ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

JRA広告

可憐な翼を、大きく広げて

ハワイ諸島に生息する赤い鳥の名を関したアパパネ。

春には桜と樫の樹上に飛来し、秋には大輪の花をついばむ。

伝説となった赤き翼は、さらなる高みをめざし羽ばたいて行く。

≪『ヒーロー列伝』No.70≫


伝説の序章

まずひとつ。


そうだこれは

最初の1ページ

まだ序章にすぎない。


聡明かつ勇敢

毅然として優雅

そして負けず嫌いの

ヒロインが紡ぐ

華麗なる伝説が

幕を開ける。

≪『名馬の肖像』2017年阪神ジュベナイルフィリーズ≫


経歴

2007年4月20日生まれ(10世代)、父キングカメハメハ母ソルティビッド。通算19戦7勝。国枝栄厩舎。


2009年デビュー、阪神ジュベナイルフィリーズを制し最優秀2歳牝馬を受賞。


2010年の牝馬クラシック戦線でスティルインラブ以来7年ぶり3頭目の牝馬三冠を達成。最優秀3歳牝馬受賞。そのうち、優駿牝馬サンテミリオンとの史上初GⅠ同着優勝となった。


なお、2歳GⅠを含む三冠達成は、牝馬ではアパパネ以外では2023年リバティアイランドまで現れず、牡馬を含めてもナリタブライアン(朝日杯3歳ステークス)とコントレイル(ホープフルステークス)だけである。


2011年ヴィクトリアマイルでは、前年の年度代表馬ブエナビスタの猛追を凌ぎ優勝、GⅠ5勝を達成。

牝馬3冠馬が古馬になってからは初勝利記録・初GI勝利記録となった。


6つある牝馬限定GⅠのうち、エリザベス女王杯を勝てば完全制覇となるが、2010年と2011年はいずれもスノーフェアリーの3着に敗れた。

2012年も現役を続行するが、9月13日屈腱炎を発症し、エリザベス女王杯を勝てないまま無念の引退となった。


重賞勝利の全てがGIレースであった。


繁殖牝馬としては、2016年より産駒が走っており、4番仔のアカイトリノムスメが2021年にクイーンカップ(GⅢ)を勝利し、産駒初の重賞制覇を達成。

アカイトリノムスメは牝馬クラシックに挑み桜花賞はソダシの4着、優駿牝馬はユーバーレーベンの2着に敗れたものの、最後の一冠の秋華賞でソダシとユーバーレーベンをまとめて破り、アパパネとの母娘制覇を達成した。


牝馬3冠馬としては史上初の産駒による親子重賞制覇・親子GI制覇を達成。


なお、産駒はみんな黒鹿毛である。


繁殖成績

生年月日名前性別毛色競走成績現在
2014年2月28日モクレレ牡→セン黒鹿毛ディープインパクト27戦4勝乗馬
2015年3月8日ジナンボー黒鹿毛ディープインパクト16戦4勝乗馬
2017年4月5日ラインベック牡→セン黒鹿毛ディープインパクト25戦5勝現役
2018年4月16日アカイトリノムスメ黒鹿毛ディープインパクト8戦4勝繁殖牝馬
2020年3月24日アスパルディーコ黒鹿毛ブラックタイド6戦1勝現役
2021年4月24日バードウォッチャー黒鹿毛ブラックタイド1戦1勝現役
2022年4月15日アパパネの2022黒鹿毛ブラックタイドデビュー前若駒
2024年-月-日---マカヒキ-誕生前

関連イラスト

VM・お馬擬人化漫画


関連タグ

10世代 競走馬 三冠牝馬

関連記事

親記事

三冠牝馬 さんかんひんば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19229

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました