ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

10世代

じゅうせだい

日本の競走馬で2007年生まれ、2010年にクラシック期を迎えた世代。
目次 [非表示]

概要

2007年に生まれ、2010年にクラシック期を迎えた競走馬の世代。


日本

牡馬クラシックはヴィクトワールピサペルーサローズキングダムヒルノダムールトゥザグローリールーラーシップエイシンフラッシュと群雄割拠の様相であった。ヴィクトワールピサは東日本大震災直後に日本生産・調教馬による史上初のドバイワールドカップ制覇を果たした。エイシンフラッシュは天皇賞(秋)で勝利後のミルコ・デムーロ騎手の最敬礼が話題となった。


牝馬クラシックは三冠牝馬アパパネが1強だったが、優駿牝馬ではサンテミリオンがアパパネと叩き合いの末、JRA史上初のGⅠレース1着同着になった。短距離ではカレンチャンスプリンターズステークス厩舎の後輩・ロードカナロアを破った。


障害競走においては、8年ぶりに中山大障害中山グランドジャンプを連勝したマジェスティバイオが出た。


タレントは多く揃っており谷間の世代という印象は感じられないが、1つ上世代のブエナビスタに安定感で劣ったり、1つ下世代のオルフェーヴルに世代交代をされたりで強い印象は残せなかった。


海外

アイルランド生産・イギリス調教で、オークスを制しながら日本に賞金稼ぎに来てエリザベス女王杯を連覇したスノーフェアリーが馴染み深い。

イギリス生産・調教のワークフォースダービーステークスを制し、凱旋門賞ではナカヤマフェスタを破った。

アメリカではケンタッキーダービーを勝ったスーパーセイヴァー、芝マイル路線を統一したワイズダン、近年でも屈指のセン馬として活躍したゲームオンデュードがいた。

フランスからUAEに移籍して7歳でドバイワールドカップを勝ったアフリカンストーリーや、種牡馬入り後に日本に輸入されたマクフィケープブランコといったところが活躍した。


代表的な競走馬

勝鞍の太字はGⅠを表す。

馬名性別主な勝利レース
ヴィクトワールピサ皐月賞/有馬記念/ドバイワールドカップ/弥生賞/中山記念
ローズキングダム朝日杯フューチュリティステークス/ジャパンカップ/神戸新聞杯/京都大賞典
ヒルノダムール天皇賞(春)/産経大阪杯
ペルーサ青葉賞
エイシンフラッシュ東京優駿/天皇賞(秋)/毎日王冠/京成杯
トゥザグローリー京都記念/日経賞/日経新春杯/中日新聞杯/鳴尾記念
ルーラーシップクイーンエリザベス2世カップ/日経新春杯/金鯱賞/アメリカジョッキークラブカップ/鳴尾記念
アパパネ阪神ジュベナイルフィリーズ/牝馬三冠/ヴィクトリアマイル
ゴルトブリッツ帝王賞/アンタレスステークス/マーキュリーカップ
サンテミリオン優駿牝馬
ダノンシャンティNHKマイルカップ/毎日杯
ビッグウィーク菊花賞
カレンチャンスプリンターズステークス/高松宮記念
エイシンアポロンマイルチャンピオンシップ
ニホンピロアワーズジャパンカップダート
ビートブラック天皇賞(春)
レインボーダリアエリザベス女王杯
マジェスティバイオ中山大障害/中山グランドジャンプ
ラブミーチャン(笠松)全日本2歳優駿/兵庫ジュニアグランプリ/東京盃/東京スプリント/クラスターカップ/習志野きらっとスプリント(3連覇)
マグニフィカ(兵庫)ジャパンダートダービー
ガルボシンザン記念
ダッシャーゴーゴーセントウルステークス
アニメイトバイオローズステークス
パドトロワアイビスサマーダッシュ/キーンランドカップ/函館スプリントステークス
コスモネモシンフェアリーステークス/新潟記念
オウケンサクラフラワーカップ
ショウリュウムーンチューリップ賞/京都牝馬ステークス/朝日チャレンジカップ
アプリコットフィズクイーンカップ/クイーンステークス
ムツミマーベラス(福山)福山2歳優駿/福山チャンピオンシップ/福山3歳牝馬特別
バーディバーディ兵庫チャンピオンシップ/ユニコーンステークス
ロックハンドスター(岩手)岩手三冠(ダイヤモンドカップ/不来方賞/ダービーグランプリ)

海外馬


種牡馬

ヴィクトワールピサは不振を理由にトルコへ輸出されたが、重賞馬はしっかりと出し、母父としても重賞馬を送り出している。

マクフィはメイクビリーヴ(ミシュリフの父)を送り出したが、現在は輸入されて輸入初年度産駒でオールアットワンスアイビスサマーダッシュ等に勝利)を出した。

スーパーセイヴァーは牝馬戦線で活躍するレトルースカなどを出したがこちらもトルコ行きとなった。


種牡馬主な産駒母父として
ヴィクトワールピサ
エイシンフラッシュ
ルーラーシップ
ダノンシャンティ
マクフィ
スーパーセイヴァー

繁殖牝馬

アパパネは繁殖牝馬としてアカイトリノムスメを産み、親子二代で秋華賞を制覇している。

アメリカから輸入されたタピッツフライは短命で2頭しか仔を残せなかったが、初仔のグランアレグリアは短距離GⅠを総なめにする活躍を見せた。


ウマ娘プリティーダービーにて

以下の競走馬がウマ娘として登場している。10世代(ウマ娘)も参照。


関連タグ

    00世代

09世代 10世代 11世代

    20世代

関連記事

親記事

競走馬の世代一覧 きょうそうばのせだいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1082

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました