート/'21'22チャンピオンズC/'23ケープタウンメットエクウス賞'21-'22最優秀古牡馬/'20-'21,'21-'22最優秀マイラー/'21-'22最優秀中距離馬
カーネルリアム(USA/USA)'21・'22ペガサスWCターフ/'21ターフクラシックS
フォービドゥンラブ(AUS/AUS)'21サラウンドS/'22カンタベリーS/'22ジョージライダーS
モウンガ(NZ/AUS)'21ローズヒルギニー/'21ウィンクスS
ミスティックガイド(USA/USA)'21ドバイワールドカップ
エクスプローシブジャック(NZ/AUS)'21オーストラリアンダービー/'23シドニーカップ
カントリーグラマー(USA/USA)'21ハリウッドGC/'22ドバイワールドカップサウジC2年連続2着
パイルドライヴァー(GB/GB)'21コロネーションC/'22キングジョージ
アルシカ(GB/GB)'21ジャストアゲームS/'21ダイアナS
サンダリングナイツ(IRE/IRE)'21プリティポリーS
スターマン(GB/GB)'21ジュライC'21カルティエ賞最優秀スプリンター
アルピニスタ(GB/GB)'21ベルリン大賞/'21オイロパ賞/'21バイエルン大賞/'22サンクルー大賞/'22ヨークシャーオークス/'22凱旋門賞
ウォーライクゴッデス(USA/USA)'21フラワーボウルS/'22・'23ジョーハーシュターフC
アートコレクター(USA/USA)'21ウッドワードS'23ペガサスWC
アイムサンダーストラック(NZ/AUS)'21トゥーラックH/'21ザ・ゴールデンイーグル/'22マカイビーディーヴァSマカイビーディーヴァステークス
ロシアンエンペラー(IRE/HK)'22香港GC/'22・'23香港C&CC
アルファリーク(IRE/UAE)'22・'23ジェベルハッタ
ミスターブライトサイド(NZ/AUS)'22・'23ドンカスターマイル/'23オールスターマイル/'23メムジーS/'23マカイビーディーヴァS/'24CFオーアS/'24フューチュリティS
アティシュー(NZ/USA)'22クイーンオブザターフS/'23マッキノンS
ドリームローパー(IRE/GB)'22イスパーン賞/'22ムーランドロンシャン賞
フクム(IRE/GB)'22コロネーションC/'23キングジョージ全弟にバーイード/日本で種牡馬入り
ハイフィールドプリンセス(FR/GB)'22モーリスドゲスト賞/'22ナンソープS/'22フライングファイブS/'23アベイドロンシャン賞'22カルティエ賞最優秀スプリンター
キンロス(GB/GB)'22フォレ賞/'22英チャンピオンズスプリントS
イレジン(FR/FR)'22ロワイヤルオーク賞/'23ガネー賞
ゴールドトリップ(FR/AUS)'22メルボルンカップ/'23ターンブルS
ダンヤー(IRE/UAE)'23アルクォーツスプリント
クイックソーン(GB/GB)'23グッドウッドカップ
キングゴールド(FR/FR)'23モーリスドゲスト賞
ウィズアウトアファイト(IRE/AUS)'23コーフィールドC/'23メルボルンC
アートパワー(IRE/GB)'23英チャンピオンズスプリントS
プライドオブジェニ(NZ/AUS)'23VRCチャンピオンズマイル/'24オールスターマイル/'24クイーンエリザベスS
タズ(USA/UAE)'24ドバイゴールデンシャヒーン
マイティハート(CAN/CAN)'20クイーンズプレート/'20加プリンスオブウェールズSカナダ二冠馬/隻眼/日本人騎手主戦
ジャネールモネイ(BRZ/BRZ)'20エンリケポッソーロ大賞/'20ディアナ大賞/'20ゼリアゴンザーガペシュートデカストロ大賞リオデジャネイロ無敗牝馬三冠
コンスティテューションヒル(GB/GB)'22トルワーズノーヴィスハードル/'22シュプリームノーヴィスハードル/'22ファイティングフィフスハードル/'22'23クリスマスハードル/'23チャンピオンハードル/'23エイントリーハードルナショナルハント

種牡馬入りした国内馬/日本で種牡馬入りした海外馬編集

馬名繋養先初供用年備考
ゴールデンマンデラ(GB)白馬牧場(新冠町)2020Private
シスキン(USA)社台SS(安平町)2021
ナダル(USA)社台SS2021
フォーウィールドライブ(USA)ブリーダーズSS(日高町)2021
レッドベルジュールアロースタッド(新ひだか町)2021
コントレイル社台SS2022
サトノインプレッサ社台BGF→プーナワラスタッド(印)2022Private
ハラモシュテソーロ白馬牧場2022Private
ミスチヴィアスアレックス(USA)JBBA静内種馬場2022
サリオス社台SS2023
ストラクター(USA)レックススタッド2023
サトノフラッグハラスヴァカシオン(亜)2023-2024南半球
ジュンライトボルト優駿SS2024
フクム(IRE)ダーレー・ジャパン2024
カフェファラオ(USA)アロースタッド2024
パンサラッサアロースタッド2024
ヴェラアズール優駿SS2024
テーオーケインズアロースタッド2024
フルフラット(USA)白馬牧場2024
オーロラテソーロ2024
ニュートンテソーロ村上欽哉牧場2024Private
ラウダシオンラーニュークスタッド(豪)2024-2025南半球

ウマ娘プリティーダービー編集

以下の競走馬がウマ娘として登場している。20世代(ウマ娘)も参照。

2022年7月のぱかライブTVで、デアリングタクトのウマ娘化が発表。現役の競走馬がウマ娘化されたのは、これが初めてであり大きな話題となった。また、2024年にはノースヒルズの競走馬(スティルインラブノーリーズンなど)がウマ娘されたことから、コントレイルなどの登場も期待されるところ。


関連タグ編集

    10世代

19世代 20世代 21世代

関連記事

親記事

競走馬の世代一覧 きょうそうばのせだいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32057

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました