ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ローズキングダム
2
ローズキングダムはJRAの元競走馬・種牡馬。2009年最優秀2歳牡馬。

概要

日本の元競走馬種牡馬

主な勝ち鞍は朝日杯フューチュリティステークス(2009年)、ジャパンカップ(2010年)など。

ローザネイに始まる薔薇一族の一員で、母のローズバドをはじめ、近親にはロゼカラーロサードヴィータローザローゼンクロイツなど薔薇を名に持つ馬が多い。


プロフィール

性別
毛色黒鹿毛
キングカメハメハ
ローズバド母父サンデーサイレンス
生産者ノーザンファーム安平町
馬主サンデーレーシング
調教師橋口弘次郎栗東トレーニングセンター
生涯成績25戦6勝

略歴

2007年

5月10日、北海道安平町のノーザンファームで誕生。

父・キングカメハメハは大種牡馬キングマンボの仔で、自身も2010年、2011年と日本のリーディングサイアーになった。

母・ローズバドサンデーサイレンスを父に持つ良血で激しい気性を持っていた。

一口馬主クラブ法人・サンデーレーシングにより、200万円×40口の総額8000万円で募集された。


2009年

9月11日、栗東の橋口弘次郎厩舎に入厩。

10月25日、小牧太騎手を鞍上に京都競馬場の新馬戦(芝1800m)でデビュー。ヴィクトワールピサに4分の3馬身差をつけ1着。

11月21日、東京スポーツ杯2歳ステークスJpnⅢ)に出走し、トーセンファントムを頭差しのぎ重賞初勝利。

12月20日、朝日杯フューチュリティステークスJpnⅠ)に出走し、エイシンアポロンに1馬身半差をつけ3連勝。薔薇一族にとってもGⅠ級レース初制覇となった。


2010年

1月、2009年度最優秀2歳牡馬を受賞。

3月21日、スプリングステークスGⅡ)に出走し、アリゼオの3着に敗れた。

4月18日、皐月賞GⅠ)に出走し、ヴィクトワールピサの4着に敗れた。

5月30日、後藤浩輝騎手に乗り替わって東京優駿(GⅠ)に出走。最終直線で抜け出したが、エイシンフラッシュの上がり32秒7という豪脚の前に首差の2着に敗れた。秋競馬へ向け休養に入る。

9月26日、武豊騎手に乗り替わって神戸新聞杯(GⅡ)に出走し、エイシンフラッシュを首差しのいで1着。

10月24日、1番人気で菊花賞(GⅠ)に出走。抜け出したビッグウィークを捉えられず2着に敗れた。

11月28日、ジャパンカップ(GⅠ)に出走。最終直線でブエナビスタに進路を塞がれたが立て直し2位で入線。ブエナビスタが斜行で降着となり、繰り上がり1着となった。

12月24日、疝痛が出たため、最大の目標としていた有馬記念は回避となった。ドバイ遠征が計画される。


2011年

1月16日、日経新春杯(GⅡ)で始動。ルーラーシップの3着に敗れた。ドバイ遠征は断念し、国内に専念することとなった。

4月2日、日経賞(GⅡ)に出走し、トゥザグローリーの3着に敗れた。

5月1日、天皇賞(春)(GⅠ)に出走し、ヒルノダムールの11着に敗れた。デビュー以来初めて掲示板を外す。

6月26日、クレイグ・ウィリアムズ騎手に乗り替わって宝塚記念(GⅠ)に出走し、アーネストリーの4着に敗れた。秋競馬に向け休養に入る。

10月9日、後藤浩輝騎手に乗り替わって京都大賞典(GⅡ)に出走し1着。これが現役最後の勝利となった。

10月30日、イオリッツ・メンディザバル騎手に乗り替わって天皇賞(秋)(GⅠ)に出走。逃げたシルポートを追走して消耗し、トーセンジョーダンの10着に敗れた。

11月27日、ジャパンカップに出走し、ブエナビスタの9着に敗れた。

12月25日、後藤浩輝騎手に乗り替わって有馬記念に出走しオルフェーヴルの12着に敗れた。


2013年

4月1日、産経大阪杯(GⅡ)で始動。ショウナンマイティの4着に敗れた。

4月29日、天皇賞(春)に出走しビートブラックの15着に敗れた。

6月3日、武豊騎手に乗り替わって安田記念(GⅠ)に出走し、ストロングリターンの13着に敗れた。秋競馬に向け休養に入る。

10月8日、小牧太騎手に乗り替わって京都大賞典に出走し、メイショウカンパクの6着に敗れた。

11月25日、武豊騎手に乗り替わってジャパンカップに出走し、ジェンティルドンナの16着に敗れた。

12月23日、岩田康誠騎手に乗り替わって有馬記念に出走し、ゴールドシップの12着に敗れた。


2014年

3月31日、川田将雅騎手に乗り替わって産経大阪杯で始動。オルフェーヴルの12着に敗れた。

5月5日、松田大作騎手に乗り替わって新潟大賞典(GⅢ)に出走し、パッションダンスの11着に敗れた。現役続行は断念される。

6月5日、登録抹消され、競走馬を引退。ブリーダーズ・スタリオン・ステーション日高町)で種牡馬となる。産駒は地方重賞馬止まりで中央で活躍する馬は出なかった。


2018年

頭を強く打って体に麻痺が残り、種牡馬を引退。ヴェルサイユリゾートファーム(日高町)で功労馬として繋養される。


2019年

引退名馬繋養展示事業助成対象となった。

9月15日、たてがみを何者かに切り取られる事件があった。


余談

  • 余生を送っているヴェルサイユリゾートファームではタニノギムレットの隣の放牧地併せ馬ごっこをしたりと仲が良いが、タニノギムレットがを蹴り壊すと驚いている。しかし、ローズキングダムも感化されたのか柵を蹴り壊すことがある
  • 現役時代、ヴィクトワールピサに対して3勝2敗、トゥザグローリーに対して4勝5敗、エイシンフラッシュに対して3勝9敗という結果になった。

関連タグ

JRA 競走馬 薔薇一族

スタニングローズ秋華賞(2022年)を勝ち、ローズキングダム以来12年振りの薔薇一族のGⅠ馬となった。

概要

日本の元競走馬種牡馬

主な勝ち鞍は朝日杯フューチュリティステークス(2009年)、ジャパンカップ(2010年)など。

ローザネイに始まる薔薇一族の一員で、母のローズバドをはじめ、近親にはロゼカラーロサードヴィータローザローゼンクロイツなど薔薇を名に持つ馬が多い。


略歴

2007年

5月10日、北海道安平町のノーザンファームで誕生。

父・キングカメハメハは大種牡馬キングマンボの仔で、自身も2010年、2011年と日本のリーディングサイアーになった。

母・ローズバドサンデーサイレンスを父に持つ良血で激しい気性を持っていた。

一口馬主クラブ法人・サンデーレーシングにより、200万円×40口の総額8000万円で募集された。


2009年

9月11日、栗東の橋口弘次郎厩舎に入厩。

10月25日、小牧太騎手を鞍上に京都競馬場の新馬戦(芝1800m)でデビュー。ヴィクトワールピサに4分の3馬身差をつけ1着。

11月21日、東京スポーツ杯2歳ステークスJpnⅢ)に出走し、トーセンファントムを頭差しのぎ重賞初勝利。

12月20日、朝日杯フューチュリティステークスJpnⅠ)に出走し、エイシンアポロンに1馬身半差をつけ3連勝。薔薇一族にとってもGⅠ級レース初制覇となった。


2010年

1月、2009年度最優秀2歳牡馬を受賞。

3月21日、スプリングステークスGⅡ)に出走し、アリゼオの3着に敗れた。

4月18日、皐月賞GⅠ)に出走し、ヴィクトワールピサの4着に敗れた。

5月30日、後藤浩輝騎手に乗り替わって東京優駿(GⅠ)に出走。最終直線で抜け出したが、エイシンフラッシュの上がり32秒7という豪脚の前に首差の2着に敗れた。秋競馬へ向け休養に入る。

9月26日、武豊騎手に乗り替わって神戸新聞杯(GⅡ)に出走し、エイシンフラッシュを首差しのいで1着。

10月24日、1番人気で菊花賞(GⅠ)に出走。抜け出したビッグウィークを捉えられず2着に敗れた。

11月28日、ジャパンカップ(GⅠ)に出走。最終直線でブエナビスタに進路を塞がれたが立て直し2位で入線。ブエナビスタが斜行で降着となり、繰り上がり1着となった。

12月24日、疝痛が出たため、最大の目標としていた有馬記念は回避となった。ドバイ遠征が計画される。


2011年

1月16日、日経新春杯(GⅡ)で始動。ルーラーシップの3着に敗れた。ドバイ遠征は断念し、国内に専念することとなった。

4月2日、日経賞(GⅡ)に出走し、トゥザグローリーの3着に敗れた。

5月1日、天皇賞(春)(GⅠ)に出走し、ヒルノダムールの11着に敗れた。デビュー以来初めて掲示板を外す。

6月26日、クレイグ・ウィリアムズ騎手に乗り替わって宝塚記念(GⅠ)に出走し、アーネストリーの4着に敗れた。秋競馬に向け休養に入る。

10月9日、後藤浩輝騎手に乗り替わって京都大賞典(GⅡ)に出走し1着。これが現役最後の勝利となった。

10月30日、イオリッツ・メンディザバル騎手に乗り替わって天皇賞(秋)(GⅠ)に出走。逃げたシルポートを追走して消耗し、トーセンジョーダンの10着に敗れた。

11月27日、ジャパンカップに出走し、ブエナビスタの9着に敗れた。

12月25日、後藤浩輝騎手に乗り替わって有馬記念に出走しオルフェーヴルの12着に敗れた。


2013年

4月1日、産経大阪杯(GⅡ)で始動。ショウナンマイティの4着に敗れた。

4月29日、天皇賞(春)に出走しビートブラックの15着に敗れた。

6月3日、武豊騎手に乗り替わって安田記念(GⅠ)に出走し、ストロングリターンの13着に敗れた。秋競馬に向け休養に入る。

10月8日、小牧太騎手に乗り替わって京都大賞典に出走し、メイショウカンパクの6着に敗れた。

11月25日、武豊騎手に乗り替わってジャパンカップに出走し、ジェンティルドンナの16着に敗れた。

12月23日、岩田康誠騎手に乗り替わって有馬記念に出走し、ゴールドシップの12着に敗れた。


2014年

3月31日、川田将雅騎手に乗り替わって産経大阪杯で始動。オルフェーヴルの12着に敗れた。

5月5日、松田大作騎手に乗り替わって新潟大賞典(GⅢ)に出走し、パッションダンスの11着に敗れた。現役続行は断念される。

6月5日、登録抹消され、競走馬を引退。ブリーダーズ・スタリオン・ステーション日高町)で種牡馬となる。産駒は地方重賞馬止まりで中央で活躍する馬は出なかった。


2018年

頭を強く打って体に麻痺が残り、種牡馬を引退。ヴェルサイユリゾートファーム(日高町)で功労馬として繋養される。


2019年

引退名馬繋養展示事業助成対象となった。

9月15日、たてがみを何者かに切り取られる事件があった。


余談

  • 余生を送っているヴェルサイユリゾートファームではタニノギムレットの隣の放牧地併せ馬ごっこをしたりと仲が良いが、タニノギムレットがを蹴り壊すと驚いている。しかし、ローズキングダムも感化されたのか柵を蹴り壊すことがある
  • 現役時代、ヴィクトワールピサに対して3勝2敗、トゥザグローリーに対して4勝5敗、エイシンフラッシュに対して3勝9敗という結果になった。

関連タグ

JRA 競走馬 薔薇一族

スタニングローズ秋華賞(2022年)を勝ち、ローズキングダム以来12年振りの薔薇一族のGⅠ馬となった。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • トレセン学園せいぶつ部!

    息抜き掌編。シゲルピンクダイヤ頑張れー! 引退馬協会(https://rha.or.jp/index.html) マザートウショウよ、安らかに……。 THE LEGEND(https://www.pixiv.net/novel/series/1031375)全7話/完結 テイエムオペラオーの“グランドスラム”有馬記念SS ※閲覧900超え御礼! 春よ、来い(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10379513)読切 ハルウララと“芦毛の貴公子”を巡る高知レース場SS ※閲覧700超え御礼! 終わりなき旅(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10857856)読切 “隻眼の勇者”と“センセイ”がドアの向こうに挑むSS ※閲覧700超え&30いいね御礼!

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー